一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

今季初のアオジも・・・

雨上がりで天気も良かったので新しいのが入ってるのかなっと思って行った。今季は気温が未だ高く、葉っぱも茂っていて本格的な冬鳥到来とはいかない様に思えるが今日はアオジが見られた。ジョウビタキの♂、♀もあちらこちらで見られるようになってきた。そんな中でムギマキも喉~胸にかけて色の濃いのと薄い色のとが2羽見ることが出来たのはラッキーだった。しかし、如何せん逆光気味でバックが陽がしていてピントがいまひとつでクリヤーには撮れなかったのが残念。

〇今季初のアオジ
なんだかんだ言ってても冬鳥のアオジがやってきたんですね。2羽居ました。
c0213607_20444899.jpg
c0213607_20445474.jpg
c0213607_2045097.jpg
c0213607_2045974.jpg

胸から腹回りが黄色っぽい。♂のようでは?
c0213607_20451854.jpg
c0213607_20452524.jpg


〇ジョウビタキ
今季初見の♂です。
c0213607_205041100.jpg
c0213607_20504936.jpg

口を開けてくれました。口の中がオレンジ色のよう?
c0213607_20505722.jpg

ジョウビタキの♀の正面から。
c0213607_2051422.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-31 20:54 | Comments(0)
2011年 10月 29日

まだまだですね・・・

昨年アオゲラ、ムギマキなどがカラスザンショウのところへ来ていたが今年もそろそろ来るのではっと思い山の頂上付近に行ってみた。着いてみると全く鳥の気配がありません。待っていたらそのうちホオジロ、ジョウビタキ♀が何回かやって来てくれた。カラスザンショウの実も熟してるようではないが赤くなっていて食べごろのようには思うのだが、如何せん、鳥が来ません。今日も待ってると暑いくらいなので、やはりもう少し寒くならないと実も熟さないし、野鳥も南下しにくいのではないだろうか?鳥見はもう少し先のような感じがしたが。

〇ジョウビタキ♀
今季初見のジョウビタキ。♂を待っていたが今日は出て来てくれなかった。このジョウビタキ♀、時間をおいて何回か顔を見せてくれた。♂は何処に行ってるのか?

c0213607_19413787.jpg
c0213607_1941447.jpg
c0213607_194149100.jpg
c0213607_1941543.jpg


〇ホオジロ
毎度お馴染みのホオジロ。
c0213607_19423260.jpg

ブッシュの中には入ったと思ったらホオジロが。
c0213607_19423892.jpg


〇カラスザンショウ
今日のカラスザンショウは熟して黒っぽくはなってはいないが赤黒いように見えた。もう食べ頃のようにも思えるのだがどうなんだろうか。メインディッシュは出来上がってるんだが如何せん、お客さんが来ません。もう少し寒くならないとダメか???
c0213607_19471832.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-29 19:47 | Comments(0)
2011年 10月 28日

端境期の中で・・・

MFの奥の方の林のところで探鳥していたら、林の隙間から見える、ずっと遠くにある高い枯木の天辺に猛禽?らしきのが止まってるのが見えた。双眼鏡で覗くとどうもチョウゲンボウではっと思い、豆粒くらいであったがとりあえず撮った。数ショット撮ったが後で確認すると一休みしながら羽繕いなどいろんなポーズをしていたようだ。

①チョウゲンボウ
猛禽類は余り積極的には撮ってはいないが夏鳥と冬鳥との到来の端境期の中での閑古鳥だったのでとりあえずは撮った。聞くとこのMFにも時折飛んでくるらしい。
被写体は豆粒くらいなので、我が方の小さいレンズではトリミングしてもこんな感じで、どうにもなりません。
c0213607_2044312.jpg
c0213607_2044953.jpg

羽繕いなのか、片足上げて頭を掻いてました。しかし、いかにも細い高い木の天辺の枝のところで片足で踏ん張りながらもう一方の足を上げて頭を掻くなんて危なっかしいですが、何とも無いんでしょうかね。
c0213607_20441531.jpg
c0213607_20442150.jpg
c0213607_20443395.jpg


②蝶(ヒカゲチョウ?)
閑古鳥が鳴いていたので目に付くのは喋々。
これは図鑑等で見るとヒカゲチョウ?日陰蝶。日陰にいることが多いことから。

開けたところの草の上で太陽の光を浴びていた。いつもと違って目玉模様がって綺麗だなーなんて思いながら撮りました。なかなか麺を開いてくれませんでした。
イメージでいうと、蝶というより蛾ですね。
c0213607_20521841.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-28 20:55 | Comments(0)
2011年 10月 26日

何とも絵になりません・・・

ムギマキは今季は遅れてるのか、通り過ぎてしまったのか分からないが見れてません。来てても個体数が少ない、用心深い?ムギマキをっと思って行ったが見ることは出来ましたが、枝被れ、動きが早くてピントがとれなかったりでいいのが撮れなかった。撮影時間も1時間30分くらいだったので仕方がありませんね。午前中から夕方まで頑張っておられた方もムギマキが実を取ってはすぐに生い茂った樹林の中に入ってしまったりで飯野が撮れないって言っておられた。また、リベンジをしていいのを撮りたいのだが・・・
このモッコクという木の実を食べに?いろんな野鳥が来るという。ムギマキ、オオルリ、キビタキ、ジョウビタキ、コゲラ、メジロなどなど。

①ムギマキ? 何とも絵になりません。
ムギマキを撮りに行ったが時間が無かったからか、いいのにめぐり会えなかった。証拠写真以下でどうにもならなかった。しかし、見ることは出来た。貼り付けるのも恥ずかしい限りですが今はこれしか撮れなかった。
c0213607_2004323.jpg


②オオルリ♀
オオルリ♀だと思いますが、どうでしょう?ムギマキと同じくこのモッコクの木の実を食べに来てました。オオルリ♀とキビタキ♀の識別は難しいですが、顎から喉にかけて羽の白い面積を見て識別したら分かりやすいらしい。
・キビタキ雌は顎から喉にかけて羽の白い面積が広い。
・オオルリ雌は羽の白い面積が狭い。横から見ると喉の白い部分がほとんど見えなくなる。姿勢がつんと立ってるように見えるなど。

これにあてはめるとオオルリ♀だと思いますがどうでしょうか・
c0213607_208301.jpg
c0213607_2083642.jpg


③キビタキ♀
同じモッコクの木に来てました。これは顎から喉にかけて羽の白い面積が広い。
c0213607_2094872.jpg


④コサメビタキ
コサメも来てました。枝被れですが。
c0213607_20105132.jpg

 
⑤コゲラ
コゲラもぶら下がりながらも実を食べに来てました。
c0213607_2012313.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-26 20:14 | Comments(0)
2011年 10月 24日

MFは今は・・・

今の時期、全体がどちらかと言えば夏鳥と冬鳥との端境期にあり鳥枯れ状態なので、ここMFでもご多分に漏れず鳥の気配はありません。2~3回ほど行ってみてるが鳥が居ません、猫の子一匹も居ません(猫はもともと居ませんでしたね・・・)。。かろうじてホオジロが飛んでいるのとムシクイが見られたくらい。まだまだ冬鳥の到来はまだまだの感じです。昨年の今頃はすでにムギマキ見れたんですが、懐かしい限りです。

①ホオジロ
かろうじて飛んでくれたのはホオジロでした。鳥枯れの中で普通種とはいえなつかしいです。
c0213607_18571762.jpg


②ムシクイ
ゴチャゴチャした林の中をよく動くのを見るとムシクイでした。
c0213607_18574936.jpg


③セイタカアワダチソウ
この森一帯のあちらこちらで群生してます。このセイタカアワダチソウの花だけはすっかり熟成が進み、その鮮やかな黄色があちらこちらでとても目立ちます。
シーズンになるとベニマシコがやって来てくることを期待していますが、今季はどうなんでしょうか。
c0213607_1858162.jpg


④アケビ
森の中を散策してると熟して淡紫色に色づく割れたアケビが転がってました。もうこんな季節になってるんですね。
ミツバアケビ、ぱっくり口を開けて落ちてましたが、早々と鳥達に啄ばまれてしまったのか。
c0213607_18581460.jpg


⑤キノコ
ふと木の上の方に何やらキノコらしいのが見えました。帰ってからネット等で調べるとヒラタケ?っていうキノコらしい。(間違っていたらゴメンナサイね)
「ひらたけ」には種類があり、別名「四季きのこ」と言われて、年中発生しているように思われていますが本当の「ひらたけ」は、晩秋から採取できるものを言うらしい。
c0213607_18582878.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-24 18:59 | Comments(0)
2011年 10月 22日

コゲラの巣作りを・・・

桜の木の切り落とされた所にコゲラが盛んに巣穴を掘っていたのが目に入った。コゲラは、平地から低山の林にかけて良く目にする野鳥だが、これほど近くで、しかもはっきりと巣穴を作っているところが見れたのは初めて。長い間、一生懸命に?木クズを飛ばしながら掘っていた。
目の先数メートルの樹上で、鋭い爪と硬い尾羽を利用して木の下側に止まり、一心不乱に幹をつついているコゲラの姿をゆっくり観察が出来た。
掘っていた巣穴は、入口は自分の体に合わせ、奥はすっかり体が入れる程に大きく掘るようで、見たときにはすっぽり体が入れるような大きさになっていて、出たり入ったりしていた。
巣穴の位置が、幹の下側に面してるのは雨よけのなのか判らないが、掘る穴の位置も良く考えているんでね。いずれにしても自然から身を守ることを考慮して決めてるのだろう。
そんなことで、じっと見ていましたが撮るよりもむしろその様子を動画にしました。

〇コゲラ
可愛いコゲラの顔出し。
c0213607_16255435.jpg


①巣作りの様子
ものすごい木クズを飛ばしてます。



②作りかけの巣穴から顔を出してる様子
巣穴に入っても飛ばしてます。



by ai_and_ai | 2011-10-22 16:32 | Comments(0)
2011年 10月 21日

最終のエゾ?・・・

天気が下り坂の予報であったが何と日中は暑いくらいの晴れ模様。数少ないムギマキをっと思っていったが空振り。今季は誰に聞いても鳥数が少ないようなっと。名門のところに来週辺りに見れなかったら今季のムギマキは終わったっということに。
そんな中で見れたのは今季最終?になるかもしれないエゾビタキがサービスよく披露してくれた。

〇エゾビタキ
c0213607_1931297.jpg
c0213607_1931826.jpg
c0213607_1932420.jpg
c0213607_1933038.jpg
c0213607_1933691.jpg

飛翔のところを何とか。
c0213607_1934540.jpg
c0213607_1935040.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-21 19:04 | Comments(0)
2011年 10月 20日

キビ♀が多い・・・

ノゴマの合間に見かけたキビタキ♀。このところ何処に行ってもキビタキ♀ばかり。こんなに♀が居るのにキビタキ♂になかなか出会えません。よく見ている♂だが渡る前に再度見てみたいんだが・・・
この時の枝どまりであちらこちら移動していた♀です。可愛い仕草です。

枝止どまりのノゴマ♀の様子


〇キビタキ♀
c0213607_22241552.jpg
c0213607_22242064.jpg
c0213607_22242689.jpg
c0213607_22243265.jpg
c0213607_2224372.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-20 22:27 | Comments(0)
2011年 10月 19日

何とかノゴマです・・・

天気が良く、暑いくらいでした。ノゴマ♂を期待してお城に行ったが抜けたしまったのかどうか分からないが見れなかった。しかし、何とかノゴマ♀は居てくれました。このノゴマは色がやや薄いようなので若?ではないかと。喉の赤い♂を見たかったが残念でした。他を周っても今の時期はキビタキ♀ばかり。ムギマキはそろそろではないかと言う声が多かったが見れない。しかし、夕方近く現れたといって撮られてた方も居たので今後に期待が持てそうです。
もうミヤマホオジロ♀タイプ、それにアトリの群れが出現・・・なので早くも?冬鳥到来のよう。

〇ノゴマ♀
今秋初見のノゴマです。
c0213607_210027.jpg
c0213607_210684.jpg
c0213607_2101518.jpg

枝を突っついて何やら虫?を捕まえていました。
c0213607_2102470.jpg
c0213607_2103947.jpg
c0213607_2104563.jpg
c0213607_2105192.jpg
c0213607_2105792.jpg
c0213607_21174.jpg
c0213607_2111333.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-19 21:02 | Comments(0)
2011年 10月 16日

雨上がりは・・・

雨上がりに行っても鳥見は良くないなーと思いつつも天気が良かったので山に入った。案の定で全く気配なく、後半になって常連さんがチョロチョロ・・・。もう少しの時間が必要ですね。天気が良かったので綺麗な喋々を撮りました。

〇ヤマガラ
これからの冬に備えての貯餌のためか最近は始終果実を銜えて何処かへ運んでいるようです。
c0213607_22352292.jpg


〇カケス
ヤマガラを撮っていたときに頭上を飛んで高い木の上に止まった。
後姿で、顔は見えません。
c0213607_2237550.jpg


〇喋々
・ルリタテハ
綺麗な蝶だと思ってとりあえず撮っておこうと。帰ってから図鑑を見るとルリタテハのよう。
c0213607_22393445.jpg

翅を閉じるとこんな格好をしてるんですね。枯葉のようになります。
c0213607_22394143.jpg


・アカタテハ
c0213607_2242929.jpg

よく見てないと木の幹にとまると何処にいるのか分からなくなりますね。
c0213607_22421643.jpg


by ai_and_ai | 2011-10-16 22:43 | Comments(0)