一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 31日

本年もお世話になりました

今年も残すところあと数時間になりました。

あっという間の一年だったように思います。

一日一日を大事にして生きていこうと思いつつも中々うまくいきませんね。

31日の押し迫った師走に本年最後のコミミズク詣でに出かけました。

さすがにこの日はいつもとは異なり、バーダーもそれなりに少なかったようですね。

にも拘らず、車のナンバーは関東の多摩や山梨ナンバーもあり人気の高さが伺えます。

今日は14時過ぎに到着して15時前から飛び出し17時近くまで楽しませてくれました。

整理が十分に出来てませんがとりあえずの本年最後のアップです。

今年一年拙いブログにご訪問頂き有難うございました。

来る2017年も皆様方にとって良いお年でありますようお祈りしております。

来年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます。



コミミズク(12月31日撮影)
何回かバトルもあったんですがうまくいきません。
3~4羽くらい飛んでいたんでしょうか・・・

2回ほどホバリング場面がありました。
何かしら獲物でも見つけたんでしょうか・・・

c0213607_22310602.jpg


c0213607_22311131.jpg


c0213607_22311592.jpg


夕陽を浴びて飛んでいく

c0213607_22311916.jpg


c0213607_22312317.jpg


c0213607_22312893.jpg


c0213607_22320036.jpg


縄張り争いのバトルも3回くらいありましたがうまくいきません・・・

c0213607_22320425.jpg






by ai_and_ai | 2016-12-31 22:40
2016年 12月 29日

MFでやっとベニマシコに出会えた・・・

我がマイフイールドで以前からコノベニマシコを見かけたよって言う鳥友が居られた。

しかし、一向に私には出会いのチャンスがなく、鳥運がなかった。

MFへ行く度にベニマシコのポイントを探すが見つからなかったが

昨日は運よく入り口近くの第一ポイントの草地で到着早々に見つけられた。

出会えるときにはそんなものなんですね!



ベニマシコ(12月28日撮影)
♂羽と一羽の♀が草の芽やらセイタカアワダチソウの綿毛を啄んでるのが見えた。
赤みは未だ未だの様なので、今後に期待です。
出会えたといっても未だかなり用心深くて、遠かった。

c0213607_21181883.jpg


c0213607_21182201.jpg


c0213607_21182615.jpg

この♂、右頬の下にダニにやられてるよう・・・
c0213607_21183125.jpg


c0213607_21183581.jpg


c0213607_21192112.jpg
c0213607_21242759.jpg


c0213607_21243580.jpg


c0213607_21244037.jpg


c0213607_21254043.jpg


c0213607_21254502.jpg






by ai_and_ai | 2016-12-29 21:29
2016年 12月 28日

久しぶりに見たクロジを・・・

何時だったか北摂の山間でクロジやコガラが多くやって来てたのを見た記憶がある。

あれ以来の久しぶりのクロジとの出会いでしたがそれがこのMFで見られるとは・・・

ミヤマホオジロのポイントでここ3~4日前から見られたそうで久しぶりです。

一羽しか見れなかったんですが鳥友によると2羽が同時にやってきたこともあったとか。



クロジ(12月26日撮影)
クロジの♂が出てくれましたが♀は居てなかった。
♂と♀のツーショットを見たいんですが・・・

爪を立ててジャンプしたところ・・・

c0213607_01343628.jpg

うずくまった姿勢が多いんですがこれは立って?背伸びしたところのよう・・・
こうみるとスカート?履いて?スラッとして結構背が高そうに見えますね・・・
c0213607_01344125.jpg


c0213607_01344507.jpg


c0213607_01344994.jpg


c0213607_01345219.jpg


c0213607_01345618.jpg


c0213607_01354996.jpg


c0213607_01355435.jpg


c0213607_01355861.jpg


c0213607_01360129.jpg




by ai_and_ai | 2016-12-28 23:52
2016年 12月 26日

飛んでくれたコミミズクを・・・

この日は下流から一羽が飛び出すと上流でも飛び出したのが見えた。

餌となるネズミを我先にと捕まえるために飛び出すのでしょうか???

バーダーにとってはあっちこっちで飛んでくれるのが幸いです。

4~5羽くらいが居てただろうか、狙いを定めないと撮れないくらい嬉しい限り。

それにしても飛び出すのが16時前後なので16時30分を過ぎるとやや暗くなる。

明るいうちに飛んでくれると良いんですが・・・


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
コミミズク(12月24日撮影)
翌日の25日と聞くところによると何と14時40分頃に飛び出してくれたそう。
天気が良くて早い時間帯での飛び出しが期待できそうになってきましたネ!
環境条件が良くないとこちらの機材と腕では絵になりません。
この日は曇ってたので早々にシャッタースピードが上がりませんでした。

c0213607_20104774.jpg


c0213607_20105258.jpg


c0213607_20105836.jpg


c0213607_20110346.jpg


c0213607_20110864.jpg


c0213607_20111368.jpg


c0213607_20114917.jpg


c0213607_20115454.jpg

c0213607_20115973.jpg


c0213607_20120467.jpg


c0213607_20121388.jpg


バトルらしきというより絡み合い・・・

c0213607_20123065.jpg


後ろ向き、2羽が超接近・・・

c0213607_20130361.jpg





by ai_and_ai | 2016-12-26 20:15
2016年 12月 25日

コミミズクがクリスマスプレゼントを?・・・

前回はボーズだったコミミズク撮影にそろそろではないかと思い昨日、再度、出かけた。

いつもの河川敷に15時頃の到着だったが聞くとやはり出は未だのようだった。

雑談しながら待ってると案の定、16時前に下流から一羽が飛んでくれたのが見えた。

そのうちもう少し上流の方でも飛んだ、結局4~5羽?、

広範囲に飛び回って居たのではないかと思われる。

そういえば昨日はクリスマスイブ、コミミズクも飛び回ってプレゼントでもしてくれたよう。

広範囲なのでどれを撮影するのか迷うくらいだった。

久しぶりに飛び回るコミミズクに出会えた、とりあえずは止り物からのアップです。



コミミズク(12月24日撮影)
今日飛んだと思ってもその後、3日も飛ばなかったりとはっきりしてなかったが
もう落ち着いて?きたのか、行けばボーズではなく、何とか出会えるようになってきたのでは?
とはいえ、枯れ草が背高く密集してるので撮影は昨年とは全く異なる。
おまけにコミミは遠いところばかりなので綺麗には撮れなかった・・・

この日は飛び回っては杭やらいろんな穂先に止ってくれた。

c0213607_09111268.jpg
c0213607_09110783.jpg

c0213607_09111740.jpg

c0213607_09112001.jpg
c0213607_09112306.jpg

c0213607_09112743.jpg

c0213607_09113131.jpg


おっ!何か見つけましたか・・・

c0213607_09113555.jpg



by ai_and_ai | 2016-12-25 09:15
2016年 12月 23日

公園にもトラツグミが滞在中・・・

マイフイールドでも早々にトラツグミに出会えた方も居られたようですがこちらは未だ見ず・・・

そんなわけでオジロビタキの序に?トラツグミにも出会っておこうと覗いてみた。

しかし、用心深いのか、これがなかなか広場には下りて来てくれません。

じっと待ってたらようやく降りてきた、というよりすっと飛んできた・・・

降りたと同時くらいにもう好物のミミズを銜えてたのには驚いた。

樹の上のほうから気配を?感づいていたのかと思うくらいだったが・・・

トラツグミってトラダンスで地中の動きを察知してネズミの居所を見つけるのではなかったか。

トラツグミ(12月19日撮影)
トラツグミはツグミ類の中で一番大きく、積雪の多い地方にいるものは、冬は暖地に移動する。
主に丘陵地や低山の広葉樹林に好んで生息するが、林の多い市街地の公園などでも観察される。
ミミズが大好物らしく、営巣中は雛に口一杯にミミズを銜えて来る。
そういえばあのヤイロチョウも口一杯にミミズを銜えてますね。

c0213607_23301786.jpg


c0213607_23302260.jpg

おっ・・・何か見つけたよ・・・
c0213607_23302640.jpg

・・・と思ったらもうミミズを銜えてた・・・
c0213607_23303001.jpg

銜えたミミズが大きいのか何回も銜え直していたよう・・・
c0213607_23303409.jpg


c0213607_23303796.jpg



by ai_and_ai | 2016-12-23 23:34
2016年 12月 22日

ネズミモチの樹にオオアカハラが・・・

こんもりと実ったネズミモチの樹にオオアカハラやツグミ、ムクドリなどがやってくる。

オオアカハラが狙いの野鳥なんですがツグミが多すぎてもう大分実が少なくなってきてる。

見てると多くのツグミに遠慮してるのかオオアカハラは実を啄んでは奥に引っ込んでしまう。

このポイントに十分な撮影時間がなかったのでシャッターチャンスは少なかった。



オオアカハラ(12月19日撮影)
もう少し居て、いいシーンが撮れれば良かったかなっと思ってます。

c0213607_23292934.jpg


c0213607_23293453.jpg


c0213607_23293807.jpg


c0213607_23294297.jpg


c0213607_23294657.jpg



ツグミ、ムクドリ
数羽のツグミが引っ切り無しにやって来て採餌するので実が少なくなってきてますね。

c0213607_23322058.jpg


c0213607_23322434.jpg


c0213607_23322844.jpg


c0213607_23323261.jpg


c0213607_23323649.jpg



by ai_and_ai | 2016-12-22 23:34
2016年 12月 21日

今季は難しそう・・・

もうそろそろかなって思い、この時期期待の河川敷のコミミズク詣でに出かけてみた。

2~3日前には16時前に飛んでくれたとかの話もあるのでいい地合いに到着した。

17時頃まで待ってはみたものの出会いがなく、やむなく撤収すこととなった。

今季は河川敷の草地が昨年と比し背丈以上の伸び放題でコミミズクにとっては

獲物のネズミが捕まえにくくなってしまって他のところを餌場にしてるかも・・・


ノスリ(12月19日撮影)
コミミズクの到来を待ち望んでるバーダーが連日通ってられるとか・・・
この日も総勢40~50人くらいは居てただろうか。
こんな環境では今季のコミミズクとの出会いはかなり難しそうですね・・・
そんな中、向こうの方でノスリがじっと獲物を狙ってはいたが・・・
ちょっと余所見をしていた時に飛ばれてしまった。

c0213607_18011793.jpg


c0213607_18012359.jpg


c0213607_18012713.jpg


c0213607_18013147.jpg



by ai_and_ai | 2016-12-21 18:04
2016年 12月 20日

正真正銘のオジロビタキを・・・

オジロビタキが10日ほど前から居てるって小耳に挟んではいたがこの種って

これまでよく見かけていたので最初は余り関心を持たなかった。

ところが最近になってこれは嘴の黒っぽい、どうも珍しい種ではないかと・・・

2011年から出会いのあったオジロビタキはどうもニシオジロビタキのようで

純粋のオジロビタキではなかったようです。

そんなわけで”見ておかなくてはっ”と思い、昨日天気の良い日に出かけてみた。


正真正銘のオジロビタキ(12月19日撮影)

”オジロビタキかニシオジロビタキか”かの識別で以前にはこのブログでアップしてましたが
ここに来てようやく正真正銘のオジロビタキに出会うことが出来たように思われます。

ウイキペディアによると
ヨーロッパ東部からロシア、シベリア、カムチャッカ半島までのユーラシア大陸の亜寒帯で
繁殖し、冬期はインドや東南アジア方面に渡り越冬する。
日本ではその渡りの途中で旅鳥または冬鳥として渡来するが稀で、見かけても単独で観察されることが多い。
この日もやはり1羽だけでちょこまかと飛び回っていた。
確かに下嘴はオレンジっぽい肉色ではなく、黒っぽい色をしている。
それに地鳴きがオジロビタキの特徴である「ジジジジ…」とか「ジリジリジリ…」という
鳴き声をしていたという地元の観察者の話もあった。

尾羽をピッと上げるのが特徴で愛嬌を振りまいていた。

c0213607_19243708.jpg


c0213607_19244358.jpg


c0213607_19244788.jpg


c0213607_19245138.jpg


c0213607_19245541.jpg


c0213607_19245949.jpg


c0213607_19252502.jpg


c0213607_19252968.jpg


c0213607_19253348.jpg





by ai_and_ai | 2016-12-20 19:28
2016年 12月 15日

やはり今季も居てました・・・

カシラダカやミヤマホオジロにベニマシコなどは地べたで採餌する。

そんなわけでどうしても採餌中にダニにやられてしまう・・・

ミヤマホオジロのポイントで待ってると今季もやはり居てましたね。

目の下辺りにダニがついてるのが多いように思います。

2011年頃から毎年見られる兆候です。


カシラダカ(12月11日撮影)
一羽だけ高い桜の木の天辺に居てました。
見ると左目のすぐ下のところにダニがついていた。

c0213607_15400131.jpg
c0213607_15400828.jpg



ミヤマホオジロ
いつものミヤマのポイントでは2羽以上?ダニがついてるのが見えた。
右目の後ろのところに・・・

c0213607_15401308.jpg


c0213607_15401732.jpg



左目の後ろのところに・・・

c0213607_15402030.jpg


c0213607_15402444.jpg



by ai_and_ai | 2016-12-15 17:30