2011年 10月 14日 ( 1 )


2011年 10月 14日

クロツグミのことを・・・

クロツグミの生態はネット(Wikipedia)からの情報では次のようである。
【分布】
夏に主に日本の本州中部以北や中国の長江中流域などで繁殖し、冬には中国南部まで渡って越冬する。西日本では越冬する個体もいる。
【形態】
体長は22cmほどでツグミよりすこし小さい。日本で記録されたツグミ属の中では、最も小さい種類の一つである。 オスは全身が黒く、腹側は白地に黒の斑点が目立つ。クチバシとアイリング(目のまわり)は黄色。 メスは全身が褐色で、胸から脇腹にかけてが白地に黒の斑点があり、腹は白。

この生態からみると前回と今回のクロツグミは日本の本州中部以北で繁殖し、中国南部まで渡っていく途中で見れたのではないかと。今の時期はこうした渡りの途中で樹林帯でうまくすれば出会えるという感じですね。

♂の成鳥はクチバシとアイリングは黄色らしいが、見れたクロツグミ♂を見ると黒っぽいようなので今年生まれの幼鳥?、若?かもしれませんね。

仲の良い若いツガイで手をつないで?元気よく南の方へ渡って行って欲しいものだが。

c0213607_1756337.jpg
c0213607_17561087.jpg


成鳥は足も黄色っぽいようですが♀の足も何だかピンクっぽいようですので、やはり幼鳥?、若?かもしれませんね。
c0213607_18323868.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-14 20:56