「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 26日

残暑お見舞い申し上げます。

先月後半からブログアップができておりません。

何しろ、この暑さが続いておりましたし、それに鳥影も枯れてましたので

出かけられなかった。

おまけにリオオリンピックでの活躍もありましたのでクーラーのなかで

応援しておりました。

昨日は北摂の通称”軽井沢”にもそろそろコルリ到来?の頃合ではないかと

ようやく出かけてみました。

しかし、そんなに甘くはありません・・・今季はどうなることやら・・・

山にも登ってみたけれどもアカメガシワは未だ黒づいてないためか、野鳥の

姿は見られなかった。もうしばらくの期間を要するのかも・・・

そんなわけで投稿すべき写真がありません、現状報告です。

9月に入れば果実を求めていろんな野鳥との出会いも期待できるのではないかと思ってます。

撮影できましたら順次投稿させて頂きます。


# by ai_and_ai | 2016-08-26 17:50 | Trackback
2016年 07月 21日

デトロイト美術館展に行ってきました・・・

デトロイト美術館展に行ってきました。

大阪市立美術館でゴッホ、ピカソ、ゴーギャン、セザンヌ、マティスにモネ、

ルノアールにモデイリアーなど52作品が展示されてました。

今回見に行くきっかけになったのは珍しく作品の撮影が可能であったことです。

更には一部の作品について不特定多数への公開も許されるとのこと。

9月25日までですので興味のある方は一度行かれてみてはどうでしょうか。

(撮影が可能なのは火、水、木曜日のみ)



公開可能となった一部の作品(7月20日撮影)
そんなことから公開できる一部の作品についての紹介。

フインセント・フアン・ゴッホ
”自画像”

c0213607_19380111.jpg


”オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて”

c0213607_19375625.jpg


クロード・モネ
”グラジオラス”

c0213607_19382446.jpg


アメデオ・モデイリアーニ
”女の肖像”

c0213607_19382964.jpg

アンリ・マテイス
”窓”
c0213607_19382050.jpg



# by ai_and_ai | 2016-07-21 19:46 | Trackback
2016年 07月 20日

渓谷沿いのアオバズクの巣立ち・・・

オオケヤキのアオバズク、抱卵中のお母さんが出てきたのが今月初めだった。

それから2日後に渓谷沿いの、新緑背景のところの抱卵中のお母さんが出てきた。

そんなわけでオオケヤキから2日遅れで渓谷沿いが巣立つと見ていた。

オオケヤキは聞くところによると17日には雛が営巣からでてきたらしい。

それでは2日後の19日に渓谷沿いでも雛が出てきたのが見られるかもって思った。

早朝から出かけてみると案の定、新緑の向こう方の枝に雛が止ってるのが見えた。



アオバズク巣立つ(7月19日撮影)
低いところから撮影しないと葉被れ、枝被れになるので撮り難かった。
おまけにバックが明るかったのでやや逆光気味で暗い。
いろいろと設定を変えて撮影するもピシッとしたのが撮れなかった。
ここは見上げなくてもよく、目線で、新緑背景なので環境条件がよい。
いいところに止ってくれれば大変良いショットになるのですが・・・
巣立ちしたのはホヤホヤの雛というより、大分しっかりした幼鳥のようだった。
取り敢えずは一羽しか見れなかったが、未だ何羽か巣立ちしてくるのでしょうか?

c0213607_19530157.jpg


c0213607_19530654.jpg


c0213607_19531007.jpg


c0213607_19531411.jpg


c0213607_19531825.jpg



しばらくしてから親子で伸びをしたり羽を拡げたりはしてくれましたが・・・
イマイチのポーズになってしまった。

c0213607_19532359.jpg


c0213607_19540756.jpg


c0213607_19541282.jpg


少し離れたところではお父さんが止ってました。

c0213607_19541696.jpg


見てるとこのお父さん、盛んに大きく口を明けて何だか苦しそうに見えたが・・・
これって何の仕草だったんでしょうか???
アクビをしてたようには見えなかったが。

c0213607_19542039.jpg


c0213607_19542480.jpg


この時のお父さんの様子です。



# by ai_and_ai | 2016-07-20 20:37 | Trackback
2016年 07月 16日

振られてしまったアオバズク・・・

地元や近くの神社のアオバズクの巣立ちを期待して、監視していた。

今朝は両方覗いてみるとどちらも親は見当たらなかった。

昨日までは営巣近くで見守っていた親の姿が見えません。

いづれも昨晩巣立って連れてしまったんでしょうか???

もう少し観察してみようと思いますがダメでしょうね。

近くの神社で今月初めに観察したアオバズクの紹介。



アオバズク
ここのアオバズクは極端に神経質のようだった。
枯葉の踏む音でもすうと奥のほうに逃げ込んでいた。
しばらく時間をおいてそっと行って見ると戻っていた。

アオバズクの巣立ちが期待できるのは近くでは大ケヤキほか・・・でしょうか?

c0213607_16321522.jpg


c0213607_16321911.jpg


c0213607_16322231.jpg


c0213607_16322652.jpg


c0213607_16323033.jpg


c0213607_16323488.jpg


c0213607_16331160.jpg


c0213607_16332068.jpg



# by ai_and_ai | 2016-07-16 17:37 | Trackback
2016年 07月 14日

うまくいきませんね・・・

天然木の営巣中のブッポウソウ、そろそろ巣立ちではっと早朝から出かけてみた。

前回は2~3時間くらい待たないと営巣にやって来てくれなかった。

雛が孵ってからは頻繁にエサ運びをしてるというのを聞いていた。

そんなわけで日柄的に撮影にはいい頃合だと満を持して?連れ立って行った。

しかし、何とまあ・・・頻繁に来るはずの親が2時間経っても営巣に来ません。

結局昼頃まで2~3回エサも銜えないで営巣近くか遠い枯れ枝に止るだけ。

それもこの時期は鳴かないはずが営巣近くで大きな声を発していた。

エサも持たずに、営巣にも来ないで、どういうことでしょうか???

仕方がないので辺りを散策しやっとキバシリに出会うことができた。


ブッポウソウ(7月14日撮影)
いろんなシーンを撮影したかったが、結局は営巣から遠い枯れ枝止まりしか。
背景が白い雲で、遠いので全くサマにならなかった。
しかし何とか姿は見れたが・・・
どうもこのところの、特に前日の大雨で営巣内に雨水が入り水浸し状態?で
営巣内の雛がやられてしまったのかも???っていう声が多かったが。
それとも天敵にやられたのか、何ともいいようがありません。
いずれにしても残念な結果になった。

c0213607_20385632.jpg


c0213607_20391001.jpg


c0213607_20391543.jpg
c0213607_20392314.jpg


c0213607_20393979.jpg



キバシリ
ふと見るとキバシリだった。
いつもは素早い動きでなかなか撮影しにくいが
このときはじっとしたままだった・・・

c0213607_20395147.jpg


c0213607_20400150.jpg



# by ai_and_ai | 2016-07-14 20:44 | Trackback