一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 31日

子育て・・・

カワガラス、代わり映えしない色合いをしている鳥ですが雛が孵って今は親と共にしている様子がみられるとのことで出かけた。やっと出てきて、そこに居るよっと言われても川石と同化していて最初は何処に居るのか分かりにくかった。
慌てて撮ったが何と広角のまま。これ1回っきりでその後一向に出てこなかった。再度挑戦したいが。
雛は初見です。親と比べグレーの斑点模様があって親よりは見映えがする感じ。

そうこうしているうちに、今度は営巣に居る雛に親が♂、♀ともひっきりなしに餌を捕ってきて与えている、っと聞いてそっちに行った。
見ていると口一杯に餌を頬張って営巣に運んでいた。営巣に来ると甲高い声が聞こえてくるが恐らく餌をもらえる雛が鳴いているのだろう。はっきりと聞こえるが急流沿いのところなのでなかなか巣の中が見えない。
営巣に近づくがすぐに巣に入らないのは、そろそろ雛の巣立ちを促しているのだろうか。
しかし、このポイントは暗くてSSがなかなか上がらないので撮ったのが殆どブレブレなのが残念。、
ここ数日のうちに巣立ちして親からしばらく口移しに餌をもらう様子が見らるのかもしれない。

手持ちの野鳥図鑑から
「繁殖期以外は1羽で、一定の場所を移動しながら潜水して採食し、生活している。繁殖は早く、まだ雪がある2月頃から始まり、巣は滝の裏側などにつくる。よく翼を半開きにして尾羽をパッパッと開く」

巣立ちして親と共にしている様子
c0213607_15572625.jpg

口一杯に餌を頬張って営巣に運んでいる親
c0213607_15585467.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-31 18:40 | Comments(0)
2010年 03月 30日

旅立つかな・・・

晴れてきたので今日は城へ。キクちゃんを見れたらっと思って行ったがもう抜けてしまったという声も聞こえる。ここは今は端境期なのか、それらしき野鳥は何にも居なかった。ジョウビタキ♀、モズの♂と♀。
芳しくなかったので午後からは南の公園に、居ついているオジロビタキ、ルリビタキを見に行った。相変わらず元気に飛び跳ねていた。
オジロは本来ならば大陸の方まで渡っているころなのに未だ居る。
バーダーさんは皆さん、「オジロとのお別れ会」と称して撮っておられたようだ。わたしもその仲間に入れてもらい、撮り収めてきた。ついでにルリちゃんも。

まだ居るジョウビタキ♀
c0213607_15485.jpg

よく見かけたモズ♂、♀
c0213607_17719.jpg



居ついてしまっているオジロビタキ
c0213607_117955.jpg
c0213607_1172645.jpg

元気にしていたルリビタキ♂
c0213607_1112351.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-30 23:12 | Comments(0)
2010年 03月 27日

もうそろそろ・・・

この前、北のほうへ久しぶりに行ったが何にもなかった。アオゲラとコジュケイの声が聞こえたのみ。
地元の人の話が聞けたのが良かった。ヤマセミとマッタケ。

今日はMFは変化無し。例の奥の雑木林の水場で久しぶりにルリビタキ♀が見れた。ルリビタキもそろそろ見られななくなってきたような感じがする。アオジも少なくなってきたようだ。
帰りがけにテニスコート辺りでコジュケイの声が聞こえた。ミヤマホオジロが2羽見かけたのみ。

少なくなってきたアオジ、ルリビタキ
c0213607_1032692.jpg
c0213607_10321838.jpg

ミヤマホオジロが餌を啄ばんでいた
c0213607_10325924.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-27 16:24 | Comments(0)
2010年 03月 25日

ツピイ、ツピツピ・・・と賑やかに

連日の雨模様で寒い。
玄関に出てみると、ツピイ、ツピツピ・・・と賑やかに囀っている声が近くに聞こえてくる。どこかと思って探してみると駐車場横のフェンスに。

桜咲き、オオルリもでてきてるとのこと。夏鳥として早々に渡来か。

ネクタイの太い所を見ると♂。気がつけばすぐ近くにもう一羽が止まっていたがツガイなのかしら。
c0213607_1424924.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-25 14:24 | Comments(0)
2010年 03月 20日

ヒレンジャク参上・・・

やらねばならないこともあったが、ヒレンジャクがでてる、とのことで急遽2時間ほど撮りに行った。
ヤドリギの実を食べに飛来しているようだ。

初めてのレンジャクが見れた。バーダーが押しかけていて、30~40人はいただろうか。水飲み場に下りて来るのを皆さん待ち構えているが、どんどん近くまで寄ってくる輩がいるもので(エチケット違反?)、近くの枝どまりまで来るが、なかなか下りてきません。何とか枝どまりの良いショットをっと思うのだが、良いのが撮れてないが、見れただけでも良いとしよう。
実がなくなると次の餌場を求めて移動してしまうよう。

去年は赤や黄色のレンジャクの多い年だったらしいが今年は少ないようで、殆ど確認情報がなかったレンジャク。年によってかなりのバラツキがありそうです。

レンジャクとヤドリギ。
ヤドリギの実を食べたレンジャクは粘着力のあるフンをする。食べた実が排泄されて,このフンが樹にくっつきそこからヤドリギの芽がでて寄生するそうです。大木にもまるで欅の葉っぱのようにヤドリギが寄生しています。(緑の枝葉は寄生したヤドリギのものです)

c0213607_120594.jpg

c0213607_2182473.jpg
c0213607_2183498.jpg
c0213607_224396.jpg

c0213607_1322883.jpg

確かに粘着力のあるフン。
次々と糞を出しますが、出てきたヤドリギの種子はすべて白い筋でつながっています。
ヒレンジャクのお尻にぶら下がる種子を実際に観察できて、ヤドリギはこんなすごい種子散布の方法をとっていたのかと、あらためて、その仕組みのすばらしさに驚かされました。
c0213607_170857.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-20 23:18 | Comments(1)
2010年 03月 11日

ウインターイルミネーションへ・・・

忙しい中ではあったが予約していたバス旅行で三重県の桑名市にある「なばなの里」へ行った。
梅田から難波を経由して一路、長島温泉へ。3時間くらいで着く。ここは一面田んぼ畑を観光地にしたそうでかなり評判がよく、レピーターも多いと聞く。今回はベコニヤと梅さくら、それにイルミネーション。
ベコニヤの種類の多さにはびっくりしました。こんない多くの綺麗な色とりどりのベコニヤには。ガーデンには特に河津桜がみごとに咲いておりました。18:10分からのウインターイルミネーションの点灯に間に合うように2時間前から先頭で待った。こんなに早くから並ばなくてもよいのでは、っと思っていたが何と30分前には見事な列を成していた。点灯した瞬間の情景を撮りたかったためだが綺麗かったね。450万球というスケールで、「なばなの里」をウインターイルミネーションで彩っておりました。

「なばなの里」入口
c0213607_0491310.jpg

多くの種類のベコニヤ
c0213607_0503398.jpg

待望の点灯・・・イルミネーション
点灯前の情景と点灯後
c0213607_0514793.jpg
c0213607_0515834.jpg

オーロラ模様
c0213607_057167.jpg

ライトアップ
c0213607_0571834.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-11 20:20 | Comments(1)
2010年 03月 01日

やっとカケス・・・

午前中までの天気ということで朝、MFに行ってみた。
教祖奥は餌台が置かれており、ミヤマホオジロの♀が数羽、周りに居た。最近教祖はバードウオッチングに目覚めたのか?読経にもっと力を入れないと。
今日はグランド横の辺りでスコープを構えている、あまり見かけない人が来ていたので声をかけると最近どこも鳥見が少なくて、ここへ来ると鳥見が出来る、っと聞いて来られたらしい。この人は”さわやか道”のつきあたりのところで8時ごろにアカゲラを見たらしい。アカゲラ、アオゲラも居ることは居る。一期一会の出会い。
帰りがけに今日は例の雑木林を覗いてみたらヤシャブシの新芽が出ている木のところからバタバタっと飛び立つのが見えた。シロハラ、ツグミかなっと思っていたら何とカケスではないか。
このMFでやっとカケスが見れた。どこかに居るんだな。
果実を食べていたかどうか分からないが、鳴いていなかったのでまさかここに居てたとは。

数日前にもウグイスの囀りがあった。今日は3月に入り天気も良かったのかもしれないが、MFのあちらこちらで頻繁に・・・ケキョケキョ・・・の囀りが聞こえてました。綺麗な囀りと共に春がそこまでやってきたと感じられる今日この頃です。

あわてて撮ったカケスくん、なにしろ遠くて、枝の向こう
c0213607_14241676.jpg

c0213607_13424986.jpg

3羽くらい居たようだが、撮りだすと山の方に逃げていった、なかなか手強い。今度はそっと近くから撮りたいが。
c0213607_14255377.jpg
c0213607_1426655.jpg

教祖奥のミヤマホオジロ♀
c0213607_14232243.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-01 18:26 | Comments(2)