<   2013年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

このところのベニマシコを・・・

先日来の遅くに出会えたベニマシコ。
これから暖かくなるにつれて赤く染まってくるのでしょうか。
3月一杯までは見られるか?
人気のない、静かな環境の中で数羽の乱舞を見たいものです。
そんな静かな中で見かけたベニマシコの様子をいくつか。


ベニマシコ
もっと赤くなっていくことでしょう。
c0213607_2373532.jpg
c0213607_2374095.jpg
c0213607_2374694.jpg
c0213607_2375192.jpg
c0213607_2375794.jpg
c0213607_238272.jpg
c0213607_238843.jpg
c0213607_2381369.jpg
c0213607_2381965.jpg
c0213607_2382665.jpg


メスも居てます。
c0213607_2383372.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-28 23:10
2013年 02月 27日

プチッ遠征で、第2弾・・・

この日は取りあえず本命よりも先に午前中に水鳥のサカツラガンを見に行くことになった。
川べりなので吹きさらしで寒い。初めて見るサカツラガンは14羽居て一生懸命に食事中のようでほんの近くまで寄っても全く逃げようともしません。
水の中に入って泳いだり、飛んだりしてくれるのを待ってはいましたが見ていた限りは食事中だけでした。時間切れで次のカラアカハラを見にここを後にしました。
水鳥としては珍しい鳥らしく、地元のコンビニ店長?さんの話では県外の方からよく「まだ居てますか?」ってよく電話がかかってくるそうです。そんなわけでこの日もその店長さんは様子見がてら来てました。

サカツラガン (観察難易度: 7)
(分布)ユーラシア大陸極東部のウスリーから中国北東部で繁殖する。冬季は中国東部で過ごす。日本には冬鳥として極少数が渡来する。
食性は植物食で、植物の茎、葉、根、種子などを食べる。
中国では開発による越冬地の破壊や狩猟などにより生息数は激減しているらしく、環境の良い日本へ渡ってきたのでしょうか?それとも若鳥の群れらしいので迷ってきたのかもしれません。

今年初め頃からこの川べりにやってきたとか。もうそろそろ旅立ちの頃ではないのでしょうか?
珍しい鳥で山陽新聞に紹介されていたそうです。


首を自由自在に動かして休憩中


余りに近いので全体が写せません。
c0213607_2239543.jpg

c0213607_22402452.jpg

c0213607_2241448.jpg

見返り風で、こちらの方を振り向いてくれました。
c0213607_22412719.jpg


このように並んで草を食べてましたね。
c0213607_22415961.jpg

びっくりしたように、みんな一斉に首を延ばして同じ方向を見回してるよう。
c0213607_2244588.jpg

c0213607_22475746.jpg


c0213607_2248982.jpg


後ろから首周りを見るとチョコレート色の帯が伸びてます。
c0213607_22482067.jpg

嘴はよく見るとギザギザになっているようです。これで草を噛むんでしょうか?
c0213607_22501363.jpg

羽繕いです。
c0213607_22513792.jpg

群れで居るとイタズラで嘴でちょっかいを出して。
c0213607_22533495.jpg


飛翔模様をっと思ってましたがなかなか飛んでくれませんでした。かろうじて羽繕い中でノビをしてくれました。
c0213607_22551585.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-27 23:09
2013年 02月 26日

プチッ遠征で・・・

一昨日の日曜日は午前中にサカツラガンを、昼からはカラアカハラを見に行った。
主目的のカラアカハラに加えいつもスルーしていた水鳥でしたが中々出会うことのない観察難易度: 7のサカツラガンまでを見ることが出来て、うまい具居に便乗させていただき大変ラッキーでした。
カラアカハラは昨年ヘグラ島に行ったときに見れ損なっていたので今回いいチャンスで出会うことが出来た。
アカハラっと言ってもこんな色合いをしたのも居てるんですね。

とりあえずはまずこのカラアカハラから、次はサカツラガンの投稿とします。

カラアカハラ(観察難易度: 6)
分布・・・沿海州、中国東北部で繁殖し、冬季は中国南部からインドシナ北部へ渡り越冬する。日本では数少ない旅鳥として主に日本海側のでの記録が多い。

形態・・・体長は 約23cm。雄は頭頂から背中、尾までの体の上面と翼が濃い青灰色で、胸と脇腹が橙色で、腹からの体の下面は白色。雌は頭部からの体の上面が灰褐色で、胸、脇上部に黒斑がある。

美しい青みの強い灰色は大変に綺麗、鮮やかですが、この鮮やかさが撮っても中々写せませんでした。
何しろカンカンの天気であって陽が差して天気が良すぎました。白く光ってしまって中々いい色合いが表現できなかったのが残念でした。
何度出会ってもシャイなこの鳥、♀も見てみたいものです。
珍しいらしく関東方面からも来られてるらしいバーダーも居られたとか。

c0213607_18581572.jpg

c0213607_20275545.jpg
c0213607_2028125.jpg
c0213607_2028780.jpg
c0213607_20281340.jpg
c0213607_20281850.jpg
c0213607_20282531.jpg
c0213607_20283192.jpg
c0213607_20283672.jpg
c0213607_20284134.jpg

このカラアカハラ、シロハラなどと同じく枯葉をひっくり返しては採餌してます。
c0213607_20284720.jpg

同じポイントにアカハラも居ました。比較すると違いが。
c0213607_20285346.jpg
c0213607_20285966.jpg


カラアカハラってイソヒヨドリに似てますね。
これは我が家の近くに最近よく見かけるイソヒヨですが。
c0213607_20302957.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-26 20:35
2013年 02月 25日

救出大作戦???・・・

午後遅くからの出動でMFに出かけた。
№1筒近辺で先客が近くの木の中にアオゲラが入ったと!
こちらは未だ何もカメラを用意してないので慌てて取り出し撮るとすると飛んでしまい隣の木々の中に入ってしまった。
何とか証拠写真程度には撮ることが出来た。
聞いてみるとどうもこの№1筒のなかにアオゲラが入ってしまい、底まで落ちて出られないのではないかと。
中から「・・・コンコン・・・」っと音が時折聞こえてくる。
このままでは水も餌もないので恐らくはダメではないかっと!
どうしようもないので取りあえずは関電に何とかしてもらおうと一旦帰った。
関電に事情説明すると快く引き受けてくれ、手配してくれるとのこと。
再度MFに行って待ってると関電保安マン?が来てくれ電柱に登った。
№1筒を下に下ろし、中を開けると何と何にも居てないではないか!
飛んではいないのでどうもオカシイっと、聞いてみるとこの筒は同心円になっていて空洞部分には居なく、外側の狭い分に居てるらしい。
引っくり返したりトントンっと叩いたりしてたら穴のところから白い腹のところが見えた。
あれっ・・・アオゲラとは違う・・・そうこうしてるうちにすっと飛んで行ってしまった。
飛んで行ったのを見た方はどうもコゲラだったのではないかっと・・・
何はともあれ、野鳥が保護できて良かったですね。
いずれにしても関電さんには経営厳しい折にも拘らずご足労頂き、大変有難うございました。

アオゲラ
№1筒近辺で見かけたアオゲラ。
最初はこのアオゲラが出られなくなった相棒のアオゲラを助けに?近くに来てたのではないかと思っていたが。
c0213607_2222349.jpg
c0213607_22221035.jpg
c0213607_22221589.jpg
c0213607_22222383.jpg
c0213607_22222861.jpg
c0213607_2222368.jpg


救出大作戦
下に落ちた鳥が中から穴を突っついて開けた小さな穴
c0213607_22232448.jpg

そこから何やら中で動いてます。
c0213607_22233429.jpg

筒の上の方はこんな大きな穴が開けられてます。
c0213607_22252941.jpg

やっと関電マンが来てくれ電柱に登って作業してくれた。
c0213607_22271694.jpg
c0213607_22272126.jpg

「つた防止ガード」なんですね。
c0213607_22273063.jpg

筒を開けるとこんなふうに同心円状になってました。
開けていた穴は黒いビニールテープで塞いでおくとのこと。
c0213607_22291196.jpg


帰りがけに再度筒を見てるともうアオゲラが突っつきに来てたよう。
c0213607_22324026.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-25 22:34
2013年 02月 23日

ミヤマンもまだ居てる・・・

ひと頃に比べミヤマホオジロが大分少なくなってきてるように感じるが・・・
一箇所に集まってるというよりも散らばって見られるようで、気をつけてみてるとホオジロ
の群れに混じってミヤマンが居てることがありますね。
そんな中で地べた付近で採餌してるミヤマン♂、♀に出会えた。

ウソは大分あちらこちらで見られるようで、特に桜の木の新芽を啄ばみにやって来る。

ミヤマホオジロ
冠羽がやや立ってるミヤマンがいいですね。
c0213607_2213093.jpg
c0213607_2213998.jpg
c0213607_22146100.jpg
c0213607_2215277.jpg
c0213607_2215867.jpg


ウソ
これはどうもアカウソのよう。
「外側尾羽に白い軸斑がある」というのがアカウソらしい。
c0213607_22123370.jpg
c0213607_22124165.jpg
c0213607_22124784.jpg
c0213607_22125358.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-23 22:13
2013年 02月 22日

出がいいアカゲラ・・・

このところ、”・・・今日はもう3回もアカゲラに出会った・・・”っていう声ががよく聞かれます。
それにしてもこちらの方はそんなに出会いがありません。
久しぶりに出会った鳥友と話してる最中に”・・・あっアカゲラが・・・”っといことで被れのない、いつもとは違うポイントで遭遇した。
手持ちでの撮影なのか、いまひとつピシッした解像度にはなってない。
しばらくして反対側のほうに飛んでいったので急いで周ってみた。
居てるのが分かったがいいところには出てきてくれなかった。

アカゲラ♂
いつものニセアカシア樹林帯で見かけるのと違ったところでの出会いだった。
c0213607_21423012.jpg
c0213607_2142369.jpg
c0213607_21424160.jpg
c0213607_21424744.jpg
c0213607_21425387.jpg
c0213607_21425973.jpg


反対側のほうに飛んで行った先では枝被れ。、
c0213607_2143451.jpg
c0213607_2143936.jpg


アオゲラ♂
MFに入った入り口でカメラの用意もしていない中で、突然に”ダダダ・・・”の甲高い音が。
慌ててカメラをセットして近づくと居た・・・
全身が見えるところまで行ってから撮ろうとしたら逃げられてしまった。
逃げた先を見てたら何ともまあ、撮りようも無い、ゴチャゴチャしたところだった。
もう少しスッキリしたところで止まってくれたら良かったのに・・・

c0213607_21505128.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-22 21:52
2013年 02月 21日

こんなところに居た・・・

このところアカゲラがよく見られるようですが、こちらは鳥運が良くないのか、見つけるのが下手なのか出会いが無かった。
しかし、何とか遠くで垣間見ることが出来たがあまりにも遠かった。

あんなに頻繁に見られたルリビタキ♂成鳥がこのところすっかり見ることが出来なかった。
こんなところでひっそりと休養?してたんですね。
暗い、ゴチャゴチャしたところで慎重すぎてうまく撮れません。
しかし、見れただけでもよしとしよう。

群れで飛んでるのは今はカワラヒワかマヒワですね。
飛び物の練習で撮ろうとするのですがなかなかうまくいきません。

アカゲラ♂
すっきりと見て撮らせてもらいたいものですね。
c0213607_23403243.jpg


ルリビタキ♂
久しぶりの出会いです。
c0213607_23411566.jpg
c0213607_23412121.jpg


マヒワ群れ
無理やり撮った群れですが、いまひとつ。
c0213607_23414193.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-21 23:43
2013年 02月 20日

定番をいくつか・・・

先日の小雪が舞う大変凍えるような鳥見でしたが、野鳥はお構い無しに元気に採餌してました。
目の前に飛んできたウソ、ミヤマホオジロにジョウビタキ♂が一生懸命に動き回っていた。

ジョウビタキ
小雪がちらちらっと舞ってる中をジョウビタキ♂が木々を掘り起こして開墾してる最中の地面に降りては採餌してた。
これは餌付けでも何でもありません。目ざとく餌を見つけては地面に降りていた。
うまくゲットしたよう。
c0213607_2132393.jpg
c0213607_2133069.jpg
c0213607_2133787.jpg
c0213607_2134220.jpg
c0213607_2134816.jpg


ウソ
いきなり目の前の笹薮の前に飛んできたウソ。
c0213607_2142221.jpg
c0213607_21428100.jpg


ミヤマホオジロ
広場で飛び回っていたミヤマン。
c0213607_215160.jpg
c0213607_215779.jpg


シロハラ
真近かでみたシロハラ。
c0213607_216134.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-20 21:06
2013年 02月 19日

今季はよく見かけます・・・

今季はこのマイフイールドここかしこで待ってると何とか見られますね。
一口にオスといっても真っ赤な色合いから黄色味がかったものから色の薄いものまで。
成鳥からやや若♂まで、春に向けてまだまだ色が濃くなっていくのでしょうか?

そんなベニマシコの様子を幾つか。

ベニマシコ♂
c0213607_21244635.jpg
c0213607_21245435.jpg
c0213607_2125053.jpg
c0213607_2125653.jpg
c0213607_21251362.jpg
c0213607_21251964.jpg
c0213607_21252747.jpg
c0213607_21253380.jpg
c0213607_21253998.jpg


帰りがけの歩道傍の草むらから出てきた。
c0213607_21254479.jpg
c0213607_2125494.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-19 21:27
2013年 02月 18日

もう一つの筒も叩く・・・

電柱を支えてる支線?の樹脂箱を突っつくアオゲラ。
2つある樹脂箱に穴を開けてますが、これって爪を研ぐみたいに嘴を研いでるんでしょうか???
どちらの方に来るかは分からない。
当初見たときより穴は大分大きくなってるみたい。
この中に入る様子でもないし、この先、どうなるんでしょう?

アオゲラ
これは2つ目のところにやってきたところです。
こっちの方の筒に来るのではっと待っていたところにうまく来てくれました。
そっと見てると危なくないかとあっちこっちっとキョロキョロっと見回してた。
そっとしていたにも拘わらず、穴を突っつくドラミングもしないで気づかれたのかすっと飛んで行ってしまった。

c0213607_1850516.jpg
c0213607_18501020.jpg
c0213607_1850169.jpg
c0213607_18502292.jpg
c0213607_18502712.jpg
c0213607_18503398.jpg


by ai_and_ai | 2013-02-18 18:51