一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 25日

河川敷にオガワコマドリがやって来た(1)・・・

昨日は以前から見られてはいたという超人気のオガワコマドリ、通称ヨドガワ コマドリ?を見に行った。
当初は何日通っても出会いがなかったとかという手強い相手らしかったのですが2~3日前から出会いが良くなってきたと・・・
早朝から行きたかったのですがここ河川敷に車で行くにも駐車場が9時からオープンとのことで8時半頃到着すると開いてはいたが満杯と思っていた駐車場はガラガラ・・・
えっ・・・本命の鳥が抜けてしまってバーダーは居ないのかなって思いつつ道具をセットしていたらポツポツ来られてくる方が居たので未だ居てそうかな???
ポイントに着くと何のことはない・・・びっしりとバーダーで埋め尽くされて立錐の余地もないほど、三脚を立てるスペースもない、やむなく最も遠いところに何とか入れてもらった。
しかし、これでは遠いなって思いつつ何回かのオガワコマドリの撮影をした。全く快晴で雲一つない好天気?なのでメラメラで背景とも相俟ってピントが合いません・・・
周りの方に聞いても皆さん、ピント合わせに苦労されるようでしたが・・・

どんどんバーダーがやって来ます、最盛期は200人~300人???、物凄い人気ですね、そんな様子なのでちょっとしたスペースがあると構えてる前にすぐに撮ろうと割り込まれてくる方、後ろを気にしないんですかね。「人の振り見て我が振り直せ」と。
後半になってから先に帰るという鳥友の席を譲ってもらって近いポイントからの撮影ができたのは良かった・・・
2005年~2006年にかけての冬に、神奈川県で見られていたオガワコマドリは暖かくなってきた4月になっても居ついていたらしいがさすがに4/28以降は見られなくなったとか。
さてこの淀川河川敷のオガワコマドリもそろそろ旅立ちの様相なのかもしれません・・・

オガワコマドリ(英名でブルースロート(Blue Throat)、因みにノゴマは、ルビースロートという)
分布・・・ユーラシア大陸の中部以北に夏鳥として渡来、繁殖し、冬期はアフリカ中部からアラビア半島、東南アジアに渡り越冬する。日本では以前は観察例の少ない迷鳥だったが、調査が進むにつれて記録が増え、現在では稀な旅鳥または冬鳥とされている。
特徴・・・上面はオリーブ褐色、オスは鰓から上胸は青く、胸には黒、白、オレンジ色の帯がある。眉斑は白く、耳羽は茶褐色、腰はオレンジ色、尾は黒褐色で外側尾羽5対の基部は赤褐色。
メスは下面の青色部分とオレンジ色部分が淡い。
生態・・・河川敷や湖沼縁の草地やアシ原で単独でいることが多く、地上で採餌しながら、近くに岩や杭にとまっており、危険を察知すると低く飛び草地に隠れる。食性は主に動物食。昆虫類の幼虫を捕食することが多い。さえずりは「チュルチュル」、「チュリチュリ」等を組み合わせた複雑なもの。

これは胸のオレンジ色の帯の上に黒い帯が見られる、尾羽の基部が赤褐色なことから♂成鳥夏羽?か。
このオガワコマドリ、昨年3月末に愛媛で見かけた(2013年4月1日と2月10日、13日のブログ)のに比べると随分と色合いが鮮やかで、ブルーもオレンジ色もかなり濃いように思います。
最近この淀川河川敷にやって来たというよりは昨年来からここに迷い込んできて冬を過して来てたのではないかと思うのですが・・・ここアシ原の中で採餌しながらじっくりと成長してきたのかも???
(神奈川県の場合も昨年の愛媛の場合でもいずれも前年から春にかけて滞在していたことからこの淀川コマドリもそうだったのではないかと推定???)

こんなに綺麗な色合いですがこちらの機材と腕ではこれくらいしか撮れないのが残念ですが・・・
バードウォッチャーをトリコにしてしまう大変魅力的な鳥。この喉から胸のカラフルな帯模様は色づくと大変綺麗です!
一番下のオレンジ帯色がもっともっと色づいてれば最高なんでしょうが・・・
とりあえずは綺麗なオガワコマドリを、動きのあるのを次回に投稿させていただきます。
c0213607_18281019.jpg

c0213607_18281754.jpg
c0213607_18282234.jpg
c0213607_18282716.jpg
c0213607_18283384.jpg
c0213607_18283879.jpg
c0213607_18284478.jpg
c0213607_18284995.jpg

尾羽の赤褐色が見えました。
c0213607_18285358.jpg
c0213607_18285932.jpg
c0213607_1829415.jpg
c0213607_18291169.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-25 18:34 | オガワコマドリ | Comments(0)


<< 河川敷のオガワコマドリが(2)・・・      真近かで見たコマドリを・・・ >>