「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 29日

枝止まりのツバメの雛・・・

天気がよくMFへ出かけた。今日のMFは子供たちの里山観察会とかで賑やかだった。いつものキビタキポイントは抜けたらしくもう気配はない。
きづきの広場の木の枝どまりでツバメの幼鳥が4羽、仲良く親からの給餌を待っていた。
今日はホトトギスがよく囀っていたが、なかなか見つけられない。今月山では今日はホトトギスが見られたのであろうか?

明日から2泊3日で遠征に行ってきまーす。

親からの給餌を待つツバメの幼鳥たち。
親が近づいてくると大きな口をあけて羽ばたく子供たち。
c0213607_15494246.jpg
c0213607_15495168.jpg

親から口の中まで餌を入れてもらってる。
c0213607_15495891.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-29 19:52
2010年 05月 27日

天気がもう一つ・・・

天気予報は良かったので出かけたが、小雨模様にもなり天気はもう一つだった。5月も下旬だと言うのに今日は風もあってものすごく寒い。もう少し着込んできたほうがよかった。
BBに着くとドラミングみたいな声が聞こえたのでアオゲラかもしれないっと思って探してみたが見つからないア。そのうちよく聞いてみると何とモリアオガエルの林からの声であったのが分かった。BBの上の枝のほうを見るとモリアオガエルのふんわりした卵がくっついていた。
BBでは昼前に青っぽいのが飛んだので見るとカケスみたいだったので飛んだ先を撮ろうとしたら何と尾っぽ辺りしか見えなかった。
昼からはやっとキビタキ♂が2羽ほど出てきてくれた。やはり若い♂のようだ。
水辺ではヤマガラ、ホオジロが、BBではヒガラも顔を見せてくれた。
帰りに寄ったホトトギス山では今日はいいところがなかったとのことだった。

モリアオガエルの卵が2つぶら下がっていた。
c0213607_18231884.jpg

尾っぽ辺りしか見えなかったカケスくん。頭隠して尻・・・。
c0213607_19505375.jpg

ヤマガラもいつもの水浴び。
c0213607_19512887.jpg

BBではヒガラも。
c0213607_19515156.jpg

いつみても綺麗なキビタキくん。透き通った綺麗な声で囀っていた。
元気に囀っているところ。
c0213607_19524475.jpg
c0213607_19525277.jpg
c0213607_19525836.jpg
c0213607_19531012.jpg
c0213607_19531864.jpg
c0213607_19532625.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-27 19:54
2010年 05月 25日

雨上がり・・・

雨上がりの朝にMFに1時間ほど出かけた。
陽がさしてもう少し時間を経ないと出が悪いみたい。余り見かけなかった。
キビタキポイントで待ったが抜けたのか、今日は未だ見られない。
広場でカワラヒワの幼鳥を見た。頭の上ではウグイスが囀っていた。

幼鳥のカワラヒワ。鳥見ではよく見かけ、どうってことはないが幼鳥を見たのは初めて。
未だはっきりと色合いが出ていないような、羽がややフワフワしているみたい。
c0213607_17123612.jpg
c0213607_17124484.jpg


頭上で囀るウグイス
c0213607_1713113.jpg
c0213607_17131912.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-25 17:07
2010年 05月 21日

”くんずほぐれず”・・・初めて見ました・・・

天気が良さそうなので約束の鳥見の前にMFへ、昨日鳥影しか見られなかったキビタキを見に行った。いつもの所よりはやや遠くの方で見つけたが。余りいいのが撮れなかった。時間が来たのでとりあえず帰宅し、連れ立ってBBに行った。
午前中はいつものようにホオジロの水浴びのみで、何にもない。この前はキビタキはタッチアンドゴーですぐに飛び去ってしまったので姿は見えたが撮れなかった。今日はそのリベンジだが、出てきてくれるのだろうか?
待っていると、突然、バサッという物の落ちる音がした。辺りには、何も落ちる様な物は無い。見るとメジロ。雛が巣からでも落ちたのかと思ったが、何とメジロが2羽、”くんずほぐれず”の絡み合ったまま(交尾中?)そのまま落ちてきたみたい。慌ててその様子を撮った。取っ組み合い?なのか、交尾中?なのか、どちらかはわからないが。
(調べてみると、メジロの交尾は木の上で普通の鳥と同じ様に行われているらしい。そうだとすると、これは交尾の前駆的な行動なのかも知れない。)
1分近く上に下に絡み合いながらバタバタやっていた。恋の季節なのか?

14時過ぎに2つのBBに同時に合計3羽のキビタキが水浴びにやってきてくれた。
それぞれ長いこと楽しませてくれた。黄色さが目立つ若い♂もいた。

帰りにホトトギス、ツツドリのよく出るポイントを教えてもらったので立ち寄った。ホトトギスはよく鳴いているが、なにしろ飛翔しながら鳴いているので捉えづらい。なんとかツツドリが枝に止まったのを見て撮ったが遠くて逆光気味、証拠写真になってしまった。

今日見れたのは、ホオジロ、メジロ、キビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、ツツドリ。

”くんずほぐれず”のメジロ
c0213607_1311047.jpg
c0213607_1312122.jpg
c0213607_1312998.jpg
c0213607_1313657.jpg
c0213607_1314455.jpg


ホオジロとメジロの仲の良い水浴び、混浴?
c0213607_1392652.jpg

メジロは相手のホオジロが水浴びするのを見てる
c0213607_1393689.jpg

今度は、ホオジロが相手のメジロの水浴びするのを見てる
c0213607_1394435.jpg


シジュウカラ、ヤマガラ
c0213607_1403360.jpg
c0213607_1404313.jpg


エナガがかわいいね。
c0213607_1411246.jpg
c0213607_1412253.jpg
c0213607_1414125.jpg


充分サービスしてくれたキビタキ、若いのも。
キビタキはいつ見てもイイですね。
こちらは頭部の上のほうも羽も未だグレーっぽく、喉の色もそんなに赤っぽくなっていない、若い♂のよう。
c0213607_1425552.jpg
c0213607_1432896.jpg
c0213607_1434376.jpg

こちらは成鳥♂のよう。
c0213607_1435448.jpg
c0213607_144317.jpg
c0213607_1441324.jpg
c0213607_1442142.jpg
c0213607_1443058.jpg


帰りがけに撮ったツツドリ
c0213607_1445955.jpg
c0213607_145696.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-21 23:20
2010年 05月 19日

小雨模様の中・・・

予報が雨模様とのことで早朝未だ降っていないうちにと、MFへ出かけた。
山に入るとポポッ・・・ポポッ・・・、っとツツドリの声が聞こえてきた。見渡したが見つからなかった。途中で出会った人も今のはツツドリですよねって。
エナガやヤマガラ、シジュウカラといった幼鳥がいろいろと飛び、チイッ・・・チイッ・・っと囀っていた。
そのうちに小雨模様になってきたので早めに撤収した。
オオルリ♀キビタキ♂、若いヤマガラ、ヤブサメ、キジ、コジュケイ、センダイムシクイ、アオゲラ、アオバト、ツツドリ、コゲラ、シジュウカラ、などなどの声も聞かれるとのことでMFも楽しみになってくる。昨年の今頃はホトトギスの声が聞かれたが。

群れで木の上のほうをエナガが囀っていた。
c0213607_1125373.jpg
c0213607_113119.jpg
c0213607_1131156.jpg


てっぺんでホオジロもいい声で鳴いていた。
c0213607_113558.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-19 16:58
2010年 05月 17日

いつものように水浴び・・・

久しぶりにBBに行ってみた。暖かくなってきたのかいつものように野鳥たち、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、それにホオジロが引っ切り無しに水浴びにやってきた。
ホオジロなんてたっぷりと水浴びをし、大満足のように感じられた。
綺麗なキビタキ♂が一回来たが、チャンスを逃してしまった。今度は是非とも撮りたいが。
途中に寄ったセンターで大変悲惨な出来事を聞かされ、また現物を見せていただいた。それはオオルリの営巣が破壊され、中にあった6個の卵が残っていたことだった。さらにその一つを見てみると頭が形になってできつつあるようにも見受けられたので余計に残念な結果になってしまったことだった。

ホオジロ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラが入れ替わり立ち代りにBBに水浴びにやってきた。
c0213607_23505653.jpg

長い間、水浴びをしておりました。ずぶ濡れです。
c0213607_23511055.jpg

メジロも。
c0213607_2351219.jpg

シジュウカラもずぶ濡れ。
c0213607_23513369.jpg

ヤマガラが吼えておりました。
c0213607_23514177.jpg
c0213607_23514938.jpg

ヒヨドリまでもが
c0213607_2352271.jpg


オオルリの営巣が破壊された。
しかしこれは止むを得ない出来事だった。道路横の法面の土砂崩れ防止のための工事が行われていてコンクリートを法面にホース?で営巣に吹き付けてしまったらしい。あとで営巣に気がつき、そっと取り除いてセンターに持ってきてくれたとのことだった。
巣の中には6個の卵があったらしい。5月14日の出来事だったので5月上旬に卵を産んで下旬頃に孵って6月上旬頃に巣立ち?のような感じなのかな、っと思う。今頃親鳥はどうなっているのか?第2回目の営巣を模索しているのかも。是非ともオオルリの子孫を残していってもらいたいものである。
法面での営巣なのでこんな感じの巣のよう。通常はコケなどで営巣するらしいと聞いておりますが。
卵の大きさはウズラのよりも小さい感じでした。
c0213607_033561.jpg

卵をみるともう頭や目の感じが出来ている様子だったらしい。
c0213607_042327.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-17 23:51
2010年 05月 16日

やっとサンショウクイが・・・

あんなに出ていたサンちゃん、もう一回撮っておこうと思い、今朝も居るのかどうか聞いてみたらさすがに昨夕何処かへ飛んでいってしまったらしい。しかし、サンショウクイが来てるよって聞いたのでこの前は撮れなかったので早速行ってみた。しかし、着くとさっきまで居たのにって、残念。しかたなくあちこちウロウロし、コサメビタキがよく飛んでいた。そのうちまだサンショクイ、居るよって聞いて場所に行って撮らせてもらった。初認ですが、空抜けが多く、おまけに枝被れでうまく撮れていない。が、これでよしとしよう。

はじめてのサンショウクイ、鳴いてくれれれば良かったのだが。
c0213607_22152940.jpg

c0213607_22425797.jpg

c0213607_22155345.jpg
c0213607_2216345.jpg
c0213607_22161414.jpg
c0213607_2216244.jpg
c0213607_22163514.jpg


あちこちで飛んでいたコサメビタキ
c0213607_2217229.jpg
c0213607_22171389.jpg
c0213607_22173234.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-16 22:13
2010年 05月 08日

今期初のサンコウチョウ、ツツドリも・・・

今日も早朝からMFへ。いつものキビタキのポイントを見るも気配は泣くもう10日間くらいらしいから抜けたかもっと思った。水飲み場近辺でやっとセンダイムシクイの全体が露出がうまくいってなかったが撮れた。
キジの鳴き声も聞こえないので、それで広場に行くとポポッ・・・、ポポッ・・・という声が何処からともなく聞こえてきた。最初は何か分からなかった。高い木の上のほうを見ると大きな鳥が止まっていた。カラスでも鳩でもないような感じなのでとりあえず撮っておいた。パソコンで見て、図鑑を見たりするとツツドリのようだ。帰りがけにいつものコースを通るとパッと目の前の木にキビタキが止まった。まだ、居たんだね。もっと陽だまりの所に今度は来てって。
途中でサンコウチョウが第2弾で来てるって言う連絡をもらったので、第1弾では行けなかったので急いで帰って現地に行ってみた。
3羽くらい居てるとのこと。尾っぽの長いのが2羽♂と短いのが1羽♀。ところがこれがなかなかじっとしないで動きが早く、枝被れ、葉っぱ被れで全体を撮らせてくれない。目線でなく上の方ばかりなので首が痛くなる。
同時に複数のサンコウチョウが入ってくるのは珍しいとのことだった。

被れなしのセンダイムシクイ(露出失敗)。良い所に出てきたので慌てて撮ったがもっと綺麗に撮りたかったな。
c0213607_043854.jpg
c0213607_044793.jpg

頭央線の白いのが確認出来ますが、明るすぎ。
c0213607_1146333.jpg


何とこのMFではじめてのツツドリ。被れて見えにくいが。
c0213607_055280.jpg


帰りがけに姿を見せてくれたキビタキくん(ボケボケだが)
c0213607_062828.jpg


今季初のサンコウチョウ。
尾っぽの長いのやら短いのやらで3羽くらい居てたと。
アイリングが可愛らしいのをトリミング2枚
c0213607_11581022.jpg
c0213607_11581927.jpg

c0213607_075227.jpg
c0213607_08159.jpg
c0213607_081087.jpg
c0213607_082026.jpg
c0213607_082952.jpg
c0213607_083792.jpg
c0213607_08461.jpg
c0213607_085530.jpg
c0213607_09560.jpg
c0213607_091536.jpg
c0213607_092438.jpg
c0213607_093358.jpg
c0213607_094220.jpg
c0213607_095157.jpg
c0213607_09592.jpg
c0213607_010747.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-08 23:44
2010年 05月 05日

今日も元気よく・・・

今日もMFへ。
オオルリは見えなかったが、キビタキは上からのよく見通しのきく林を定期的に飛んでいた。カメラを向けるとピンが合わなかったり、枝被れなどあって2~3回うまく撮れなかった。最後は後ろ向きだが何とか撮らせてくれた。
今日はムシクイの鳴き声が聞かれなかった。
奥の方ではキジは1回だけ鳴いただけで見られなかった。
今日はさる所に今期初めてのサンコウチョウがやってきたとのこと。

相変わらずのキビタキがサービスしてくれた。
c0213607_12424127.jpg
c0213607_12424955.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-05 18:32
2010年 05月 04日

早朝からMFへ・・・

昨日は午後遅くだったので、今日は早朝からMFに出かけた。
途中野鳥の会の人に出会い、今キビタキを見たよって聞いて、立ち話をしていた。いつもは下から見上げていて鳥見しにくいなっと思っていた。上からよく見えるよって聞いて行って待っていたらオオルリ、キビタキが来た。
オオルリは空抜けで証拠写真になってしまった。今度は綺麗に撮れないものか。
キビタキはこのMFでは初めて見た。目の前の枝に止まってくれた。いつもと違った角度で見てみるものだ。
ムシクイらしき鳥は見えるが高い木の上をすばやく動くので撮れない。

野鳥撮影のマナーについて記述されていたのがありました。
「・・・撮影のマナーの悪いカメラマンが増えてきたと。双眼鏡も持たずに自分で野鳥を探さず、撮影しているカメラマンを見つけてそのおこぼれにあずかる。野鳥を探すにはやはり双眼鏡は必需品です。誰かが撮影していてもその場は回避して他の野鳥を探します。一匹の野鳥を大勢で撮影しているのをよく目にしますが、人と同じ写真を撮影して何が面白いのでしょうか。やはり自分のフィールドを持ちじっくり野鳥を観察して撮影するのが私の撮影スタイル。カメラマンが少なくなったフィールドで静かに撮影を続けております。・・・」
この人の野鳥撮影のマナーが私も基本と思いますが、安直に撮影しようとする人が多いように感じます。もう一つのマナーの悪さで、先日のコマドリの撮影でこちらが三脚でセットしてカメラを向けて撮影しているにも拘わらず、手持ちで撮ろうとその前に出て来た人がおりました。こちらはレンズの先がその人の頭で隠されてしまいました。皆さん、どう思います???
撮りたい一心で大の大人が何するねん!!!
今日はマイフイールドでいいポイントを見つけました。だれも居りません。これがいいですね。

黄色の綺麗なキビタキだった。
またキビタキかって言うけれど、いつ見ても見応えがありますね。
c0213607_1573595.jpg
c0213607_1581929.jpg
c0213607_1582827.jpg
c0213607_11334996.jpg


オオルリも高い木の上で空抜けで、いかんともし難い
c0213607_11344050.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-04 17:23