一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

年末の鳥見・・・

年末押し迫っているというのに、もっとベニマシコの赤いのを撮りたくて朝から昨日の続きでMFに行った。
9時ごろ着くも風がビュービューと強い。昨日の場所に行っても鳥の気配は何処もなし。寒いのと風が強いので出が遅いのかなっと思った。
しかたなく、従前のようにせいれいの里に続く道を覗いてみるもここも何の気配もなし。今日はダメかなっという気がしたが、帰り際に再度、雑木林に行ってみると、チッ、チッっと鳴き声がした。またアオジっかと双眼鏡で見ると何とベニマシコが来ているではないか。昨日に続いて来てくれていたんだ。
ベニちゃんの鳴き声は「フィッフィッ、フィッポッ」、「フイッ、フイー」と思っていたが、チッ、チッっのような鳴き声もするんだなっと。図鑑では「チュル、チュル、ティ、チッ」という鳴き声もすると記されている。
今日は鳥見のアングルが良かった。近くにも来てくれた。
今日のは♂、♀の若のような感じがするが、どうだろうか?
胸の赤いのは見れなかったが、次回に期待しよう。

ベニマシコの♂と♀のツーショット(ブレブレであるが)
c0213607_13401959.jpg

♂(胸も赤く色づいていないし、どうも若鳥かも?)
c0213607_13414155.jpg
c0213607_13415167.jpg
c0213607_134225.jpg
c0213607_13421343.jpg
c0213607_13424991.jpg

♀(これも若?)
c0213607_13434191.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-31 12:44 | Comments(0)
2009年 12月 30日

我がMFにも・・・

MFに行った。教祖奥ではいつものルリビタキ♀が迎えてくれた。このルリビは教祖のところで冬を過ごすのだろうか?
しばらくすると、なにやら来たので見るとミヤマくん。それも♂でなく♀がきた。黄色っぽさが淡くて、喉の下が♂は黒いが♀はやや褐色。
今日は森林整備中の奥へ始めて入っみた。人の気配も無く雑木林でまだまだ歩きにくいが、この場所は鳥見の場所にはもってこいではないか。何かしら飛んだので撮ると何とベニマシコではないか・・・
♂、♀が数羽は居たであろうか。しかし、このベニマシコは強敵。なかなかいいショットを撮らせてくれない。じっとしないで動きが早い早い。来たばかりなので慣れていないからだろうか?これから居ついてくれると慣れてくるとは思うが、どうだろう。
このベニマシコ♂は箕面と較べて、どちらかと言うと胸の色は赤っぽい、というよりピンクっぽい感じがする。

いつものルリビタキ♀が迎えてくれた。
鼻のところに傷があるように見えるが、大丈夫だろうか?
c0213607_14166100.jpg

ミヤマホオジロ♀も来てくれた。
c0213607_14163691.jpg


このフイールドに初めてお目見えしたベニマシコ、これからかな。
セイタカアワダチソウの上で食事中。
c0213607_14173740.jpg
c0213607_14175042.jpg
c0213607_14175864.jpg
c0213607_1418535.jpg
c0213607_14181243.jpg
c0213607_14182084.jpg
c0213607_14182741.jpg


いつもチョコチョコと草むらかブッシュな中にすぐ隠れてしまうアオジだが、いいところに止まったので撮った
c0213607_14241830.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-30 14:24 | Comments(0)
2009年 12月 28日

ベニマシコが・・・

再度、ベニマシコ求めて橋の袂へやってきた。途中の霊園の近くの山で”ふくろう”が居るかもしれないとのことで寄ってみたが見当たらなかった。
いつものように奥まで行くも誰も居ない。しかたなく戻ってセンターで時間をつぶそうということになった。ここはルリビタキ♂がサービスよくポーズをとってくれ、楽しませてくれた。今日は昼から晴れてくるとの予報であったが何と雨、雹もどきになってきて大変だった。ようやく天気が回復してきてまた、朝の所まで戻り、坂を上って上部の場所までやってくるとデジスコで撮っている人がいた。何と待望のベニマシコを撮っているではないか。早速我々も参加させてもらった。
ベニマシコとはよく名付けたものだ。和名で紅猿子。猿が酔っ払って顔を赤く染めたような感じに見えるのでそのような名付けになっているのかしら。
このベニマシコは枯れた草木のブッシュの中に入って種子を食しているので、なかなか良いショットが撮れない。

ブッシュの中で食事中のベニマシコ♂
c0213607_2385570.jpg
c0213607_239334.jpg
c0213607_2391117.jpg
c0213607_2391881.jpg
c0213607_2392673.jpg
c0213607_2393480.jpg
c0213607_2394214.jpg
c0213607_2395675.jpg

♂とは違って地味な感じのベニマシコ♀
c0213607_23115025.jpg


いろんなポーズをみせてくたルリビタキ♂
c0213607_23121945.jpg


c0213607_23123541.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-28 23:15 | Comments(0)
2009年 12月 27日

やっとシロハラが・・・

今日はMFに午前中、出かけた。
いつもに比べ今日は鳥の囀りが頻繁に聞こえた。いろんな囀りが。
教祖奥で、それも階段上の神社広場から遠くの枝に止まったシロハラをやっと見つけた。どこもかしこもシロハラの鳴き声が聞こえるがすぐに飛ぶか、逃げてしまうのでなかなか撮らえられなかった。シーズンになるとゆっくり撮らしてくれることになるのだが、今の時期はなかなか難しい。
またまた、ルリビタキ♀に会えた。教祖周辺に居ついているのかも。
あとはアオジ♂と♀。

やっと撮れたシロハラ、しかし遠い。
c0213607_19343232.jpg

いつものルリビタキ♀
今日は後姿しか見せてくれなかった。
c0213607_19345684.jpg

アオジ♂と♀
c0213607_19353623.jpg
c0213607_19354427.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-27 21:26 | Comments(0)
2009年 12月 25日

アオゲラ参上・・・

いつものようにMFへ出かけた。
教祖奥はどうしたことか静か。
今日はこれで帰ろうと思っていたが、せっかくだからとせいれいの里にぬける森まで行って見ようと。
ふれあいの道を進み、突き当たって左に入ってしばらく歩くと、目の前の木に何とアオゲラが一生懸命に嘴を木の中に突っ込んで食事中?ではないか。これまでアオゲラを1回見たが、その時は目の前の木に飛んできて一瞬のうちに飛び去ってしまったので、はっきりとは見れていなかった。
数メートルの距離ではっきりと見えた。それも何度も嘴を木の中に突っ込み虫を?捕って食べている様子を見ることが出来たのは本当にラッキー、これこそ一期一会。
頭部の赤色が先端から赤いので、これは♂。
♀のアオゲラも見たいものです。居るのかな?
(ISO感度の設定を今日は変えていたのでシャッタースピードが足らなかったので連射とは言えブレが目立ったのは残念、いつものようにAUTOにしておくべきだった)
帰りに再度、教祖奥に行くといつものルリビタキ♀に会えた。
写真はクリックすると拡大できます

食事中のアオゲラに会えた!!!
ノートリミングのアオゲラ
c0213607_1633248.jpg

c0213607_1558164.jpg
c0213607_15582913.jpg
c0213607_15584040.jpg
c0213607_15585031.jpg
c0213607_1559146.jpg
c0213607_15591272.jpg


コゲラも
c0213607_15595292.jpg


いつものルリビタキ♀
c0213607_1601840.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-25 18:13 | Comments(2)
2009年 12月 25日

橋の袂で

久しぶりに赤い鳥を求めて箕面の橋のところまでやってきた。いつものところで待つも今日は全く気配なし。
遊んでくれたのはミヤマホオジロ♂、アオジ♂、♀。
寒くなってきたので見頃かなっと思っていたが全くあてがはずれた。今年は全体に少なくなってきた感じっていう人もいるが、これからどうなるのかな。

ミヤマホオジロ♂
いろんな表情を見せてくれた
c0213607_14114618.jpg
c0213607_14115470.jpg
c0213607_1412128.jpg
c0213607_14121873.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-25 14:13 | Comments(0)
2009年 12月 21日

再度、北へ・・・

仲間と一緒に再度、北へ行ってきました。
今日はベニマシコ、ルリビタキ、モズ、ジョービタキ、エナガ。
ベニマシコは先日と違った所で見られたが、何と高い木の上ばかりでいいショットにならない。
団体で高い木の上に跳んでくる。
ルリビタキはところどころで見られるが、♀ばかりで、ここでは♂に会えたことが無い。

高い木の上ばかりのベニマシコ
c0213607_17345658.jpg
c0213607_17351430.jpg

♀が実を啄ばんでいる
c0213607_17355988.jpg


ルリビタキ♀
c0213607_17363424.jpg

モズが出てきた
c0213607_1736588.jpg

枕木が残されている
c0213607_17372629.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-21 17:38 | Comments(0)
2009年 12月 18日

赤いベニを・・・

今日は少し北のほうへ撮りに行きました。
ここは全く静かで1人だけ。アオジがチッ、チッと鳴くのが聞こえるだけで何にも居ないのでは、っと思っておりましたが、ブッシュの中からツガイが出てきたのが見えました。
しかし、撮れたのはベニマシコだけ。ルリも居る、との情報でしたが。撮ってる途中で急用で急遽帰ってきましたので実質現場には1時間30分くらいしか居なかったのでもうちょっと居るといいショットが撮れたかも。
しかし、枝被れでなくやや全身が見えたのを撮れました。胸の赤い所を正面から撮りたかったのですが、時間が無かった。再度のチャレンジを。

草木の穂の実を啄ばむベニマシコ♂
c0213607_945289.jpg
c0213607_9455856.jpg
c0213607_9461229.jpg
c0213607_9461957.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-18 20:37 | Comments(0)
2009年 12月 15日

稀な旅鳥・・・

とある公園に、稀な旅鳥・・・の”オジロビタキ”が来ている、との情報で急遽、行ってみた。ここに来たのはキビタキ撮った10月中旬以来。
ここで、最初見たバーダーはどうも何だかわからないのがいる、っと騒いでいたそうです。これはどうも”オジロビタキ”(尾っぽが白いのが特徴)ではないかと、いうのがわりました。
ここ数日居てる、との情報であるが、ひょっとして昨日で抜けてしまっているかもしれない、との思いで、早速、どんな鳥なのか、見たくて急遽行ったら、何と未だ居てくれた。
始めて見たが飛翔が早くてなかなかジット落ち着いて止まってくれません。カメラマンは困っておりましたが、こちらも追いかけ?特徴のある、尾っぽの白いのを何とか撮ることができたが、見れますでしょうか?
この”オジロビタキ”は私の持っている「日本の鳥300」の中には掲載されておりませんでした。500種類位の掲載されている野鳥の本でないと載っていないそうです。
図鑑では、「まれな旅鳥・・・」として紹介されているそうです。
居たのはどうも♀で、♂はなかなか少ないそうで、違いはノゴマの♂みたいに喉のところがやや橙色っぽくなっているそうですが。
今年2月頃に明石の公園に♂が来て騒いでいたそうですが。

ついでにルリビタキの♂もサービス満点で遊んでくれました。
c0213607_2253249.jpg

特徴のある、尾っぽの白いのを何とか撮ることができたが、見れますでしょうか?
c0213607_2254148.jpg
c0213607_2254946.jpg
c0213607_2255769.jpg
c0213607_226492.jpg


サービス満点のルリビタキの♂
c0213607_2264239.jpg
c0213607_2265057.jpg
c0213607_2265742.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-15 22:12 | Comments(0)
2009年 12月 14日

待望の・・・でも何となく

今日はいつものように便乗させていただいて、橋の奥まで行った。何とかベニマシコが見れないかと。
最近何回かここまで来ているがベニにお目にかかったことはない。
今日は橋の袂には誰も居ない(路上には3台が停まっていたのに)、奥まで行っているのかな、っと思って我々も奥まで行くと何と皆さん被写体にカメラを向けいるではありませんか。何というグッドタイミング。ベニマシコでした。
早速セットして参加させてもらいました。
以下の通りですが徐々に上方の枝に逃げられて良いショットは撮れなかった。
でも何とか待望のベニマシコの姿は見ることが出たのは幸運でした。

待望のベニマシコだが・・・枝被れ・・・
ベニマシコ♀
c0213607_21382856.jpg

ベニマシコ♂
c0213607_21384513.jpg


いつものようにルリビタキの♀も
c0213607_2140645.jpg
c0213607_21401632.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-14 21:29 | Comments(0)