一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 31日

サギのコロニーで・・・

この日はアカメガシワにくるキビタキ♂狙いで出かけていたのですがようやく15時半頃になって

その姿を見れたのでここを撤収し帰りがけにサギのコロニーに立ち寄ることにした。

ここではアオサギ親子に出会えたがゴイサギの幼鳥「ホシゴイ」の翼は猛禽類を思わせる色合いを

してますね。 これが成長すると純白と藍色のツートンカラーのゴイサギに変身するとは驚きです。

ダイサギなども居てサギのコロニー全開ですね。



アオサギ(8&月28日撮影)
もう雛も大きくなってしまったようで可愛らしさも薄くなってきましたがこんなになっても
まだエサのおねだりもしてるようだった。

顔を見ると何となくグロテスク?のよう・・・

c0213607_12035730.jpg


c0213607_12040200.jpg


ホシゴイ
どのあたりからゴイサギみたいな色合いに変わっていくんでしょうか・・・
変わり具合のところが見れればいいんですが。

c0213607_12040982.jpg

c0213607_12041396.jpg


c0213607_12041727.jpg


c0213607_12051751.jpg


c0213607_12060016.jpg


c0213607_12060788.jpg


c0213607_12061144.jpg


c0213607_12061604.jpg




by ai_and_ai | 2017-08-31 12:32 | Comments(0)
2017年 08月 29日

何とかキビタキ♂に出会えた・・・

残暑が続いておりますが如何お過ごしですか?

夏の鳥枯れもあってなかなか出かけられませんでしたがちょっと何とか凌げるようになってきた。

熟した黒っぽい実をつけるアカメガシワは未だ食べ頃ではないだろうと思ってましたが

ポイントに着くと何と黒い実は殆どありません。もう一方のアカメガシワは未だ青々としてます。

日当たりのよい同じ所に植えられてるのにこんなにも違いがあるんでしょうか・・・

メジロやコゲラが頻繁にやって来ては黒い実を採餌してしまって殆ど残ってません。

時々、キビタキ♂が来てくれるというのでそれをじっと待ちます。



キビタキ♂(8月28日撮影)
到着したときには既にキビタキ♂はすでにお出ましだったとか・・・
その後の2回目の登場を期待して待つのですがこれがなかなかやって来てくれません。
こんなに黒い実が少ないようでは頻繁には来てくれそうもありませんネ・・・
そんな中、15時半頃になってすっと端っこの方のアカメガシワの実にやって来ました。
警戒心がかなり強いようで全身を見せてくれませんし、左右を見回してはさっと逃げてしまう。
未だ実が青いいつものアカメガシワが食べ頃になるようになればキビタキやオオルリなどの
出会いがあるのでしょう・・・しばらくの時間が必要のようですネ。

c0213607_16181856.jpg

綺麗なレモンイエローです。
c0213607_16182376.jpg


c0213607_16182815.jpg

頻繁にコゲラやメジロが来ます。
c0213607_16183614.jpg


c0213607_16184118.jpg


c0213607_16191883.jpg



by ai_and_ai | 2017-08-29 17:22 | Comments(0)
2017年 08月 26日

渡りのコルリに出会ったが・・・

秋の渡りで最初にやってくるのがコルリのように思います。

今季もお城に一番にやって来てやっぱりコルリが来てくれたかっと・・・

最近は近くの?公園の竹林スポットに来てくれるので今季も出かけてみた。

もう既に3~4日ほどの滞在になるとかで抜けてしまう前にと行ったが

何しろ猛暑続きなので出だしが遅くなってしまい、ほんの1時間足らずの鳥見。



コルリ若(8月24日撮影)
渡ってくるとこの竹林スポットに入るようですが暗いし、竹林が林立して大変見え難い。
多くの竹林やら葉っぱやら、おまけに金網のフェンス越しなので見つけるのが困難。
見える範囲は僅か、よく見つけられたものだと感心します。
常連の鳥友さんは良い雰囲気のショットを連発されてましたが
こちらはワンチャンスしかなく、いいショットがなかったのが残念・・・
リベンジで翌日行くも抜けてしまったらしく、出会いはなかった。

とにかく被ったりして満足なショットはなかったが・・・
渡りに出会えただけでもヨシとしよう。

c0213607_14053759.jpg


c0213607_14054122.jpg


びっしりと枯葉で埋まった所で採餌してるようだった。

c0213607_14054601.jpg


c0213607_14055130.jpg


何かしら見つけて食べたのか満足そうで、こちらを見ていた。

c0213607_14055599.jpg



by ai_and_ai | 2017-08-26 14:10 | Comments(0)
2017年 08月 18日

残暑お見舞い申し上げます・・・

猛暑が続いておりますが熱中症には気をつけましょう・・・

残暑お見舞い申し上げます。

c0213607_11200863.jpg

巣立ち雛のところに飛んできたヤイロチョウ親と雛との懐かしいショット

c0213607_11112173.jpg


親が飛んでくるまではここで佇んでいた。
何処からともなくいきなり飛んできてエサ渡しがあったんですが
シャッターチャンスを逃してしまったのが残念・・・

c0213607_11112571.jpg


c0213607_11113959.jpg


上の倒木で休んだ後、このようにしゃがみ込んで・・・
巣立つ雛は親と比べると全体的に青っぽく、いわゆるフンドシは未だ赤くなってません。

c0213607_11135522.jpg


巣立ったばかりのためか、飛ぶのにはこんなに勢いをつけて・・・

c0213607_11125968.jpg



by ai_and_ai | 2017-08-18 12:25 | Comments(0)
2017年 08月 15日

八ヶ岳付近(その4)・・・

宿泊先のペンションではオーナーによると周辺ではよくキジが見られるそうです。

しかし、その殆どは地べたを歩いてるのを目にするとか。

この時は珍しくキジが枝止まりで、盛んに羽繕いの最中でした。





八ヶ岳で出会ったキジ(7月28日撮影)




朝食後、鳥見の目的地に出かけるときに宿泊先のすぐ近くで出会った。
葉っぱ被れのない枝止まりもあったのですが出会ったときはこんな状態だった。

c0213607_19173438.jpg


c0213607_19173968.jpg


c0213607_19174338.jpg



by ai_and_ai | 2017-08-15 19:32 | Comments(0)
2017年 08月 12日

八ヶ岳付近(その3)・・・

代表的な冬鳥ジョウビタキなんですが春以降になると見られなくなるのが通常ですね。

ところが7月下旬に八ヶ岳方面に家族旅行した際、宿泊先の前で朝方に偶然にも

ジョウビタキの若鳥に出会った。びっくりしました。

チベットから中国東北部、バイカル湖周辺で繁殖し、日本やインドシナ半島北部への渡って

越冬する。日本では冬鳥として全国に渡来するので夏にジョウビタキには滅多に出会えません。

宿泊先のオーナーに聞くところによるとペンション前の雑木林の先の郵便ポストみたいな構造物に

営巣してたらしく、以降ウオッチングしてたら5羽くらいが巣立ったという。

こちらが出会ったのはそのうちの一羽ではないかと・・・

夏には滅多に見られないはずですがウイキペディアによると北海道や長野方面でも

これまでも繁殖したという記録もあるとか。近年は日本での繁殖も観察されていて

今後は夏でも見られるようになってくる時期が来るのかもしれません・・・



真夏に出会ったジョウビタキ(7月28日撮影)
朝食前の散策中に路上で青虫と格闘してる鳥を見つけた。
慌てて撮影しましたが手持ちだったのと手振れ補正なしの機材だったのでブレブレ画像ばかりでした。
かなり撮りましたが殆どボツ・・・
何とかジョウビタキの若鳥?のようには分かると思いますがメスでしょうか?・・・
この時期、珍しいと思いますのでとりあえずはアップ。

c0213607_09362018.jpg


c0213607_09362506.jpg


c0213607_09363052.jpg






by ai_and_ai | 2017-08-12 09:40 | Comments(0)
2017年 08月 10日

八ヶ岳付近(その2)・・・

八ヶ岳1500m付近の原生林の中をせせぎの音を聞きながら豊かな森の中を散策。

遊歩道を歩きながらのウオッチングですが春にはコマドリやコルリなどの囀りが

よく聞こえてくるとか。夏のこの時期ではなかなか観察しにくかったがいいポイントだった。




アカハラ(7月27日撮影)
遊歩道を散策中に少し先の道を歩いてたアカハラに出会った。
よく鳴いていたので動画でも録っておけばよかったと・・・

c0213607_17532766.jpg


c0213607_17533305.jpg


c0213607_17533740.jpg


c0213607_17534164.jpg


c0213607_17534603.jpg



クロツグミ
別の森で出会ったクロツグミなんですがこのポイントはクロツグミがよく見られる所。
行ってみたがあちらこちらでよく鳴いてるんですが木々の上の方なので見つけられません。
地べたでゴソゴソしてたクロツグミのメスですがオスも見たんですが撮れなかった。

c0213607_17535073.jpg


c0213607_17542248.jpg



ノビタキ
野辺山高原の広大な畑一面には野菜が植え付けられてます。
ここにつく虫たちを狙ってなのか今年生まれの巣立ったノビタキ幼鳥の群れが一杯。
群れで居たノビタキ幼鳥なのですが用心深いのかなかなか撮影させてもらえません。
幼鳥を垣間見ただけで終わってしまいましたがこんなに高い高原でも暑かったですね。

c0213607_17542841.jpg


c0213607_17543160.jpg



by ai_and_ai | 2017-08-10 17:56 | Comments(0)
2017年 08月 09日

在りし日のアオバズクいろいろ(その5)

7月下旬から八ヶ岳方面への旅行を前もって予定しておりましたのでアオバズクの巣立ちが

気が気でなく、旅行の間に巣立ってしまうのではと思っておりました。

ところが何と帰ってから5日目でやっと巣立ってくれました。

例年の7月20日前後の巣立ちからすると2週間くらいの遅い巣立ちだった。

8月2日の14時過ぎに一羽目が巣立って全部で三羽だったように思います。

巣立ち後はすぐに連れ立っていなくなると思ってましたが今年は6日まで

5日間も居てくれたことになります。

今回は長い間楽しませてくれたアオバズク♀の撮影、拾い上げてまとめてのアップです。



楽しませてくれたアオバズクのお母さん

スラっとしたスタイルで・・・

c0213607_09484971.jpg


c0213607_09485383.jpg


ブルブルッてよくしてました。

c0213607_09485803.jpg


c0213607_09490216.jpg


c0213607_09490750.jpg


c0213607_09491153.jpg


見てると時々面白い顔を見せてくれました。

c0213607_09493178.jpg


c0213607_09493636.jpg


こちらを向いてのエンゼルポーズ期待してたのですが
それをなかなかじと待てません。
撮影できても横向きの方が多かったようですね。

c0213607_09494079.jpg


c0213607_09494412.jpg


c0213607_09494970.jpg


c0213607_09495326.jpg


今年は猛暑続きでアオバズクのお母さんもこのように大あくびを
連発してました。

c0213607_09502428.jpg


一日中巣穴をじっと見守ってるんですが日差しがさしてくると?
近くの枝に飛んで場所を変えてたようです。
近い飛翔なので羽を拡げてくれません。

c0213607_09502988.jpg




by ai_and_ai | 2017-08-09 12:22 | Comments(0)
2017年 08月 07日

八ヶ岳付近散策ではあったが(その1)・・・

7月下旬に2泊3日で御殿場、山中湖から八ヶ岳山麓付近へ家族旅行に出かけた。

猛暑続きであったが生憎、行ってる間は余り天気がイマイチだった。

合間を見ての鳥見も兼ねたが、鳥枯れの中もあってか余り芳しくはなかった。

小淵沢でいつもお世話になるペンションでアカゲラのほか珍しくジョウビタキ若鳥

に出会うことが出来たのはラッキーだった。

標高1500mの原生林の中をのんびりと散策することができた。野鳥としては

時期的にはもう少し早い方がよいと思うので次回はこの地へ再度行ってみたい。



アカゲラ(7月28日撮影)
地元のアオバズク騒動?があって八ヶ岳の投稿が遅くなってしまった。
よく利用させていただいてますペンション前はよくアカゲラが朝方に顔を見せてくれます。
いつもはピシッと撮影できてたのですがこの時は手振れ防止なしの手持ち状況で、おまけに
やや暗い状況とあってシャッタースピードも上がらず、ブレブレのショットになってしまった。
もっと綺麗に撮影したかったがなかなか思うようにはいきません。

c0213607_22521223.jpg


c0213607_22522208.jpg


c0213607_22522677.jpg


c0213607_22523247.jpg


c0213607_22523721.jpg


c0213607_22524160.jpg


c0213607_22525979.jpg


c0213607_22530868.jpg


c0213607_22531389.jpg




by ai_and_ai | 2017-08-07 22:55 | Comments(0)
2017年 08月 06日

巣立ち雛が三羽?(その4)

例のアオバズク巣立ち雛二羽は昨日は竹藪手前の天辺に居てたが親は引き連れてもっと奥の方へ

連れて行ってしまって、もう出会えないだろうと思っていた。

ところが今日になって鳥友から連絡があり、何やら三羽?居てるって言う情報が・・・

昼前に行ってみた。ずっと奥の竹薮の手前辺り枝止まりに何やら団子状態のが見えた。

しかし、葉っぱや細かい枝やらで殆ど隙間がありません。

三羽居てるとなると何とか撮影できないかと見える所を探すが何処も見当たらなかった。

一応はブログアップしましたが何とも冴えない、見苦しいショットになりました。



巣立ち雛三羽?かも(8月6日撮影)
二羽は巣立ったが三羽目が巣立ったかどうかは分からなかった。ホコラのなかにヘビが
入ったという情報もあってその姿が確認できてなかった。
そんなわけで確認がてら見に出かけたが撮影画像を見ると大変困難・・・
シャッターだけはたくさん押しましたがゴチャゴチャの中、画像的にはどうにもなりません。
これは一番下には親、その上に何やら三羽が見えます、巣立ち雛のよう・・・

c0213607_22362723.jpg


c0213607_22363167.jpg

巣立ち雛二羽と親のショット
撮影していたときは良く分からず巣立ち雛三羽居てると思ってましたが
PCでよく見ると下のはどうも親のようですね・・・

c0213607_22363638.jpg


c0213607_22364208.jpg



by ai_and_ai | 2017-08-06 22:42 | Comments(0)