2017年 04月 20日

春の渡りのコムクドリを・・・

新緑に覆われる頃になると遠く南の地から繁殖のために日本に渡って来るという夏鳥。

オオルリなどと一緒にこのコムクドリも同様でフイリピンやボルネオ島などから日本に渡って来る。

撮影時期を逸してしまったようで出かけても例のコムクドリの群れには遭遇できなかった。

遅ればせながらにも何とか河川敷で一羽の♂の採餌中のところを観察することができた。




((画像をクリックするとやや大きく見れます))

コムクドリ(4月18日撮影)
”桜にコムクドリ”がベストなんでしょうが、出会えたのは河川敷のヤナギの新芽を啄む?コムクドリだった。
通常は群れていることが多いのですがこのときは残念ながらたった一羽の♂だけだった。
♀も近くには居てないかと探鳥するも見つけられなかったが綺麗な♂成鳥に出会えただけでも良かった。

秋の渡りの方が群れが大きいようなのでその頃に期待したいものです。

丁度良い明るいところに出てきて背中や尾羽の、何とも言えないような綺麗な色合いを観察することができた。

c0213607_11332380.jpg


c0213607_11332714.jpg


c0213607_11333168.jpg


c0213607_11333596.jpg


c0213607_11333951.jpg


c0213607_11334366.jpg


c0213607_11340469.jpg


c0213607_11340827.jpg


c0213607_11341127.jpg

正面顔も可愛いですね!
c0213607_11341565.jpg


c0213607_11341926.jpg


c0213607_11342337.jpg


c0213607_11344395.jpg



by ai_and_ai | 2017-04-20 12:29


<< コマドリとの出会い(その3)・・・      未だルリビタキ♂が・・・ >>