一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

2011年 10月 28日 ( 1 )


2011年 10月 28日

端境期の中で・・・

MFの奥の方の林のところで探鳥していたら、林の隙間から見える、ずっと遠くにある高い枯木の天辺に猛禽?らしきのが止まってるのが見えた。双眼鏡で覗くとどうもチョウゲンボウではっと思い、豆粒くらいであったがとりあえず撮った。数ショット撮ったが後で確認すると一休みしながら羽繕いなどいろんなポーズをしていたようだ。

①チョウゲンボウ
猛禽類は余り積極的には撮ってはいないが夏鳥と冬鳥との到来の端境期の中での閑古鳥だったのでとりあえずは撮った。聞くとこのMFにも時折飛んでくるらしい。
被写体は豆粒くらいなので、我が方の小さいレンズではトリミングしてもこんな感じで、どうにもなりません。
c0213607_2044312.jpg
c0213607_2044953.jpg

羽繕いなのか、片足上げて頭を掻いてました。しかし、いかにも細い高い木の天辺の枝のところで片足で踏ん張りながらもう一方の足を上げて頭を掻くなんて危なっかしいですが、何とも無いんでしょうかね。
c0213607_20441531.jpg
c0213607_20442150.jpg
c0213607_20443395.jpg


②蝶(ヒカゲチョウ?)
閑古鳥が鳴いていたので目に付くのは喋々。
これは図鑑等で見るとヒカゲチョウ?日陰蝶。日陰にいることが多いことから。

開けたところの草の上で太陽の光を浴びていた。いつもと違って目玉模様がって綺麗だなーなんて思いながら撮りました。なかなか麺を開いてくれませんでした。
イメージでいうと、蝶というより蛾ですね。
c0213607_20521841.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-28 20:55 | Comments(0)