一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

遅かった・・・

28日には3羽が首を出している絵があった。それに給餌は♀だけしか行っていなかったとかで、この調子では巣立ちは日曜日か月曜日くらいかなっと思っていた。しかし、30日の様子では営巣の上で羽ばたいてたっという情報をもらい、急遽、例の山のサンコウチョウの巣立ちを見に久しぶりの鳥友と昼頃に行った。
しかし、前日の30日金曜日の夕方から翌日31日の土曜日の早朝にかけて3羽とも全て巣立ってしまったらしい。山に入る入口のところで、営巣場所をみて降りてきたバーダーに出会い、様子を聞くと、そんなことであった。
せっかく来たのだからっとポイントまで行ったが、巣がぶら下がっており、やはり、もぬけの殻であった。周囲は最初は鳴き声も無く静かなものだった。しかし、そのうち、例のホイッホイッホイッ・・・の声が聞こえてきて、探すと遠くて、暗いが、巣の近くに♂を見つけた。巣立ちしたばかりで雛は給餌が必要なので親と一緒に行動してるはずではないかと。
給餌は♀が一生懸命にやっていたので、おそらくは雛は♀親と行動してるのではないかと♀を探した。山の上の方を探していたら、地鳴き風のジッ・・・ジッ・・・ジッ・・・の声が聞こえ、♀が枝渡りしてるのが見えた。
しかし、連れているであろう雛3羽は見つけられなかった。おそらくこの♂、♀が生みの親と思われるが。
最初に見た♂はやはり頭部の冠部分が羽が無いようだった。

最初に巣近くで鳴いていた♂
頭部は今まで見てきた♂のよう。頭部の冠部分が毛がなく、むしり取られている感じ。尾っぽの飾り羽も以前に較べて短くなっていた。同種との争い、バトルでこうなったのかどうか。
この♂、よくここまで頑張ってきた。森の奥の方でゆっくり養生し、また来年ここに元気な様子を見せてくれ!!!
c0213607_12484594.jpg


巣から少し離れた所で見つけた♀
この♀もこんな時期まで頑張って無事に雛を巣立ちさせ、ご苦労さんでした。ゆっくり休んでチョー。
c0213607_12474898.jpg


雛が近くに居ると思うだが、見つけられない。

by ai_and_ai | 2010-07-31 22:23 | Comments(0)
2010年 07月 29日

サンコウチョウの雛が孵る・・・

サンコウチョウの雛がそろそろ孵ってる頃ではないかと、26日に山に行った。事前に調査してきてくれた鳥友の話では24日には雛が孵っているのが見れたという。
ポイントに着くと3~4人のバーダーが既に撮っておられた。よく見ると3羽が孵っているようすが見れた。
♂、♀交互に給餌していた。この♂は頭のてっぺんの冠部分が毛が無くて、河童みたいな頭のようになっていた。考えられる理由は①他の♂とのケンカ、争ったため②ヒヨドリとの争いのため③こんな遅い時期にまで営巣活動をしてきたため・・・と思うが実際は分かりません。この日の鳥見で、隣にいたバーダーの話では去年もこんな時期の♂は冠部分の毛が無かったらしい、この時は3回目の営巣だったという。雛が孵ったというこの営巣状況も何回か放棄した上での今回の営巣かどうかは分からないが、この場所のすぐ近くの巣を放棄したという話も聞いていると、③のような気もするが。
いづれにしてもこの♂のサンコウチョウは何かしら、変な感じがする。

(1)♂がやってくる。
c0213607_19221589.jpg

雛が3羽居るのが分かります。
c0213607_19231675.jpg

餌を銜えて巣に戻ってきた所、大きな口を開けて餌の催促をしている。
c0213607_19241085.jpg

給餌している。
c0213607_19245287.jpg


(2)♀がやってきた。雛が大きな口を開けてるが、♀の方を向いていないのは近くに♂がいるからと思われる。
c0213607_19254110.jpg

給餌してる。
c0213607_19262268.jpg


(3)♂は給餌後、少し離れた木立の枝にじっと止まっていた。この♂の飾り尾っぽは比較的長いように見えた。
c0213607_19315185.jpg


この雛の巣立ちは、月末か月初めくらいか、それとももっと早いか?いづれにしても、こんな遅い時期になってしまったので外敵にやられずに、元気に巣立って欲しいものだが。

by ai_and_ai | 2010-07-29 19:37 | Comments(0)
2010年 07月 28日

サンコウチョウの抱卵中・・・

7/10にサンコウチョウの抱卵中を確認できた。
抱卵開始から2~3日経ったころと思われる。30分か1時間単位で♂、♀が入れ替わりで交替で抱卵していた。この調子で行けば21日から23日頃に雛が誕生かしら?っと思っておりました。
目のコバルトブルーのアイリングの幅は♂の方が♀に比べ太いですね。

(1)♂が来てから抱卵。
c0213607_17454150.jpg

抱卵に入っても・・・ホイッホイッホイッっと鳴いていた。
c0213607_1746097.jpg
c0213607_17461666.jpg


(2)♀が交替でやってきた。
c0213607_16493088.jpg

c0213607_17464368.jpg

抱卵中も♀は特に周囲を観察し、キョロキョロっと顔をあちこち向けて危なくないかっと見回しているように見えた。近く蜂みたいなものが飛んできたときには、巣からのり出して蹴散らかしていた。
c0213607_17472716.jpg

c0213607_17474726.jpg

巣からのり出して監視していた。
c0213607_1748567.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-28 17:37 | Comments(0)
2010年 07月 26日

サンコウチョウの巣作り・・・

サンコウチョウの雛がやっと孵り(22or23日頃?)今日見てきたら合計3羽、口を大きく開けて餌をねだっていた。そのうち1羽は羽毛が見えるくらいになっていた。その様子は別途投稿することとするが、今日はその営巣作りの様子を1日に偶然に見ることが出来ていたので、披露します。

平地から標高1000m以下の山地で暗い林で生息し、もともとは常緑広葉樹林を生活場所にしていた種と思われるが、暗いという条件が共通する為か、今日ではスギ植林地などでよく見かけることができる。
このサンコウチョウもスギ植林地帯で見かけた。

スギ植林地帯でフライングキャッチ、ホバリングしながら昆虫(クモ、トンボ、ガ、)などを捕まえる。
営巣作りは、つがいで協力しながら行い、周りに葉のない枝の股部やツルの股部にスギやヒノキの樹皮を主な材料として逆円錐形の巣を作る。

営巣作りは、「・・・樹のV字形の股の所に薄くはがしてきた杉の皮を掛けていき、そこで今度はクモの糸を集めて上手にかたちを整え杉の皮やコケやショロの繊維やらでカップ状にかたちを整え巣の中にはクッション代わりかと思えるがショロの繊維のような物や細くはがしたと思われる杉皮などで産卵床を作る・・・」といわれるが、7月1日に様子を観察した時は大分形が整っていたが、こちらから見ていてもスケスケの状態でまだまだ杉の皮やコケやショロの繊維やらで貼り付けていかないと作れない感じだった。
そんなわけで、見たときは一生懸命に口に巣材を銜えてきては貼り付けている様子が見られた。

なかなか♂、♀の2羽同時には見られないが、この巣作りのときは力をあわせて巣作りしていたのが見れた。
c0213607_10131821.jpg


♂が巣材を銜えてきては首を下に向けて貼り付けているような。
営巣状態を見て分かるように、巣作りは進行中で、まだまだがっちりした円錐状の巣にはなっていなかった。
c0213607_10384756.jpg
c0213607_1039349.jpg
c0213607_10391539.jpg
c0213607_1039246.jpg


♀も同様に。
c0213607_1040055.jpg
c0213607_10401068.jpg


次回は抱卵中の様子です。

by ai_and_ai | 2010-07-26 21:00 | Comments(0)
2010年 07月 24日

いつもの常連さん・・・

暑い中、涼みにと思って1時間ちょっとBBに行ってきたが、大物の幼鳥かもっと期待したが何と、出てきてくれるのはいつもの常連さんが幅を利かせていた。

愛くるしい、いつものヤマガラさんが。
水しぶきを上げるヤマガラ
c0213607_1912149.jpg
c0213607_19122418.jpg


メジロもたっぷりと水浴び。
ずぶ濡れではないか。
c0213607_19131972.jpg

水浴びの順番に席が空くのを待っている。
c0213607_19133298.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-24 22:15 | Comments(0)
2010年 07月 22日

初撮りだが・・・

全く暑いね。
今日はプチ遠征で連れ立って初めての山へ行った。さすがに山の中、ブナの原生林に覆われた森の中では日傘になって風がそよぐと涼しく感じる。
お目当ての鳥を狙っていたが、今日はどういうことか、山の中は全く野鳥の気配はなかった。今日は丸坊主?やなっと。
途中からやや諦め模様になってきた。いつでもポジティブ思考でいかないとっと思うが、さすがに鳴き声も全く聞こえない、こんな気配では”もう帰ろう”という気になってくる。
そんななかで、午前中と午後には狙っていたポイントの周りの樹林の中を、アカゲラらしき飛翔を見られたが撮れるはずもなかった。
15時30頃まで全く丸坊主で、何も撮れていない。こんな遠くまで来て何にもないのかと。
じっと耐えている中で、仲間が目の前でなにやら動くのを捉えていて、撮影モードに入っていた。こちらは、ポイントを離れて樹林内を見回していたため、撮るのが少し遅れてしまい、それも慌てて撮ったため露出も無茶苦茶で、ブレブレな、証拠写真程度のものしか撮れなかったのが残念。
ビューアーでよく見ると・・・オオアカゲラ・・・だった。もう少し綺麗に撮りたかったが。
オオアカゲラは戸隠では撮れなかった。初めての撮影でした。
これを最後に、何とか丸坊主を逃れて帰路につくことが出来た。

初見のオオアカゲラ。明るすぎた露出、ちょこまかと幹の周りを上のほうに向かって、グルグルとすばやく動き回る。
アカゲラと違って、オオアカゲラは背中の模様に逆八の字の白い模様がないこと、腹がピンクっぽい色をしてる。
c0213607_16584469.jpg

c0213607_1705541.jpg

c0213607_1735811.jpg

c0213607_1743290.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-22 23:13 | Comments(0)
2010年 07月 19日

どこも子育て中・・・

全く暑いですね。山に入ると涼しいかろうに、っというわけで近所の鳥見仲間と急遽、山に行った。やはりホイッホイッホイッ・・・の声があちこちから聞こえてくる。今の時期はサンコウチョウ。
先に巣立ったところは親が高い樹の上に居る幼鳥に給餌する模様、いまだ営巣で親が入れ替わり立ち代りの抱卵中の様子、などが見られる。
今日は給餌に忙しい親の動きが見れた。
巣立ち後の給餌は♂、♀のどちらがするのか?一方的な見方かもしれないがこんな感じになるのか、っと思っておりますが。
(1)キビタキ・・・・・♂が巣立ち後の幼鳥に給餌。♀は近くから見ているだけだった。オスは何度となく捕食しては幼鳥の口の中に頭を突っ込んで給餌していた。(7月1日ブログ)
(2)オオルリ・・・・・♂、♀が交互に給餌していた。(6月20日ブログ)
(3)サンコウチョウ・・・今日見た限りでは♀が頻繁に捕食しては給餌していた。♀の方はシビレをきらして♂の方を給餌するようにけしかけているよな様子がみられた。
それぞれ特徴があって面白いね。
帰りに外に出ると西日を浴びて暑い、暑い、猛暑そのもの。

頻繁に蛾などを捕食しては給餌していた。巣立ち後の幼鳥が3羽並んだ所に給餌している様子があったらしいがポイントに着いたときには遅かったので見れなかった。樹木の上のほうの茂みの中に幼鳥がいるのか、給餌した親は頻繁に捕食しては上のほうの茂みに行っていた。
c0213607_759101.jpg
c0213607_7592173.jpg


♂の方は写真になるのでこちらを撮ろうとするが枝被れ、葉っぱ被れなどで長い尾っぽまで入れてクリアーにはなかなか撮れない。それでも無理やり撮っているが、もう一つですね。今日は特に上のほうばかりで首が痛い。
c0213607_822761.jpg
c0213607_823932.jpg
c0213607_825215.jpg
c0213607_8307.jpg

アクロバット的な飛翔をしていた。
c0213607_8392.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-19 22:38 | Comments(0)
2010年 07月 18日

いつの間にか・・・

梅雨明けで、あんなに降っていた雨がウソみたいにすっかり真夏モードになってきましたね。
15日に来た時にはアオバズクの♂?が1羽だけでポツンと枝にじっとしたままだったのに、今日、どうかなっと思って見に行くと何と4羽居るではないか。
親鳥♂、♀のほかに巣立った2羽の雛が近くに止まっていた。
営巣の様子を見たいのだが、何処にあるのか全く分からない。
今夕か明朝には続く雛が出てくるのかしら?
はじめて雛を見たが親鳥と違って胸から腹にかけて白いモヤモヤした、フサフサした感じのよう。尾っぽがまだ伸びてないよう。
ここのアオバズクの雛は営巣からでてきたばかりの雛というよりもう一段大きくなったような格好。営巣は神社横の雑木林の中にあるらしい。出てきたばかりの雛はそちらで体調を整えた後にこの場所に飛んできているようなので、幾分成鳥した格好になってるのではないかという地元の意見があった。
この営巣があると思われる雑木林には入れる手立てがない。
体つきはもう親と同じくらいで、風貌は親と同じく精悍に思える。これから自然の中で生きて行かなければならない。

3羽がそろって見える。もう1羽はやや離れた所に居た。
上段の2羽は巣立ちしたばかりの雛。
c0213607_17374682.jpg

巣立ちした2羽の雛のうちの1羽は親のすぐそばに居た。
c0213607_17385690.jpg
c0213607_17395611.jpg

もう1羽の雛はやや離れたところに。上の雛とは白い鼻のところの模様が異なっている。
c0213607_1740345.jpg

もう一方の親は離れた所からこれら3羽の様子を見つめていた。
c0213607_17444381.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-18 19:24 | Comments(0)
2010年 07月 16日

トビが鷹を・・・

あんなに激しく降っていた雨がようやく止んだ。途端に蒸し暑く今日は暑かった。武庫川沿いを歩いてみたがさしたる鳥見はなかった。
カワウがおなじみのように羽を広げて日光浴をし、川の上空をトビが輪を描いて飛んでいた。向こう岸の木立の中にツガイが居た。トビが鷹を生むが如くいいショットを期待したが。
帰りがけに川沿いに暑い陽射しをいっぱいに浴びて合歓(ネム)の花が 紅色に輝いていましたのが印象的だった。花はフワフワしていて薄いピンク色で満開となっていた。

ツガイのトビ。
c0213607_20153453.jpg
c0213607_20154342.jpg

アマサギが向こうの方で。
c0213607_20161674.jpg

カワウが羽を広げて日光浴を。
c0213607_20165821.jpg


帰りがけに川沿いに綺麗に咲いていた
c0213607_20183588.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-16 20:00 | Comments(0)
2010年 07月 16日

動画を(ユーチューブ)・・・

先日の7月10日のサンコウチョウの、変わった鳴き声をユーチューブにて投稿できましたので、お手数ですが下記のアドレスをコピーしてブラウザーのアドレス欄に貼り付けてアクセスして聞いて見てください。

いつもの♪ホイッホイッホイ♪とは全く異なる鳴き声です。
ジッ・・・ジッ・ジッ・ジッ」、「ジッ・・・ジッ・ジッ・」、「ジッ・・・ジッ・ジッ・」っとの声が。
こんな鳴き声、聞かれた方、おられますか?
鳥見よくされてる方に聞くと、どうもこの鳴き声は巣立ちした幼鳥を呼ぶ声ではないかと。
捕食をしていたから、雛を呼んで捕食した虫類を給餌してやるためなのではないかと?

http://www.youtube.com/watch?v=2aN4m0lXKxM

(通常の鳴き声はこちらで)
①http://www.youtube.com/watch?v=j_HlSNpDQQM
②http://pub.ne.jp/Yoshi_beautiful/image/user/1277070159.mp3

いつもと違う鳴き声をしていたサンコウチョウ
c0213607_0281370.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-16 00:02 | Comments(0)