一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 31日

本年も大変お世話になり有難うございました・・・

本年最後の投稿となりました。
今年振り返ってフイールドノート?というほどのものでもないですがメモ程度の鳥見記録したものをみてみた。
1月の愛知の知多半島でのニシオジロビタキ、和歌山でのカラムクドリ、2月は愛媛のオガワコマドリ、岡山のカラアカハラ、3月は再度の愛媛の綺麗になったオガワコマドリに岡山のノハラツグミ、5月は2度目の輪島沖のヘグラ島へ、鳥取でのオオコノハズク、7月は岡山のブッポウソウに鳥取でのアカショウビン、8月は大台ケ原のゴジュウカラやミソサザイなど、9月は初の海外遠征で台湾へ、ほぼ40種くらいの出会い、10月以降はイスカブームで金沢や滋賀湖北方面への遠征となった。
台湾遠征では台風真っ只中だっため、許せるなら気候のいいときに再度行ってみたいが・・・

慌ただしい年末掃除の合間を抜け駆けして年内最後の鳥見。赤、青、黄色の三色狙いだったが今季のマイフイールドの青色のルリビタキ♂はなかなか見れません。
何とかルリビタキ♀は見れるので、青色はこれでヨシとしましょう。
今日のミヤマホオジロはいつもと違うポイントで出会うことが出来た。
ベニマシコはもう少し赤いのに出会いたかったが、来年はもう少しは赤みをましていることでしょう。

鳥見仲間と連れ立って、いつもご一緒させていただき大変有難うございました。来年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます。また、拙いブログに御付き合い頂き有難うございました。皆様、よいお年をお迎えください。
来る新しい年にはどんな鳥見が見られるのか、ワクワクする感動を期待したいものです。

ミヤマホオジロ
ススキの穂に飛び乗ってゆらりゆらりと揺れながらススキの綿毛?を啄ばんでいた。こんなのにも採餌してるようですね。以前にはホオジロも同じように採餌してるのを見たことがありますが・・・
c0213607_1539064.jpg

c0213607_15114894.jpg
c0213607_15115475.jpg
c0213607_1512017.jpg
c0213607_1512659.jpg
c0213607_15121238.jpg


ベニマシコ
もっと赤いのに出会いたかったのですがこれはそんなに赤くはないようでまだ若いのか?それでも出会えてよかったね!
c0213607_1511076.jpg
c0213607_1511613.jpg
c0213607_15111223.jpg
c0213607_15111781.jpg
c0213607_15112313.jpg


ルリビタキ
幸せの青い鳥を期待したのですが今季はなかなかオスが見られません。こんな水溜りでメスが何やらミミズらしきのを銜えているところでした。
c0213607_15143523.jpg
c0213607_15144246.jpg


by ai_and_ai | 2013-12-31 15:20 | Comments(0)


<< 平成26年元旦 本年もどうぞよ...      松ぽっくりと格闘するイスカ・・・ >>