2017年 01月 17日

ホバリングしたコミミズクを・・・

例の河川敷でコミミズクが狙いをつけてホバリングをしていた。

帰るまで3回ほどホバリングしてるのに出会った。

もっとも近いところで、うまい具合に立ってるポイントからのシャッターチャンス・・・

やはり近くて、明るいところでの撮影が一番イイですね・・・



ホバリング中のコミミズク(1月16日撮影)
この河川敷、上流から下流までかなり広範囲にわたってコミミズクが飛び回るので
どこに立ち位置を決めるかで条件のいいコミミズクが撮影できるかに左右される。
このホバリングだけで30枚ほど連射していたようになる。
結局は狙いをつけてホバリングしたけれど獲物のネズミはは捕まえられなかったよう・・・
そんな中で数枚の画像をアップ。

c0213607_18024509.jpg


c0213607_18024906.jpg


c0213607_18025445.jpg


c0213607_18025888.jpg


c0213607_18030209.jpg


c0213607_18030708.jpg


c0213607_18031394.jpg



# by ai_and_ai | 2017-01-17 18:05 | Trackback
2017年 01月 16日

最下流のコミミズクを・・・

先日のアオゲラ撮影の後で河川敷のコミミズクを見に行った。

ここは今まで通っていたポイントよりかはかなり下流のところ。

これまではどちらかというとコミミズクのポイントは1箇所にかたまっていたが

今季は昨年のポイント含め下流に向けて何箇所かに分散してきているよう・・・

今後が楽しみですネ!



コミミズク(1月12日撮影)
このときは午後遅くの到着だったので撮影は余り時間がなかった。
これまでとは変わった背景でのショットだったので大変良かった。
今回は堤防のコンクリートに佇むコミミズクの様子を・・・

c0213607_22293145.jpg


c0213607_22293745.jpg


c0213607_22294868.jpg


c0213607_22295346.jpg


c0213607_22303712.jpg



c0213607_22313090.jpg

c0213607_22362279.jpg
c0213607_22362750.jpg


c0213607_22363290.jpg


後ろを見ると緑の斜面を飛んでいた・・・

c0213607_22371588.jpg


慌てて撮影するがシャッターチャンスを逃してしまった・・・

c0213607_22372207.jpg









# by ai_and_ai | 2017-01-16 22:41 | Trackback
2017年 01月 15日

綺麗なルリビタキだった・・・

ここのところマイフイールドでは鳥運がなくルリビタキ♂と出会うチャンスがありません。

そんなわけで浮気して、綺麗なルリビタキ♂に出会えるかもって近くの緑地に出かけてみた。

着いたのが15時近くだったのでバーダーは誰も居てなくてポイントも分からなかった。

しかし、じっとしてると何処からともなくすっと飛んできてくれた。

白い眉班が太くて、首のところ辺りまで長く伸びてる、大変綺麗なルリビタキだった。

それ以降はアッチコッチと飛び回ってくれ、サービス満点の撮影となった。



ルリビタキ♂(1月11日撮影)
こんなに太くて長い眉班のルリビタキは初めてのように思うが・・・
恐らく4~5年くらいの成鳥♂ではないでしょうか???
左右の肩羽のところが鮮やかな水色で大変目立つ・・・

サザンカの花びらが散らばるところに降りてくれました。

c0213607_11180529.jpg


c0213607_11181038.jpg


サザンカの花と絡ませてのショオトを期待したんですが・・・

c0213607_11181539.jpg


c0213607_11181915.jpg


c0213607_11182444.jpg


c0213607_11182868.jpg


なかなかのイケメンだった。

c0213607_11185795.jpg


c0213607_11190294.jpg


c0213607_11190663.jpg


c0213607_11191098.jpg


c0213607_11191431.jpg


c0213607_11191969.jpg



# by ai_and_ai | 2017-01-15 11:23 | Trackback
2017年 01月 14日

柿とアオゲラを(その2)・・・

山間の柿の木にやってきたアオゲラが柿を啄んで格闘中・・・

長いときは1時間以上の間隔があるときもありますが大体30分間隔くらいで戻ってくる。

柿の裏側で啄むこともあるのでよく見てないと見逃すこともあるのかも・・・



アオゲラ(1月12日撮影)
柿と格闘中のアオゲラの様子を動画で・・・




c0213607_15355958.jpg


c0213607_15360570.jpg


枝の影となってアオゲラが眼鏡をかけた感じになってしまったが・・・

c0213607_15360994.jpg


c0213607_15361336.jpg


頭上の赤いのが本格的になってないようなので未だ若い♂のよう・・・

c0213607_15361896.jpg


c0213607_15362349.jpg

c0213607_15365889.jpg


右の方には2羽のヤマガラもやってきた。

c0213607_15370368.jpg


c0213607_15370895.jpg


足元近くをちょこまかと素早く動くものが・・・リスだった・・・

c0213607_16353222.jpg






# by ai_and_ai | 2017-01-14 15:42 | Trackback
2017年 01月 13日

柿とアオゲラを(その1)・・・

北摂の山間の中に一本の柿の木がぽつんとあり、ここが野鳥のレストラン・・・

ヤマガラ、メジロ、エナガにアトリやシロハラ、ヒヨドリなどがやってくる。

そんな合間に静かに、何処からともなくアオゲラが飛んできては柿を啄む。

山間の柿木といっても何処の柿にでもアオゲラがやってくるとは限らない。

この山間の柿の木に、どういうわけかこの時期になると来ては楽しませてくれる。

そんな様子を2回に分けてアップ。


アオゲラ(1月12日撮影)
この日はこの山間の気温はマイナス1度、じっとしてると手が悴んできます。
恐らく寒いだろうとカイロを2個ポケットに入れて暖めながらの撮影となった。
着く早々に何処からかケッケッっという声が聞こえてきた。
あっ・・・アオゲラではないかと・・・
柿の木をみてるとアオゲラがどこからともなく張り付いていたのが見えた。
その後は13時過ぎまで居てましたが合図の鳴き声もなく黙って?計6回ほど来てくれました。
(画像をクリックするとやや大きく見れます)

c0213607_11293715.jpg

c0213607_11294318.jpg

c0213607_11294679.jpg

c0213607_11295067.jpg

どの柿にいこうかと・・・

c0213607_11301693.jpg


上の方の柿を狙ってるよう・・・

c0213607_11302399.jpg


c0213607_11302794.jpg


c0213607_11303199.jpg


c0213607_11303543.jpg


しゃがみこんで?そっと柿に近づこうとしてるように見えましたが・・・

c0213607_11304065.jpg


c0213607_11305187.jpg


柿を啄むとさっと飛んでいってしまいます、その止ったのを見て・・・

c0213607_11305502.jpg




# by ai_and_ai | 2017-01-13 12:20 | Trackback