一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 15日

近場に来たカラムクドリ・・・

このところ近場の公園や河川敷で珍しいのが続いてますね。

長く滞在中のギンムクドリに加えて10日くらい前から現認されたカラムクドリ・・・

近くなので多くのバーダーで賑わってます。

そんな中、昨日はカラムクドリの情報をうけて河川敷に出かけてみた。

しかし、着いたのが14時半を過ぎていて制約もあって1時間くらいの鳥見だった。

遅ればせながら何とか2羽のカラムドリに出会うことが出来た。

一昨年1月26日の紀ノ川河川敷で出会って以来のカラムクドリ・・・

東京のほうでは1月中旬くらいから桜の木にカラムクドリがやって来て賑わっていたとか。

この時期、迷い込んで各地にでも来ているのかもしれませんね???

聞くところによりますと今日は見られなかったとか・・・

ひょっとして抜けてしまったか、またひょっこりと戻ってきてくれるのかも???



カラムクドリ(観察難易度:6)
英名はWhite-shouldered Starling、白い肩羽をもつムクドリっていうところでしょうか。
日本では数少ない冬鳥または旅鳥として九州南部や南西諸島に渡来する。
雄は雨覆が白く、腰は灰白色。尾と風切は黒い。足と嘴は灰色。虹彩は白い。
雌は雨覆の白色部分は狭く、黒褐色である。
雌雄の識別は雨覆の白色部分が狭いかどうかということですネ。
2羽が居てましたので♂と♀のツガイと思っていました。
しかし、よく見ると雨覆の白色部分は結構広いよう、どちらも♂かも?
1時間くらいの鳥見だったのでいいシーンには恵まれなかったが・・・

c0213607_23095121.jpg



中州で休憩中・・・何とか2羽揃って
枝被れでやむをえません

c0213607_23095160.jpg

c0213607_23095111.jpg

c0213607_23095274.jpg
c0213607_23103805.jpg

c0213607_23103888.jpg

c0213607_23103843.jpg

c0213607_23103893.jpg



ギンムクドリと同様にやはりムクドリの群れに混じって・・・

c0213607_23111269.jpg

c0213607_23111228.jpg



河川敷の枯れ草地で実を探してます。
これは薄茶色の実を銜えて・・・

c0213607_23111226.jpg



これは赤色の実を銜えて・・・

c0213607_23111295.jpg



飛び物はうまくいかなかった・・・

c0213607_23120244.jpg

c0213607_23120264.jpg



一昨年1月に紀ノ川河川敷で出会ったツガイ?
♀の雨覆の白色部分は狭い。

c0213607_23123858.jpg








by ai_and_ai | 2015-02-15 23:21 | Comments(0)


<< 餌場でバトルを・・・      久しぶりのルリビタキに出会う・・・ >>