「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:オガワコマドリ( 5 )


2014年 04月 26日

河川敷のオガワコマドリが(2)・・・

一昨日の河川敷でのオガワコマドリで少し動きのあるショットを・・・
今日も多くのバーダーを楽しませてくれたらしいオガワコマドリ。
聞くところによると練馬ナンバーの車も見られたとかで流石の人気者のよう・・・
何時まで居ててくれるんでしょうか???
そろそろユーラシア大陸の北のほうに帰らねばっと思うのですが、気持ちはもうちょっと居てて更なる、鮮やかな帯模様の濃い色合いを見せてほしいものですが・・・それは無理・・・

オガワコマドリという名前の由来について(ネット情報から)
小川三紀(おがわ みのり)(1876-1908)は日本人で最初に鳥類に専念した研究者の一人で、32歳という若さで没したため、論文以外の業績が知られていない。静岡藩医小川清齋の三男として1876(明治9)年に誕生し、中学校2年生頃より昆虫類の採集を始め、同4年生頃より動物学雑誌に投稿し、動物学、特に日本産鳥類の習性については友人たちから「鳥狂」と呼ばれるほど熱心に研究を続けた。東京帝国大学医科大学に進学後も鳥類の研究を続け、動物学雑誌および日本動物学彙報に論文を発表した。
明治39(1906)年12月9日に駿河國安倍郡麻機村(現在の静岡県静岡市)にて採集され剥製となっていたこの鳥、小川のメモには「何属か?」と付記されているだけでしたが、後にこの鳥をErithacus cyaneculus(現在は、Luscinia svecica)の雌と同定し、採集者であり小川に敬意を表しオガワコマドリと命名されたとか。

オガワコマドリ
何とか飛び物やら動きのあるようなショットとと思うのですが動きが早くてそんなにうまくはいきません。
c0213607_08533.jpg
c0213607_09159.jpg
c0213607_09965.jpg
c0213607_091517.jpg
c0213607_092737.jpg
c0213607_093260.jpg

c0213607_0552095.jpg

c0213607_055416.jpg

c0213607_093882.jpg
c0213607_094392.jpg
c0213607_094955.jpg

c0213607_0553072.jpg

c0213607_0555049.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-26 23:55 | オガワコマドリ
2014年 04月 25日

河川敷にオガワコマドリがやって来た(1)・・・

昨日は以前から見られてはいたという超人気のオガワコマドリ、通称ヨドガワ コマドリ?を見に行った。
当初は何日通っても出会いがなかったとかという手強い相手らしかったのですが2~3日前から出会いが良くなってきたと・・・
早朝から行きたかったのですがここ河川敷に車で行くにも駐車場が9時からオープンとのことで8時半頃到着すると開いてはいたが満杯と思っていた駐車場はガラガラ・・・
えっ・・・本命の鳥が抜けてしまってバーダーは居ないのかなって思いつつ道具をセットしていたらポツポツ来られてくる方が居たので未だ居てそうかな???
ポイントに着くと何のことはない・・・びっしりとバーダーで埋め尽くされて立錐の余地もないほど、三脚を立てるスペースもない、やむなく最も遠いところに何とか入れてもらった。
しかし、これでは遠いなって思いつつ何回かのオガワコマドリの撮影をした。全く快晴で雲一つない好天気?なのでメラメラで背景とも相俟ってピントが合いません・・・
周りの方に聞いても皆さん、ピント合わせに苦労されるようでしたが・・・

どんどんバーダーがやって来ます、最盛期は200人~300人???、物凄い人気ですね、そんな様子なのでちょっとしたスペースがあると構えてる前にすぐに撮ろうと割り込まれてくる方、後ろを気にしないんですかね。「人の振り見て我が振り直せ」と。
後半になってから先に帰るという鳥友の席を譲ってもらって近いポイントからの撮影ができたのは良かった・・・
2005年~2006年にかけての冬に、神奈川県で見られていたオガワコマドリは暖かくなってきた4月になっても居ついていたらしいがさすがに4/28以降は見られなくなったとか。
さてこの淀川河川敷のオガワコマドリもそろそろ旅立ちの様相なのかもしれません・・・

オガワコマドリ(英名でブルースロート(Blue Throat)、因みにノゴマは、ルビースロートという)
分布・・・ユーラシア大陸の中部以北に夏鳥として渡来、繁殖し、冬期はアフリカ中部からアラビア半島、東南アジアに渡り越冬する。日本では以前は観察例の少ない迷鳥だったが、調査が進むにつれて記録が増え、現在では稀な旅鳥または冬鳥とされている。
特徴・・・上面はオリーブ褐色、オスは鰓から上胸は青く、胸には黒、白、オレンジ色の帯がある。眉斑は白く、耳羽は茶褐色、腰はオレンジ色、尾は黒褐色で外側尾羽5対の基部は赤褐色。
メスは下面の青色部分とオレンジ色部分が淡い。
生態・・・河川敷や湖沼縁の草地やアシ原で単独でいることが多く、地上で採餌しながら、近くに岩や杭にとまっており、危険を察知すると低く飛び草地に隠れる。食性は主に動物食。昆虫類の幼虫を捕食することが多い。さえずりは「チュルチュル」、「チュリチュリ」等を組み合わせた複雑なもの。

これは胸のオレンジ色の帯の上に黒い帯が見られる、尾羽の基部が赤褐色なことから♂成鳥夏羽?か。
このオガワコマドリ、昨年3月末に愛媛で見かけた(2013年4月1日と2月10日、13日のブログ)のに比べると随分と色合いが鮮やかで、ブルーもオレンジ色もかなり濃いように思います。
最近この淀川河川敷にやって来たというよりは昨年来からここに迷い込んできて冬を過して来てたのではないかと思うのですが・・・ここアシ原の中で採餌しながらじっくりと成長してきたのかも???
(神奈川県の場合も昨年の愛媛の場合でもいずれも前年から春にかけて滞在していたことからこの淀川コマドリもそうだったのではないかと推定???)

こんなに綺麗な色合いですがこちらの機材と腕ではこれくらいしか撮れないのが残念ですが・・・
バードウォッチャーをトリコにしてしまう大変魅力的な鳥。この喉から胸のカラフルな帯模様は色づくと大変綺麗です!
一番下のオレンジ帯色がもっともっと色づいてれば最高なんでしょうが・・・
とりあえずは綺麗なオガワコマドリを、動きのあるのを次回に投稿させていただきます。
c0213607_18281019.jpg

c0213607_18281754.jpg
c0213607_18282234.jpg
c0213607_18282716.jpg
c0213607_18283384.jpg
c0213607_18283879.jpg
c0213607_18284478.jpg
c0213607_18284995.jpg

尾羽の赤褐色が見えました。
c0213607_18285358.jpg
c0213607_18285932.jpg
c0213607_1829415.jpg
c0213607_18291169.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-25 18:34 | オガワコマドリ
2013年 04月 01日

綺麗になったね!・・・

2月初めに遠征して見た初見のオガワコマドリ。
こんなにもカラフルなのも居てるのかっと思っていた。英名でブルースロート(喉が青い)と言うのに前回見た感じでは喉のところは白かったし、全体的には未だ色合いがもう一つのように感じていた。
春までには成長して綺麗な色合いになるんだろうかっと期待はしていた。
一方、綺麗な色合いになったとしても春になるまで居てくれるんだろうかっと。
そんな思いを抱きながら、縁あって誘いを受け連れ立って昨日にプチ遠征してきました。
前回行ったときと同じく元気に飛び回っていて、何と綺麗なブルースロートを見せてくれました。
こんなにも色づくものかとびっくりしました。とても同じ個体とは思えないほどの変りようのように思えました。
この辺りは一面田植えの時期に入っているらしく、どこも水がはってあり、近くでは農機具が入って土壌お越し?なども行われていた。
葦原の野焼きもあったようだがめげずに何とか居てくれたが今度はすぐ近くで本格的な田植え?の農作業がありそうなので、そろそろ旅立ちではないだろうか?

図鑑などによると
ユーラシア大陸の中部以北に夏鳥として渡来、繁殖し、冬期はアフリカ中部からアラビア半島、東南アジアに渡り越冬する。日本では稀な旅鳥または冬鳥とされている。
旅立ちはアラスカ西部、スペイン西部、イラン、ヒマラヤなどに渡って繁殖するんだろうか?

オガワコマドリ♂
歌手イルカさんの「なごり雪」ではないが
 ”・・・今 春がきて君は綺麗になったーーー去年よりずっと綺麗になった・・・”
やっとブルースロートを魅せてくれました。綺麗になったね!
濃い青色とオレンジ色が見えるので恐らくオス成長なんでしょうか?
c0213607_22482540.jpg

これは2月のときに見たオガワコマドリ
c0213607_23233786.jpg

こんなにも違うんですね。

欲を言えば一番下の橙色の横帯が今一つはっきりしない色のようなのでこれが顕著になってれば最高なんでしょうね。以下色々なショットを。
c0213607_22483113.jpg


春の七草の一つであるヒヨコ草(はこべ)?を背景にいろんなポーズを見せてくれた。
c0213607_22483730.jpg

c0213607_22554728.jpg

c0213607_22562791.jpg
c0213607_22563442.jpg

何だかペンギンみたいな格好で。
c0213607_22564555.jpg

c0213607_22573434.jpg

c0213607_225869.jpg

何か吼えてるような格好?どんな鳴き声をするんでしょうか?
c0213607_22581297.jpg


c0213607_2318877.jpg
c0213607_23181541.jpg
c0213607_23182137.jpg
c0213607_23182625.jpg
c0213607_23183268.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-01 23:19 | オガワコマドリ
2013年 02月 13日

先日の遠征の動きのあるのを・・・

先日のオガワコマドリをたくさん撮った中から、やや動きのある様子を。
ツグミみたいにすすっと足早に歩く様子が多く、飛び物を狙ってもうまくいきませんでした。
撮れても飛び出す瞬間、羽をやや拡げてくれたところなどでもう一つ。
そんな中から何かしらの動きのあるショットを選んで見ましたが。

このお立ち台がお気に入りのよう。


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
オガワコマドリ

c0213607_205051.jpg
c0213607_205729.jpg
c0213607_20512100.jpg
c0213607_2051856.jpg
c0213607_2052498.jpg
c0213607_2053022.jpg

尾羽を拡げてポーズをとってくれました。尾羽基部は赤褐色。
c0213607_205355.jpg
c0213607_2054160.jpg
c0213607_2054971.jpg


池の傍にあるこの杭がお気に入りのようで枯れた葦原から出てきてはすっとこのお立ち台の杭に。
やはり上の方を気にしてます。猛禽が舞ってますから。
c0213607_2091287.jpg
c0213607_2091823.jpg
c0213607_2092456.jpg

このジョウビタキ♂と常にバトルをして追いかけっこ。
c0213607_2093064.jpg


後姿ですが、これでは何か分かりませんね。
c0213607_201039100.jpg
c0213607_20104530.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-13 20:16 | オガワコマドリ
2013年 02月 10日

プチッ遠征でオガワコマドリを・・・

昨年か一昨年に何処かの干拓地に来てたらしいオガワコマドリ、ずっと向こうのほうで豆粒くらいにしか見えないらしいとかで見に行く機会が無かった。
しかし、一度は見てみたという気にはなっていたところ、やや遠いが見れそうだということで同行させていただく機会に恵まれた。
大きな池の傍の枯れた芦原群をネグラ?にしてそこから出たり入ったりしているよう。

オガワコマドリ(スズメ目ツグミ科)(観察難易度: 6)
和名は、本種を日本で初めて採集した小川三紀氏に因んで名づけられたという。
英名でブルースロート、因みにノゴマは、ルビースロートと言うらしい。喉が青いんでブルースロートか?
(分布)・・・ユーラシア大陸の北よりで広く繁殖する。冬季はアフリカ大陸、インド、中国南部に渡る。日本では渡りの季節や冬季に観察例がある。
(形態)オス・・・夏羽:後頸から尾羽はオリーブ色味のある灰褐色。白い眉斑が目立つ。過眼線がうっすらと黒っぽい。喉は灰褐色でその脇が青色、その下が茶色でその両側は黒色。その下が青色、黒色、白色、茶色と複雑な模様になる。下胸から腹は橙色味のある白色。足は肉色で嘴は黒っぽい。
冬羽:喉や胸の模様が淡色になる。特に腮(サイ;嘴の下)が白くなる。
メス・・・喉の青色と茶色が無い。
(生態)・・・日本における記録では、河川敷や湖沼縁の草地やアシ原で単独でいることが多い。地上で採餌しながら、近くに岩や杭にとまっており、危険を察知すると低く飛び草地に隠れる。食性は主に動物食。昆虫類の幼虫を捕食することが多い。

これは喉の茶色が見られることからどうもオス冬羽と思われるが?
動くのある様子や杭の上に止まった動きは次回にします。
とりあえず、喉から腹にかけての大変カラフルな綺麗な、初見のオガワコマドリです。
夏羽のオガワコマドリ、無茶苦茶綺麗そうなので見てみたいものですが・・・

c0213607_19563936.jpg
c0213607_19564560.jpg
c0213607_19565247.jpg
c0213607_19565782.jpg
c0213607_1957228.jpg
c0213607_1957881.jpg
c0213607_19571528.jpg
c0213607_19572079.jpg
c0213607_19572599.jpg
c0213607_19573160.jpg


ツグミ科の類であり、やはりツツツッと歩いてはすっと背伸びする感じで首を伸ばしてます。
c0213607_19574842.jpg


正面からです。喉から腹にかけての茶、青、黒、白、茶褐色の横帯、色合いが鮮やかです。

c0213607_19573725.jpg

c0213607_19574316.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-10 20:07 | オガワコマドリ