一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 24日

フクロウの森に行ってきました・・・

倉敷に家族で行ってきました。
江戸時代に幕府直轄地「天領」として、大原美術館の大原家を初めとする倉敷商人の活躍で発展してきた町。
今も昔の町家さながらの佇まいをみせている倉敷美観地区を訪ねてみた。
「天領」といえば昨年行った大分県の日田市もこのような町並みだったのを思い出した。
駅前のこの地区一帯は白壁土蔵や軒を連ねる格子窓の町家など大変綺麗に整備されていた。
この地区内に「倉敷フクロウの森」があったので覗いてみた。

「フクロウの森」ってそういえば全国にいくつかあるんですね。

カメラを持参してなかったのでとりあえずスマホで撮ってみたので画質はイマイチ・・・
世界のフクロウ(5月22日撮影)
喫茶店でフクロウに触れ合えるって言うのを聞いてましたが行ってませんでした。
今回はいい機会だと思っていろんなフクロウ見たさに入ってみました。
TVなどで大柄のカラフトフクロウなんか見たことはあるのですが実物は初めて。
14種類のフクロウが居てました

①カラフトフクロウ
触れ合えるっていうので手の甲で背中を撫でてみた。
大きな体でがっちりしてると思いましたが骨格はとても小さいよう。
北極圏の厳しい寒さに耐えられるように厚い羽衣でふっくらして大きく見えるんですね。
体重はとても軽いらしい。

c0213607_10135536.jpg

c0213607_10135917.jpg
②アフリカオオコノハズク
海外では”白顔フクロウ”と呼ばれてるとか。
c0213607_10152929.jpg

c0213607_10153402.jpg

③アフリカワシミミズク
c0213607_10173336.jpg

④アメリカワシミミズク
c0213607_10181822.jpg

⑤シベリアワシミミズク
c0213607_10185646.jpg

⑥ベンガルワシミミズク
c0213607_10194464.jpg

⑦スンダオオコノハズク
c0213607_10205438.jpg

⑧ニシアメリカオオコノハズク
c0213607_10212698.jpg

⑨チャコモリフクロウ
c0213607_10221186.jpg

⑩メガネフクロウ
南アメリカからメキシコ南部までの中央アメリカに生息。
まるでメガネをかけてるように見えることから命名された大型のフクロウ。
c0213607_10224616.jpg

⑪モリフクロウ
c0213607_10282426.jpg

⑫メンフクロウ
これもよくTVで見られますね。
c0213607_10290563.jpg

c0213607_10291101.jpg


⑬ニュージーランドアオバズク
これは体長30cmをやや超えるくらい。
日本に渡って来るアオバズクは体長30cm未満なのでやや大きいということになる。
日本でもうすぐ神社なので見られるようで楽しみですね。

c0213607_10391926.jpg
⑭シロフクロウ
c0213607_10315852.jpg



by ai_and_ai | 2017-05-24 12:32
2017年 05月 19日

今季の深山のサンチャンは・・・

アカショウビンやサンコウチョウのメッカ?のこの深山は今季は不発続き・・・

今季二度目の訪問ですがホイッ・・・ホイッ・・・の声は殆ど聞こえてきません。

聞くところによると早朝の早い時間帯では下の方でよく囀ってるとか、姿は見えない。

8時を過ぎると殆ど声がなく、シーンと静かな深山の佇まいに・・・

そんな中、目の前に来てくれたサンチャンですが、どういうわけか写りはイマイチだった。

何だか今季はここは少ないような気がするが・・・


サンコウチョウ(5月19日撮影)
近くに♀も見れたのでペアーが出来てるように思うのですが
この後、営巣して繁殖してほしいものですがどうなるんでしょうか・・・

鳴いてくれませんので急に目の前に来てびっくりしました。
余りに近かったので尾羽が入りません。
新緑の中でのサンコウチョウもいいものです。

c0213607_20522318.jpg


c0213607_20522883.jpg


c0213607_20523201.jpg


このときは向こうの方の枝先に止ってくれました。

c0213607_20523691.jpg


c0213607_20524147.jpg





by ai_and_ai | 2017-05-19 20:55
2017年 05月 16日

MFでオオルリに出会う・・・

マイフイールドにもキビタキやオオルリも見られるようになって来ました。
しかし、キビタキはいつものポイントで待つもチラ見だけであまり出てきてくれない。
オオルリはというと奥の方でいい声であちらこちらで囀ってました。


オオルリ(5月14日撮影)
囀りを聞いてると3~4羽のオオルリが居てるようだった。
♂だけかと思ってたら何と♀も観察することが出来た。
この調子では小さな川も近くにあるのでこの地で営巣してもらいたいものだ。

c0213607_20005787.jpg


c0213607_20010107.jpg


c0213607_20010678.jpg


c0213607_20010937.jpg


c0213607_20011339.jpg


c0213607_20011746.jpg


このポイントで♀を見かけるのは初めてです。

c0213607_20015127.jpg


c0213607_20015433.jpg

顔に枝が被ってしまった・・・

c0213607_20004866.jpg


c0213607_20015834.jpg



by ai_and_ai | 2017-05-16 20:05
2017年 05月 14日

ちょっとの出会いだった・・・

雨上がり後の翌日は林道に入ると暗いし、モヤってしまっていた。

取り敢えずは川筋を探鳥することとし、杉林を見ていたら何やら飛んでた。

撮ろうと思うがまたひょいと次の枝へと飛んでいく。

枝に止ったようなので戻って見てみたらおっ・・・サンコウチョウ・・・

今季はここで営巣してほしいと思うのですが未だ落ち着いていないよう。

ホイッ・・・ホイッ・・・ホイッ・・・っとまったく囀ってくれなかったので

まさかサンコウチョウとは思ってもみなかった。

まだ到着したばかりなのか?これからが楽しみではあるが・・・



サンコウチョウ(5月14日撮影)
この林道沿いでの初サンコウチョウだった。
川筋にはオオルリ♂、♀も見られたようなので営巣して無事に繁殖してほしいものです。
暗い杉林の中だったので画像はイマイチとなってしまった。
このサンコウチョウ♂、尾羽は短いようですね。

c0213607_16564572.jpg


c0213607_16565012.jpg


c0213607_16565431.jpg


c0213607_16565868.jpg


林道沿いでは盛んにソウシチョウが群れて囀っていた。

c0213607_16570296.jpg


c0213607_16570673.jpg


c0213607_16573958.jpg


c0213607_16572576.jpg



by ai_and_ai | 2017-05-14 17:00
2017年 05月 13日

やっとフクロウ雛巣立ちだった・・・

今か今かとヤキモキしていた大ケヤキのフクロウでしたがやっと巣立ちした。

昨年は5月8日だったそうで今年は12日早朝に二羽が姿を現してくれました。

巣立ち早々には二羽が並んでくれたそうですがこちらが到着した9時過ぎには

既に一羽が落ちて下の方の枝につかまってる様な様子だった。

上の方の一羽は見えにくいようなので専ら枝被りではあったがこの子を中心に。

昼過ぎまで観察してましたがずっとこの枝で体勢を変えながら動きがなかった。


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
フクロウ雛(5月12日撮影)
巣立つのがやや遅かったのか姿を現した時は真っ白のフワフワ感がなく
羽がやや茶色っぽく色づいて成長の度合いが早いのが伺えます。

c0213607_13093961.jpg


フワフワ感はないですが何となくモコモコした感じが可愛らしい・・・

c0213607_13094401.jpg


時々足を上げたり、羽を伸ばしたり・・・
爪も立派に伸びてますね。

c0213607_13094895.jpg


c0213607_13095292.jpg


エンゼルっぽく羽を拡げてくれましたが向きが良くない・・・

c0213607_13095678.jpg


アングルを変えて見ましたが・・・
どの位置からも隙間からの撮影だった。

c0213607_13100059.jpg


c0213607_13100415.jpg


疲れて寝込んでしまったよう・・・

c0213607_13100943.jpg


羽伸ばしもしてくれましたがアングルが良くない・・・

c0213607_13101364.jpg



by ai_and_ai | 2017-05-13 13:16
2017年 05月 09日

コチドリのバトルだった?・・・

先月中旬のコムクドリ探鳥の折に偶然出会ったコチドリのバトルのアップ・・・

投稿するのを忘れてしまっていました。

コムクドリが居てそうもないので武庫川沿いのシマアジ探し、これも見つからない。

ふと対岸の方を見てると小さいのが飛んだり跳ねたり、コチドリがバトルしだした。

慌てて撮影しようとするが何しろ遠くて、被写体が小さいのでサマになりません。

面白かったのでバタバタッと撮影しだしましたのを覚えてます。



コチドリのバトル?(4月中旬)
くんずほぐれずの様相もあったので最初はひょっとして交尾かもって思いましたが
単なるバトル?遊びのようだったのかも・・・
クリアーに撮れてるとサマになったんですがこちらの腕では致し方ありません。

c0213607_11160860.jpg


c0213607_11113718.jpg


c0213607_11114070.jpg


c0213607_11114875.jpg


c0213607_11115256.jpg


c0213607_11115698.jpg

何羽か居てたんですが傍で一羽が”もういい加減にして”って寄ってきた・・・
c0213607_11120000.jpg


c0213607_11120589.jpg

c0213607_11123452.jpg


c0213607_11123898.jpg


c0213607_11124388.jpg


c0213607_11124793.jpg


c0213607_11125200.jpg


c0213607_11125632.jpg





by ai_and_ai | 2017-05-09 12:25
2017年 05月 07日

よく出てくるキビタキ・・・

コルリを待ってるのにこのキビタキ♂がポイントに陣取ってしまって肝心のコルリが

なかなか出てきてくれません。

今季はどういうわけか何処に行ってもキビタキによく出会いますね。

可愛いコルリが奥のほうに見え隠れしてるのですが前に出てきてくれなかった。



キビタキ♂(5月2日撮影)
よく見かけるキビタキですがこのキビタキも綺麗です。

背中の黄色が鮮やかでした・・・

c0213607_18450048.jpg


c0213607_18450412.jpg


c0213607_18450759.jpg


c0213607_18451141.jpg


c0213607_18451472.jpg


c0213607_18451847.jpg


c0213607_18452297.jpg


c0213607_18452673.jpg


このキビタキ、小さな水場に降りて水浴びを・・・

c0213607_18454898.jpg


c0213607_18455285.jpg



by ai_and_ai | 2017-05-07 18:47
2017年 05月 06日

春の渡りのムギマキ♂成鳥に出会った・・・

暗いところをひょいひょいと飛び回るサンコウチョウを観察した後、緑の林の中の

ムギマキを見に行った。

暗く高いところばかり、しかも生い茂った林の中なので何処に居てるのか見えません。

大勢のバーダーが見守る中、何とか見れたっていう感。


ムギマキ♂成鳥(5月3日撮影)
春の渡りのムギマキが観察できるのは僅かな間、ムギマキはやはり
10月からの秋の渡りの時期が撮影のチャンスですね・・・

c0213607_10430942.jpg
全体はこんな感じでした。
右下部分がモヤモヤってなってるのは前に人垣があって肩越しからの撮影のため。
c0213607_10431358.jpg


c0213607_10431787.jpg



c0213607_10432549.jpg


c0213607_10432989.jpg


c0213607_10433326.jpg


遠いところでやっと見つけたときはピン甘続出・・・

c0213607_10433778.jpg



by ai_and_ai | 2017-05-06 12:32
2017年 05月 04日

今季初見のサンコウチョウを・・・

昨日は春の渡りでムギマキ、繁殖のためにやってきたサンコウチョウが

やって来てるっていうので出かけてみた。

ところがポイントに到着すると物凄いバーダーでごった返していた。

狭い茂みのところで二重三重の人出で入り込む余地がないほど・・・

見てるとこの茂みの中を葉隠れで顔だけとか尾羽だけとかで全身が見えません。

そのうち枝止まりに来たときが待望のシャッターチャンスなんですが・・・

取り敢えずはサンコウチョウからのアップを・・・



サンコウチョウ(5月3日撮影)
葉隠れや暗いところをひょいひょいっと素早く動いてくれるので撮るのが難儀です。
何とか粘って見れそうなのをアップ・・・撮影できただけでもヨシとしよう。
アップ画像、目が綺麗ですね・・・
ブルーのアイリングには小さなヒダがいくつか見られるようですね・・・

c0213607_15324800.jpg

c0213607_15325336.jpg


この時期はサンコウチョウ♂の尾羽は長くて綺麗・・・

c0213607_15325713.jpg

c0213607_15330262.jpg

c0213607_15330692.jpg

c0213607_15331059.jpg


c0213607_15333672.jpg

c0213607_15334026.jpg

c0213607_15334449.jpg


こちらに向かって飛び出してきました。

c0213607_15334885.jpg

c0213607_15335278.jpg

c0213607_15335601.jpg

c0213607_15341509.jpg

c0213607_15342022.jpg


茂みの中の高い枝のところで動きがあったので見てると
蝶々を銜えてました。

c0213607_15342468.jpg


c0213607_15342915.jpg








by ai_and_ai | 2017-05-04 17:39
2017年 05月 02日

フクロウの時期ですね・・・

例年この時期になるとあちらこちらでフクロウの雛が誕生するんですね。

早いので和歌山から京都の神社、それに能勢の大ケヤキと続いて観察できます。

そんなわけで大ケヤキのフクロウの様子を見に行きましたが雛は未だ祠の中・・・

今年は何羽の雛が顔を出してくれるんでしょうか?



枝に乗ってくれたフクロウ(5月1日撮影)
昨年は5月8日に雛が見られた荘なんでそろそろ巣立ちを迎えるんでしょうか・・・
到着すると金網越しにお母さんフクロウが見えましたがまるで”かごの鳥”・・・
例年この祠で営巣してたのが朽ちてきたらしくそれを金網などで修復したためのよう。
その金網越しのフクロウですが午前中には上の枝に乗って姿を見せてくれたそうで
待ってる間に何とか枝に来てくれないかと待ってました。
時間ばかりが過ぎていく、なかなか上の枝に載ってくれません・・・
帰り間際の17時15分過ぎになってやっと上の枝に乗ってくれました。
しかし金網越しのフクロウをマニュアル撮影していたままで撮影してしまったので
ややピン甘になってしまって、綺麗にクリアーな絵にならなかったのが残念。


お母さんフクロウです。

c0213607_09582823.jpg


ずっとこんな格好で金網越しの観察

c0213607_09585411.jpg


c0213607_09585916.jpg


金網越しに観察してると体をホグスかのように動きがあった。

c0213607_09590384.jpg


c0213607_09590729.jpg


枝に乗る前の様子

c0213607_09591108.jpg


やおら向きを変えて上に上がろうとして・・・

c0213607_09591495.jpg


ぐっと乗り出して上に乗ってくれました・・・

c0213607_09595159.jpg


こちらを向いて伺ってるような・・・

c0213607_09595517.jpg


c0213607_10000061.jpg


しばらくしてから急に姿勢を低くして今にも飛び出しそう・・・
一気に何かを見つけたかのごとく飛んでいってしまった・・・

c0213607_10000454.jpg




by ai_and_ai | 2017-05-02 12:37