一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 04日

早朝からMFへ・・・

昨日は午後遅くだったので、今日は早朝からMFに出かけた。
途中野鳥の会の人に出会い、今キビタキを見たよって聞いて、立ち話をしていた。いつもは下から見上げていて鳥見しにくいなっと思っていた。上からよく見えるよって聞いて行って待っていたらオオルリ、キビタキが来た。
オオルリは空抜けで証拠写真になってしまった。今度は綺麗に撮れないものか。
キビタキはこのMFでは初めて見た。目の前の枝に止まってくれた。いつもと違った角度で見てみるものだ。
ムシクイらしき鳥は見えるが高い木の上をすばやく動くので撮れない。

野鳥撮影のマナーについて記述されていたのがありました。
「・・・撮影のマナーの悪いカメラマンが増えてきたと。双眼鏡も持たずに自分で野鳥を探さず、撮影しているカメラマンを見つけてそのおこぼれにあずかる。野鳥を探すにはやはり双眼鏡は必需品です。誰かが撮影していてもその場は回避して他の野鳥を探します。一匹の野鳥を大勢で撮影しているのをよく目にしますが、人と同じ写真を撮影して何が面白いのでしょうか。やはり自分のフィールドを持ちじっくり野鳥を観察して撮影するのが私の撮影スタイル。カメラマンが少なくなったフィールドで静かに撮影を続けております。・・・」
この人の野鳥撮影のマナーが私も基本と思いますが、安直に撮影しようとする人が多いように感じます。もう一つのマナーの悪さで、先日のコマドリの撮影でこちらが三脚でセットしてカメラを向けて撮影しているにも拘わらず、手持ちで撮ろうとその前に出て来た人がおりました。こちらはレンズの先がその人の頭で隠されてしまいました。皆さん、どう思います???
撮りたい一心で大の大人が何するねん!!!
今日はマイフイールドでいいポイントを見つけました。だれも居りません。これがいいですね。

黄色の綺麗なキビタキだった。
またキビタキかって言うけれど、いつ見ても見応えがありますね。
c0213607_1573595.jpg
c0213607_1581929.jpg
c0213607_1582827.jpg
c0213607_11334996.jpg


オオルリも高い木の上で空抜けで、いかんともし難い
c0213607_11344050.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-04 17:23


<< 今日も元気よく・・・      MFにもオオルリが・・・ >>