<   2014年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

まだ居てました・・・トラちゃん・・・

遠征分は少し休んでトラツグミをまだ居てるのか覗いてみたら、居てました。
うまい具合にツバキの花が落ちていたところにトラちゃんが居た。
この前は緑色の芝生が背景でしたが今回は赤いツバキの花絨毯が背景になって色合いを添えてくれました。

トラツグミ
生い茂った葉っぱの後から隠れて?(隠れたつもりもありませんが)膝をついて、ほぼ目線で撮らせてもらいました。
トラツグミは恐らくは気がついてないのかも・・・
羽を拡げて伸びまで目の前でしてくれました。

前の葉っぱを前ボケにしたつもりですが・・・背景はツバキの花じゅうたん・・・
c0213607_18482844.jpg
c0213607_1848357.jpg
c0213607_18484131.jpg
c0213607_18484851.jpg
c0213607_18485519.jpg
c0213607_1849152.jpg

こちらを向いてゆったりと羽を拡げて、ノビをしてくれました。
目の前なんですが葉っぱの後に居て撮ってるのが気がついてないのかも???
c0213607_1849729.jpg

c0213607_18491351.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-31 18:54
2014年 01月 30日

目線でアカゲラが・・・遠征(4)

今季は我がMFでは中々見れなかったアカゲラ(見られたバーダーも居られたようですが)・・・
コミミズクを撮ったところで真近で、しかも目線で見ることが出来たアカゲラ・・・
こんな近くで見れたなんてびっくりです。
そんなわけでアカゲラの目、翼、尾羽が”こんなふうになってる”って分かりました。

アカゲラ♂と♀
ほぼ目線で、ほんの近くで出会えたアカゲラ(ノートリミング)・・・
c0213607_1804070.jpg
c0213607_1804725.jpg

少し離れたところで。
c0213607_1821211.jpg
c0213607_1822177.jpg
c0213607_1822739.jpg
c0213607_1823311.jpg
c0213607_1823992.jpg

雑木林の奥のほうで。
c0213607_1825036.jpg
c0213607_182568.jpg


大きくトリミングしてみると目、翼、尾羽の様子がこんなんでした。
(1)目は黒目の周りが濃げ茶色の虹彩?・・・
c0213607_1885211.jpg

(2)翼を拡大してみると黒一色と思っていましたが何やら模様があるよう・・・
c0213607_181096.jpg

(3)尾羽はよく見るとクシ状態に・・・
c0213607_1813182.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-30 18:16
2014年 01月 29日

雪高原にコミミズクの飛翔を・・・遠征(3)

飛び物を撮れはしないかと、いつ飛び出すのかとフアインダーを見続ける。
15時も過ぎると北風も出てきて手も悴んでくる。
今か今かと飛ぶチャンスを待ったように思う。それも相当長い間・・・
そのうち、集中力が持続できずふと油断する。そんな時に限ってこちらの様子を見透かしたように飛んでしまう。
何が何でもと慌ててその飛翔模様を目で追いかけては撮ってみたものの、そんなにうまくは撮れません・・・
この日は前日までとはうって変わって暖かかったのが幸いしたのか(それでも風が吹くと手が悴むほど寒かったが)良かった。
取りあえずは何とか飛翔の様子が証拠写真程度だったが撮れてよかったとしよう!
前日の寒さだったらもっと早めに撤収せざるを得なかったのではないかと。

コミミズク
白いのは雪模様。
この時期になるとコミミズク・・・その登場に期待に心が弾むのは惹きつけてやまないコミミズクの魅力のせいなのだろうか・・・
c0213607_1824661.jpg
c0213607_1825277.jpg
c0213607_1825966.jpg
c0213607_183685.jpg
c0213607_1831379.jpg
c0213607_1832295.jpg

c0213607_1841855.jpg
c0213607_1842596.jpg
c0213607_1843119.jpg


飛んでいった先の景色はこんな感じだった・・・
c0213607_1844073.jpg
c0213607_1844695.jpg
c0213607_1845293.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-29 18:07
2014年 01月 28日

雪高原にコミミズクを・・・遠征(2)

雪高原のコミミズク・・・
最初見たところから少し飛んでいった先の様子。
土手辺りの少し小高いところで長い間、ジット佇んでいた。
いろんなポーズを撮ろうと頑張ったが時折吹きすさぶ寒風に三脚が小刻みに揺れる・・・
コミミズクも飛ばされまいと踏ん張って頑張ってるよう・・・
背中や腹の羽が風で巻き上げられてる!

コミミズク
分布
ユーラシア大陸や北アメリカの亜熱帯ツンドラ湿地で繁殖しヨーロッパや北アメリカなど広範囲で越冬するとか。日本では冬鳥として越冬のため各地に飛来する。
形態
雌雄同色。全長約38cm。頭部から背面の羽毛は褐色。腹面の羽毛は薄褐色で、暗褐色の縦縞が入る。
広大な農耕地や河川敷、草地で狩をする。狩は飛びながら獲物を探す。そのために広範囲に飛び回ることができる大きく開けた環境を好む。
フクロウ→トラフズク→コミミズクの順に顔に対する耳の占める比率が大きいらしく、そのためコミミズクは飛びながら広範囲を移動して「聴覚」を大いに働かせて獲物を探すとか。
この聴覚で雪の下で動くネズミを捕食するとか、聞いたことがありますが・・・
主に獲物はネズミ類のほか鳥や昆虫も捕食する。

虹彩は黄色。外耳状の羽毛(羽角)が短い(小さい)

c0213607_19273957.jpg
c0213607_19274436.jpg
c0213607_19275041.jpg

少し下に降りて・・・
c0213607_19275583.jpg

風に煽られてます・・・
c0213607_1928247.jpg
c0213607_1928745.jpg
c0213607_19281445.jpg


c0213607_1931822.jpg
c0213607_19311450.jpg
c0213607_19312043.jpg

c0213607_1932216.jpg
c0213607_1932840.jpg
c0213607_19321420.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-28 19:35
2014年 01月 27日

雪高原にコミミズクを・・・遠征(1)

広大雪原の中で狩をするコミミズクを見に、久しぶりの遠征に一昨日(土)から昨日(日)にかけて一泊二日で出かけた。
雪で積もったこの広大な高原一帯では4~5羽のコミミズクが居てたのではないだろうか?
長靴を履いて雪道を踏みしめながら滑らないように用心しながら着くといい具合に2から3人のバーダーがレンズを向けていた。
15時頃から出現するらしいとのことではあったが早めに14時着くことにした。
着くと70~80mくらいの雪原にコミミズクが横たわっている?のが見えた。
遠目には黒っぽい塊のようにしか見えなかったが、双眼鏡で確認すると”コミミズクが”・・・
コミミズクがユッタリと寛いで横たわって休んでいるように見えた。
さて撮ろうとなると白い雪が映えて露出設定が難しい・・・
そのうち左の方に飛んだので慌てて追って飛び物を撮ってはみたが露出がままならず明るすぎて真っ白!白っぽすぎてサマになりません。
飛んだ先はやや遠くの土手みたいなところ。
右に左に始終顔を動かしながら、時折突風で羽を翻しながら長い間、このポイントでジットしていた。
とりあえずはこのコミミズクの休んでる様子を・・・
このあとの様子や飛翔模様は次回の遠征(2)に・・・

コミミズク
c0213607_22153089.jpg
c0213607_22153885.jpg
c0213607_2222345.jpg
c0213607_22224359.jpg

立つ位置が違う場所で、横たわってるように見えますが・・・
c0213607_22225188.jpg

驚いたのか?ピンっと羽角をたてて・・・
c0213607_22244077.jpg
c0213607_22244780.jpg
c0213607_2224531.jpg

上空を気にしながら羽角をたてて・・・
c0213607_22245935.jpg
c0213607_2225525.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-27 22:32
2014年 01月 24日

トラツグミ、大きな餌を・・・

一昨日のトラツグミとの出会い。
一年ぶりの出会いでしたがやはりこの時期なんですね。

繁殖期の餌は主にミミズ類で、口いっぱいに大量のミミズをぶら下げて巣に向かう姿が見られることもあるとか、冬は果実なども食べるらしい。

トラツグミ
土壌が肥えてるのかどうか分かりませんが柔らかそうな斜面に嘴を突っ込んでは採餌してるようだった。
ここでの食事は土中のミミズでした。
何回か嘴を突っ込みますがいつでもミミズを捕まえてるわけではないようです。
見てると掴まえるのは素早いですね!
ここにミミズが居てるかどうかは土中のミミズの動きを踏ん張った足から感じ取ってるんでしょうか???
c0213607_1881229.jpg
c0213607_188178.jpg
c0213607_188236.jpg
c0213607_1882924.jpg
c0213607_1883685.jpg
c0213607_1884348.jpg
c0213607_18102092.jpg
c0213607_18102685.jpg

ぐっと飲み込んで、さっぱりしてるようですね。
c0213607_18103150.jpg


昨日以降、このトラちゃん、どういうわけか居てません・・・
昨年は2週間くらい居てくれたように思うのですが、たった一日で抜けてしまったんでしょうか?
そのうち又、舞い戻ってきてくれるんでしょうか???

by ai_and_ai | 2014-01-24 18:13
2014年 01月 23日

帰ってきたトラちゃん・・・

そろそろトラツグミが来てくれる頃なのではないかと偵察がてら見に行ったりしていたが見られてなかった。
昨日ちょこっとダメもとで覗きに行った。
手前から見てみたが居ない、”今季は鳥が少ないからやっぱりこんなところまでは来ないのかなぁ・・・”っと思いつつ、奥のほうまで来てふと木の根元を見ると何やら切り株みたいな塊が見えた・・・
とりあえず双眼鏡で覗いてみた・・・おっトラツグミや!
やっぱり忘れずにこんなところ?まで来てくれたんや・・・
あんた、何処に帰ってて何処から忘れずに来たんかっと・・・

トラツグミは、夜から明け方にかけて、寂しげな声で「ヒィー、ヒィー」「ヒョー、ヒョーと鳴くとか。その声は笛の音のようにも聞こえ、暗い林に響き渡ります。地鳴きは「ガッ」。
雨天や曇っている時には日中でも鳴いていることがあるとか。
鳴いてるのを聞きたいものですね。

トラツグミ
全身が黒と黄色の虎斑模様であることから「トラ」と付けられたよう。
夜行性のためか、他の鳥より眼が大きく見えると言われてますが、どうなんでしょうか??
忘れずにやって来てくれたトラツグミ、とりあえず撮影してきました。
c0213607_17132115.jpg
c0213607_1713285.jpg
c0213607_17133464.jpg
c0213607_17134093.jpg
c0213607_17134514.jpg
c0213607_17135293.jpg
c0213607_17135835.jpg
c0213607_1714625.jpg

こちらの様子が大分気になってるようにみえますが・・・
c0213607_17141279.jpg

この斜面は土が軟らかくミミズが豊富のよう・・・しきりに嘴を突っ込んでは採餌してた。
そのようは次回に・・・大きなミミズを捕まえましたよ!
c0213607_17142435.jpg


このトラツグミ、今日遅くではあったが居てるのか、ちょっとだけ覗いてみましたが居てません!もう抜けたの?何処に行ったの?休憩中???
もう一回行ってみますが・・・昨年は2週間くらいは居てたと思いますが・・・

by ai_and_ai | 2014-01-23 17:23
2014年 01月 20日

よくなってきた?MF・・・

一週間ぶりにMFに行ってみた。
入って直ぐの入り口で何やら数羽がゴソゴソッと枯れ草のところに居るのが見えた。
よく見ると何とこんなところまでベニマシコが来てた!
ベニマシコがここまで来てくれるのはこのMFが居心地よく?落ち着いてきたのかなって思います。
しかし、5~6羽のベニマシコですがメスばかりの群れでオスの赤いのはいてません。

ニセアカシア林に来ると今季はなかなか見れなかったアカゲラを見つけられた方が居た。
しばらく探してみましたが飛んで行ってしまったのか見つけられなかった。
一周して戻ってくると10分ほど前にアカゲラを見たという。
帰りがけには女性バーダーからはツガイ?のアカゲラをそこで見たという・・・
今日はアカゲラを見たという話を5回も聞いたがこちらは鳥運がなく、全く出会いがなかった、トッホッホッ・・・

あちらこちらでベニマシコが見れたし、マミチャジナイも実った柿の実を啄ばんでいたというし、何やら雰囲気がよくなってきたのではないかと思いますが、どうなんでしょうか?

ベニマシコ
入り口付近と奥のほうで出会えたのですが、いずれも数羽の群れでメスの団体・・・
c0213607_18482958.jpg
c0213607_18483491.jpg

高い木の上に飛んで行って好物?のヤシャブシの実を啄ばんでいた。
c0213607_18484139.jpg
c0213607_18484690.jpg

啄ばんだカケラを撒き散らしながら・・・
c0213607_18485245.jpg

5羽のメスの群れ。
c0213607_18492434.jpg
c0213607_18492950.jpg


ルリビタキ
若オスかメスか分かりにくいですね。いずれも個体が違います。結構出会いがありました。
c0213607_185533.jpg
c0213607_185588.jpg
c0213607_18551368.jpg


ツグミ
今日はツグミが多かった。
c0213607_1856461.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-20 19:00
2014年 01月 18日

珍しい白いホオジロを・・・

珍しい白いホオジロが出てるっていうので遅ればせながら昨日行ってきました。
河川敷の土手下の、刈り取られた斜面のところがお気に入りらしく、ここに降りては採餌をしてるようでした。
時折、飛んでいっては近くのブッシュに入ったり、枯れ枝に止まって休んだり。
このポイントに居てることが多いようですが時には下流の方まで飛んで行ってしまったりしてるようですが、しばらく待ってると又、舞い戻ってきたりしてくれます。
どうもこのポイントが居心地がよいんでしょうか???

白いホオジロ
顔はホオジロのメスに似てるように思うのですが背中が全く違いますね。
ホオジロの背は茶褐色で黒褐色の縦斑があり、尾羽は茶褐色ですがこのホオジロは背、尾羽も白さが目立ちますね。
もうかれこれ10日以上もここに滞在中とのこと!
いつまで居てるんでしょうか?
他のホオジロと一緒の行動をしてるようですので仲間だと思ってるんでしょうね・・・
苛められずにこのまま仲間で仲良く旅立ってほしいものですね。
c0213607_1932566.jpg
c0213607_19321278.jpg

土手下の斜面を駆け足で・・・
c0213607_19321849.jpg

下のほうにホオジロの♂が見えますが全く色合いが異なります。
何となく可愛らしい!
c0213607_193225100.jpg
c0213607_19324292.jpg

後姿です。
c0213607_1932511.jpg

c0213607_2025397.jpg
c0213607_203261.jpg

ブッシュの方に飛んでいきましたが・・・
c0213607_203861.jpg

ブッシュの中で。
c0213607_2051186.jpg
c0213607_2051936.jpg

c0213607_206027.jpg

正面顔です。頭部も白いです。
c0213607_206748.jpg

うまく枝止まりになりましたがどのアングルからでも空抜けになってしまいましたが・・・
c0213607_2061484.jpg
c0213607_2062152.jpg
c0213607_2062634.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-18 20:10
2014年 01月 15日

出がよくなって来たベニマシコ・・・

一昨日はMFに散歩がてら探鳥。
ミヤマンのポイントを覗いた後でベニマシコを探した。こんなことをしてるようでは散歩にはなりませんね。
ヤシャブシの木に4~5羽のベニマシコが飛んできたのが目に入った。しかし、まともに逆光気味、少し移動して方向を変えるも中々うまくピンがきません。
何とか撮りはしたがこのヤシャブシのベニマシコは難しい・・・今度は何とかしたいが・・・
そのうちすっと下のほうのブッシュの中に潜ってしまった。
他を周って戻って少し離れたところでブッシュから出てくるのを待ってたら上のほうに上がってきてくれた。

ベニマシコ
ヤシャブシを啄ばむ・・・
c0213607_18575325.jpg
c0213607_18575865.jpg
c0213607_1858445.jpg
c0213607_1858965.jpg


ブッシュの中から上がってきてくれたが辺りは夕闇迫る頃でこちらの機材と腕では今ひとつピシッは撮れません。
いい条件で撮らせてもらいたいものだが・・・
c0213607_18585171.jpg
c0213607_18585641.jpg
c0213607_1859241.jpg
c0213607_1859834.jpg
c0213607_18591379.jpg
c0213607_18592094.jpg
c0213607_18592689.jpg
c0213607_18593275.jpg


by ai_and_ai | 2014-01-15 19:02