一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 29日

未だもう少しの時間が・・・

今は繁殖の時期。そろそろ雛が孵る頃ではないかと思い、サンコウチョウとアオバズクの様子を見に行った。
サンコウチョウのほうは一箇所はやっと雛が孵ったのではないかと思われるような仕草が見られた。雌が抱卵していた卵の殻を銜えて飛んでいった。いくつ抱卵してるかは分からないが半分くらいは孵っていて半分くらいが未だ抱卵中か?孵っていたとしても大きな口を開けて餌を求めるようなほどには大きくなっていないよう。小さい虫らしい餌も運んでいるようなので、もう少しで全部が孵るのではないか。
帰りに寄ったアオバズクも少し前に抱卵していた雌が営巣から出てきてて雄と一緒に大きなケヤの木に止まっていたのは恐らく雛が孵ったために出てきてるのではないかと。これからは夜間は給餌に忙しくなるのだろう。
6月から7月にかけて子育てですね。

①サンコウチョウ
眼のアイリングの色と同じように口の中もブルーっぽかった。というより上あごはどちらかといえば黄色っぽいような色のよう。
c0213607_23111163.jpg

営巣から飛び出していったところを慌てて撮った。
c0213607_23113058.jpg


②アオバズク
c0213607_23122544.jpg
c0213607_23124840.jpg
c0213607_23125751.jpg
c0213607_231311100.jpg
c0213607_23131842.jpg
c0213607_23133765.jpg


③蜘蛛の巣
杉木立の中に朝日を浴びてあちらこちらに蜘蛛の巣が張り巡らされていた。
光が当たってうまくするとプリズム効果で七色のレインボウが見られるとか。
c0213607_23233321.jpg
c0213607_23234324.jpg


④落とされていた営巣
沢沿いの近くで綺麗な営巣が落とされていた。巣立ったあとの用なしの巣かどうかは分からないが、何が入っていたのだろうか?
c0213607_2326522.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-29 23:19
2011年 06月 24日

いつものソングポストで・・・

今日は箕面の山でいつものソングポストで相変わらず大きな声で鳴いてるオオルリを見に行った。着いた早々から目の前の電線で空抜けで鳴いていた。手前のトンネル前から見る枯れ木の先端か、天辺付近でもよく囀っていた。どうも別固体のよう。あちらこちらでオオルリの営巣、巣立ちの声が聞こえてきてるが、この元気の良いオオルリたちもソングポストを確保してこれから第2?回目以降の営巣をするのだろうか?できれば巣立ち雛をどんどん増やしていってもらいたいものだが。
サンちゃんも居るかもって連れ立ってきたがモヤモヤっとした天気で視界10mで視界が悪い。仕方なく別の山に入って何とかサンちゃんは見れた。

①オオルリ♂
c0213607_1318691.jpg
c0213607_13181488.jpg
c0213607_13182253.jpg
c0213607_13183257.jpg
c0213607_13184593.jpg
c0213607_13185321.jpg
c0213607_1319364.jpg


②サンコウチョウ♂
c0213607_15121958.jpg

c0213607_13264210.jpg
c0213607_13265190.jpg
c0213607_14553056.jpg
c0213607_14554055.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-24 20:22
2011年 06月 22日

相変わらずじっと・・・

外出した帰りがけに例のアオバズクの様子を見に立ち寄った。
相変わらずじっとしてます。♀が洞に入って抱卵してる?のをじっとして枝止まりで見守ってまるんですね。いつもはじっとしたままですが今日は少し飛んで奥の方の高い枝に止まってしまいました。探してみると居ました。少し離れたところから遠いて暗いが撮った。止まったところで片足を上げて羽繕いらしい振る舞いをしてました。無事に雛を誕生させてもらいたいものだ。しかし、ここはなんと蚊が多くて大変。早々に退散した。今度は蚊対策をして雛を見たいものだ。

○アオバズク
c0213607_0463533.jpg
c0213607_0464545.jpg
c0213607_0465559.jpg
c0213607_047678.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-22 23:55
2011年 06月 21日

綺麗な舞?の雰囲気を・・・

一昨日の19日(日)のハイライトであったサンコウチョウの舞をスライド風にしてまとめました。

動画に撮っておれば綺麗な舞、求愛ダンス?が披露できたのですが何しろまず先に写真に撮るのが精一杯で。ここではやむを得ず静止画として撮ったのをつなぎ合わせてスライド動画にしました。スムースな写りになってなくまどろっこしい感じで、ところどころで画像がボケてたりしてますが、サンコウチョウの舞を、ひょっとして♀へのラブコール?ディスプレイなんでしょうか?綺麗な舞?の雰囲気を感じていただければ幸いです。
よく見ると前半と後半の2部構成になってになって舞を披露してくれました。(飛んで行ってすぐに又戻ってきました。もっとアピールしたかったんでしょうか?後半の方が長かったようです。)

このサンコウチョウ♂はどうも営巣中の♀と一緒に抱卵中の♂とは違うような感じ。営巣中の♂は長い尾羽が途中で擦り切れていて穴が開いていた。そんなことから舞をしてるこの♂は長い尾羽が擦り切れてないようなので、上の方で営巣中の♀へのアピール、求愛ダンスなのかもしれませんね。三角関係???

再生は、矢印をクリックしても見れますが、画面が小さいので大きく見るにはユーチューブ画面の最下段右端(矢印があるところ)をクリックすると画面いっぱいに大きく動画が見れるはずです。もし画面がザーとなって見れない時は”Esc”釦を押下して一旦元のユーチューブ画面に戻して、この画面上で右クリック→設定でハードウエアアクセラレーションを有効化 のところのチェックをはずすか、入れるかをして再度、画面の最下段右端(矢印があるところ)をクリックして画面いっぱいに大きく動画が見れると思いますがどうでしょうか?





スライド風の作りは初めてだったのでネット等からダウンロードするなどして試行錯誤しながら、何とか見られるようになったのではないかと思いますが。

by ai_and_ai | 2011-06-21 03:28
2011年 06月 19日

ジュディオングの”魅せられて”を・・・

サンコウチョウが来てるっていう情報をもらっていたがこのところの雨模様の天候でなかなか出かけられなかった。来週以降の予報でも雨模様の感じ。今日はそのうちでも雨模様ではあるが良さそうとの勝手な判断で雨覚悟で出かけた。日ごろの行いがよかったせいか?今日は雨に降られず楽しく鳥見ができた。
しかし、聞いていた通り現地についてみるとそれらしき場所には誰も居ないし、ホイッホイッホイッの声も聞こえてこないので、通り過ごし相当行き過ぎたところで散歩中の方に聞くと、サンコウチョウなら昨日に巣立ちしたよっとのこと。えっ・・・そんなはずはないと思いつつ近辺を探鳥しつつ仕方なく帰る途中で、ようやくバーダー一人に出会え、サンコウチョウのポイントを教えていただき何とか鳥見できたのはラッキーでした。もし、この方に出会っていなければ2時間も要して電車賃を払って来たのがパーになるところだった。
このポイントは他と違って比較的抜けがよい方で枝被れもないのが良いが今日は曇天で霧のようにモヤッてしまったりで暗いし、こちらの機材と腕ではなかなかクリヤーに撮るのが難しい。
ホイッホイッホイッっとの声が聞こえてくると皆さん、目の前の樹林帯を声の方向を元に右に左に目を凝らして出てくるのを待ってる。
そんな中で今日はサンコウチョウの”魅せられて”のポーズが見られたのは収穫だった。営巣での抱卵中のようでこの様子は別途追って投稿します。


○サンコウチョウ♂
鳴き声が止んでどこに来たのかと見ていたが分からなかった。そのうち、目の前の、っといっても距離がありますが、”・・・枯枝の先端のところに止まってるっ・・・”ていう声がしたので慌ててみると居ました。構えて見てると何と見たこともない、サンコウチョウの羽を大きく一杯に拡げての踊り?舞?を始めたではありませぬか。
ジュディオングの”魅せられて”です。
舞?といっても実は野鳥の世界での、例えばよくテレビで見かけたような極楽鳥の求愛ダンスなのかも。近くの営巣で抱卵中の♀への他のサンコウチョウ♂の求愛ダンス???。
求愛ダンスはユーモラスで情熱的で感動的でもありました。
慌ててシャッター押し続けてましたが、如何せん、SS=25なので動きの激しいのについていけてません。
かろうじて見れるのを貼り付けます。

c0213607_1332652.jpg

からだを折り曲げてのポーズのよう。
c0213607_23224162.jpg
c0213607_2322502.jpg

c0213607_1361462.jpg

c0213607_23232940.jpg


目の前の細い枝に止まってくれました。
しかし、暗いところでSS=25で、クリアーには撮れてません。いい条件のところで綺麗に撮りたいものですが。
c0213607_2324455.jpg
c0213607_23245385.jpg
c0213607_2325272.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-19 23:30
2011年 06月 14日

八哥鳥(ハッカチョウ)を・・・

天気がよく、昼頃に少し猪名川沿いを久しぶりに歩いてみた。というのは八哥鳥(ハッカチョウ)が居てるよっていう話があったもので、初見なこともあり出かけた。探鳥するとカラスや、ムクドリに混じって頭部に冠羽のあるハッカチョウが居た。しかし、真っ黒でカラスみたい。
この時期は野鳥は繁殖の真っ最中らしい。ここ橋桁の下面はハト、スズメ、ムクドリにこのハッカチョウが営巣してるようで、みんな盛んに餌を捕りにいっては間違わずに自分の営巣に戻って給餌してるようです。先日はオオルリの雛が巣立ったし、サンコウチョウも営巣つくりのようだし、この時期は賑やかですね。

図鑑等によると「全身は黒く、額に目立つ冠羽がある。初列風切の基部、大雨覆に大きな白斑がある。下尾筒は羽縁のみ白い。嘴は黄白色。足はオレンジ色で、目も赤味のあるオレンジ色」となっている。
ハッカチョウは、野鳥なのか籠抜け(飼い鳥が籠から逃げて野生化したもの)なのかという話題があるらしく、ある野鳥の会では「籠抜け」扱いしているとのこと。
ソウシチョウみたいな可愛い色合いをした鳥なら籠での飼い鳥だったことが納得できるが、こんなカラスの親戚のような姿で何故飼うのか疑問ですね。しかし、どうもその鳴声の美しさを愛でるために飼っていたのではないか、という説があるらしい。
「キュッ キュッ、キュル キュル」といった声で姿に似合わず(?)高い澄んだ声で鳴きます。
ムクドリくらいの大きさで真っ黒ですが、飛ぶと両翼に白い模様がはっきり見えます。
この時期の子育ては、天敵のカラスやヘビなどにやられるケースが多いようですが、こんな橋桁のところでの営巣なのでうまいところにしたものです。
オオヨシキリの雛が孵り、その様子を観察してたバーダーが翌日行ってみると天敵のカラスに襲われてしまったとかで、もぬけの殻だったとか。野鳥の子育てはなかなか大変で、今シーズンになって「カンムリカイツブリ」「マガモ」「サンコウチョウ」「オオヨシキリ」と雛がやられたという話です。



(画像をクリックすると大きく見れます)
○八哥鳥(ハッカチョウ)
c0213607_18315995.jpg
c0213607_1832891.jpg
c0213607_18321759.jpg
c0213607_18331820.jpg
c0213607_1833252.jpg

親鳥が餌を銜えてます。
c0213607_18343449.jpg
c0213607_18344313.jpg

ムクドリも近くで餌を銜えてました。
c0213607_18345121.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-14 18:36
2011年 06月 13日

雨上がりの様子見に・・・

今日は前日からの雨が止んで天気がよくなってくるとの事で先のサンコウチョウの様子を見に行った。前回は営巣つくりの最中であったが今日はもうほとんど出来上がって営巣は頑丈なようだった。このところの様子を聞いてみると♀ばかりが来てて尾羽の長い♂が全く来てないとのこと。どうしたのかなっと思って様子を見に来たが今日は♂も来て、早々に体全体を営巣の中にどっぷりと沈めてしまってるので顔が見ないし、見れるのは長い尾羽だけが多かった。しかし、今日は来ててもこのようにどっぷりと深く沈めてしまってるので♂も♀も写真にはなりませんね。前回と違って今日は来ることは来るが営巣を放置しっぱなしで、余り営巣を温めてないよう。未だ抱卵とはいえないような気がしたが???
あまりよいショットがなかったので先の撮ったのもあわせて貼り付けます。
営巣の様子は別途、投稿します。

○サンコウチョウ
c0213607_2071738.jpg
c0213607_2072760.jpg
c0213607_2073448.jpg
c0213607_2074299.jpg

c0213607_2028596.jpg
c0213607_2029980.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-13 20:29
2011年 06月 10日

鳥枯れかも・・・

昼ごろに少し出かけたが鳥枯れか・・・山に入っても何の気配も無し。帰りがけによく囀っていたホオジロが相手をしてくれた。このホオジロ、落ち着き払って盛んに左足、右足を上げて羽繕いをしていた。

○ホオジロ
電線に止まって一生懸命に羽繕いをしていた。
面白い格好がありました。
c0213607_1857484.jpg
c0213607_18575697.jpg
c0213607_1858395.jpg
c0213607_18581086.jpg
c0213607_1858187.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-10 19:41
2011年 06月 08日

目に青葉の季節・・・

今年も青葉と共にアオバズクがやって来ました。
いつもの神社に今年はどうかなっと思っていたが、何やら5月末頃から来てるよって聞いて今日は午後遅くではあるが見に行った。アオバズクは静かに止まっていました。
面白いもので、例年やって来てはいつもの定位置の木に止まります。雌が抱卵し、雛は約25日で孵化する。雄は時々雌に餌を運ぶらしい。雛は約28日で巣立つという。
ここには5月下旬頃には来てたらしいので、巣立ちは7月中、下旬ころか。
静かな環境を作ってやって今年も無事に雛が孵ることを願って。

○アオバズク
c0213607_19501058.jpg
c0213607_19503560.jpg
c0213607_19504497.jpg
c0213607_19505490.jpg
c0213607_1951264.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-08 19:51
2011年 06月 06日

オオルリの巣立ち雛に出会えた・・・

近くの山でサンコウチョウを見れないかとことで昼前に出かけたがホイホイホイの声は聞こえてきません。到着当初は数箇所でよく見られたそうですがどういうわけか徐々に減ってきてるような気がするという人がおられた。こちらは声も聞けなかったが別の人はそれでも声も聞いたし、姿も見たという。出会いがあれば見られるかもそれないね。これだけは出会い、出会いに期待するしかない。
そんな中で、今日は坊主かなっと思っていたら奥の方に行くと盛んにオオルリ囀りが聞こえてくる。それも近くで。立っている近くでよく囀る。これはどうも近くで営巣してるのでは?餌を銜えたままでじっとしてるようなので隠れて見守ってるとさっと飛んだ。そこを見ると通り道の石垣の数メートル下の苔部分に巣立ちしたと思われるオオルリ雛が見えた。この山あいはオオルリ雛が人手にやられるケースが多くて巣立ちにくいと聞いていたが、今日は無事巣立ち雛が見られて、良かった。何羽いたのか分からないが、何とか無事に巣立って旅立ってほしいと思ってこの場所を後にした。

◆巣立ちしたオオルリ雛
チッ・チッっと小さい声で鳴いていたが、親に”ここに居るよ”って呼んでいるんでしょうね。野鳥は雛はいつ見ても可愛いですね。向かって左足元近辺に白っぽいようなのが見えますが、どうも雛の糞のようです。大分長くこの場所に居てたのではないでしょうか。
再生は、矢印をクリックしても見れますが、ユーチューブ画面の最下段右端(矢印があるところ)をクリックすると画面いっぱいに大きく動画が見れるはずです。もし画面がザーとなって見れない時は”Esc”釦を押下すれば元に戻ります。



(画像をクリックすると大きく見れます)
○巣立ちしたオオルリ雛
偶然の出会いでオオルリ雛が見れました。この場所でじっとしていたので、どうなることかと心配していましたが、この後、親元の方へ無事飛んでいったので安心しました。
c0213607_19301262.jpg
c0213607_1930354.jpg

c0213607_1930432.jpg

アップして見ると目は濃いブルーで透き通っているようですね。
画像クリックして大きく見ていただくと頭部の上の方に産毛が多く見られますね。
c0213607_10354457.jpg


○オオルリ♂
大きな口を開けて盛んに囀っていた。警戒をしてるんでしょうか。
c0213607_19334833.jpg
c0213607_19335552.jpg
c0213607_1934232.jpg
c0213607_19341530.jpg


○オオルリ♀
オオルリ♀が巣立ちした雛に給餌しようと口に一杯餌を銜えてますね。
この後、♀が最初のほうに貼り付けた巣立ち雛の方に飛んで行って給餌した模様。
c0213607_19355243.jpg
c0213607_1936246.jpg
c0213607_19361085.jpg
c0213607_19361889.jpg


by ai_and_ai | 2011-06-06 19:57