一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 17日

初見のジュウイチに出会う・・・

一度は見てみたいと思っていたジュウイチ・・・
それが何と近くに来てるっていうので毛虫のあるこの時期に出かけた。
何でも桜の木に来ていたツツドリを見ていたら何かしら変わったのが居るって確認したらジュウイチだったとか・・・
昔の人は、ジュウイチの声を「慈悲心」と聞いたらしく、「仏法僧」と鳴くと思われていたブッポウソウ、「法、法華経」と鳴くウグイスを加えて、日本三霊鳥として崇められていたという。

先週土曜日に確認されたとのことで4~5日滞在中ですが何時まで居てくれるんでしょうか?
バーダーも30~40人くらいに膨れ上がって途中からは出が今一つになってしまい、やや早めに撤収すこととした。
ジウイッチーィと繰り返しながら鳴くジュウイチですが、聞いてみたい・・・

ジュウイチ
夏季はユーラシア大陸東部で繁殖し、冬季には東南アジアで越冬する。日本では夏季に九州以北に飛来する(夏鳥)。
全長32cm。背面は濃灰色の羽毛で覆われる。胸部から腹面にかけての羽毛は赤みを帯び、目には黄色いリング。幼鳥は胸部から腹面にかけて縦縞が入る。
日本では主に山地の広葉樹林に生息する。食性は動物食で昆虫類、節足動物等を食べる。自分で子育てはしない抱卵性で、日本では5月から7月にオオルリやコルリ、コマドリやルリビタキ等の巣に卵を産み、それらの親鳥に雛を育てさせる。

初見のジュウイチに出会えてよかった!
これは胸から下部が縦斑があるので今年生まれの未だ幼鳥?若?のようだった。
今度は胸から脇腹が淡い橙色をした成鳥を見たいものだが・・・
この子は一体、誰に育てられたんでしょうね???

c0213607_15513774.jpg


c0213607_15522467.jpg

中々桜の木には来ないで葉っぱの向こう側に隠れてしまうケースが多く、
何とか小さな隙間を見つけて撮ったんですが・・・

c0213607_22551655.jpg

c0213607_22551604.jpg

c0213607_22555621.jpg

c0213607_22555616.jpg

まさに飛び出そうとしてるところ

c0213607_22564430.jpg

c0213607_22564490.jpg
c0213607_22570852.jpg
飛び出したところですが場所がよくなく、すぐ前に横枝が被っていました。

c0213607_22572957.jpg

c0213607_22572988.jpg






by ai_and_ai | 2014-09-17 23:20


<< 初見初撮りの赤色型ツツドリに出...      オオルリ♂若にコサメ、エゾも・・・ >>