一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 01日

ウソのフイーバー・・・

今週は寒さが一段落しそうで、今日も天気が良く鳥見には好都合だった。相変わらずベニマシコは中に潜ってしまっていて表には顔を見せてくれませんね。前半はカシラダカに少しだけ顔を見せたベニマシコ、アオジ、ルリビタキ、後半はウソのフイーバーで♂1羽に♀3羽が存分にサービスしてくれたが何しろ殆ど頭上なので首が痛い。おまけに枝被れバリバリでいいのが撮れません。そんな中でひょいっと被れ無しの所に出てきたシーンもあったのが良かった。

(画像をクリックすると大きく見れます)
○ウソ
よく見ると♂1羽が♀3羽を従えてコバノミツバツツジの冬芽などの木の実を食べていた。殆ど食べっぱなしでよくもこんなに食べるものだなっと思いました。1時間近く4羽があちらこちら飛び回りながら食べていた。
終盤は桜の木にやって来て新芽を啄ばんでいたよう。これからは桜の木の新芽が美味しそうなのかも。
喉(のど)のところが赤というかピンク色になってますね。背中の羽は薄い青色と濃紺色との取り合わせが何とも鮮やかで綺麗ですね。
c0213607_21534652.jpg
c0213607_21535566.jpg
c0213607_21542366.jpg

これは♀です。
c0213607_21543268.jpg

c0213607_21544094.jpg

こんな枯れたようなものを啄ばんでいたようですが、中に実が入ってるのでしょうか?
バリバリっと口に入れてますね。
c0213607_21554110.jpg

頸をいっぱいに伸ばして実を啄ばんでいた。
c0213607_21555065.jpg
c0213607_21582863.jpg

桜の木のところで新芽を啄ばんでいた。
c0213607_2211494.jpg
c0213607_2212365.jpg
c0213607_2213224.jpg


by ai_and_ai | 2011-02-01 22:02


<< ルリビタキのフイーバー・・・      いろいろだが・・・ >>