一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 29日

何とかオオアカゲラに出会えました・・・

イスカ待ちの間に近アオゲラ、アカゲラにオオアカゲラ、キバシリとの出会いを期待してくをあちらこちら散策した。
最初はいきなり枯れかかった木のところにオオアカゲラにアオゲラの2羽が目に入ったが直ぐにオオアカゲラが飛んで行ってしまい、ゴチャゴチャしたところではあったがアオゲラを見ることが出来た。その後もオオアカゲラらしきのを見かけるも動きが早くて飛んでしまう。
そんな中で帰りがけの森の中の探鳥で鳥友が声を頼りにオオアカゲラを見つけてくれたがポイントに着くと飛ばれてしまっていた。
飛んだ先が朝方に見かけた枯れかかった木の方向だったので行ってみるとコンコンと突っついていたのが見えた。
細い枝被れではあったが何とかここでのオオアカゲラを撮ることが出来た。

(画像をクリックして表示された画像の右下の+マークをクリックするとやや大きく見れます)
オオアカゲラ
3羽が居てたらしいが子供つれのフアミリーであったのか・・・
採餌もとめて森の中を飛び回ってるらしくので、飛んで行っても待ってるとタイミングがあえば見れるかも・・・
いづれにしても鳥見は出会いですね。

久しぶりのオオアカゲラに出会うことが出来ました。
c0213607_22235746.jpg
c0213607_222478.jpg
c0213607_22241456.jpg
c0213607_22242039.jpg

裏に回られましたが待ってると顔を見せてくれましたが・・・
c0213607_22242767.jpg
c0213607_22243498.jpg
c0213607_2224418.jpg
c0213607_22244621.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-29 22:26 | Comments(0)
2013年 11月 28日

プチ遠征で再度のイスカを・・・

近くにイスカが未だ見れるかもっていうので連れ立って暗いうちから出発し7時頃に到着。
現地近くになると小雨模様で風がきつく、寒くて手が悴むほどだった。
天気予報では良くなってきそうな感じだったので出かけたが予想通り1時間ほどして段々と晴れ模様になってきたので良かった。
イスカが出そうなポイントで待つも出そうにないので浮気をしたためにその間に2回ほど松の木に数羽が飛んできたとのこと。
これはイカンっと思い、ポイントで待つと朝方の遠いイスカではなく、段々と近くにやって来て枯れ枝で空抜けでの撮影とはなったがしばらくはいろんな仕草を見せてくれたのが良かった。
松の木で松ぽっくりの種子を穿り出して採餌するが、もう余り実が少なくなってきてるのかこの時は後半は大きな枯れ木の皮を強力な?嘴で毟りとって虫か何か分からないが採餌してるように見えた。
このイスカのほかにアオゲラにオオアカゲラにも出会うことが出来たのは幸いだった。

(画像をクリックして表示された画像の右下の+マークをクリックするとやや大きく見れます)
イスカ
沢山撮ったので整理が未だ充分出来てませんが取りあえずは数ショット分の投稿を。
c0213607_102435.jpg
c0213607_103146.jpg
c0213607_103794.jpg

クヌギの枯葉の中で。
c0213607_104375.jpg
c0213607_104940.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-28 23:55 | Comments(0)
2013年 11月 27日

MFのエンベリザ・エレガンスを・・・

ホオジロ属の鳥をエンベリザと呼ぶとか。その中でも「エンベリザ・エレガンス」。
ミヤマホオジロの学名なんです。「優雅なホオジロ」とでもいいましょうか。
とてもいい響きではありませんか。
このマイフイールドのサンクチュアリのミヤマホオジロ。

今日は成鳥♂と若オ♂と♀に出会うことが出来た。

ミヤマホオジロ
図鑑によると♂は眼先と耳羽が黒く、眉班班と喉が黄色、胸に黒い三角形の班があり、♀は耳羽が褐色、眉班班と喉が淡い黄色、胸は淡褐色とあるが、成鳥でなく若い時期の雌雄の識別はなかなか難しいですね。
独断と偏見で雌雄を。

成鳥♂
c0213607_20433225.jpg


若♂のミヤマンを・・・
胸に黒い?三角形の班が見えます。
c0213607_20435817.jpg
c0213607_2044411.jpg


こちらは♀だと思いますが・・・
c0213607_20444071.jpg
c0213607_20445015.jpg
c0213607_20445657.jpg
c0213607_204527.jpg
c0213607_2045862.jpg
c0213607_2045134.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-27 20:48 | Comments(0)
2013年 11月 24日

アリスイがMFにも現れた・・・

2週間ほど前にアリスイを見て撮られたというバーダーが居られた。
エッ・・・こんなところにアリスイが居てるの?って思っておりました。
図鑑によると「平地から山地の林、草地や農耕地などで見られる」とあるので我がマイフイールドに出現してても不思議ではないですね。
これまでにも居ててくれたかも知れない、居てても気がつかずに見つけられてなかったかもしれません。
その2週間ほど前は”さくら道”の桜の木で見られたらしいが今日は例の見下ろしてベニマシコを見るセイタカアワダチソウ草地広場の細い枯れ木に居てました。
アリスイは河川敷でよく見られるし平城京でも出てましたがこのマイフイールドで見られるのは初めてではないでしょうか。

アリスイ
高台からベニマシコを探そうとして見回していたら右手の枯れ木に何やら動くものが見えたので双眼鏡で覗くと何とアリスイではないか・・・
少しづつ上のほうに登っていって、撮った画像を確認してふと見ると飛んでしまっていた。
後でその様子を見てたバーダー話ではスイッ・・・スイッ・・・っと草むらの方に入っていったらしいが・・・
アリを採餌するのでこんなところになぜ居てるのかと思ったのですが昆虫類の幼虫なども食べるとか、今の時期はアリを見付けにくいんでしょうね?

c0213607_19392846.jpg
c0213607_19393544.jpg

枯れ枝でゴチャゴチャしたところ
c0213607_19394199.jpg
c0213607_19394789.jpg
c0213607_19395246.jpg
c0213607_1940280.jpg
c0213607_1940873.jpg
c0213607_19401357.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-24 19:42 | Comments(0)
2013年 11月 22日

白いエプロンがけのベニマシコを・・・

ここMFにもベニマシコが到着したといっても、薄い赤色のピンクっぽい♂や首周りの白いエプロンがけが見られない♂のベニマシコしか見れなかったが、ようやく白いエプロンがけをした赤い♂に出会うことが出来た。
ブッシュからそっと出てきて、こちらと目を合わせると直ぐに潜ってしまって撮らせてもらえないことが多いが、セイタカアワダチソウの天辺で食べ頃の?綿毛を採餌している最中は食べるのに集中してるのか比較的撮りやすい。

ベニマシコ
アワダチソウの谷間では3羽の赤いベニマシコ♂が採餌してるシーンに出会った。
天辺で採餌してはあっちこっちと移動したり、穂が風で揺れたりしていたものの良い場面に出会った。

c0213607_014019.jpg
c0213607_014744.jpg
c0213607_015474.jpg
c0213607_02025.jpg
c0213607_02895.jpg
c0213607_021621.jpg

これは陽を浴びた白いエプロンがけの赤い子。
もう少し近くで撮らせてもらえれば良かったが・・・
c0213607_023374.jpg
c0213607_02384.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-22 23:56 | Comments(0)
2013年 11月 20日

ベニマシコも顔が見れるように・・・

未だ手強いですがベニマシコも見れるようになって来ました。
ベニマシコもミヤマホオジロ、ルリビタキも最初に顔を見せてくれるのはメスが多いようで、オスは中々用心深いのか落ち着いてからようやく顔を見せてくれるような気がします。
未だ個体数が少ないのか、これからなのかは分かりませんが居ついてほしいものです。


ベニマシコ
何とかやっと見れたベニマシコ♂です。このポイントはじっと待ってるとすっと下のブッシュから上がってきて顔を見せてくれるよう。
c0213607_17245260.jpg
c0213607_17245896.jpg
c0213607_1725475.jpg
c0213607_1725109.jpg
c0213607_17251787.jpg



これは別の個体。
c0213607_17252534.jpg

c0213607_17273373.jpg

全体的に薄い赤で、どちらかというとピンクっぽいですね。これから春に向けてどんどん赤く色づいてくれることでしょう。
c0213607_17273991.jpg
c0213607_17274539.jpg


♀が最初に姿を見せてくれます。
c0213607_17282261.jpg
c0213607_1728273.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-20 17:32 | Comments(0)
2013年 11月 19日

ミヤマホオジロのフイールド・・・

冬鳥がやって来てはいるようですが、どんどん入ってきてるようでは無いように思います。
未だこれからなのか、このまま少ないままでいるのか分かりませんが期待したものです。
ミヤマホオジロはあちらこちらで見かけられるようですので、このまま定着していってほしい。

ミヤマホオジロ
♀はよく見かけられるようですが、♂は用心深いのか簡単には出てきてくれません。
歩いてるとふと前の方で飛び上がるのを見かけますが静かなところで採餌してるんですね。いきなり飛び上がってのが見えるので撮らせてくれません。飛び上がったところは枝被れバリバリなのでどうにもなりません。
取りあえずはサービスがよかった♀です。

c0213607_19261550.jpg
c0213607_19262057.jpg
c0213607_19262735.jpg
c0213607_19263769.jpg
c0213607_19264662.jpg
c0213607_19265652.jpg

この子は目の上にホクロ?がありますね。
c0213607_1927263.jpg
c0213607_1927855.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-19 19:28 | Comments(0)
2013年 11月 16日

西のお山のイスカ狙いが・・・

北摂の山にも先ごろイスカがちらほら見られていたので今季は近隣の山々でもひょっとして出会いがあるのかもって思い西の方の山間に出かけた。
ここは一昨日にイスカが見られたらしく、その狙いで連れ立って出かけるも何とまぁ・・・今日は土曜日で天候もよく、寒くもなかったこともあり紅葉狩りと写真撮影の人手で人・人・人・・・
上のほうの松の木を見上げてイスカを探したが見当たりません。

あちらこちら探鳥するもままならず、離れた静かなところで出会いを待つことにした。
そんなわけで何とか出会いがあったのはベニマシコ、ミヤマホオジロにジョウビタキ。

ベニマシコ
何とか赤い子のベニマシコを見ることが出来ました。
夕陽を浴びて顔を見せてくれました。
c0213607_22445773.jpg
c0213607_2245569.jpg
c0213607_22451237.jpg
c0213607_22451941.jpg

最初はこんなところで見かけました。萩の実を啄ばんでるようでしたが。
c0213607_22452764.jpg

ようやく♂が出てきてくれましたがショットは今一つでピン甘になってしまった。
後姿だけしか見れず、すぐに飛んで行ってしまった。
c0213607_22543834.jpg

c0213607_22453462.jpg

c0213607_22454136.jpg


ミヤマホオジロ
帰り間際で脇道で出会ったミヤマホオジロ♀。
c0213607_2251394.jpg
c0213607_2251933.jpg
c0213607_22511892.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-16 22:58 | Comments(0)
2013年 11月 14日

なかなか手強いベニマシコ・・・

数日前から我がMFにやって来てたベニマシコ。
今季もこのMFを忘れないで遠いところから来てくれました。
先週MFを探鳥してて雨模様でダメかなあって思ってたら雨が止んだ。それまでどんよりとして何の気配もなかったが止んだら急に慌ただしくホオジロをはじめとして数羽が飛んだ。
ふと向こうの方の穂先に止まったのを見ると今季初見のベニマシコ♀だった。
昨年のMFでのベニマシコを見たのが13日でしたが今季は一週間ほど早い。
♂も来てるのではないかと探すといいところに出てきてたのを見たが撮ろうとしたらブッシュのなかに潜られてしまった。
それ以来、ちょくちょく見かけますが顔を見るとすぐに潜られてしまい、手強くてなかなか撮らせてくれません。

このMFにこのまま定着して来春まで楽しませてくれればと思うのですが。

ベニマシコ
雨上がりに顔を覗かせてくれた♀。すぐに飛んでしまった。

c0213607_22383989.jpg
c0213607_22384588.jpg
c0213607_22385173.jpg


何とか見れた♂ですが遠かった。
c0213607_22391959.jpg


メジロ
メジロが紫っぽい花木のところにやって来た。色の取り合わせが良かったので撮ってみた。
c0213607_2243296.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-14 22:44 | Comments(0)
2013年 11月 11日

関西では見れないオナガを・・・

イスカ撮りで何回かチャンスがありましたが昼前になると出会いが少ないっていうことから園内を行ったり来たりとウロウロと探鳥しました。
舳倉島に近いのでタイミングが良ければコウライウグイスやらマミジロキビタキなどに出会えることもあるらしい。
マミジロキビタキは先日も見れたらしいというのでそのつもりで探してみたがそんなにうまくはいきませんよね。
見れたのは「ギューイギュイギュイ」「ゲー、ギー」などとよく鳴いていたオナガやキジ、ミヤマホオジロやムシクイなどなど。

オナガ
下から見上げる格好でしか見れなかったので背中の綺麗な水色が見えません。もう少しいいところに出てきてくれればよかったのですが・・・

c0213607_20425138.jpg
c0213607_20425781.jpg
c0213607_204335.jpg
c0213607_2043749.jpg
c0213607_20431381.jpg


キジ
道端で出会いました。何やら赤い実を啄ばんでました。
c0213607_20432698.jpg
c0213607_20433238.jpg


ミヤマホオジロ
こんなところで出会いがありました。
c0213607_20453852.jpg


ムシクイ
c0213607_2046752.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-11 20:48 | Comments(0)