一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 31日

このところのMFは・・・

このところのMFは閑古鳥ですね。かろうじてアオジ、モズ、ホオジロが見られる。ジョウビタキも。
しかし、歩いてるといきなり草むらから原の茶色っぽい、やや大きな鳥が飛び出すが2回見た。なにか分かりませんが、目立つようになってきたが。あるポイントはモズが、別のポイントはジョウビタキがそれぞれテリトリーとしてるような感じで居場所を確保してた。

〇モズ
この広場はいつもこモズが見られる。
c0213607_18433723.jpg


〇ホオジロ
このMFはホオジロがよく見られます。愛想が良かった。目の前まで来てくれたが近すぎてピントが合いません。
c0213607_18451153.jpg
c0213607_184517100.jpg
c0213607_18452326.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-31 18:45
2012年 01月 28日

ヤット目の前にハイタカが・・・

ベニマシコを撮った後は専らハイタカのポイントへ。行ってみると葉っぱの奥の方に居るということで皆さん方朝から、出てくるのを首を長くして待っておられた。見てみると姿は全く見えなかったがそのうちにバーダーの方がそこに見えるっていうんで見ると何と顔がチョコッと見えるだけで撮るなんてものじゃなかった。こんな状態が2~3時間くらいしただろうか、痺れを切らして帰られたバーダーもおられたがようやく飛び出してきて近くの枝に止まった。しかしこれが又細い枝が一杯あるところなので撮るのが難しい。ハイタカも目の前に居た観客が少なくなるのを待って、飛び出してきたのかも。枝から枝へと場所替わりをした後で土手下に降りて以前に食べ残しておいた鳩の肉を食いちぎっては食事をするシーンに初めて遭遇した。この間、途中から雨模様になってきたりして帰ろうとしていたが残っていていい場面に出会えて良かった。暗くなってきたので帰ったがハイタカは未だ食事をしていた。近くに塒があるそうだが、この後、どのような行動になるのか見届けたいって言うんで最後まで残っていた方が一人おられたがその後はどうなったんでしょうか?

〇ハイタカ♀、若
最初はこんなところに居ました。なんともなりませんね。
c0213607_22383248.jpg

ヤット明るいところに出てきてくれました。胸から腹部の横斑が橙色でなく褐色なので♀らしいと。
c0213607_2240753.jpg

背中の翼に白っぽいところが残っているので若鳥らしい。
c0213607_22464673.jpg

何か上の方が気になってるよう。
c0213607_2250897.jpg

背中を向けてますが顔は全くこちら向き。よく首が回りますね。こちらをじっと凝視してます。
c0213607_22522776.jpg

c0213607_22532189.jpg


枝から枝へと飛んで、場所を移動しました。
c0213607_22555052.jpg

ややスッキリしたところに来てくれました。

c0213607_8264194.jpg


土手下に降りてきて何と蓄えていたらしい、食べ残しの鳩の肉を食いちぎっては食事するというシーンに出くわしました。午前中からじっと葉っぱの陰に隠れていたが目の前に観客が多かったので、土手下に隠していた?食べ残しの肉を食べに行けなかったんでしょうか???
こちらを見てます。
c0213607_2381333.jpg

若鳥とはいえ、さすがに猛禽です。
c0213607_2383093.jpg

c0213607_2395015.jpg
c0213607_2310184.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-28 23:15
2012年 01月 27日

久しぶりの赤い子が・・・

河川敷での赤い子になかなか巡り会えなかったのでリベンジで出かけた。風も出てきてどうかなっと思っていたらまず、ホオアカが顔を出してくれた。なんやかんやとホオジロが頻繁に飛び交う。そのうちひょいっと高いセイタカアワダチソウの天辺に赤いのが見えた。ベニマシコや!!!ヤットここで見ることが出来た。現地では再生するとまあまあかなって思っていたがPCに取り込んでみるとピン甘ばかりのよう。やや逆光気味で遠かったかのかも。チャンスはあったのにもう少し工夫して撮ればよかったのかも。そこそこ撮ったのでハイタカのポイントに移動した。行ってみるとこれが葉っぱの奥の方居てて葉っぱや枝被れで、でとても撮れたものではない。相当長く居た。午後後半になってようやく見れるような枝どまりになり、何とか撮れるようなところに来てくれ、おまけに土手に下りてきて捕まえてきた以前の残り物の肉を食いちぎっては食してるシーン見せてくれた。
このハイタカの模様は次回に投稿します。

〇ベニマシコ♂
いいのが撮れたと思っていたがピン甘に。
c0213607_22131023.jpg
c0213607_22131683.jpg
c0213607_22132575.jpg
c0213607_22133223.jpg


〇ホオアカ
久しぶりのホオアカ。元気に飛んでました。
c0213607_2214461.jpg
c0213607_22141036.jpg
c0213607_22141627.jpg
c0213607_22142450.jpg


〇ハイタカ
葉っぱの奥の方居たハイタカがなかなか外に出てこないので出てくるのを待ってる間、別のハイタカが空高く飛んでいた。
c0213607_221517.jpg
c0213607_2215772.jpg
c0213607_22151543.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-27 22:15
2012年 01月 26日

チッ・チッ・チッっと春を待つ・・・

どこも鳥枯れですね。MFではチッ・チッ・チッっと春を待つウグイスの地鳴きが3箇所で聞こえました。ブッシュから出てくるのを待っても動きが早く撮るのは難しい。

〇ウグイス
c0213607_1874159.jpg
c0213607_1875354.jpg
c0213607_187583.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-26 18:08
2012年 01月 23日

今季初見のオジロビタキを・・・

河川敷は曇り空で風が強い。奥の方の新しいポイントまで行ったが期待の鳥には出会えなかった。もう少し早く着かないとここは分が良くないみたい。今度はもう少し早めに行って何とかリベンジをしたいが。オオタカ、ハイタカが居たというらしく、ベテランさんは風の強い中を待機しておられた。そんな中で上の方をハイタカにカラスがモビングしてるのが見えた。慌てて向けたが露出がもうひとつだった。オジロビタキが来てるっていうので河川敷を撤収して昼から遅まきながら行ってみた。こんなところにっと思うような、家屋に隣接した広場みたいなところに居た。

〇オジロビタキ
いつ見ても可愛らしいですね。♂は喉元が淡い橙色みたい色合いをしてるそうです。これは色合いが未だ淡そうですがどうも♂ではないかと。これから徐々に色合いを増すのではないかと。もし、♂のようであれば希少価値では?
枝に止まって首を傾けてこちらを見てます。可愛い仕草ですね。
c0213607_2214589.jpg

オジロビタキって全体の色合いが白っぽいので、メリハリよく撮りにくい。もう少し綺麗にピシッと撮れないものか。
c0213607_2215778.jpg
c0213607_22151513.jpg
c0213607_22152117.jpg

c0213607_23302438.jpg

寒いのか、腹を膨らませて枝にふんわりと座り込んでるようにみえますが。何かしら上の方が気になってますね。
c0213607_22153578.jpg
c0213607_22154449.jpg
c0213607_22155150.jpg


〇ハイタカ
河川敷で見たハイタカ。露出がもう少しよければ綺麗に見えたが。証拠写真になってしまった。
c0213607_2217169.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-23 22:20
2012年 01月 22日

やっと幸せを運んできてくれた・・・

雨上がりなのでMFの鳥見はもう一つかなって思いながら出かけた。車止め入り口から入ると珍しくシジュウカラ、メジロの混群があった。その中に久しぶりのミヤマホオジロ♀が1羽見えた。奥の方でベニマシコを待ったがこれはなかなか出てこない。居ついてるようだがこれがなかなか潜ったままで上の方には出てきてくれません。池の裏側に回ってみた。これがタイミング良かった。まさに一期一会で”幸せの青い鳥”ルリビタキ♂に今季初めて出会うことが出来た。
帰りがけにカワラヒワが見えた。

〇ルリビタキ♂
このMFでやっと出会うことが出た。いつから来てたの?
今季は何処もこのルリビタキ♂には出会えないっていう声が聞かれます。今季の青い鳥は、この前の越冬オオルリの青い鳥が見れたのでそれでよしとしようっと思っていましたがこのMFでやっと本命の青い鳥が見れました。また、顔を出してくれるんでしょうか?
最初に見たときは枝被り、葉っぱ被れで撮りにくいところやなって。初見なのですぐに飛ばれてしまうと困るのでじっと待ってると向きを変えたりしてくれて何とか撮ることが出来ましたが枝被れは何ともならなかった。
c0213607_19144236.jpg
c0213607_1914482.jpg
c0213607_1914553.jpg
c0213607_19154158.jpg


〇ミヤマホオジロ♀
久しぶりのミヤマです。居てくれてたんですね。
c0213607_19162961.jpg


〇カワラヒワ
カワラヒワを見るのも少ないですね。おっベニマシコがっと間違うほどセイタカアワダチソウの白い綿毛を啄ばんでました。三烈風切りの白い部分が大きそうだったので”オオカワラヒワ”かなって思ってましたが、どうなんでしょう?やっぱりコカワラヒワか。
c0213607_19215362.jpg

飛翔模様が何とか撮れました。
c0213607_19222898.jpg
c0213607_1922366.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-22 19:23
2012年 01月 20日

マミチャジナイも・・・

アオゲラを撮ってるところの下り道のところで待ってるとやはりカラスザンショウの実を啄ばみにツグミ数羽が居るのが見えた。どれを撮ろうかと見てたらすぐ横にマミチャジナイも居た。コゲラも来てた。この時間帯ではアオゲラ、コゲラ、ツグミにマミチャジナイがあちらこちらのカラスザンショウの木に来てた。

〇マミチャジナイ
なかなかじっとしてくれなく、おまけに枝被ればかりのシーンとなった。これは♀のよう。
c0213607_2015944.jpg
c0213607_2021422.jpg

ツグミと一緒に居ました。
c0213607_2021974.jpg


〇コゲラ
c0213607_2031562.jpg


〇ルリビタキ♀タイプ
オオルリ♂を撮ってるときにちょくちょく顔を見せてくれていたルリビタキ♀タイプです。この日はなかなかいいところには止まってくれませんでした。
c0213607_2045589.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-20 20:06
2012年 01月 19日

おまけのアオゲラを・・・

昨日の越冬?オオルリのあと帰りがけの下り道で特徴ある、あの甲高い、カン・カン・カンっというドラミングが2回ほど聞こえてきた。3人の女性人と耳を済ませて何処かっと探してみたがそれっきりで何処から聞こえてきたのかは分からなかった。そのうち雑木林の中でアオゲラを見つけることが出来た。数箇所あるカラスザンショウの実を啄ばみにやって来てるよう。枝頭のゴチャゴチャしたところでぶら下がったり、抱え込んだり、反り返っての実を啄ばむなどいろんなポーズをしてくれた。それを見ていたら、何と目の前のすぐ誓うの枝に後ろからやって来て止まったのがフアインダー越しに見えた。慌てて撮ったが近すぎてピントが合ってなかった。ふと上の方のところでは反対側の林にカメラを向けて撮ってられた。これもアオゲラだったらしい。この時間帯に2組のアオゲラが来てたよう。まさにアオゲラフイーバーでした。こんなこともあるんですね。聞くところによるとこのポイントはアオゲラがよく見られるところとのこと。グッドタイミング!!!まさに一期一会でした。

〇アオゲラ♂、♀
これは桜の木の隙間から奥の方の木に、それもかなり根元に近いところで張り付いていたのが見えた。
c0213607_19202452.jpg
c0213607_19203390.jpg

こんな格好をしだすと飛び出すよう。隙間からの狭いところから撮ってたので飛翔は撮れなかった。
c0213607_19203990.jpg

こんなに長い間アオゲラを見れたの初めてでした。カラスザンショウの実を啄ばんでいるためかじっくりといろいろとポーズを見せてくれた。
c0213607_19204578.jpg

イナバウアーの体勢で反り返りながら隣のカラスザンショウの実にまで啄ばんでいた。食欲旺盛。
c0213607_19205782.jpg

実を啄ばんでますね。
c0213607_19232088.jpg

c0213607_19232544.jpg
c0213607_19233239.jpg
c0213607_1923388.jpg
c0213607_19234632.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-19 19:25
2012年 01月 18日

驚き!!!越冬?オオルリが・・・

天気が良さそうなのでプチ遠征で山登りをしてきました。ひょっとして今の時期では考えられない成長オオルリが見れるかもっとの情報から出かけてみた。電車の時間もきちんと調べて出発したのにこんな日に限って何と阪急電車が信号故障とかでダイヤはデタラメ。乗っても電車は始終一時停車ばかりでうんざり。まあ、しかしとりあえず行ってみようと。ようやく遅ればせながら到着すると未だ出てないらしい。しばらくして、ナント!何回か出てきてくれて(30分後、1時間半後とかのペースで)綺麗な瑠璃色の成鳥オオルリは期待に応えてサービスしてくれた。カラスザンショウの乾燥したような実を啄ばみに来てるらしい。
温暖化と虫などの餌が未だ豊富にあったとかでどうも越冬してしまったのではないかと。しかし、渡らずにこのまま春まで居つくのだろうか?
以前にムギマキ数羽が越冬したが2月には渡っていったらしいがこのオオルリ♂は1羽だけみたいなのでほんの1羽で渡れるのかどうか居ついても雪の振る2を無事に乗り越えることができるのかどうか、いづれにしても育って行って欲しいものである。聞いた話ではこのポイントにはオオルリ♀も居てるらしいのでひょっとして雪の振る前には連れ立って渡っていってしまうかも。
今日はこのオオルリ成鳥のほかルリビタキ♀タイプ、アオゲラ、マミチャジナイ、ツグミが見れた。これらは次回に投稿します。

〇オオルリ♂
c0213607_22212852.jpg
c0213607_22213616.jpg
c0213607_22214330.jpg
c0213607_22215628.jpg
c0213607_222237.jpg
c0213607_22221181.jpg

谷の方からすっと上がってきてカラスザンショウの枝に止まる。止まってからはカラスザンショウの実を啄ばむためにホバリングしてくれるが、何しろ枝被れしてしまうのでなかなかいいショットにはなりません。
カラスザンショウの実を啄ばんでますね。
c0213607_22304282.jpg
c0213607_22305278.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-18 22:31
2012年 01月 17日

コウノトリを・・・遠征第四弾

コミミズクがなかなか見れなかったが、コウノトリが優雅な舞を披露してくれた。野生の?コウノトリが営巣してるところ、数羽の飛翔など真っ白なコウノトリがサービスしてくれた。市民団体などの活動で休耕田ビオトープで採餌するなど野生化が定着してきてるんですね。
河原とたんぼ休耕田一帯の広いエリアに出現してくるコミミズクですが、どうもネズミを好物としているらしい。枯れ草の止まったり、飛翔したりしながらネズミの居所を探すとか。ネズミの発する周波数を感知して雪ノ下に居てても雪の中に突っ込んで捕まえてしまうらしい。ところが捕まえて飛翔したところを待ってましたとばかりにトビやカラスがちょっかいを出してネズミを横取りしてしまうらしい。

〇コウノトリ
コミミズクが出てくるまではコウノトリ、トビがサービスしてくれた。真っ白な綺麗なコウノトリ、初めて見ました。撮るとなると背景が雪で真っ白なのでうまく撮れませんね。
電柱?の上の人工の営巣に居るコウノトリが見えた。聞くところによると来月には繁殖時期らしいとか。そういえば営巣で巣作りらしき行為が見えたが。
小さい眼が可愛いですね。
c0213607_224494.jpg
c0213607_2245426.jpg
c0213607_225155.jpg

遠くの方で2羽が飛んでた。
c0213607_2262683.jpg

飛翔模様です。
c0213607_22655100.jpg
c0213607_227279.jpg
c0213607_227883.jpg


〇トビ
コミミズクが捕まえるネズミを狙うためかどうかは分からないが、引っ切り無しに上空をくるりと輪を書いて飛び交っていた。こんなに近くで飛んでくれた。
c0213607_22111197.jpg
c0213607_22111887.jpg
c0213607_22112416.jpg
c0213607_22113085.jpg
c0213607_22113672.jpg


by ai_and_ai | 2012-01-17 22:12