<   2011年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

大変お世話になりました・・・

今季は冬鳥は個体数が少ないのかなかなか見れるチャンスがありませんね。もう少し寒くなったら、12月に入ったらっとか何とかっと思っていましたがとうとう年末になってしまいました。
ツグミも少ない、シメはどうしたの?ルリビタキは今季は♀を2~3回ほどしか見れてない、♂はついに出逢えなかった。新しい年を迎えたらいい鳥見が出来るのを期待したいものです。
鳥見って今日は何が見れるのかっていつもワクワクします。夢中になれるものがあるのが一番大切な事で健康の源だと思っています。拙い鳥見の記録ですが、お付き合いいただいて有難うございました。来年もお付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします。何事にも感謝、感動する気持ちを大切にして、フイールドでの、まさに一期一会を楽しんでいきたいと思っております。

今日は年末の忙しい中を家内からの文句を言われながら少しだけMFを覗きたく行ってきました。定番のアオジに今日はおまけで、おカシラダカつきっと思っておりましたがあれほど見れなかったルリビタキ(♀タイプ?)にベニマシコまで見れました。

〇ベニマシコ♀
MFで久しぶりに見れました。このMFでの出逢い、再会は無いのかなって思っておりました。よくMFに通っているが、ここのところ一向に見つけられなかったので抜けてしまって居なくなったしまったのかなって思っておりました。ベニマシコポイントには居ないので奥の方に周ってみたらブッシュから2~3羽が飛び上がって枝に止まるのが見えた。おっベニマシコではないかっと。いい構図のところが明るくてピンが合わずモタモタしてるうちに隠れてしまった。数ショット撮れたが♂が見当たらなかったのが残念。バタバタッと出てきてバタバタッと居なくなってしまった。しばらくそこに居たが出てこないので撤収した。まだベニマシコ居たんですね。来年が楽しみです。

c0213607_1584632.jpg
c0213607_1585240.jpg
c0213607_1585980.jpg


〇ルリビタキ♀タイプ?
かろうじて奥の方に居たルリビタキ♀タイプ。フアインダーの端っこの方に写ってました。
c0213607_15101540.jpg


〇今年の一期一会
今年の6月に渓谷沿いで出逢えたオオルリ巣立ち雛。まさに一期一会の出逢い。♂、♀の親鳥が頻繁に餌を銜えてきては巣立ち雛に運んでいたよう。巣立ち雛は石垣の端っこの方でじっと親が来るのを心配そうに待ってるようなようすでした。
よく見ると頭部の上の方に多くの産毛?が逆立ってるのが見えます。
あれから半年が経ったがこの巣立ち雛、その後元気に飛び回っていることと思いますが。
c0213607_15312185.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-31 15:32
2011年 12月 29日

アオジもいい・・・

MFはアオジが多く目立つ。今日はアオジ、ホオジロ、モズ。いつものベニマシコのポイントで居るとアオジが枯れ草地のブッシュから飛び出しては他のブッシュへと飛び交っていた。その様子をしばらく見ていた。時折、いいところに出てきたのをパチリっと。アオジの♂、♀が見れた。仲良くしているんでしょうね。
アオジ、アオジっというけれどアオジもいい。

〇アオジ
c0213607_15433826.jpg
c0213607_15435216.jpg
c0213607_15442182.jpg
c0213607_15443375.jpg
c0213607_15444362.jpg

頭部中央線があったんですね。クロジ♀かっと思いましたが、顔が違いますね。
c0213607_15445291.jpg
c0213607_1545266.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-29 15:47
2011年 12月 26日

少しだけ・・・

午前中少しだけだがMFに。相変わらずパっとしないが、かろうじてカシラダカが見れた。ベニマシコポイントの草地のところを見てると何か飛び上がったので見てみると、またアオジかなっと思ったがカシラダカのよう。2羽居た。ゴチャゴチャした枯れ草地なので少し目を離すとどこか分からなくなってしまう。

〇カシラダカ
昨年に比し、やってくるカシラダカは格段に少ない。昨年は数十羽くらいがパっと飛び上がっていたようなのだが、なんと少ないことか。今季はここMFでも出会えるだけでも良い。

c0213607_17251379.jpg
c0213607_1725272.jpg
c0213607_17253784.jpg
c0213607_172546100.jpg


〇コゲラ
コゲラのツガイ?か、2羽がすっと同じ木に飛んできた。
c0213607_17263791.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-26 17:27
2011年 12月 23日

大丈夫だろうか?・・・

11月下旬からついこの間までで撮影した野鳥の中に顔や頭部に変なものががくっついてるのがありました。カシラダカとミヤマホオジロ。
最初はよく分からず、果実の実みたいな、何か吹き出物のようなものがくっついてるっと思っておりましたが、今日お会いしたベテランの鳥友に聞いてみましたらこれは”ダニ ”と。帰ってからネット等で調べるとどうもそうらしい。こんなものをくっつけてる他の野鳥ブログもありました。
膨れているのはダニが血を吸ってふくれているらしい。マダニらしい。
ネットでは「マダニは嗅覚が発達しており、哺乳類から発せられる酪酸の匂いに反応して、草の上などから生物の上に飛び降り吸血行為を行う。その吸血行為によって、体は大きく膨れあがる。と同時に、さまざまな菌を媒介する危険な生物でもあるので、注意が必要です。」と言うことらしい。
冬になったというものの、暖かい毎日が続いてきたので、北の方でもダニなどが異常発生したのだろうか。他の鳥たちは大丈夫なんだろうか?っと。

〇カシラダカとミヤマホオジロ
鳥友によると吸血して大きく膨らむとしばらくして落ちて取れてしまうらしい。夏場にガサガサっとブッシュの中に入って行くとダニがくっつく可能性もあるというので注意が必要と。
カシラダカとミヤマホオジロも地べたで採餌するので、このようにダニにやられる可能性があるのかもしれません。
何かしら痛々しい感じがしますね。

c0213607_19102814.jpg

c0213607_1910402.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-23 19:20
2011年 12月 21日

ハイタカが・・・

MFでその後のベニマシコがなかなか見られないので、川沿いに行ってみたが、着くのが遅かったためか見られなかった。もう少し早ければベニマシコにおまけにアリスイまで見れたそうだが。出会いだからこんなものです。今度は良いことがあるだろうと。先着の方もアリスイが再度出てくるのを待っておられたが、その後は音沙汰なし。しかし、そのポイントで奥の方の木にハイタカが止まったのに気がついて撮っておられた。そこに便乗させててもらったが2~3ショット撮ったら飛んでしまったのが残念。もう少し撮らせてもらいたかったが。その後も近くの枯れ草地のところに飛び込んできたが撮ろうとしたらタッチアンドゴーで飛んでいってしまった。モズが近くでうろうろしていた。

〇ハイタカ
初めてのハイタカだった。飛んでいった時の飛翔模様を撮ろうとしたがうまく捕らえることが出来なかった。次回は何とか飛翔の様子を。
c0213607_205995.jpg


〇モズ
モズがよく相手してくれていた。
c0213607_2053014.jpg
c0213607_2053643.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-21 20:53
2011年 12月 20日

変なものがくっついてる・・・

MFはアカゲラはその後、柳の下のドジョウではないが見れない。ちょっと一服ってな感じ。そんな中で帰りがけには目の前を飛んだ。枝に止まったのを見るとミヤマホオジロ♀のよう。こんなところにも来てるんだと。一応撮ったが見ると何やら目の上の方に何かの実らしきものがくっついてるではないか。

〇ミヤマホオジロ♀
目の上に採餌したときにくっついた実らしきものが。それとも吹き出物のような?。

c0213607_19544684.jpg
c0213607_1954523.jpg


〇メジロ
早春の梅、春の桜のときは、メジロも目に見えるところまで出てきてくれて撮影できますが、それ以降は樹木の梢の上のほうで虫などを捕まえていることが多いので、なかなかうまく撮影できません。けれども晩秋から初冬にかけ柿の実が熟れたりしてくると、再びメジロは人の目に見える所まで降りてきてくれて撮影がしやすくなってきますね。
赤く熟した柿の実を啄ばんで、しばらくは枝止まりで喉をピクピクさせながらじっと休んでいた。
c0213607_2011427.jpg
c0213607_2012149.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-20 20:01
2011年 12月 19日

やっとツグミが・・・

アオゲラ期待したがやはりダメみたい。このところ定時に出てたが何処を徘徊してるのかここには来てないよう。気まぐれなのか、又の出を期待しよう。やっとツグミに出逢えた。またツグミっかっというほど昨年は見れていたが、今季は出が遅いのか少ないのか、これからなのか分からないがやっと見れました。アトリはここにはまだまだ居ついてるよう。

〇ツグミ
・・・シベリア東部からカムチャツカ半島にかけて繁殖し、冬季は日本、中国南部に渡って過ごす。日本には冬鳥として渡来する。・・・ということ。遠いところからはるばる渡って来たんですね。
c0213607_19213174.jpg
c0213607_19214073.jpg
c0213607_19214856.jpg


〇アトリ
まだアトリが群れてました。一斉に地面に降りて採餌してました。これで10羽以上居ます。
c0213607_19215843.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-19 19:19
2011年 12月 17日

MFに今季も戻ってきた?・・・

今日は今季一番の寒さとの予報もあり鳥見に出かけず、年末大掃除の準備?で手伝いをしていた。昼から奥方が出かけたし、天気もそれほど寒くないようなので昼遅くからMFに行ってみた。昼からの遅いこともあり鳥見はそれほど期待はしていなかった。それがどういうわけかアカゲラに出逢えたではないか・・・。
あんなに”もうそろそろ顔を見せてくれても良いのではないか”と思っていたアカゲラの出現だが、12月中旬にもなって、はっきりとアカゲラを見たって言う声も聞いてなかったので半分諦めていた感じではあった。(そうは言っても11月下旬頃に飛んでるのを見たって言うのは聞いていたが撮れてなかったので分からないが)山に登っているとキョッ・・・キョッ・・・とややソフトな感じの声が聞こえてきた。何かと声の聞こえてきた方を探してると松の木の向こうの方に何やら見えた。おっ・・・アカゲラ・・・!!!しかし、カメラを向けるもボヤッとしてボンヤリとしか見えない。
抜けたところはっと角度を変えて動く。そのままじっとしててくれよって。何とか撮れた。いつもは三脚を持っていくが、こんなときに限って持って行ってなくて手持ちだった。それも手ブレ補正無しレンズの手持ち撮影。何枚か見れそうなのを選択してブログアップ。(昨年は11月はじめにアカゲラが見れた。)
偶々通りすがりのアカゲラが見れたのか、それともこの森に来てくれて居ついてくれてるのかは分からない。このまま居つていてほしいものだがどうだろうか。
今日のアカゲラとの出会いはまさに一期一会の出会いでした。

〇アカゲラ
出逢えたときは、飛ばずにそのまま居てて!!っていう感じですね。撮らせてもらうまでのドキドキ感がいいですね。鳥見していて、このドキドキ感、出逢えた時の感動、こういう気持ちを大切にしたい。
c0213607_0343025.jpg
c0213607_0343929.jpg
c0213607_0344756.jpg
c0213607_0345573.jpg
c0213607_035546.jpg


最初はこんな感じでしか見れなかった。
c0213607_0352374.jpg


帰りがけに見えた五月山は夕陽に染まって赤く色づいていた。
c0213607_22401849.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-17 22:40
2011年 12月 16日

アトリの群れ・・・

アオゲラ待ちの間にアトリの群れがあり、飛び交っていた。ブッシュに入っては出てきたりしてあちらこちらへと枝止まりしてくれた。カワラヒワというよりオオカワラヒワを見たかったがこの日は前哨戦はおのアトリのみしか見れなかった。

〇アトリ
アトリの♂、♀が見られたが、♂の方はそんなには黒っぽくはなかった。
c0213607_1734480.jpg
c0213607_17341278.jpg
c0213607_17341783.jpg
c0213607_17342346.jpg
c0213607_17342972.jpg
c0213607_17343580.jpg
c0213607_17344073.jpg
c0213607_1734465.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-16 17:35
2011年 12月 15日

今季初見だが・・・

北摂の山にアオゲラ期待で行ってみた。着いた当初は駐車場近くでアトリが群れていてしばらくは撮っていた。引っ込んだり出てきたりで結構、いろんなところにポーズしてサービスしてくれた。昼からは例のところでアオゲラの出てくるのを待つことにした。この時間帯になると朝から来られていた方々はアオゲラの出を待つことなく皆さん撤収して帰られていたよう。残りは2名で頑張って出現を待つことにした。しかし、昼までは陽も出てて結構暖かかったが14時過ぎから冷たい風が吹いてきて結構着込んでいたが手袋してても手が悴むほどに底冷えしてきた。15時ごろには帰ろうと思っていたが地元の方が来られて”勝負はこれから”とのことでご一緒にアオゲラの出現を待った。底冷えの中でも和気あいあいの中で談笑していたがキョッ・・・の鳴き声が聞こえてくるとそのお出ましを何処かと皆さん、構えだしました。出てきたところは分かりましたが日没前の逆光と空抜けで撮るには撮れたがどれもゴミ箱いきばかりの出来ばえになってしまった。しかし、寒い中、待った甲斐があって今季初見なので”良し”としよう。

〇アオゲラ♂
今季初見初撮りでしたが撮影条件はもう一つ、逆光、空抜け、枝被れなどなどでどれも証拠写真になってしまった。次回はリベンジで綺麗に撮りたいが・・・
c0213607_1935977.jpg
c0213607_19351823.jpg

カラスザンショウを抱え込んでぶら下がっていた。
c0213607_19352492.jpg

近くのカラスザンショウの実まで背伸びして啄ばんでるようでした。
c0213607_19353055.jpg

この松のところによく飛んでくるが枝被れでどうにもなりません。
c0213607_19353869.jpg

帰路の道中で真っ赤に染まった夕陽が見えた。山から下りたら道路脇の気温は5℃を表示していたので山頂は冷たい風も吹いていたので1~2℃位だったかも。
c0213607_19354347.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-15 19:44