<   2010年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

大変お世話になりました・・・

野鳥に興味を持って1年半、経ちました。それに野鳥撮影始めて1年ちょっとです。いろいろと試行錯誤しながら一眼レフを扱っておりますがまだまだ使いこなせていません。タイミングよくいいショットを撮れればなっと思っております。
感動する気持ちをいつも忘れないで、今後も野鳥との一期一会を大切にしていきたいと思っております。


c0213607_1725353.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-31 17:29
2010年 12月 28日

今日もアカゲラの出迎え・・・

今日は昼から雨の予報だったので午前中のみにMFに向かった。れいのポイントで少し待つと右の方からアカゲラが飛んできた。これはどうもいつもの居つきの♂のアカゲラのように思うのだが何処で識別すればよいのやら???模様といってもよく似てるね。
奥の方の木道でやっとカヤクグリが、遠いが撮らせてくれた。
今日はアカゲラ、カヤクグリ、エナガ、カシラダカ、シロハラ、ジョウビタキ、ツグミのほかアオゲラらしきのを見たがシルエット気味ではっきりとは分からなかったがパタッと縦に止まったのでどうもそうではないかと思うのだが、撮れなかったが残念。

①アカゲラ♂
ポイントに着いてタイミングよくすぐに飛んで来てくれた。
c0213607_2042028.jpg

c0213607_2043634.jpg

ノートリミングです。
c0213607_205451.jpg

c0213607_2051557.jpg

c0213607_20205514.jpg



②カヤクグリ
以前に金剛山でオオマシコを撮ってた時にも目の前で撮らせてくれたカヤクグリだが、このMFでは珍しいと思うが。すぐにブッシュの中に隠れてしまった。
c0213607_206326.jpg
c0213607_2061177.jpg


③シロハラ
シロハラも近づくと途端に飛び出してきてすぐに隠れてしまうが今日は柿の木を啄ばむ所とブッシュから出てきたところが見れた。
c0213607_207391.jpg


③ジョウビタキ♂
ジョウビタキの♂、♀がよく見かけますね。
今日は♂が目の前で大きな口を開けてよく囀ってました。
c0213607_209656.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-28 20:12
2010年 12月 27日

オオタカ若を・・・

昨日のコイカルを撮った時に合わせて撮ったオオタカ若、ミコアイサ。
あの向こうの枯れ枝にオオタカ若らしきのが居るよっと言われても何処に居るのか全く分かりませんね。全く遠いし、オオタカの色合いも枯れ枝に同化してしまってるので双眼鏡で見ても全く分からなかったですね。
オオタカ成鳥はこの日は奥の方でユリカモメをゲットして飛んで行ったようすを一部始終見てた人の話を聞いたので、うまく出会えるいこともあるかも。
この日は他に通称”パンダガモ”のミコアイサ♂、♀も見れた。どれもこれも全く遠いので大トリミングです。

①オオタカ若
初めて見れました。遠いので絵になりません。どこか精悍な様子が伺えますね。
c0213607_18205333.jpg

何処にいるか分かりますか???
c0213607_1821568.jpg

大トリミングすればこんな感じです。
c0213607_18223128.jpg

何回となく近くに止まっているカラスの群れに追われていた。
c0213607_18225131.jpg


②ミコアイサ♂、♀
通称パンダガモといわれてるミコアイサが見れました。それほど数は多くなかった。
これも遠くの方でしか見れませんでした。顔を出したと思ったらすぐに潜ってしまうのでいいショットにはなりませんね。
向こう側に居るのが♀ですね。
c0213607_1828526.jpg

正面から見た♂。
c0213607_1831293.jpg

♂、♀の潜って浮き上がってきた時の様子はお腹を膨らませてるように見えましたが。
c0213607_18364937.jpg
c0213607_18365952.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-27 18:37
2010年 12月 26日

コイカルが来た・・・

イカルに混じってコイカルがここのところ来てるって言うので行ってみた。
イカルが「留鳥または漂鳥」なのに対し、コイカルは「冬鳥または旅鳥」なので今の時期にしか見られない。イカル20羽~30羽くらいの群れの中に1羽が混じるくらいの少ないらしい。ということで行ってみたらやはりイカルの群れに混じって1羽のみが頑張っていた。
この日はコイカルのほかルリビタキ、オオタカ若が見れた。それに今の時期にしか見られないというミコアイサまで。

(画像をクリックすると大きく見れます)
○コイカル
数十羽の群れの中でたった1羽のコイカルが餌を啄ばんでいた。右足を怪我しているようで、足首がくるっと曲がってるように見えました。
イカルが寄ってくると蹴散らかせるようにしていて、気が強そうに見えましたが、1羽だけなので何かに襲われたのかもしれないが可愛そうで、はっきりと分かる写真はここには載せませんでした。
図鑑によると「頭部は黒く、紺色の光沢がある。上面は淡褐色で、腰は灰色。翼は黒く、風切と初列雨覆の羽先は白い。次列と三列風切には光沢がある。頸と胸からの下面は灰褐色で、脇腹から下腹部にかけて橙色みがある」となっている。
全体がイカルよりも綺麗な感じがした。これは♂で♀は「頭部に黒色がなく、暗褐色をしている」らしく、一度、見てみたいが。
c0213607_2384233.jpg
c0213607_2385383.jpg
c0213607_239151.jpg
c0213607_239943.jpg
c0213607_2391735.jpg

右側にイカルがいます。
c0213607_23314342.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-26 23:13
2010年 12月 25日

久しぶりのアカゲラだ・・・

年末の家の掃除をしていた合間に雪が舞う中でしたが、里山に散歩がてら鳥見に行ってみた。
し~~んと静まり返った里山で、眼を凝らしてみてると向こうの方から何やら飛んできた。久しぶりのアカゲラさんでした。
一枚も写真が撮れずに散歩だけで終わってしまう時だってあるんだから、今シーズン初めての雪舞う中で写真のモデルになってくれたアカゲラさんに感謝です♪
12月25日といえば、昨年はここでアオゲラを初めて撮った日なんですね。今年は期しくもアカゲラが参上してくれました。
「ケッ・・・ケッ・・・」と鳴いてくれれば分かりやすいんですが、この日は鳴かないで静かにさっと飛んで来てくれるものですから眼を見張ってないと見つけにくいです。何しろ木々がいっぱいの中を見つけないといけない。

この里山に熟しているであろうと思われる柿の木を4つ見つけているが、ここにアオゲラが柿を啄ばみに来はしないかとみてますが、今はヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、メジロですね。アオゲラが来てくれたらいいのだが。
帰りがけにまたまたジョウビタキ♀が見送りしてくれた。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①アカゲラ♂
手ぶれ補正無しのレンズで手持ちで撮ってますので、ピントは甘いです。今度は三脚で撮ってみよう。
c0213607_1965577.jpg

向こう側に柿の木が見えます。
c0213607_197617.jpg
c0213607_1972019.jpg
c0213607_1973022.jpg
c0213607_1974886.jpg
c0213607_1975839.jpg


②シロハラ
高-い、遠くの柿の木にシロハラがやってきた。
c0213607_1993289.jpg


③ジョウビタキ♀
このところ帰りがけのところで見送りしてくれるジョウビタキ♀。
c0213607_19105668.jpg


④突付いて開けた大きな穴
下から4~5個くらいの穴が開いていた。誰が???
c0213607_19123970.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-25 19:20
2010年 12月 24日

風が強かった中で・・・

今日は昼頃から1時間ちょっとMFに出かけた。いつものポントはカシラダカのほかルリビタキが囀っていた。帰りがけに立ち寄った所にもルリビタキが居た。違うポイントなので別個体だと思うのだが、なかなかルリビタキ♂に目線で出会えませんね。居ることは居るのですが。

○ルリビタキ
いづれも背中に青っぽいところが見られるので若♂ではないかと思われます。
寒いのか膨らんでますね。
c0213607_21542557.jpg

c0213607_2154927.jpg
c0213607_21541731.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-24 21:56
2010年 12月 23日

やっとベニマシコ♂が・・・

今日はベニマシコをっと思って大きな川沿いを歩いた。対岸の高-い枯木の天辺にじっと止まっていた。どうもこのポイントはミサゴの定位置らしい。撮ってはみたが、絵になりそうも無い。
歩いてるといい声が聞こえてくる。ソウシチョウ。目の前の木に止まったのを撮ろうとししたら、ウソ♀が飛んできた。慌てて撮ったが枝被れそのもので証拠写真。
ソウシチョウは柿の木に来て熟した柿を啄ばんでいたらしい。
そのうち、ふと横のブッシュのところに赤っぽいのが見えた。よく見るとベニマシコ♂ではないか。やや近づいて撮らせてもらった。やっと近くでベニマシコ♂が見れた。この日は他のバーダーもベニマシコ♀を撮っておられた方が居た。皆さんベニマシコ狙いだが例年はもっと集団で見れるらしいが、今期は見れても未だ小数であちらこちらで見れるほどではないようだ。もう少し日時が要るのかしら。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①ベニマシコ♂
やっと目線で見ることが出来たが、ブッシュの中なのでなかなかいいショットには撮れません。1羽の♂を狙って撮ったつもりであるが、フアインダーで確認したらその横にもう1羽の♂が居たんだね。気がつかなかった。2羽居たんだ。
♂が見れただけでも良しとしよう。再度チャレンジ。
c0213607_1754952.jpg
c0213607_17542040.jpg
c0213607_17543021.jpg


②ルリビタキ♀
ちらちらっと飛び交ってるのはルリビタキ♀。ひよっとして♂若かもしれない。
ここはよくルリビタキが見れますね。
c0213607_17545429.jpg
c0213607_1755537.jpg


③ソウシチョウ
ソウシチョウはいい声で鳴いてますね。撮ったのは初めてですがなんともカラフルですね。
通常はブッシュの中にいることが多く、動きも早いので撮りにくいらしく、そのためよく餌付けをしてそれに寄ってくるソウシチョウを撮るっというのがパターンらしい。
今日は餌付けでない、天然?のソウシチョウを撮ることができましたが、恐らく熟した柿を啄ばむのに熱中していたので撮れたのかもしれませんね。ラッキーでした。
鳴き声を楽しむために飼育されていたものが、1980年頃から野生化した。その後、日本各地で繁殖し、増加傾向にあるらしい。
c0213607_1755393.jpg

大きな口を開けて鳴いてました。
c0213607_17554845.jpg
c0213607_17555792.jpg


④ウソ♀
偶然にウソ♀が見れた。しかし、枝被れで証拠写真。これしか見れなかった。
先週にもウソ♂を見た方も居られるようなので、行けば♂のアカウソ、♀も見れるかもしれない。
c0213607_17561987.jpg


⑤ミサゴ
無茶苦茶遠くの対岸の天辺なので小さいレンズでは止むを得ませんね。
長い間、止まってましたね。
c0213607_17563746.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-23 20:51
2010年 12月 21日

瑠璃色のルリビタキ♂を・・・

午後からは雨模様の天候だったので午前中、鳥見に出かけた。今日はMFでなく6kmくらいの近い公園にルリビタキ♂を見に行った。
着いた当初は管理員の人たちが数名で落葉を集めて清掃したり、枝を払ってバリバリっと切ったりしていたためかどうか分からないが、なかなか見つけられなかった。そのうちそれら作業が終わって静かになってからようやくちらちらと飛び回る様子が見られるようになってきた。
余り時間が無かったが、何とかルリビタキ♂を見ることが出来た。瑠璃色の綺麗な♂のようだった。ここには3羽くらい居てるそうだが、見れたのは1羽だけだったと思う。もっと綺麗なルリビタキが居たのかもしれないが、見れただけでも良しとしよう。
MFではここのところ目線近くでのルリビタキ♂がなかなか見れない。

(画像をクリックすると大きく見れます)
○ルリビタキ♂
綺麗なルリビタキ♂が見れた。
c0213607_19122059.jpg

c0213607_1964278.jpg
c0213607_1965130.jpg
c0213607_197045.jpg
c0213607_197994.jpg
c0213607_1971887.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-21 20:49
2010年 12月 20日

ミヤマンに出会った・・・

雨上がりのMFへ。天気が晴れてきて雰囲気的には鳥見には良いと思ったが、さっと一周するも鳥の出は芳しくない。最近はよく、「今年は何故か鳥の出が悪いね・・・」って言う声がよく聞かれます。夏の猛暑等の影響なのかしら???
定番を除けば今日は坊主に近いなっと思って帰りだしたが、テニスコート上の道で数羽が飛んでいたので見るとミヤマホオジロではないか。それも♂が大部分だった。大げさに言えば全くの一期一会。

階段や坂道などを降りるときには、いつも気をつけてはいるのに、今日は途中でやや下りの傾斜途中の落葉に足を置いたらつるっと滑ってしまって尻餅をついてしまった。右手に持ったカメラは大丈夫だった。瞬間的にカメラを庇ってるのね。カメラよりも身体を庇わないといけないの。・・・。

(画像をクリックすると大きく見れます)
○ミヤマホオジロ
久しぶりのミヤマン。いつもは地べたに下りてあちこちと餌を拾ってついばんでいる様子が多いが。今日は枝止まりを撮れたのが良かった。
①♂は撮るには撮るが顔の周りが黒っぽいのでなかなか目を綺麗にパッチリ出して撮りにくい。いっぱい撮った割には眼が綺麗に取れてるのが少ないですね。
c0213607_21142752.jpg
c0213607_21143768.jpg

②♀ですが、背景が明るくてピンボケになってしまった。
c0213607_211445100.jpg

正面から。
c0213607_21145465.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-20 21:20
2010年 12月 19日

久しぶりのアオゲラ・・・

天気が良かったので山頂へ行き、久しぶりにアオゲラに出会えました。12月初めくらいまではよく出てきていたように聞いていたが、それ以降はもうひとつとのことだった。しかし、まだカラスザンショウがあるというので、ダメもとで行ってみた。背の低いカラスザンショウには着いた早々からイカルの団体さんがやってきて、じっくりと啄ばんでいた。そのうち本命のアオゲラが来たっとのことで見えたが、撮れるまでにはいかなかった。イカル、シジュウカラ、ヤマガラ、ルリビタキ♀で遊んでいたら、1時間後くらいに2度目の登場でアオゲラがやってきた。今度はカラスザンショウにぶら下がりながら啄ばんだりしてあちらこちらと飛び回ってサービスはしてくれたが、細い枝、枝、枝が一杯のところの向こう側に止まってるのでなかなか抜ける所が無く、いいショットには撮れなかったのが惜しかった。それ以降はとんとやって来てはくれなかった。背の低い方のカラスザンショウのほうがかなり残ってるのでこちらの方に来てくれないかと待ってるが、そんな訳にはいきませんね。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①アオゲラ♀
枝被り100%で仕方が無い。残り少ないカラスザンショウのところにやってきて撮らせてもらっただけでも良しとしよう。
c0213607_1856591.jpg

c0213607_18565982.jpg

c0213607_1857151.jpg

c0213607_18572874.jpg

c0213607_1837574.jpg


②イカル
集団がやってきて長い間、カラスザンショウを啄ばんでいた。
c0213607_18384419.jpg
c0213607_18385642.jpg
c0213607_1839779.jpg


③ルリビタキ♀
♂が出てきてくれるのを期待したが、ダメだった。
c0213607_184011.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-19 20:20