一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 21日

未だキビタキが・・・

キビタキが未だ居る、とのことで行ってみた。日中は人が多くてなかなか出てこない、人気がなくなる16時以降になると出てくる、ということで、それにあわせた。何と未だ、この辺りに居てる。
聞くところによるとこれは渡らずにここに居つくのかも?、と言っておられたが、さてどうなるか。
ついでにと言っては、なんですがルリビタキ♀も顔を出してくれる。
コシアブラの木の実をついばんでいる。この実を食べてしまうと何処かへ行ってしまうのかな。(→2119)
ルリビタキって、幸せを呼ぶ(?)青い鳥なんですってね。幸せを運んできてくれるのかしら。
ルリビタキは学名で「Tarsiger cyanurus =タルシゲル キャヌルス」という。Tarsigerとは、ルリビタキ属で、cyanurusは、青い尾っぽ、といことらしい。♂、♀ともに尾っぽをみて、青いかどうか。

未だ居るキビタキ♂
c0213607_8423675.gif

c0213607_8424977.gif


ホオジロがススキの穂をかじっている・・・
c0213607_844285.gif


ルリビタキ♂
c0213607_8442377.gif

♀も
c0213607_844318.gif


by ai_and_ai | 2009-11-21 19:35 | Comments(0)


<< マイフイールドにて      なんと初撮りの・・・ >>