カテゴリ:未分類( 1353 )


2017年 03月 23日

山にはオオアカゲラのツガイ?が・・・

久しぶりにオオアカゲラの山に入った。

一面に広がる桜の木々には小さな芽が多く付いていて、春の訪れを待っていた。

桜の開花時期には見事な様相を呈してるのではないかと思われる。

そんな桜の木々の中をオオアカゲラのツガイ?らしき仲の良い?2羽が飛んでいた。


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
オオアカゲラ(3月22日撮影)
とりあえずは出会ったオオアカゲラ♂、♀の様子をアップ。
うまくすると4月後半から5月にかけて可愛らしい子供が見れるかも・・・

c0213607_17050236.jpg


c0213607_17050700.jpg


c0213607_17051099.jpg


c0213607_17051711.jpg


c0213607_17052176.jpg


c0213607_17052506.jpg

c0213607_17054810.jpg


c0213607_17055273.jpg

ゴチャゴチャした中、遠かった・・・
もう少し近づけばよかったのかも・・・
c0213607_17055802.jpg


近くに相方の♀も居てました。
c0213607_17061356.jpg

飛びものはうまく撮れなかった・・・
弾丸ライナーです。
c0213607_17062217.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-23 18:35
2017年 03月 21日

山の水場にいろいろと・・・

山間の渓流沿いではカワガラスが例年のように巣立ちを迎えたようです。

例年といっても今季はどうも1週間ほど巣立ちが早かったようだという声が。

そんな様子を眺めながらこちらはカケスが水場に来るという北摂の軽井沢?へ転進した。

到着すると”カケス、ちょっと前に来てたのに・・・”っていういつものセリフ・・・

2回目の登場を待つことにしたが3時間後らしく、それまで幕間つなぎにいろんな野鳥が

ひっきりなしにこの目の前の水場にきては水浴びやら水飲みに来て楽しませてくれました。

肝心のカケス、3時間前に何処からともなくすっと億のほうの木々に現れた。

ちょっと気づくのが遅かったので全身が見えず、枝からちょこっと見えただけ。

本来はそこからすっと水場に降りてくれるようなんですがこの時は飛んでいってしまった。




水場の野鳥の水鏡いろいろ(3月20日撮影)
ヒガラにアトリ、マヒワ、エナガなどが入れ替わり立ち代りにやって来た。

c0213607_16523964.jpg


c0213607_16524639.jpg


c0213607_16524857.jpg


c0213607_16525266.jpg


c0213607_16525577.jpg


c0213607_16525921.jpg

ヤマガラ、ピンボケになってしまったがゴジュウカラみたいな格好なんで
慌ててシャッター押しましたが・・・

c0213607_16530248.jpg

これが本命のカケスだったんですが気づいたときにはこんな木の後ろで・・・
そのまま一目散に飛んで逃げてしまったような、あ~あ~・・・

c0213607_16530927.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-21 17:25
2017年 03月 19日

夏羽のハジロカイツブリに出会う・・・

ハジロカイツブリの夏羽って頭部の羽飾りが見事にゴールドなんで一度は見てみたいと・・・

浜に行けばもう見られるのではないかと出かけてみた。

いつもの浜に行くとあんなに居てた水鳥が見えるのは数羽だけではないか・・・

愛想の良かったウミアイサなんて全く見られません、旅立ってしまったの???

肝心のハジロカイツブリなんて何処にも見当たりません。

そのうち徐々に目が慣れてきて遠くの方に何とかハジロが見えたではないか・・・



夏羽のハジロカイツブリ(3月17日撮影)
双眼鏡で遠くのハジロカイツブリを見てると頭部のゴールドらしきのが見えます。
何とか近くでと思うのですがこの日は近づいてくれません。
それでも金色?の羽飾りらしきのが見れただけでも良かったが・・・

このつぶらな小さい赤い目が特徴・・・

c0213607_22370389.jpg


c0213607_22370886.jpg


c0213607_22371191.jpg


c0213607_22371506.jpg


c0213607_22371958.jpg


c0213607_22372314.jpg


c0213607_22375112.jpg


c0213607_22375591.jpg


c0213607_22375676.jpg


c0213607_22380033.jpg


中山観音の梅林(3月18日撮影)
この日は清荒神から奥の院経由で中山観音までハイキング
もう満開でした。

c0213607_22380599.jpg


c0213607_22381252.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-19 22:45
2017年 03月 18日

ウソもたくさん居てました(その3)・・・

オオマシコを見に行った折にはウソも多く出会いがありました。

オオマシコやカシラダカ、アオジに加えこのウソがよく出てきてくれました。

アカウソが見られなかったのが残念でしたが充分に野鳥観察が出来た。



ウソ(3月13日撮影)
如何せん、曇天から雨模様になってきたりして撮影はイマイチとなってしまった。

c0213607_11144751.jpg

c0213607_11145263.jpg


c0213607_11145604.jpg


c0213607_11150070.jpg


c0213607_11150423.jpg


c0213607_11150952.jpg


c0213607_11151355.jpg


c0213607_11151921.jpg


c0213607_11152148.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-18 11:17
2017年 03月 16日

オオマシコ、ツーショット他いろいろと(その2)・・・

綺麗なオオマシコが地面に降りて採餌してるのを見てると続々といろんな野鳥が・・・

ウソにカシラダカ、アオジが数羽、オオマシコに混じって同じように採餌した。

時折喧嘩もあるようですが、このときは喧嘩もしないで仲良く食事中・・・

そんな様子をいくつかアップ。


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
仲良く採餌中(3月13日撮影)
画像に白い点々が見えます。雨が降ってました。

c0213607_11510808.jpg


c0213607_11511307.jpg


c0213607_11511962.jpg


カシラダカ、ウソと一緒に・・・

c0213607_11512165.jpg


c0213607_11512560.jpg


c0213607_11512963.jpg


c0213607_11513552.jpg


アオジも出てきた・・・

c0213607_11513752.jpg

c0213607_11520616.jpg


c0213607_11521012.jpg


c0213607_11521486.jpg

c0213607_11522161.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-16 12:10
2017年 03月 14日

久しぶりのオオマシコだったが(その1)・・・

南の方の山に先月下旬にオオマシコ情報があったが出かけられなかった。

諦めていたが先週土曜日から再度見られるということだったので昨日行ってみた。

再度の出現は3日目だったのでまだ居てくるのか到着するまで心配だった。

6時半過ぎの到着で2~3人のバーダーが既に来られていた。

聞くとオオマシコが先ほど出てきてた言うので抜けてなかったようで安心した。

その後は少し待てば何回か繰り返し出てきてくれ、枝止まりなどいろいろあった。

山頂近くなのでやはり途中から雲行きが怪しくなってきて地雨模様になってしまった。

ガスもかかってきたりして撮影もピント合わせも困難になり、昼前に撤収。


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
雨中のオオマシコ(3月13日撮影)
オオマシコ成鳥♂とその若鳥♂の2羽がこのところ居てるよう。
如何せん、雨が降ってきたりしていいショットにはならなかった。
カンカン照りも困るが雨模様も難儀な撮影です。

オオマシコの綺麗な♂成鳥

c0213607_19182045.jpg

c0213607_19182751.jpg

c0213607_19182982.jpg

c0213607_19183676.jpg

c0213607_19183797.jpg

c0213607_19184272.jpg

c0213607_19184609.jpg

c0213607_19185082.jpg

c0213607_19192885.jpg

c0213607_19193364.jpg

c0213607_19193592.jpg

c0213607_19193919.jpg


♂成鳥と一緒に行動していたこの子は額と喉にうっすらと銀白色が見られ、
下面も赤みが強いようなので若♀というより若♂ではないかと思われるが・・・

c0213607_19194444.jpg

c0213607_19195065.jpg

c0213607_19195229.jpg

白い点々は雨が降ってます。

c0213607_19195935.jpg




by ai_and_ai | 2017-03-14 19:23
2017年 03月 12日

本命現れず・・・

久しぶりのヤツガシラとの出会いを求めてプチ遠征したがダメだった。

深夜出発、明け方到着も日が昇るとともに待てど暮らせど本命は出てきません。

前日の15時以降から飛んでいってしまって、そのまま抜けてしまったらしい・・・

それではっとハギマシコでもっと?、朝方見かけた方も居られるがこれも見当たらず。

結局はいわゆるボーズとなってしまった、帰りがけに立ち寄った河川沿いでマガンと出会う。


マガン(3月11日撮影)
マガンを撮影するのは初めてです。
マガンによく似たのにカリガネが居てるそうですが私には分かりません。
この広大な田んぼには数十羽のマガン?がくつろいでました。
時々、思い出したように群れて飛び出しては移動してました。

c0213607_20443139.jpg


c0213607_20443567.jpg


c0213607_20444250.jpg


c0213607_20444669.jpg


c0213607_20444946.jpg


c0213607_20445302.jpg


c0213607_20445436.jpg


c0213607_20445937.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-12 20:46
2017年 03月 07日

長居のオガワコマドリを・・・

港まで総延長13km余りのそれほど広くはない河川に昨年11月下旬からやって来て

もう3ヶ月以上も滞在中のオガワコマドリ。

聞くところによるとこのオガワコマドリ、この地に3年くらい続けてやって来てるとか・・・

アラスカや北極海沿岸で繁殖し冬にはアフリカや東南アジアに渡ってきて越冬するという。

日本では以前は観察例の少ない迷鳥だったが、現在では稀な旅鳥または冬鳥とされ、

例年ちらほらと観察が見られるよう。

この小さな鳥がこんな遠いところまで飛んでくるなんて凄いですね、ロマンを感じます。

大分長居をしたのでそろそろ遥か遠い北の地へ繁殖のために旅立っていくんでしょうか・・・

何事もなく無事に繁殖地に到着できることを願わずにはおられません。


オガワコマドリ(3月4日撮影)
これまで2013年は四国(オガワコマドリ2013年2月)、
2014年は大阪(オガワコマドリ2014年4月)とで2回出会いがありましたが
今回機会があったのでプチ遠征してきました。
昨年11月下旬くらいから見られてたそうですが当初より河川を大分移動しているらしく
脚立なしで低い位置で観察できた。
河川の中洲の枯れたアシ原?の密集した草叢の中を採餌のために出たり入ったりしていた。
体色が保護色なのでよく見てないと何処に居てるのか分かりにくい。

c0213607_17354545.jpg

「チュルチュル」・・・「チュリチュリ」のような可愛らしい囀りを聞かせてくれました。
初めてその声を聞きましたが透き通った綺麗な声だった。
動画を撮って囀りも録音したかったが始終囀ってはいなかったのでそのチャンスを逃してしまった。

c0213607_17355168.jpg

c0213607_17355651.jpg

c0213607_17360051.jpg

c0213607_17360539.jpg

c0213607_17361062.jpg

c0213607_17361598.jpg

c0213607_17373052.jpg

c0213607_17373653.jpg

c0213607_17374144.jpg

c0213607_17374663.jpg

c0213607_17375192.jpg

c0213607_17375795.jpg

c0213607_17384827.jpg

c0213607_17385475.jpg




by ai_and_ai | 2017-03-07 17:45
2017年 03月 06日

トラフズクの続き(その2)・・・

今回はトラフズクのマッタリした、くつろいだ様子のアップ。

じっとしたままで動きが無いのですが時々体制を変えたり、羽繕いしたりしてくれます。

全部で4羽くらい居てるという事でしたが見えたのは3羽だった。

河川敷のコミミズクみたいに日中でも飛んでくれればいいんですが・・・

夕方近くまで居てましたが飛んでくれず、やむなく撤収しました。


くつろいだトラフズク(3月4日撮影)



マッタリと羽繕いの様子

c0213607_12501467.jpg


c0213607_12501843.jpg


c0213607_12502400.jpg


c0213607_12502619.jpg


c0213607_12503177.jpg


c0213607_12503572.jpg


落ち着いてきたのか羽伸ばしをしてくれましたが
木々の向こう側なのでイマイチの画像となってしまった。

c0213607_12504108.jpg


c0213607_12504629.jpg


c0213607_12504846.jpg


c0213607_12505200.jpg




by ai_and_ai | 2017-03-06 12:55
2017年 03月 05日

河川敷にトラフズクが4羽居た(その1)・・・

久しぶりのトラフズク、プチ遠征で冬枯れした広い河川敷の中で4羽が佇んでた。

細い、枯れた木々の込み入ったエリアの中に1羽が丸見えの状態で迎えてくれた。

何しろ夜間採餌行動なので昼間は眠りっぱなし、じっとして動きがありません。

例年は公園内の池端の生い茂った木の中で滞在してるようですがここに来るカメラマンが

葉っぱで見え難い上にじっとして動かないので木の下で叩いて動かそうとした行為があって

そんなわけですぐ近くの河川敷の方に居住まいを移したらしい・・・

この河川敷では人も寄り付くことも出来ないようなポジションなので安心して休んでるよう。



丸見えのトラフズク(3月4日撮影)
80mくらい?の距離でしか見ることが出来ません。
トラフズクが見えるといっても全くの保護色となって最初は何処に居てるか分かりません。
ようやく目が慣れてきて確認できましたがよく見つけられたものだと感心します。
眠ったままで、じっとして動きがなかったですが時々目を開けてくれたり
羽繕いしたりと動きのあるときを狙って撮影しました。

この時だけ目をパッチリと開けてくれましたシャッターチャンス・・・
殆どは目を開けてはくれなかった。

c0213607_18565283.jpg


c0213607_19135483.jpg


殆どは半開きか薄目の状態・・・

c0213607_18565632.jpg


c0213607_18570470.jpg


c0213607_18571147.jpg


c0213607_18571300.jpg


c0213607_18571948.jpg


c0213607_18572215.jpg


時々、羽繕いや猫みたいに足なめずりのような仕草を・・・

c0213607_18575775.jpg


c0213607_18580195.jpg


c0213607_18580500.jpg





by ai_and_ai | 2017-03-05 19:17