一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 31日

大変お世話になりました・・・

今季は冬鳥は個体数が少ないのかなかなか見れるチャンスがありませんね。もう少し寒くなったら、12月に入ったらっとか何とかっと思っていましたがとうとう年末になってしまいました。
ツグミも少ない、シメはどうしたの?ルリビタキは今季は♀を2~3回ほどしか見れてない、♂はついに出逢えなかった。新しい年を迎えたらいい鳥見が出来るのを期待したいものです。
鳥見って今日は何が見れるのかっていつもワクワクします。夢中になれるものがあるのが一番大切な事で健康の源だと思っています。拙い鳥見の記録ですが、お付き合いいただいて有難うございました。来年もお付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします。何事にも感謝、感動する気持ちを大切にして、フイールドでの、まさに一期一会を楽しんでいきたいと思っております。

今日は年末の忙しい中を家内からの文句を言われながら少しだけMFを覗きたく行ってきました。定番のアオジに今日はおまけで、おカシラダカつきっと思っておりましたがあれほど見れなかったルリビタキ(♀タイプ?)にベニマシコまで見れました。

〇ベニマシコ♀
MFで久しぶりに見れました。このMFでの出逢い、再会は無いのかなって思っておりました。よくMFに通っているが、ここのところ一向に見つけられなかったので抜けてしまって居なくなったしまったのかなって思っておりました。ベニマシコポイントには居ないので奥の方に周ってみたらブッシュから2~3羽が飛び上がって枝に止まるのが見えた。おっベニマシコではないかっと。いい構図のところが明るくてピンが合わずモタモタしてるうちに隠れてしまった。数ショット撮れたが♂が見当たらなかったのが残念。バタバタッと出てきてバタバタッと居なくなってしまった。しばらくそこに居たが出てこないので撤収した。まだベニマシコ居たんですね。来年が楽しみです。

c0213607_1584632.jpg
c0213607_1585240.jpg
c0213607_1585980.jpg


〇ルリビタキ♀タイプ?
かろうじて奥の方に居たルリビタキ♀タイプ。フアインダーの端っこの方に写ってました。
c0213607_15101540.jpg


〇今年の一期一会
今年の6月に渓谷沿いで出逢えたオオルリ巣立ち雛。まさに一期一会の出逢い。♂、♀の親鳥が頻繁に餌を銜えてきては巣立ち雛に運んでいたよう。巣立ち雛は石垣の端っこの方でじっと親が来るのを心配そうに待ってるようなようすでした。
よく見ると頭部の上の方に多くの産毛?が逆立ってるのが見えます。
あれから半年が経ったがこの巣立ち雛、その後元気に飛び回っていることと思いますが。
c0213607_15312185.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-31 15:32


<< 何とか格好が・・・      アオジもいい・・・ >>