一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 26日

この時期はどこも・・・

今夕から週末にかけて天気が下り坂とのことで、今日は早めに山に出かけた。この前見かけたオオルリが今日は餌を銜えてるのが目立った。恐らく営巣が近くにあって餌を運んでるのだろう。
我がマイフイールドのエナガも大分大きくなってるだろうと。今までは着いてしばらくすると2羽の親が餌を運んできてるのが見えていたが昨日から見てるが、どうも親が来ない。今日も帰りがけに寄ってみたが来なかった。既に巣立ちしてしまったとは思えないので、残念ながらどうもヤラレてしまった可能性が高いのではないか?

(画像をクリックすると大きく見れます)
○オオルリ♂
天辺高くで高らかに囀っていたオオルリ♂。この近辺でも営巣か。後姿ばかりでもうひとつだった。
c0213607_18113265.jpg


こちらは口いっぱいに餌をほおばってるので、恐らく営巣に運ぶ途中なのだろう。
c0213607_18142972.jpg

もみじを背景に、数枚載せます。
c0213607_22203848.jpg

c0213607_18144074.jpg
c0213607_18144911.jpg
c0213607_18145960.jpg
c0213607_1815724.jpg
c0213607_18151673.jpg
c0213607_18152649.jpg
c0213607_18153632.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-26 18:17 | Comments(0)
2011年 05月 24日

雨上がりを・・・

ようやく雨が止んで晴れてくるということでサンコウチョウを見に行ったが、今日はなかなか出が悪かった。雨上がりは出が悪いのかどうかは分からないが、ちょちょろっとホイッ・ホイッ・ホイッの声が聞こえてくるだけ。やっと姿をみつけても空抜け、暗いところをスイッ・スイッっと飛び交って動きが早いので撮らせてもらえなかった。早々に撤収して帰りがけに寄ったところではオオルリがさかんに元気よく囀っていた。

①オオルリ♂
c0213607_20572373.jpg
c0213607_20573712.jpg
c0213607_20574554.jpg


②オオルリ♀
恐らくはここで営巣をしているものと思われる。
c0213607_2058935.jpg


③アオバズク
帰りがけに寄ってみたがいい環境条件ではなかった。今度は雛が孵った頃に見たいものだ。
c0213607_21531684.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-24 20:59 | Comments(0)
2011年 05月 21日

順調のよう・・・

今日は早めにエナガの様子を見に行った。
今日のMFは、始終ホトトギスが鳴いてました。いくら探しても見つかりませんね。コジュケイ、オオルリなどあちこちから聞こえてきておりました。
エナガは19分から20分位の間隔で2羽いつも揃って給餌してる様。
上ではカラスが2羽、飛び交ってるが気ずかれずに巣立ちまでいってほしいね。昨日と違って今日は何とか見れそう。
1腹7-~12個の卵を産らしいが、一体、こんな小さな巣によく10匹ものヒナが入れるものだと感心する。おそらく折り重なるようにしているのだろうが、親の給餌を平等に受けているのだろうかと心配になってくる。
10羽くらいの雛が巣立って一列に並んでる様子を是非見たいものですが。

○エナガの今日の様子
ライブビューで営巣の様子を写してみていると、大きな口を開けて餌をねだってるヒナが出てきました。ふと斜め上の方に親が来てたんですね。
c0213607_1816564.jpg

左斜め上の方に親が来てました。
c0213607_18161511.jpg

親が揃って順番に給餌してます。今のところ順調に育ってるよう。
c0213607_18162259.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-21 18:22 | Comments(0)
2011年 05月 20日

子育ての時期・・・

キビタキ、オオルリなど夏鳥が渡ってきて楽しませてくれたが、今やそのあたりには見かけられにくくなってきました。それぞれが山に入っていい伴侶と巣を確保して抱卵中か雛が孵ってからの給餌などで、子育てに忙しくなっているのだろう。
MFのエナガも今や給餌の真っ最中というところ。
今日はキビタキの営巣中があるということで行ってみた。本来ならば今日くらいには雛が孵る頃らしいとの事だが、残念ながら行ってみたらもぬけの殻だった。聞いてみると少し前にカラスが来て”やられたらしい”とのことだった。谷沿いのこんなところにまでカラスがやってきたのか。
我がMFのエナガは何とか雛は孵ってる。このまま巣立ちまでカラス、ヘビにやられずにいってほしいが。
この営巣は上から丸見えのように思うが持ちこたえられるのだろうかしら?

①オオルリ♂
いつものポイントで大変綺麗な声で盛んに囀ってます。林の中から聞こえるんで見えないのですが今日は近くで聞こえてきたので探すといつもの木の天辺で、ソングポスト?で囀ってるのが見えた。恐らくこの近辺で営巣をしてるかもしれない。
大きな口を開けて囀ってる。天気が良すぎたのでテカテカに光ってしまいました。
c0213607_1750270.jpg
c0213607_17501276.jpg


②エナガ
大丈夫かなっと思ってエナガの様子を見たが、親が給餌をしてるのが見えた。天気が良すぎて今日はうまく撮れません。
c0213607_17524317.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-20 17:54 | Comments(0)
2011年 05月 18日

雛が見えました・・・

数日前から何かしら孵ってるような気がしてましたが、今日行ってみると雛が孵っていて大きな口を開けているのが見えました。持ってくる餌が何のかは遠いので定かには分かりません。調べてみると最初は針の先ほどの小さなアブラ虫みたいなのを運んでくるようだ。
よく見ていると、雄雌がそろって、10分おきくらいに餌を運んでるようでした。
普通の小鳥は雄雌が交互に餌を与える場合が多いが(中には雄雌のどちらか一方だけしか餌運びをしないものもある)、エナガはなぜか必ずと言っていいほど一緒にやって来るらしいが、見ているとやはり一緒に来ていますね。
エナガは孵化から巣立ちまでおよそ17~18日ぐらいだから、こんな状況がしばらく続くことになるのだろう。エナガのヒナはまだ見たことがないので、可愛らしい姿を是非見てみたいもの である。
孵化したのは恐らくは4~5日くらい前ではないかと思われるので巣立ちは月末くらいか?
育ちに合わせて親鳥が口にくわえたエサがしだいに大きくなっていくらしい。

○エナガの孵化
撮ってる場所から見ると親の後姿しか見えないので運んでくる餌がどのようなものなのかは分からない。反対側からは生い茂った葉っぱで見通しはよくないのでいつもこの角度になってしまう。
雛が大きな口を開けてますね。何羽くらい孵ったんでしょう。楽しみです。
ヘビやカラスに襲われて巣立ちにまで容易なことではないらしいが、このまま無事に巣立っていって欲しいものだ。
c0213607_172615.jpg
c0213607_1721456.jpg

ツガイの親が仲良く揃って餌を運んでます。
c0213607_1722113.jpg
c0213607_1722770.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-18 18:41 | Comments(0)
2011年 05月 15日

まだまだキビタキが・・・

昨日のノゴマ撮りで幕間にキビタキがサービスしてくれた。今の時期は成鳥が少ないらしく、撮れるのは若鳥♂の方が多く、頭部の後ろのほうが黒くなく灰褐色系の色合いをしてる。帰りがけには珍しく?スズメの営巣が見つかった。祠の中に既に大きくなった雛が親が来ると大きく口をあけ餌をねだっている様だった。

①キビタキ♂
c0213607_22748.jpg
c0213607_2271499.jpg
c0213607_2272342.jpg
c0213607_2273061.jpg
c0213607_2273976.jpg
c0213607_2275013.jpg


②キビタキ♀
下から真上の方を見てるので、よく分からないが♂と同じj行動をしていたようなので♀ではないかと思われる。
c0213607_2283977.jpg


③スズメ
こんなにスズメを撮ったのはめったにないが、運良く営巣が歩道近くの祠で盛んに親鳥が餌を運んできていたので分かった。
どの雛も親が来ると雛は大きく口をあけてバタバタする様は可愛いらしくていいですね。
c0213607_22154063.jpg
c0213607_22155084.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-15 22:17 | Comments(0)
2011年 05月 14日

ノゴマを・・・

やっと、サンコウチョウが11日(水)に登城したらしい。昨日も居たらしいとの事で今日はお城に行ってみたが何と昨日の10時前には抜けてたような。そんなわけで今日は皆さん、サンコウチョウ狙いのバーダーさんばかりのようでしたが、残念だった。一周するも何の気配も無し。かろうじてノゴマが居てるっていうんで、何とか坊主は免れた。ほかにはキビタキ♂が未だここかしこには見ることができた。

(画像をクリックすると大きく見れます)
○ノゴマ
c0213607_21325448.jpg
c0213607_21331130.jpg

尾羽を拡げてくれました。
c0213607_21332057.jpg

背伸びするとほっそり見えますね。
c0213607_21332972.jpg
c0213607_21333836.jpg
c0213607_21334773.jpg


c0213607_14531280.jpg

c0213607_2133555.jpg
c0213607_2134392.jpg
c0213607_21341143.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-14 21:36 | Comments(0)
2011年 05月 13日

ひょっとして・・・

天気が良くなってきた。午後後半からMFに出かけた。エナガはひょっとして孵ってるかもっという感じがしたが、どうなんだろう。親鳥2羽?が10分くらいの間隔で巣に来てるよう。親鳥が雛に与える餌を口にふくんでいるかどうかは遠いので分からない。もう少し様子を見見てみよう。

①エナガの様子(以下はこちらが勝手な解釈をしてるが、実際は分かりません)
1羽が巣に飛んできたが既に先着の親が巣にいるので巣の近くでホバリングしてた。
c0213607_202695.jpg

やむをえず近くの枝で待機してるように見えた。(画像の左上部のほうに見えます)
c0213607_2025495.jpg

先着の親が跳んで行った
c0213607_204981.jpg

替わりに待機してた親が巣に入ってきた。
c0213607_2053194.jpg


②シメ
帰りがけに久しぶりに出会った鳥友が枝止まりのシメを見つけてくれた。空抜けで露出がうまくなかった。
c0213607_2085552.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-13 20:10 | Comments(0)
2011年 05月 12日

そろそろか・・・

お城に遅ればせながらも昨日、サンコウチョウが登城したらしい。雨の中の探鳥、ご苦労さんでした。今日は午後から雨が止んできたのでMFに様子を見に行った。夏鳥の声は聞こえてこなかったが、かなりの雨が降ったのでエナガの巣が大丈夫なのか、気になっていた。巣を見たが何の動きもなかったので居ないのかって思いましたしたが急に中から1羽が飛び出してきた。巣は大丈夫だったよう。飛び出した後の巣の中にはもう一羽が居たようなので、どうもツガイ?の2羽で抱卵中と思うがどうなんだろう。

○抱卵中のエナガ
入口が上を向いてる、こんな巣なので大雨では、アカゲラの巣のように横向きではないので雨が入ってくるのではないかと思うが、抱卵中の親が上からかぶさって生んだ卵を守ってるのか?
c0213607_1920412.jpg

いきなり1羽が飛び出してきた。
c0213607_19204569.jpg

あとにはまだもう一羽が抱卵中のよう。
c0213607_19211939.jpg

何かしら青虫のようなのを銜えてきた。
c0213607_19231975.jpg

抱卵中の相方に餌の補給をしてるように見えますがどうなんだろう。
未だ孵ってないはず。
そろそろ孵ってくる時期でしょうか?今週から来週にかけて?
c0213607_19242583.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-12 19:27 | Comments(0)
2011年 05月 11日

カササギが多い・・・

韓国ソウルに旅行に行ったとき、デジカメ持参でした。街中散策の旅行で野鳥鳥見が主でなかったのでデジカメです。野鳥は見れないだろうと思っておりましたが景福宮、昌徳宮、宗廟といった王宮跡のような新緑地域では多くのカササギが見られた。遠征して森のほうまで行けば何かしら野鳥が見られるかもしれないが今回は街中主体なのでやむを得ない。

①カササギ
一度は見てみたかった野鳥でしたがこんなところで見れるとは思っていなかった。しかし、デジカメなので綺麗にはなかなか撮れませんね。カシャッ・カシャッ・カシャッ・っという賑やかな鳴声のように聞こえました。
c0213607_19432511.jpg

c0213607_19434491.jpg
c0213607_1943583.jpg


ネットでカササギについていろいろと調べてみると以下の記事がありました。
・・・中国では、七夕物語にも登場するほど、カササギの扱いはいい。「舉頭聞鵲喜」。カササギの鳴き声は、喜びが訪れる前兆だという。王之渙に、「登鸛鵲楼」と題する詩もある。

鳴き声や気性の激しさから、韓国では、カササギはあまり好まれていないようだ。「ソウルでも、ふえて困っている」。東京のカラス状態なのかもしれない。案内書には、韓国の国鳥と書かれている。しかし、ガイドさんによれば、「韓国に国鳥はありません」。
最近の遺伝子的な研究によって、世界のカササギの位置づけも変わってきている。かつては韓国のカササギは、korean Magpieという英語表記があるように、ヨーロッパ・カササギの亜種と考えられてきた。
カササギについて知れば知るほど、カササギがなみなみならぬ鳥におもえてくる。世界の温帯域での、人間とカササギの、歴史的なむすびつき。カササギが見つめてきた人間世界。人間の歴史の意外な機微を、一筋縄ではではいかない性格をもったカササギが、あぶりだしてくれるかもしれない。・・・

②ソウル
早朝散歩で街中を歩いてるときに見かけた運搬用の車?写真に撮ったのはほとんどがこのようにボロボロ?で、よく走ってるなって感じでした。
c0213607_1934957.jpg


東京でいうと銀座に相当する街の明洞(韓国流行の発祥地と言える場所)では今回の東北大震災に対して垂れ幕が掲げられてました。
明洞・・・大規模なデパートが密集しているだけでなく、国内、海外の一流ブランドのブティック、シューズショップ、アクセサリーショップ、化粧品店まで、ファッションに関わるあらゆる店が集まっている。更に、主要ホテルとも近く、およそ東西700m、南北800mのさほど広くない地域には、絶えず活気と熱気があふれ、1日100万人以上の人々でにぎわう・・・
c0213607_1940684.jpg


by ai_and_ai | 2011-05-11 20:03 | Comments(0)