一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 26日

河川敷のオガワコマドリが(2)・・・

一昨日の河川敷でのオガワコマドリで少し動きのあるショットを・・・
今日も多くのバーダーを楽しませてくれたらしいオガワコマドリ。
聞くところによると練馬ナンバーの車も見られたとかで流石の人気者のよう・・・
何時まで居ててくれるんでしょうか???
そろそろユーラシア大陸の北のほうに帰らねばっと思うのですが、気持ちはもうちょっと居てて更なる、鮮やかな帯模様の濃い色合いを見せてほしいものですが・・・それは無理・・・

オガワコマドリという名前の由来について(ネット情報から)
小川三紀(おがわ みのり)(1876-1908)は日本人で最初に鳥類に専念した研究者の一人で、32歳という若さで没したため、論文以外の業績が知られていない。静岡藩医小川清齋の三男として1876(明治9)年に誕生し、中学校2年生頃より昆虫類の採集を始め、同4年生頃より動物学雑誌に投稿し、動物学、特に日本産鳥類の習性については友人たちから「鳥狂」と呼ばれるほど熱心に研究を続けた。東京帝国大学医科大学に進学後も鳥類の研究を続け、動物学雑誌および日本動物学彙報に論文を発表した。
明治39(1906)年12月9日に駿河國安倍郡麻機村(現在の静岡県静岡市)にて採集され剥製となっていたこの鳥、小川のメモには「何属か?」と付記されているだけでしたが、後にこの鳥をErithacus cyaneculus(現在は、Luscinia svecica)の雌と同定し、採集者であり小川に敬意を表しオガワコマドリと命名されたとか。

オガワコマドリ
何とか飛び物やら動きのあるようなショットとと思うのですが動きが早くてそんなにうまくはいきません。
c0213607_08533.jpg
c0213607_09159.jpg
c0213607_09965.jpg
c0213607_091517.jpg
c0213607_092737.jpg
c0213607_093260.jpg

c0213607_0552095.jpg

c0213607_055416.jpg

c0213607_093882.jpg
c0213607_094392.jpg
c0213607_094955.jpg

c0213607_0553072.jpg

c0213607_0555049.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-26 23:55 | オガワコマドリ | Comments(0)
2014年 04月 25日

河川敷にオガワコマドリがやって来た(1)・・・

昨日は以前から見られてはいたという超人気のオガワコマドリ、通称ヨドガワ コマドリ?を見に行った。
当初は何日通っても出会いがなかったとかという手強い相手らしかったのですが2~3日前から出会いが良くなってきたと・・・
早朝から行きたかったのですがここ河川敷に車で行くにも駐車場が9時からオープンとのことで8時半頃到着すると開いてはいたが満杯と思っていた駐車場はガラガラ・・・
えっ・・・本命の鳥が抜けてしまってバーダーは居ないのかなって思いつつ道具をセットしていたらポツポツ来られてくる方が居たので未だ居てそうかな???
ポイントに着くと何のことはない・・・びっしりとバーダーで埋め尽くされて立錐の余地もないほど、三脚を立てるスペースもない、やむなく最も遠いところに何とか入れてもらった。
しかし、これでは遠いなって思いつつ何回かのオガワコマドリの撮影をした。全く快晴で雲一つない好天気?なのでメラメラで背景とも相俟ってピントが合いません・・・
周りの方に聞いても皆さん、ピント合わせに苦労されるようでしたが・・・

どんどんバーダーがやって来ます、最盛期は200人~300人???、物凄い人気ですね、そんな様子なのでちょっとしたスペースがあると構えてる前にすぐに撮ろうと割り込まれてくる方、後ろを気にしないんですかね。「人の振り見て我が振り直せ」と。
後半になってから先に帰るという鳥友の席を譲ってもらって近いポイントからの撮影ができたのは良かった・・・
2005年~2006年にかけての冬に、神奈川県で見られていたオガワコマドリは暖かくなってきた4月になっても居ついていたらしいがさすがに4/28以降は見られなくなったとか。
さてこの淀川河川敷のオガワコマドリもそろそろ旅立ちの様相なのかもしれません・・・

オガワコマドリ(英名でブルースロート(Blue Throat)、因みにノゴマは、ルビースロートという)
分布・・・ユーラシア大陸の中部以北に夏鳥として渡来、繁殖し、冬期はアフリカ中部からアラビア半島、東南アジアに渡り越冬する。日本では以前は観察例の少ない迷鳥だったが、調査が進むにつれて記録が増え、現在では稀な旅鳥または冬鳥とされている。
特徴・・・上面はオリーブ褐色、オスは鰓から上胸は青く、胸には黒、白、オレンジ色の帯がある。眉斑は白く、耳羽は茶褐色、腰はオレンジ色、尾は黒褐色で外側尾羽5対の基部は赤褐色。
メスは下面の青色部分とオレンジ色部分が淡い。
生態・・・河川敷や湖沼縁の草地やアシ原で単独でいることが多く、地上で採餌しながら、近くに岩や杭にとまっており、危険を察知すると低く飛び草地に隠れる。食性は主に動物食。昆虫類の幼虫を捕食することが多い。さえずりは「チュルチュル」、「チュリチュリ」等を組み合わせた複雑なもの。

これは胸のオレンジ色の帯の上に黒い帯が見られる、尾羽の基部が赤褐色なことから♂成鳥夏羽?か。
このオガワコマドリ、昨年3月末に愛媛で見かけた(2013年4月1日と2月10日、13日のブログ)のに比べると随分と色合いが鮮やかで、ブルーもオレンジ色もかなり濃いように思います。
最近この淀川河川敷にやって来たというよりは昨年来からここに迷い込んできて冬を過して来てたのではないかと思うのですが・・・ここアシ原の中で採餌しながらじっくりと成長してきたのかも???
(神奈川県の場合も昨年の愛媛の場合でもいずれも前年から春にかけて滞在していたことからこの淀川コマドリもそうだったのではないかと推定???)

こんなに綺麗な色合いですがこちらの機材と腕ではこれくらいしか撮れないのが残念ですが・・・
バードウォッチャーをトリコにしてしまう大変魅力的な鳥。この喉から胸のカラフルな帯模様は色づくと大変綺麗です!
一番下のオレンジ帯色がもっともっと色づいてれば最高なんでしょうが・・・
とりあえずは綺麗なオガワコマドリを、動きのあるのを次回に投稿させていただきます。
c0213607_18281019.jpg

c0213607_18281754.jpg
c0213607_18282234.jpg
c0213607_18282716.jpg
c0213607_18283384.jpg
c0213607_18283879.jpg
c0213607_18284478.jpg
c0213607_18284995.jpg

尾羽の赤褐色が見えました。
c0213607_18285358.jpg
c0213607_18285932.jpg
c0213607_1829415.jpg
c0213607_18291169.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-25 18:34 | オガワコマドリ | Comments(0)
2014年 04月 20日

真近かで見たコマドリを・・・

ヨドガワコマドリで大賑わい?ですがこちらはオガワノコマドリ・・・
昨日はコマドリ通い3回目、ひんやりした山間は静寂、コマドリ居てないかと山道で道具をセットしつつも小さな川沿いに目を向ける。
そんな時、三脚の足元から斜面のすぐ下辺りに動くものが見えた。
3日前に枯れた杉の上でいきなり囀ってくれたポイントのすぐ下あたりでゴソゴソと採餌のよう。
えっ、こんなところでって慌てました、シャッター押しましたがパシャパシャってシャッター速度が上がってません。
これはいかんとモタモタしつつもISOなど調整して撮り直そうとするのですが、あまりに近すぎて、近すぎてもダメなんですね。
そのうち、気づかれたのか、さっといつもの川沿いに飛んでいきましたが・・・
びっくりしました、こんな近くで出会えたのは・・・

こんなゴチャゴチャした木々の奥のほうが安心のよう・・・


コマドリ
余りに近い・・・しかし、暗いんです・・・
SSも上がらず、ブレブレですがこれも良いのかも・・・
以下6枚目まではノートリです。
c0213607_11185157.jpg
c0213607_11185895.jpg
c0213607_1119391.jpg
c0213607_1119946.jpg
c0213607_11191456.jpg
c0213607_11191990.jpg

これは囀っていたところでの羽繕い模様。
c0213607_11192480.jpg


川沿いでのショット・・・(17日撮影分)
c0213607_11225253.jpg
c0213607_11225912.jpg
c0213607_1123571.jpg
c0213607_11231036.jpg
c0213607_11231792.jpg
c0213607_11232363.jpg
c0213607_11232979.jpg
c0213607_11233525.jpg
c0213607_1123402.jpg

苔むしたところで何やら青い虫?をゲットしたような・・・
c0213607_112347100.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-20 11:29 | Comments(0)
2014年 04月 18日

響き渡るコマドリの囀りを・・・

北摂の山間の中はまだひんやりとした、静かな佇まい・・・
山道の、ちょっとした川沿いではせせらぎが聞こえてきます。
山道でポイント近くに来ると、独特のあのコマドリの、高らかな囀りが静かな山間に響き渡りました・・・
おっ!大きな口をいっぱい開けて、喉を微妙に膨らませて、羽を小刻みに震わせながら小さい体いっぱい使って囀って・・・
メスでも呼んでるんでしょうか???そんなことはないと思いますが。
川沿いをちょこちょこと動きまわるコマドリを見てきましたがこんなに近くで目の前で囀ってるのに出会うのは嬉しい限り、
まさに一期一会で、感動のひと時でした・・・

右下の「全画面」をクリック後、フルスクリーンで見れます。
この時は地元の方と二人で。その方のシャッター音が入ってますが・・・


コマドリの囀り
しばらく囀ってくれてましたので動画まで撮る余裕がありました。
こんな感じで大きな口を開けて、高らかに囀ってました。
c0213607_15135716.jpg

c0213607_1514532.jpg
c0213607_15141174.jpg
c0213607_15141788.jpg
c0213607_15142342.jpg
c0213607_15142919.jpg
c0213607_15143511.jpg
c0213607_1514417.jpg
c0213607_15144887.jpg
c0213607_1514548.jpg

囀るときはこんな風に羽を震わせて・・・暗くてシャッタースピードが上がりません。
c0213607_15145973.jpg

時折周りの林立する杉の木の上のほうでヒヨドリらしい鳴き声に注意を払い、上空を気にしていたが・・・
c0213607_1515873.jpg
c0213607_15151494.jpg
c0213607_15152237.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-18 17:30 | Comments(0)
2014年 04月 17日

やっとこさのオオルリを・・・

河川敷の公園に数日前からオオルリ、キビタキが到着てしたとか・・・
北摂の山でちょこっとだけ見ていたが満足なものではなかった。
この公園でようやくオオルリに出会うことができたがほとんど高い木の天辺近くを飛び回る。
大きな木々にも新緑で染まってきたこともあって見つけても葉っぱ被れが多かった。
そんな中で地べたの小さな水溜りに下りてきてくれたオオルリ・・・

オオルリ
今季初撮りのオオルリ、綺麗な鳥なんですが、いつも気に入ったショットが中々できません。
条件のいいところで綺麗に撮らせてもらいたいものだが・・・

c0213607_23415969.jpg
c0213607_2342827.jpg
c0213607_23421467.jpg
c0213607_23422779.jpg
c0213607_23423741.jpg
c0213607_23424763.jpg
c0213607_23425257.jpg
c0213607_23425996.jpg
c0213607_2343579.jpg
c0213607_2343143.jpg
c0213607_23432532.jpg
c0213607_23433358.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-17 23:43 | Comments(0)
2014年 04月 16日

北摂の山のコマドリを(その2)・・・

北摂の山のコマドリ、小さな川沿いに2羽くらいが居てましたが相手にしてくれたのは1羽のみ・・・
出てきてくれたときにはたっぷりとあっちこっちと動いてはポーズをとり、サービスしてくれた。
苔むした倒木や枯れ枝にのっていい感じのショットになった。
前回は水辺周りでしたが今回はこのような緑を背景にしたコマドリの様子を・・・

コマドリ
時折木漏れ日がさしたりの明るいところにも機嫌よく出てきてくれましたが・・・
これは近くでよかったのですが、如何せん後姿になってしまいました。立つ位置がまずかった・・・
c0213607_2313380.jpg
c0213607_23131260.jpg
c0213607_23131730.jpg
c0213607_23132385.jpg
c0213607_23132862.jpg
c0213607_23133451.jpg
c0213607_23133996.jpg
c0213607_23134546.jpg
c0213607_23135023.jpg
c0213607_23135839.jpg
c0213607_2314571.jpg
c0213607_23141339.jpg
c0213607_23142175.jpg
c0213607_2314295.jpg
c0213607_23143799.jpg
c0213607_23144510.jpg
c0213607_23145359.jpg
c0213607_2315042.jpg
c0213607_2315782.jpg
c0213607_23151442.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-16 23:16 | Comments(0)
2014年 04月 15日

再びコマドリに(1)・・・

先週初めに北摂の山の渓谷沿いにコマドリに今季初見となったがそれ以降は山に入ったままで?中々出会いはなかった。
今季はこれで終わり?と思っていたら奥深い?山の小さな川沿いのところに潜んで?いたんですね。
暗い、日陰みたいなところをちょこちょこっと素早く動くので撮るには手強い相手です。
時折、川に入っては水を飲んだり、あっちこっちと採餌に夢中・・・

そんな中で水辺周りで見たコマドリの様子を、次回には苔むした倒木や斜面を動き回ったこまどりの紹介を・・・

コマドリ
とりあえずは水辺まわりをあっちこっちと動いてたコマドリを・・・
とにかく暗いところばかりを動くのでこちらの機材と腕ではどうにもなりません・・・
c0213607_19345598.jpg
c0213607_1935261.jpg
c0213607_1935790.jpg
c0213607_19351241.jpg
c0213607_1939991.jpg
c0213607_19391515.jpg
c0213607_19392139.jpg
c0213607_19392627.jpg

水を飲もうとしてるところですが後ろ向きになってしまいました。
c0213607_1939328.jpg
c0213607_19393819.jpg
c0213607_19394319.jpg
c0213607_19395340.jpg
c0213607_1940162.jpg
c0213607_1940872.jpg
c0213607_19401516.jpg
c0213607_19402276.jpg


ちょこまかと素早く動いていても常に上空には注意を払ってますね・・・
c0213607_19405852.jpg
c0213607_1941561.jpg
c0213607_19411221.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-15 19:44 | Comments(0)
2014年 04月 13日

河川敷にノビタキ♂夏羽が熱い・・・

河川敷にはセイヨウカラシナが今や満開で、見事な黄色でビッシリの感じ・・・
春と秋に旅鳥として出会いがあるノビタキですがこの春に見られる、目の周囲など顔も黒が強い夏羽の成鳥♂が大人気・・・
昨日は良く見られてたって言うので近くの河川敷に行ってみた。
満開のカラシナの中を、あっちこっちと飛び回る。時折お気に入りの穂先で休んだり、羽繕いしたり・・・
サービス満点の、ノビタキ三昧となりました。

ノビタキ
目の周りが黒いので目が分かるように撮るとなるとこれまた難しい・・・
今日はずっと曇天だったのでキラリと目が光るようにはいかなかったが・・・
こんなにノビタキ三昧の撮影は初めてでした。
c0213607_2322469.jpg

c0213607_23225245.jpg
c0213607_23225765.jpg
c0213607_2323446.jpg
c0213607_23231036.jpg
c0213607_23231642.jpg
c0213607_23232222.jpg
c0213607_23232792.jpg
c0213607_23233335.jpg
c0213607_23233867.jpg
c0213607_23234593.jpg
c0213607_23235470.jpg
c0213607_2324286.jpg
c0213607_23241069.jpg
c0213607_23241615.jpg
c0213607_23242498.jpg
c0213607_2324305.jpg
c0213607_23243724.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-13 23:26 | Comments(0)
2014年 04月 12日

見れそうなヤブサメを・・・

昨日のキビタキ撮影の合間に出会ったヤブサメ・・・
暗いところをちょこまかと動き回り、結構長い時間サービスしてくれた。
シャッターを押し続けたけれどもほとんどブレブレでボツばかり・・・
川沿いをあっちこっちと採餌に夢中のようで、なかなかジッと立ち止まってはくれなかったが。
所詮、自然の中での撮影なのでこんなものなのかもしれません・・・


ヤブサメ
随分と撮らせていただきましたが撮るとなるとこれは中々難しい。
この前のよりかは何とかサマになったと思いますが・・・
c0213607_20543383.jpg
c0213607_2054401.jpg
c0213607_20544550.jpg
c0213607_20545215.jpg
c0213607_20545748.jpg
c0213607_2055299.jpg
c0213607_205585.jpg

よく見ると尾羽に近いところは何となく青みがかってるように見えますが光線の加減でしょうか???
c0213607_2055155.jpg
c0213607_20552076.jpg
c0213607_20552674.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-12 21:00 | Comments(0)
2014年 04月 11日

何とか今季初見のキビタキを・・・

コマドリ探しであっちこっち回ったが見れません。
連日声は聞こえてたって言う話もありますが如何せん、姿を見せてくれないとか・・・
そんなわけで何とかキビタキにだけは今季初見で出会うことができました。
いつも見てるキビタキですが、シーズン初めの出会いはドキドキしますね。
オオルリも少し見れましたがパッとしませんでした。次回にでもいい出会いを期待したい。
幕間つなぎで採餌で河原近くを動き回るヤブサメに再度出会った。
とりあえずはキビタキから。

キビタキ(英名:Narcissus Flycatcher)
最初のNarcissusは、スイセンの意味。
スイセンのように綺麗な容姿を持ち、空中で餌である虫を上手に捕捉する鳥ということになるのでしょうか。

ポイントに着いたのが遅かったのか、キビタキが”ついさっきまで河原に降りて水浴びまでしてくれた”っていう。
撮り放題のショーが終わってしまっていたがそれでも河原近くの新緑のモミジの木々にあっちこっちと飛び交ってその姿を見せてくれた。
これは成鳥♂の綺麗なキビタキでした。
東南アジアからの長い旅路を渡ってきたんでしょうか???

c0213607_22214852.jpg
c0213607_22215619.jpg
c0213607_2222362.jpg
c0213607_2222929.jpg
c0213607_22221492.jpg
c0213607_22222083.jpg
c0213607_2222258.jpg
c0213607_22223194.jpg
c0213607_22223654.jpg


by ai_and_ai | 2014-04-11 22:31 | Comments(0)