一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 31日

高いところにウソが・・・

2日目のホシガラスを見た山麓ではカヤクグリ、ウソがハイマツ林床の中で營巣してるらしく、ここによく飛んできてはそのブッシュの中に入っていくというので待ってるというバーダーが居られた。聞くとウソのツガイがとんでくるらしい。便乗させてもらって傍で待ってはみたものの、カンカン照りで暑くて辛抱強く待ってられない。そこを離れて近くをウロウロして戻ってくると、ちょっと前には目の前まで来てたというではないか!そんなものなんですね。時折ハイマツの上を茶色っぽい鳥がさっと飛んでるのを見かけるが多分、カヤクグリなのか!
そんなわけでウソ見かけた方は多いがこちらは帰る間際まで見れてなかった。しかし、間際になって「フィー、フィー」と口笛のような独特の特徴ある、澄んだ声が聞こてきて、何処に居るかと探すと遠くの高いシラビソの木の天辺だった。しばらくは声を聞かせてくれていたが何と遠く、近くまでは来てくれなかった。今は營巣中なので鳴いてるのはどうもメスを呼んでるのかなって思ってると近くの林の中にメスが居てました。

〇ウソ
前日は目の前の水場でウソが水浴びなどをしてくれていたがこの時は遠いので、画像的には小さくて様にならないがこんなところで自然に見られるのもよい風情なのかも。
とりあえずはアップで。
c0213607_18515183.jpg
c0213607_1852010.jpg
c0213607_1852781.jpg
c0213607_18521687.jpg

近くにはやはりツガイのメスが居てました。
c0213607_18545734.jpg
c0213607_1855589.jpg


by ai_and_ai | 2012-08-31 18:56


<< ホシガラスの飛翔・・・      遠征第5弾・・・ホシガラスその... >>