一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 08日

オオルリ若♂が・・・

オオルリ若♂をよく見かけるようになりましたね。お城はアリスイが何処からか桜広場に飛んできたのを見つけてから皆さん、翌日以降は今日は・・・という話題が多かったよう。お城はオオルリ若♂3羽が林床に降りてきて虫を捕っては枝に止まる、をしながらバトルしていた。そのほかの場所でも樹木の高い木の上のほうでも見られた。キビタキはよく見かけるようになったが、逆光とか暗いとかで捕りにくい。よく此処に通われてる人の話を聞いているとどうもキビタキは「・・・いつもここに戻ってくるよう・・・」と言っておられた。帰りがけにその場所で行った。ほんまに来るんかいなっと。何と待ってたら目の前の枝にすっと止まってくれた。やっぱりここに戻ってきたね。

①オオルリ若♂
c0213607_22151233.jpg
c0213607_22152180.jpg
c0213607_22152899.jpg


②キビタキ♂
c0213607_22185527.jpg
c0213607_2219274.jpg
c0213607_22191114.jpg


# by ai_and_ai | 2010-10-08 22:21 | Comments(0)
2010年 10月 06日

こんなところにオオルリ親子?・・・

今日は鳥見、やめて休もうと思っておりました。しかし、天気もいいし、今のうちにしか見れないオオルリ成鳥もっと見たい、ということでいつものポイントに行くことにした。
もたもたしていたので出発が遅く、着いたのは昼頃になってしまった。ここは最近は良くはないだろうと思いつつ行ったが知らない夫婦連れ2人のみで全く誰もおらず、静かな感じ。
しかし、こんな静かなときこそ、見慣れない鳥が出てきてくれるんですね。ポイントに行くまでの曲がり角を曲がったときに右側からすっと目の前を鮮やかな瑠璃色をした羽の鳥が飛んでいくのが見えた。おっ!!!これはひょっとしてオオルリ成鳥ではないかと。目で追って枝に止まる先を見た。周りには誰も居ない。
その後はひょいっ、ひょいっっと枝渡りしながら飛んでいくのを追いかけながらそっと静かに撮り続けた。
そのうち、見失ったが何と今度は目の前の枝を見るとオオルリ♂若が止まっていた。
一気にオオルリ成鳥とオオルリ若を撮ることができたのは、まさに一期一会ではないかと。
成鳥と若♂、オオルリ親子なのかも???
オオルリは春にも川沿いで絵見たが、このオオルリは今までで最も綺麗な瑠璃色をしていたのではないかと思う。
今日は大変ラッキーな鳥見日和でした。
夏鳥のオオルリが見れなくなるのはもうそろそろでしょうか!!!
(画像をクリックすると大きく見れます)

①オオルリ♂成鳥
・トリミング(よく見ると目の部分が黒っぽくなってるんですね)
c0213607_7191397.jpg

ノートリミング
c0213607_7195132.jpg

c0213607_23455092.jpg
c0213607_23463930.jpg


②オオルリ♂若
このオオルリ若は羽の瑠璃色部分がまだまだ薄いような感じだが。
他のブログ等に出てるオオルリ若♂に較べると、この子は未だかなり幼いような。
c0213607_2348228.jpg
c0213607_23481011.jpg

頭の部分はまだまだ茶色っぽくて幼いような感じに見えるが。
c0213607_23481954.jpg
c0213607_23482649.jpg


# by ai_and_ai | 2010-10-06 23:12 | Comments(0)
2010年 10月 05日

遅ればせながらノビタキを・・・

今日は天気もよく久しぶりに、江戸時代の漢学者の頼山陽が郷里(広島の竹原)から京都を往復する際に仰ぎ見た山に対してその心境を詠んだ詩碑がある公園に行ってきた。しかし、鳥見の時期は先週前半までだったようで、今日は残り物のエゾビタキ、コサメビタキに河原のノビタキくらいだった。近くでアオゲラのケッツ・・ケッツ・・の声が聞こえていたが。

①ノビタキ
最近はバーダーの皆さんは、コスノビ、ソバノビ・・・とかいって構図を考慮したノビタキの画像をよく拝見しますが、ようやく今日は河原のノビタキを撮ってきました。しかし、遠いので被写体が全く小さい。近づくと飛んでいってしまうし、なかなか綺麗には撮らせてくれませんね。
c0213607_1943749.jpg
c0213607_19431542.jpg
c0213607_19432211.jpg
c0213607_1943299.jpg


②コサメビタキ
いつものコサメちゃん。いつ見ても愛くるしい目をしてます。
c0213607_19443896.jpg


③エゾビタキ
よく撮ったエゾビタキだが、ここでも数は多かった。
c0213607_19453646.jpg


④漢学者の頼山陽が詠んだ漢詩
c0213607_19463793.jpg


# by ai_and_ai | 2010-10-05 22:30 | Comments(0)
2010年 10月 03日

初めてのマミジロ・・・

昨日の続き・・・
オオルリ成鳥♂を今秋やっと撮れた日は、他にコサメビタキ、エゾビタキ、キビタキ♂に加え、初めてのマミジロ若♂を見ることが出来た。
(画像はクリックすると大きく見れます)

①初めて撮れたマミジロ♂若
ポイントに着いた時には時既に遅くメーンイベントは終わっていたよう。しかし又顔を出すというので待っていたがなかなか見れない。そのうち生い茂った樹木の上のほうに居るのが分かり、何とか隙間から撮ったのがこれです。
何やら樹木の果実を啄ばんでいるようでした。
c0213607_19173445.jpg

その後、下に降りて樹木の根元の所を何やらチラチラ動くので双眼鏡で見るとマミジロだった。これもわずかな隙間から何とか数枚撮ることができた。
c0213607_19203136.jpg
c0213607_19204241.jpg

マミニロ♀若も居たらしいが見ることが出来なかった。

②キビタキ
配水池でマミチャジナイを待ってる途中で出てきてくれたキビタキ。樹木の遠い間からかすかに見えていたのを撮ったのでいいショットではないが。
c0213607_19235962.jpg

このキビタキ♂は黄色部分が未だ薄いような感じ。
c0213607_19241321.jpg


③エゾビタキ
よく見かけたエゾビタキ。今秋は各所で撮ってはいるがこの日は細い枝どまりのを撮った。
c0213607_19283876.jpg

何やら銜えてきました。
c0213607_192853100.jpg

大きな口を開けて吼えてます。
c0213607_19295114.jpg


④コサメビタキ
いつみても可愛らしい表情の、夕陽を浴びたコサメちゃん。
c0213607_19322870.jpg


# by ai_and_ai | 2010-10-03 19:32 | Comments(0)
2010年 10月 02日

今秋はじめて真近の成鳥オオルリ・・・

先日はオオルリ期待で行ったが全くの気配がなくて、久しぶりに見たカワガラスのみであった。(これは別途に投稿します)
今日はオオルリ成鳥期待でお城に再度登城した。太陽の広場東でオオルリ若♂を見た人がいて探したが何やら樹頂を飛んでいるのが見えただけ。1周するもコサメビタキ、エゾビタキのみだった。配水池で構えている人が何人か居てた。聞くとマミチャジナイ狙いらしいが、ちょっとの後れでハイライトには間に合わず、撮れなかった。代わりにキビタキ♂もやってきて、遠いが何とか撮れた。今日はやっぱりオオルリはダメかっと思っていたが、聞いてみると出てる所があるって聞いて行ってみると、もう今は居ないっと。しかし、何やら奥の方で数人が構えているのが見えたので聞くとマミジロが出てるっというが、着いたときにはハイライトはここでも終わったいた。しかし、また出てくるっと言うので待ってると木々の間から顔をわずかに出してくれたので何とか撮れた。
帰る間際に今日、待望のオオルリ成鳥に出会え、何とかハイライトを迎えることが出来た。このオオルリ、何と毛虫みたいな物を捕食しては枝どまりでサービスしてくれていた。
(画像をクリックすると大きく見えます)
この日、撮ったコサメビタキ、エゾビタキ、キビタキ♂、マミジロ若♂この次に投稿します。

すっかり忘れておりました。昨年10月1日にブログを開設し丸1年になりましたのを。探鳥日記のつもりで始めたものの我ながら恥ずかしい限りのブログになってしまいました。あくまでも探鳥日記のつもりで撮ってきた顛末を記していきますので、今後とも拙いブログではありますが、よろしくお願いします。


c0213607_0563143.jpg

c0213607_18634.jpg
c0213607_181857.jpg
c0213607_182954.jpg

毛虫を捕食してきて、満足そうに食してた。この毛虫を銜えたままで頭を右に左に振り回し枝に叩きつけるようにしていた。食しているときの顔をよく見ると自然界の中で生きていく、きつい目をしているようにみえた。
c0213607_184198.jpg
c0213607_185923.jpg

あっという間に一気に飲み込んでしまったよう。食した後はサッパリした顔で何事もなかったかのごとく休んでいたが、そのうち、本丸の方に飛んでいった。
c0213607_1355014.jpg


# by ai_and_ai | 2010-10-02 23:21 | Comments(0)