一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 31日

コミミズクとハイイロチュウヒのバトルを・・・

広大な河川敷に連日大勢のバーダーがコミミズク撮り、観察に訪れてます。

何回撮っても撮り飽き足らないコミミズクなんで、師走の忙しい最中、再度やってきました。

先日来た時は結構良かったので今回も期待していたのですが今日は2羽のお出ましだった。

聞くところによるとこの河川敷に10羽も出現してきたこともあったとか!

しかし、今回はコミミズク出現の待ち時間に初見のハイイロチュウヒ♀がよく飛んでくれた。

そのお陰で?出現してきたコミミズクとのバトルが4~5回ほどあって楽しませてくれたのが良かった。

飛び物に挑戦したので撮影枚数が多く、殆どボツですが整理が大変です。

とりあえずコミミズクとハイイロチュウヒのバトルを拾い出してアップ。

残りは年を越して持ち越して・・・

今年も拙いブログにお付き合いいただき有難うございました。来る年も相変わりませず暇な折にでも覗いてみていただければ幸いです。どうぞよいお年をお迎えください。

コミミズクとハイイロチュウヒのバトル(12月30日撮影)
飛び物は何回試みてもうまくいきません。今回は狙いをつけてシャッターを押し続けました・・・
ピン甘で見づらいのもありますが何とか見れそうなものをピックアップ・・・

c0213607_02422951.jpg
c0213607_02422953.jpg
c0213607_02422910.jpg
c0213607_02422932.jpg
c0213607_02430122.jpg
c0213607_02430166.jpg
c0213607_02430117.jpg
c0213607_02430115.jpg
c0213607_02523996.jpg
c0213607_02523993.jpg
c0213607_02523944.jpg










by ai_and_ai | 2014-12-31 02:46 | Comments(0)
2014年 12月 29日

山の柿にくるアオゲラを・・・

例年、この山の山頂近くの柿を啄ばみにくるアオゲラ。

いつもは年明けの1月中、下旬頃からやって来たのですが今季は早い登場ですね。

もう熟しかかってるのあるので野鳥にとっては食べ頃なのかも???



アオゲラ
ここのアオゲラといえば雪が降る頃の、残り少ない柿を啄ばみに来てたんですが、
今季はこんなに多くの柿があるので、しばらくは楽しめそうでは・・・
残ってる柿が多いのでアオゲラはこの柿の奥のほうに飛んでくる。
そのため撮るとなるとこれがなかなか被ってばかりでいいのを撮らせてくれません。
午前中2回くらい来てくれましたがいいショットにはならなかった。
何かしら、消化不良で、再度チャレンジ・・・

c0213607_20455876.jpg
c0213607_20455885.jpg
c0213607_20455896.jpg
c0213607_20461769.jpg
c0213607_20461792.jpg



ヤマガラ

c0213607_20464565.jpg
c0213607_20464561.jpg


ヒヨドリ、エナガ

c0213607_20473955.jpg
c0213607_20473961.jpg




by ai_and_ai | 2014-12-29 20:48 | Comments(0)
2014年 12月 28日

コミミズクが獲物をゲットして・・・

コミミズクが獲物のネズミを捕まえて止まり木で食事中のよう・・・

到着早々に遠くのほうのにコミミズクが止まってるのが見えた。

遠かったんですがとにかく撮っておこうとシャッターを押した。

後で確認しますとどうも獲物のネズミを捕まえて止まり木で食事中だったよう・・・

ずっと遠かったんでこちらの機材と腕ではどうしょうもなかったが。
(12月26日撮影)

コミミズク
食事中の連続写真です。
口に銜えてるのは尻尾も見えてますのでネズミのよう。
もう少し鮮明であれば良かったんですがね!


c0213607_21210353.jpg
c0213607_21210386.jpg
c0213607_21210392.jpg
c0213607_21210335.jpg


口に何か銜えてます

c0213607_21215171.jpg
c0213607_21215131.jpg

尻尾が見えてます
c0213607_21222083.jpg

何事もなかったかのように・・・
一気に飲み込んでしまったのか?
それとも獲物を下に落としてしまったのか?

c0213607_21224311.jpg



by ai_and_ai | 2014-12-28 21:06 | Comments(0)
2014年 12月 27日

コミミズクの表情を・・・

散歩道を隔てた、ほんの10m?くらいのところにある杭の上に止まってくれる。

キョロキョロと辺りを見回しながら注意を払っている?

1時間強くらいの短時間の鳥見だったのでもっといろんな表情を見たかったが

それでもいろんなポーズを披露してくれた。

この日は200名を越えるバーダーで賑わったというが。

今日は出かけてませんが聞くところによると500名を越えるバーダーだったとか・・・

コミミズク
連日の賑わいでバーダーをトリコにしているコミミズク
やはり4~5羽もすぐ近くで乱舞してくれ、なかなか見れるものではないと思います。

c0213607_19582355.jpg
c0213607_19582329.jpg
c0213607_19582340.jpg
c0213607_19582311.jpg
c0213607_19590559.jpg
c0213607_19590569.jpg

c0213607_19590503.jpg


ここに降りてネズミを捕まえたか???

c0213607_19590591.jpg
c0213607_19593367.jpg
c0213607_19593308.jpg


一瞬のマドロミなんでしょうか???

c0213607_19593311.jpg
c0213607_19593375.jpg
何かしら微笑んでるように見えますが・・・
c0213607_19595306.jpg


2羽が互いに接近中・・・
ギャーギャーと鳴きながら飛び交ってます。
コミミズクってこんなに鳴くんですね!

c0213607_20042765.jpg
c0213607_20042787.jpg
c0213607_20042782.jpg




by ai_and_ai | 2014-12-27 20:07 | Comments(0)
2014年 12月 26日

久しぶりのコミミズクを・・・

今年1月に雪景色の中で出会った八ヶ岳のコミミズク以来の出会い・・・

冬枯れの広大な河川敷で2~3日前から地元の方が見つけたらしいという。

何と4~5羽のコミミズクが目の前であっちこっちと飛び回ってる・・・

1羽でも珍しいのにこんなにも多くこのポイントに集まって来てるとは驚きです。

1時間半ほどの鳥見だったので満足な撮影とはならなかったが

コミミズクの飛翔、杭の上で佇む様子など撮影できた。

とりあえずは難しかった飛翔模様から・・・


コミミズク
ここは昔はゴルフ場だったらしく、その後は手入れされてないとかで自然のまま。
そんなことからネズミなども豊富?らしく、コミミにとってはエサ場なのかも・・・
4~5羽のコミミズクが目の前であっちこっちと飛び回ってくれ絶好の飛翔撮りの機会だったんですが、撮影となるとこれが中々、こちらの腕では難しい。

c0213607_23234695.jpg

4~5羽が目の前を飛び交うサマはまさに圧巻です!!!

c0213607_23234662.jpg
c0213607_23234623.jpg
c0213607_23241862.jpg
c0213607_23241858.jpg
c0213607_23241815.jpg
c0213607_23245360.jpg
c0213607_23245327.jpg
c0213607_23245310.jpg
c0213607_23251688.jpg
c0213607_23251686.jpg
c0213607_23251688.jpg
上空から狙いを定めて急降下でエサ捕りに・・・
c0213607_23251692.jpg
c0213607_23255177.jpg
c0213607_23255125.jpg
c0213607_23255183.jpg




by ai_and_ai | 2014-12-26 23:28 | Comments(0)
2014年 12月 25日

赤い実を啄ばむウソを・・・

赤い実を啄ばむウソ、やっと出会えました。

一昨日は時間帯が合わなかったのかウソには出会えなかった。

アトリに群れてたツグミ、メジロ、シロハラが来てた。

聞くところによるとこのウソ、ここにもうい1週間以上にもなるという。

アトリやツグミの群れで大分実も少なくなってきてるよう・・・

何時まで居てくれるんでしょうか???

そんなわけで残り少なくなった中、何とかウソの♂に♀に出会うことが出来た。

この赤い実をつけた木はここ一帯に数本あるんですがアキグミの実とか・・・

実が多く数も多いので華やかで昔は山遊びに子供たちのオヤツだったらしく、

味はやや渋みがあるので現在では口に合わないかもしれない。(ネット検索からの参照)

ウソ
昼からの遅めになってから顔を出してくれた。
最初は赤い実の奥のほうでしか見れなかったがそのうち少し前のほうに。
出会えたのは♂2羽に♀1羽だった。
とにかく細い枝や赤い実やらでゴチャゴチャした奥のほうで動いてる。




冬枯れの中で野鳥にとっては貴重な栄養源なんでしょうね、
見てると赤い実を口一杯に啄ばんで美味しそうに・・・

c0213607_00380652.jpg
c0213607_00380640.jpg
c0213607_00380630.jpg
c0213607_00382510.jpg
c0213607_00382695.jpg
c0213607_00382685.jpg
c0213607_00385103.jpg
c0213607_00385124.jpg
c0213607_00385193.jpg
c0213607_00391478.jpg
c0213607_00391408.jpg
c0213607_00391407.jpg
c0213607_00393969.jpg
c0213607_00393956.jpg
c0213607_00401737.jpg
c0213607_00401705.jpg
c0213607_00401745.jpg



by ai_and_ai | 2014-12-25 00:45 | Comments(0)
2014年 12月 23日

ウソのはずがあっ鳥に!・・・

日本では「一年中で最も昼が短く夜が長い日」のことを冬至と呼び今年は昨日でした。

しかし、天文学的には日本では、日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり、

日の入りが最も早い日は冬至の半月も前頃になるとか。

これから日の入りが遅くなると思ってましたが既に半月も前から遅くなってたんですね。


赤い実を啄ばみに来るウソが見れそうだっていうので行ってみた。

着くのが遅かったのか???ウソは来なかった・・・

ウソを見に行ったんですがアトリに化けて?しまいました。

この一帯に赤い実の木が何本かあって、これを食べにいろんな野鳥がやって来てるよう。

ツグミの群れが結構多い、アトリにシロハラ、メジロが啄ばみに。


アトリ
何個も赤い実を啄ばんでは口一杯にしていた。
ある程度満腹?するといつのまにか居なくなってしまう。
その内何処からともなくひょこっと群れて出てきたりしていた。

c0213607_16595971.jpg

c0213607_17005220.jpg
c0213607_17005243.jpg
c0213607_17011493.jpg
c0213607_17011403.jpg
c0213607_17011434.jpg
ツグミ
ツグミが群れて実を一杯つけた、この大きな木にやってきた。
c0213607_17020869.jpg
c0213607_17020849.jpg
c0213607_17020842.jpg
シロハラ
赤い実や黒い実を啄ばんで・・・
c0213607_17024979.jpg
c0213607_17024941.jpg
c0213607_17024919.jpg




by ai_and_ai | 2014-12-23 17:05 | Comments(0)
2014年 12月 21日

雪道でのミヤマホオジロなど・・・

ウソ狙いが目的で行った北の山に行ったのですが一瞬見れただけ。

あとは雪が降った後の北の山で出会ったミヤマホオジロ、カシラダカを・・・

先日三田カシラダカは耕地に降りては採餌していたが今回は雪が降った後なので

カシラダカは枯れた雑木林に集まっていたので見にくかった。

ミヤマホオジロも雑木林を飛んでいたが遠いし被れぎみ・・・

帰り道の雪道で何羽かのミヤマホオジロが地べたに下りていた。
(12月19日撮影)

ミヤマホオジロ
白く見えるのは雪・・・

c0213607_21591921.jpg
c0213607_21592041.jpg

c0213607_21592088.jpg
c0213607_22003833.jpg
c0213607_22003893.jpg


カシラダカ
ブッシュの中に入ってしまっていいところには出てくれなかった。

c0213607_22013180.jpg
c0213607_22013126.jpg
c0213607_22013143.jpg
c0213607_22013274.jpg
c0213607_22013247.jpg




by ai_and_ai | 2014-12-21 22:07 | Comments(0)
2014年 12月 20日

ここはカケスがよく出る・・・

昨日は低気圧も過ぎ去って風もなかったので又、北の山へ鳥友と連れ立って突入でした。

ところが、近づくにつれて山道は雪景色、最後の登り坂でややスベリ気味だった。

安全のためにチェーン装着、少し手間取ってしまったが遅れて何とか無事に到着できた。

ウソの探鳥なので、とりあえずは奥のほうまで行くと、道は雪模様で足は冷えてくる。

着く早々にウソが出てきてくれて、幸先がよいと思ったのも束の間、すぐに下に潜られてしまった。

それ以後は昼からになっても一向に出てくる気配なし。

用心深いのかどうか分からないがここは中々、ウソ、ジットしてくれません。

そんな幕間つなぎでカケス、ベニマシコやカシラダカ、ミヤマホオジロが姿を見せてくれた。

ここでよく出会えるカケスから

カケス

目の前のブッシュからさっとカケスが飛んだ。
目で追うと遠くの松の天辺に止まるのが見えたが遠い・・・
何とか飛翔を撮ったがこんなもので・・・
カラフルなカケスの飛翔を綺麗に撮りたいものだが・・・
c0213607_12473756.jpg
弾丸ライナー

c0213607_12473702.jpg
c0213607_12473776.jpg
ウソを探してウロウロと探鳥中に田んぼの畦道あたりにカケスが・・・
しかし、如何せん遠かった。
c0213607_12501400.jpg
c0213607_12501472.jpg
c0213607_12501501.jpg
c0213607_12503301.jpg
c0213607_12503368.jpg
c0213607_12503308.jpg
c0213607_12503337.jpg






by ai_and_ai | 2014-12-20 12:51 | Comments(0)
2014年 12月 19日

よく囀るルリビタキ

北の山ではこの時期になってルリビタキが囀ってます。
山に来る度にこのテリトリーで飛び回ってます。
こちらにはよく分からないがこの場所がエサがあって居心地が良いのでしょう・・・


ルリビタキ♂
被写体までが近くて、明るいなどの環境条件がよければこちらの機材でも
何とかサマになるのですが暗くて遠いのは何ともサマになりません。

c0213607_22342048.jpg
c0213607_22342092.jpg
c0213607_22342063.jpg
c0213607_22344590.jpg
c0213607_22344567.jpg
c0213607_22344518.jpg
c0213607_22350847.jpg
c0213607_22350821.jpg
c0213607_22350894.jpg
c0213607_22353571.jpg
c0213607_22353558.jpg



by ai_and_ai | 2014-12-19 22:36 | Comments(0)