一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

砂の美術を・・・

先週末は、開園真近の”八東ふる里の森”を通り過ごして鳥取の「砂の美術館」に行ってきました。
4月20日からオープンしたばかりの砂像のいろいろ。砂像は水で固めただけの砂の塊を彫る彫刻芸術で、「砂で世界旅行」をテーマに、平成18年の第1期展示から世界各国を砂の像で表現。
今期は、日本とASEAN(東南アジア諸国連合)との交流40周年を記念して、東南アジア諸国のさまざまな情景を計19点の巨大な砂像で表現している。
砂の塊を全体像を意識しつつ、コテで削りながら立体的に作り上げてゆくのは大変困難な作業だと思居ますね。

「日本」を取り上げて砂像を作り上げる計画はありますか?って関係者に聞いてみますと・・・日本のお寺は瓦屋根なので砂で表現していくのは構造上、難しいと言っておられました。

幾つかの砂像を撮ってきましたので見てください。

砂の像
20日のオープンから未だ数日しか経ってないため、全体の砂像が乾ききってない。
そのためによく見ると上段のところが乾いていて白くなってるが、下段部分は未だ濡れているような色になってます。1ヶ月もすれば乾ききって白っぽくなってくるんでしょうか?
c0213607_22174820.jpg
c0213607_22175493.jpg


上部が白っぽくなってるのは乾いてきてるらしい。
c0213607_22175997.jpg
c0213607_2218530.jpg
c0213607_22181185.jpg
c0213607_22181784.jpg
c0213607_22183554.jpg
c0213607_22183948.jpg
c0213607_22184582.jpg
c0213607_22185115.jpg
c0213607_22185853.jpg
c0213607_2219358.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-30 22:21 | Comments(0)
2013年 04月 28日

今年もヨタカが・・・

昨日はミゾゴイのほかにヨタカ、クロツグミ♀に出会うことが出来た。
用事があって出かけたのが遅く着いたのは14時半頃だったので、あっちこっとと探鳥することが出来なかった。
そんなことでミゾゴイを撮ってるときヨタカ、出てるって!
行っては見たが高い木の上で寝てる、じっとしたままで動きが無い。
かろうじて薄目を開けてくれるときもあったが殆どは寝てる。
夜行性で、昼間は樹上で休む習性なので仕方がありませんね。
暗くなってゴソゴソっと動きだすまで見届けたかったが、撮れるわけにもいかないだろうって思って撤収した。
鳥友は残っていたようであるがどうだったんだろう?

ヨタカ
高い樹上で枝に対して平行に止まって休んでいるので、下から見上げても褐色の
枝と同化してしまってるので中々わかりづらい。
こんなところに横たわってるのをよく見つけたものですね。
薄目を時々開けて様子を窺ってるような?

c0213607_215291.jpg
c0213607_2153597.jpg
c0213607_2154171.jpg
c0213607_2154840.jpg


これはほぼ真上から見た画像ですが、コブのようにしか見えませんね。
c0213607_2155515.jpg



クロツグミ

夕方、人の気配が少ないと見れるんですね。
石垣の上で採餌してるようでした。
これはどうも幼鳥のような気がしますがどうでしょうか?

c0213607_218355.jpg
c0213607_218104.jpg
c0213607_2181680.jpg

ピンボケになってしまいました。
c0213607_2182232.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-28 21:09 | Comments(0)
2013年 04月 27日

何とかミゾゴイを・・・

2日ほど前から?出てると言うらしい初見のミゾゴイ、午後遅くからの出動ではあったが遅まきながら何とか見ることが出来た。
このお城にはこれまで時折、ミゾゴイが出没していたが見たのは初めてだった。
ブッシュの中を出たり入ったりであったが一度立ち止まるとその場でジット佇む。
その後、やわらノソノソと抜き足差し足で歩く。
どちらかと言えば愛想がよく、いいポーズをしてくれた。
時々、首を?スーッと上に伸ばし全身を細長くする仕草があって見応えがありました。

そのうち、ヨタカが・・・っというので行ってみた。高い木の枝で張り付いていて、中々動きが無かった。

取りあえずは初見のミゾゴイを。

ミゾゴイ
図鑑、ネットなどから。
分布・・・世界で1000羽以下しか存在しないと言われている。 主に日本で繁殖し、冬季になるとフィリピン、台湾などへ南下し越冬

形態・・・全長49センチメートル、頭部の羽衣は黒褐色。上面の羽衣は暗褐色で、黒色の細い斑が入る。下面の羽衣は淡褐色で、喉から腹部にかけて黒褐色の縦縞が複数入る。雨覆は赤褐色で、風切羽は暗褐色で、先端が赤褐色。
虹彩は黄色。眼の周囲や眼先には羽毛が無く、水色の皮膚が露出する。上嘴は黒や黒褐色、下嘴は黄色。後肢は黒緑色。

c0213607_23313278.jpg
c0213607_2331396.jpg
c0213607_23314583.jpg
c0213607_23315178.jpg
c0213607_23315754.jpg
c0213607_2332371.jpg
c0213607_2332844.jpg


近すぎてフアインダーに全身が入りません。
c0213607_2332529.jpg
c0213607_2332582.jpg
c0213607_2333488.jpg
c0213607_23331076.jpg

c0213607_233553.jpg
c0213607_23351311.jpg


嘴を突っ込んでミミズを捕食しましたが緩慢な動きと思いきや捕食動作は素早かった。
あっという間に食べてしまいました。ブレブレですがミミズを捕食してます。
c0213607_23351890.jpg


全身ですが、虹彩が黄色、目の周囲が水色が特徴で綺麗ですね。
雨覆、風切羽のところは赤褐色でよく見ると複雑な模様をしてますね。
c0213607_2338222.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-27 23:46 | Comments(0)
2013年 04月 25日

またまたコマドリ・・・

天気もよかったので遅まきながらオオルリ、キビタキ狙いで北摂の山に行った。
しかし、気配もなかったので川沿いを下ってると以前と同じポイントのところでコマドリの声が・・・
待ってると出てきました・・・まだ居たはりましたん!
どうも鳴き交わしをしてるようで、川沿いにはオスが、川向こうの林のほうにメス?が居てて交互に鳴いてるように聞こえてました。
ひと頃に比べ随分少なくなってるようで、残ってるのはこの2羽?くらい?・・・
そろそろ旅立ちではないでしょうか。
またまた、いい出会いでした。

コマドリ
随分大きな口を開けたのを見て慌ててシャッターを押しました。
アクビかなぁ・・・
舌のようなのが見えてます。
c0213607_2345083.jpg

この日は比較的緑を背景に。
c0213607_2345732.jpg
c0213607_235354.jpg
c0213607_235115.jpg
c0213607_2351761.jpg
c0213607_2352467.jpg
c0213607_2352990.jpg
c0213607_2353811.jpg
c0213607_2355040.jpg

囀ってます。
c0213607_2382375.jpg

c0213607_2385267.jpg

コマドリ口の中って黒いんですね。
c0213607_2385743.jpg


奥のほうに居てるメスばかりが気になるよう。
c0213607_2310318.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-25 23:10 | Comments(0)
2013年 04月 24日

こんな住宅街にも・・・

散歩がてら山荘周りでの山道を登ったり降りたりして住宅街に出た。
ひょっとして夏鳥にでも会うかもしれないと思い、小さいレンズをつけて軽くして出かけた。
しかし、ここには未だ来てないようで見れなかった。
山道の途中で買い物帰り?の婦人に出会った。立ち話をしてるとこの山道を買い物に利用してると言う。
大変気さくな、開けっぴろげの方で野鳥談義も交え話をしていて大変気持ち良かった。
そうこうしてるうちに住宅街に出てきたが、ふと庭先を見てたら何と採餌中のアオジ♂成鳥出会った。
こんなところで未だ居てるんですか。早く帰らないと。しばらく見てると一生懸命に首を一杯伸ばして草を啄ばんだりしてた。
庭先には今が旬のハナミズキが。
4月下旬から5月上旬で白や薄いピンクの花をつけるハナミズキ。
白やピンクの花をつけて今が旬。綺麗ですね。

アオジ
c0213607_184631.jpg
c0213607_18461748.jpg
c0213607_18462446.jpg


ハナミズキ
c0213607_18465030.jpg
c0213607_18465688.jpg


フジ、モミジ
新緑のモミジを新鮮、秋には綺麗に色づいてることでしょう。
c0213607_18473586.jpg
c0213607_18474132.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-24 18:50 | Comments(0)
2013年 04月 22日

未だ居てるアカハラを・・・

もう北のほうに帰る頃合ではないかと思うのですがシロハラもアカハラも未だ居てますね。
そろそろだと思うのですが帰り間際に見れたアカハラ、久しぶりでした。
河川敷の公園に連日アリスイが出てたって言うので行ってみたがチェンソーでの草刈が朝から一日中あったのが影響したのか帰りまで見られなかった。
その代わりにアカハラがよく出てきてくれた。

アカハラ
久しぶりのアカハラです。

c0213607_2014691.jpg
c0213607_20157100.jpg
c0213607_202236.jpg
c0213607_202879.jpg
c0213607_2021336.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-22 20:02 | Comments(0)
2013年 04月 21日

これって何なの???・・・

先日のコルリを撮っていた時の合間に裏側の広場で何やら白化したカワラヒワが・・・
見てみると白化というより、むしろ全体的に薄い黄色っぽかったような感じでした。
動きが早いのでなかなかよいのが撮れなかったですが、何の野鳥なのかは分かりません。

あなたは誰?
鳥友らの話ではアオジの白化で、シロジ???ではないか???
ご覧なられた方でお分かりの方は教えて下さい。
光線の加減で色合いが分かりにくくなってますが、アオジの幼鳥?、白化したアオジ?、白化したカワラヒワ?
何か分かりかねます。

c0213607_22423775.jpg
c0213607_22424322.jpg
c0213607_22424874.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-21 22:43 | Comments(0)
2013年 04月 20日

コマドリの鳴き交わし・・・

北摂の山の渓谷方面にオオルリを見に行ったが姿は見れなかった。
帰りがけにコマドリの綺麗な囀りや、鳴き交わしが聞こえてきた。
その場で聞き入っていた。周りは全く静かな環境で聞こえてくるのはただ、渓谷を流れる水の音だけ。
そんな中でのコマドリの囀りだけが響き渡っていた。

コマドリ
未だ数羽が居てるみたいですね。
3羽が鳴き交わしをしているように聞こえてきたが。
「日本三鳴鳥」の一つである”コマドリ”の鳴き声を動画でとりました。
まさにコマドリ囀りのシャワーを一杯浴びました。



囀りをじっと聞いていたが、ひょいと前に出てきてくれないかなって思っていた。
しばらくすると願いが叶ったのかふっと目の前の川縁の枯れ枝の上に出てきたではないか。

c0213607_2228324.jpg
c0213607_22283774.jpg
c0213607_22284324.jpg
c0213607_2228513.jpg
c0213607_22285872.jpg


これはもっと下流の方でしたが、同じ個体かどうかは分からない。
c0213607_22281883.jpg
c0213607_22282649.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-20 22:32 | Comments(0)
2013年 04月 19日

手強かったコルリちゃん・・・

河川敷の近くの公園の一角にある竹林の中にコルリが居てると・・・
今季初見のコルリに出会った。
しかし、このコルリ、到着したばかりなのか用心深くて、見つけてもスッスッ・・・と何とも動きが早い。
ここはフェンスに囲まれた竹林で、おまけに林立した竹が密集していて向こうの方にゴソゴソっと動くコルリを見つけて撮ろうとしても、わずかな隙間からなので撮りにくい。
隙間から見つけて撮ろうとするときには相手はもう動いてる。
暗いし、隙間からなので何とも手強かったコルリ。

コルリ♂
今季初見のコルリ。見れただけでも良しとしよう。
何とか姿を撮っては見たが証拠写真、何とも歯がゆかった、消化不良気味。
c0213607_19284610.jpg
c0213607_1928523.jpg
c0213607_19285720.jpg
c0213607_192929.jpg
c0213607_1929836.jpg
c0213607_19291365.jpg
c0213607_19291914.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-19 19:30 | Comments(0)
2013年 04月 18日

枝止まりのクロジを・・・

冬鳥のクロジが未だ居てる。
北摂の山の渓谷沿いでコマドリを待ってると川縁のゴチャゴチャした枯れ枝から何やら動いた。
目を凝らしてみてるとクロジ♂成鳥。
ここ関西でもあちらこちらで見られていたようですが、こちらとしては遅まきながら今季初めてのお目にかかることが出来ました。

川の中を飛びまわった後は川にかかった枝などに止まったりしてくれた。
しかし、もうそろそろ高い山に帰って行く頃なのに・・・

この日もコマドリを渓谷沿いの暗いブッシュのところで2羽見られ、多くのショットを撮ってしまった。

クロジ♂
クロジと言えばいつも地べたばかりを採餌しながら動いてる様子をよく見かけるのですがこの時はラッキーにも枝止まりのショットが撮れました。

ゴチャゴチャした枯れ枝から動き出したところ
c0213607_224161.jpg
c0213607_224618.jpg


川にかかった枝止まりのところ
c0213607_2244120.jpg
c0213607_2244879.jpg

c0213607_2253435.jpg
c0213607_2254413.jpg


広場の垣根?の中から、かろうじて見えたところ
c0213607_2265116.jpg


by ai_and_ai | 2013-04-18 22:09 | Comments(0)