一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

河口のミサゴ撮影・・・

一昨日は再度のミサゴ撮影に出かけた。

目の前の飛込みを期待して出かけるのですが、そんなにうまい話はありません。

飛び込みはあるものの、どれも遠くて絵にもなりません。

一番いいシャッターチャンスは近くで飛び込んでずっと大きな魚を捕まえたとき・・・



ミサゴ(11月28日撮影)
この日は遠くで飛び込んだが持ち上げたのはいつもよりは大きな魚だった。
魚が大きくて持ち上げるのに重いのか2回ほど沈み込んでは持ち上げなおしをしてた。
飛んでるのを見てもいつもよりかは大きな魚のようだった。

c0213607_20033848.jpg


c0213607_20034330.jpg


c0213607_20050560.jpg


c0213607_20035561.jpg

水面近く低飛行でしたが、水面のカンムリカイツブリもびっくり・・・
c0213607_20040427.jpg


c0213607_20041113.jpg

2回目の飛び込みは小さい魚だった。
両足でしっかりと捕まえて・・・
c0213607_20063579.jpg


c0213607_20064047.jpg



by ai_and_ai | 2016-11-30 20:10 | Comments(0)
2016年 11月 29日

やっとルリビタキの♀さんが・・・

マイフイールドで冬鳥のベニマシコ、ルリビタキに出会わないかと出かけてますが

これが今季は中々出会いがありません。

ミヤマホオジロは何とかポイントで定着してるようですが・・・

ベニマシコも22日には鳥友が2羽、目撃したそう・・・

ルリビタキはといえば24日にはメスタイプを見たんですが撮れず。

そんなわけで何とか撮影したいと出かけてみたが今日はやっと奥の方で

ルリビタキの♀タイプが出てきてくれ、撮影できたがベニマシコは未だ見れず。



ルリビタキ♀タイプ(11月29日撮影)
チッチッっと地鳴きかなっと思ってたらこの時期でも綺麗な囀りをしてました。
しかしゴチャゴチャしたところばかりで中々見えるところには出てきてくれません。
まだまだこの地に慣れてないのか、用心深く撮影しづらい・・・
別のポイントではルリビタキ♂を26日に見たというバーダーもおられるようですが・・・
今度はこの♂との出会いを期待したいものです。

c0213607_18061579.jpg


c0213607_18062146.jpg


c0213607_18062539.jpg


c0213607_18063042.jpg


c0213607_18063579.jpg


c0213607_18064049.jpg


ミヤマホオジロ♂
いつものところで見かけたミヤマン♂

c0213607_18085038.jpg


c0213607_18085605.jpg



by ai_and_ai | 2016-11-29 18:09 | Comments(0)
2016年 11月 24日

ミサゴ撮りの幕間つなぎに・・・

1年ぶりのミサゴ撮影の幕間つなぎに出てきてくれたカイツブリ。

よく見かけるカンムリカイツブリに加えてハジロカイツブリも河口に来てくれた。

頭にボサボサの冠羽があるのがウミアイサにも是非とも出会いたいのですが

まずはこのハジロカイツブリが河口で出会えただけでもヨシとしよう。



ハジロカイツブリ(11月22日撮影)
ハジロカイツブリは目の赤いのが特徴ですね。
何度も潜ってくれるんですがエサは捕まえてるんでしょうか???

c0213607_22240783.jpg


c0213607_22240265.jpg


c0213607_22235484.jpg


カンムリカイツブリ
出会いの多いカイツブリです。

c0213607_22241946.jpg



c0213607_22245395.jpg


潜って出てきたところはセットが乱れてます。

c0213607_22245819.jpg





by ai_and_ai | 2016-11-24 22:27 | Comments(0)
2016年 11月 23日

久しぶりのミサゴです・・・

いつもの河口付近にもミサゴが見れるって言うので出かけてみた。

ミサゴ撮影は1年ぶりです。

いつものポイントで待つもなかなかミサゴは現れてくれません。

鳥友に出会い、もっと河口寄りの方がいいって言うので移動してみた。

今はどうもこの下流の方が良いらしくその後はよく飛んで来てくれた。



ミサゴ(11月22日撮影)
何回か飛び込んで好物の魚を捕まえるシーンがあったのですが、
なかなかうまく撮影ができません。またのチャレンジですね・・・
(画像をクリックするとやや大きく見れます)

c0213607_10071322.jpg
c0213607_10071974.jpg
c0213607_10072347.jpg

上空から一気に下降して両足を前に出してまさに着水しようと・・・
残念ながらイマイチのピント・・・
c0213607_10070018.jpg


ざぶんと潜りこんでしまった。

c0213607_10075473.jpg


しっかりと魚を捕まえたよう・・・

c0213607_10075875.jpg


両足でがっちり捕まえてます。

c0213607_10080344.jpg


獲物をゲットして・・・

c0213607_10080817.jpg


何処かでゆっくりと食事するのでしょうか・・・飛んで行きました。

c0213607_10081418.jpg


c0213607_10081919.jpg



by ai_and_ai | 2016-11-23 10:16 | Comments(0)
2016年 11月 17日

見事な黄葉と紅葉狩り・・・

日田の”千年あかり”を満喫した翌日以降は「イイチコ蒸留所」立ち寄りから

由布院方面に足を伸ばした。由布院では金鱗湖までの散策路は

中国、韓国などの外国人観光客で混雑していた。

丁度いい具合に紅葉が身頃となっていたようで大変、綺麗で良かった。


綺麗な黄葉、紅葉狩り
「イイチコ蒸留所」に行った。

c0213607_23183380.jpg



c0213607_23183873.jpg


c0213607_23184487.jpg


c0213607_23184993.jpg



c0213607_23185424.jpg


湯布院近くの金鱗湖までの散策路はもう紅葉真っ盛りのようだった!

c0213607_23192436.jpg


c0213607_23231040.jpg


金鱗湖の景色

c0213607_23231942.jpg


亀の井「別荘」周辺の紅葉

c0213607_23232545.jpg


c0213607_23254943.jpg


見事な黄葉・・・

c0213607_23255495.jpg


帰りは城島高原からの眺め・・・

c0213607_23255844.jpg






by ai_and_ai | 2016-11-17 23:29 | Comments(0)
2016年 11月 16日

日田の”千年あかり”・・・

11月13日(日)~15日(火)まで2泊3日で大分の日田(ひた)から湯布院方面まで鳥見でなくぶらっと旅立った。

初日は昼間は小鹿田焼(おんたやき)、夜は日田の”千年あかり”イベントを満喫し、以降は由布院方面に足を伸ばした。

小鹿田焼集落では集落の中を流れる小川の水を利用して”ししおとし”の原理で

「唐臼」(からうす)で陶土を砕く様子が見て取れた。

何とももゆったりしたテンポで昔からこのような方法でやってこられてるのには驚きです。

静かな山間の村に心地よく響き渡るその音は「日本の音風景100選」の一つにも選ばれている。

夜の”千年あかり”イベント、何とか天気もよかったので幻想的な雰囲気を味わうことができた。

日田の豆田地区の人たちを中心に、3万本の竹灯ろうが河川敷や古い町並みを優しく照らし出し、

見る人を幽玄の世界へと誘うイベントです。平成17年から始まったようで10年以上にもなります。

明るいうちからその準備を見てましたがろうそくの火付けを皆さん、手分けしてやってました。

まずは初日の模様からのアップ。



日田の”千年あかり”
今年はこんな願いが込められてました。

c0213607_21385420.jpg


夜のイベントに向けて昼間は準備に大忙し・・・

c0213607_21385970.jpg

c0213607_21404011.jpg


暗くなるとこんな様相になってました。

c0213607_21404637.jpg


”千年あかり”

c0213607_21453259.jpg


c0213607_21485518.jpg

c0213607_21440317.jpg


奥のほうではお雛様にあかりが・・・

c0213607_21463614.jpg



小鹿田焼(おんたやき)の陶土作り

唐臼」(からうす)で陶土を砕く様子ですが「日本の音風景100選」の一つにも選ばれてる。








by ai_and_ai | 2016-11-16 21:54 | Comments(0)
2016年 11月 12日

落ち着いてきたMFミヤマン・・・

MFのミヤマのポイントはようやく落ち着いてきたようです。

待ってれば何とか出てきてくれます、それも数羽が続々と・・・

一羽が飛ぶとバタバタっと居なくなるようですが。

このポイント以外でMFでは中々見つけられないが何処に行ってるんでしょうね?


ミヤマホオジロ♂(11月11日撮影)
今、出てきてくれるミヤマン♂はまだまだ黒くはないようです。
黒と黄色のツートンカラーの精悍なミヤマン♂の登場が期待ですが・・・

c0213607_12350076.jpg


c0213607_12350635.jpg


c0213607_12351256.jpg


c0213607_12351722.jpg


ミヤマホオジロ♀

c0213607_12353769.jpg


c0213607_12354159.jpg


c0213607_12354620.jpg


c0213607_12355077.jpg



by ai_and_ai | 2016-11-12 12:37 | Comments(0)
2016年 11月 09日

飛んだ、タカサゴクロサギを・・・

先日のタカサゴクロサギの動きのあるもののアップ。

大体はじっとしていて、大きなハスの葉っぱのしたに隠れててあまり動きが無いのですが

魚など獲物を狙うときは俊敏な動きを見せてくれます。

こちらがちょっと油断してるといきなり飛んでしまったりする。

この日は曇天、小雨交じりであったが何とか動きのあるものが撮影できたが・・・

そんな中からのシーンをアップ・・・



タカサゴクロサギ(11月6日撮影)
ピシッとしたのは撮れなかったが何とか雰囲気だけでも・・・

c0213607_19390793.jpg


c0213607_19391250.jpg


c0213607_19391848.jpg


c0213607_19392404.jpg


c0213607_19392994.jpg


c0213607_19393483.jpg
飛んでくれたがこの時はずっと向こうの方の桟橋近くのハスまで飛んだ。
慌ててカメラで追いかけてみたがピントはイマイチ・・・
c0213607_19395845.jpg


喉の下が凄く膨らんでるように見えますね・・・
飲み込んだ何匹かの魚なんでしょうか・・・

c0213607_19400236.jpg


c0213607_19400619.jpg


c0213607_19401141.jpg





by ai_and_ai | 2016-11-09 19:45 | Comments(0)
2016年 11月 08日

極めて希な迷鳥、タカサゴクロサギ・・・

いつもは水鳥系の撮影に足が向かないのですが、何でも大変珍しいのが来てるらしいと・・・

遠方ならともかく、何と昔よく遊んだ近くの池だというのですぐに出かけてみた。

それがタカサゴクロサギ、聞いたこともない初見です。ササゴイを黒くしたような感じに見えますね。

ところが到着してみると何と池の周りに人、人、人。200~300人くらい???バーダー・・・

午後遅くの到着だったので三脚も立てられず、ずっと後ろ側からの撮影となった。

肝心のこのタカサゴクロサギ、大きなハス葉っぱに潜り込んでしまって何処に居てるか見えません。

何とか隙間を見つけてみたものの、見えた!っと思っても葉っぱが風にゆらゆら揺れて見えにくい。

それでも何とか撮影できないかとわずかな隙間から撮るも全身が見えなかった。

そんなわけでその翌日、リベンジ兼ねて朝から出かけたら日曜日でもあるのか何と昨日以上の物凄い人出だった。

何とか立ち位置を決めて待ってるとすっと大きなハス葉っぱの上に乗ってくれ全身を披露してくれた。

あっちこっちとハス葉っぱを飛んでは移動を繰り返しながらその都度、エサの魚を捕まえていた。

移動する毎に魚をゲットしていたので一日に相当な数の魚を捕食しているのではないかと思ったが・・・


タカサゴクロサギ(高砂黒鷺)(11月5,6日撮影)
コウノトリ目サギ科に分類される鳥類の一種。和名は、「台湾に生息する黒いサギ」ということ。
日本に留鳥として生息するクロサギとは属が異なる。
分布・・・中国から台湾、インド,東南アジア,ニューギニア,オーストラリアなどにかけて分布する。
     日本では、亜種タカサゴクロサギが迷鳥として広島県はじめ沖縄県などで主に離島か海岸沿いでの記録があるとかだったが
     その後2003年以降からは神奈川県初め関東方面でも記録があるとか。
     関西では10年ぶりとの飛来ではないかとの情報もあるとか。

生態・・・水田、湿地、アシ原、草原、マングローブ林などに生息する。
食性は肉食性で魚類、両生類、昆虫類を食べる。

通常は固まったままでじっとしてますが捕食体制に入ると素早い動きを見せてくれます。
とりあえずは静的な様子からのアップ、次回にダイナミックな飛翔模様のアップを・・・

最初はこんな感じでハス葉っぱに隠れてしまってなかなかいいショットにはならなかった。
(画像をクリックするとやや大きく見れます)

c0213607_17084891.jpg


仕切りなおしで行った翌日は何とか全身を撮影することができた。

c0213607_17085597.jpg


c0213607_17090063.jpg


狙いをつけて魚のハンティングモードに入っていった。

c0213607_17090685.jpg


素早く首をぐっと伸ばして魚をゲット・・・

c0213607_17091109.jpg


c0213607_17091517.jpg


うまいもんですね!捕まえました・・・

c0213607_17101962.jpg


c0213607_17102567.jpg


c0213607_17103146.jpg


クッ・・・クッっと頭から丸呑み

c0213607_17103611.jpg


飲み込んだ後、涼しい顔をして・・・

c0213607_17104173.jpg


飛んで行って目の前の先にある大きなハスの真ん中で佇む。
最初は何処に飛んでいったのが分からなかったが隣の方があの蓄音機の真ん中や・・・
そう言われてナルホドっとそんな言い方もあるなって・・・

c0213607_17104643.jpg


c0213607_17113077.jpg


c0213607_17113537.jpg


c0213607_17114075.jpg


やおら動きがあって飛ぶ体制です。

c0213607_17115391.jpg


大分先の方まで飛んでしまいました。桟橋近くのハスに乗って。

c0213607_17115843.jpg


c0213607_17120482.jpg


ここでもまたまた上手に魚をゲットした。

c0213607_17123357.jpg

c0213607_17123809.jpg


そんな様子を撮影していたら曇天から小雨模様になってきたので撤収した。





by ai_and_ai | 2016-11-08 17:23 | Comments(0)
2016年 11月 07日

やっとミヤマン♂も顔を見せてくれた・・・

今月初めにMFでミヤマホオジロに出会ってから以後、通うも中々出会いがなかった。

今日もダメかと思ってたが帰りがけに、ようやくミヤマホオジロ♂が出てきた。

ミヤマンといえばやはり♂が登場してくれないと冴えませんね・・・

今日は♂、♀のツガイらしきのがよく出てきてくれました。

他は池周りで今季初見のカシラダカに出会った。


ミヤマホオジロ♂(11月7日撮影)
やはり黒のモヒカン頭のミヤマホオジロ♂が出てこないと・・・
到着して早々なのか、まだまだ用心深いようでしたがこれからが楽しみですネ

c0213607_18411716.jpg


c0213607_18412496.jpg


c0213607_18413133.jpg


c0213607_18413699.jpg


c0213607_18414313.jpg


最後には♂と♀が出てきた・・・

c0213607_18414962.jpg


最初は横の歩道にこっそりと♀が現れた。

c0213607_18421043.jpg


c0213607_18421470.jpg


カシラダカ
やっとカシラダカも見られるようになりました。

c0213607_18421954.jpg


ジョウビタキ♂
ジョウビタキ♂もよく登場

c0213607_18422561.jpg



by ai_and_ai | 2016-11-07 18:49 | Comments(0)