一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 06日

あらためてバードウオッチング・・・

初心に帰って何はともあれ、鳥撮りのマナー、モラルを持って野鳥観察したいものです。

7月13日付の信濃毎日新聞の記事です。
“アカショウビン撮影にカメラの列 野鳥に与える影響懸念”
 ◆北信地方の林に今年も飛来した野鳥「アカショウビン」のつがいを撮影しようと、大勢のファンが訪れ、繁殖への影響を心配する声が上がっている。管轄する北信森林管理署(飯山市)は11日、巣に最も近く、ファンが集まる場所に「撮影禁止」の札を掲げたが、法的根拠はなく、12日も職員が巡回するまではカメラがずらり。関係者は、関心の高さは歓迎しながらも保護との両立に頭を悩ませている。
 12日午前7時半。つがいがすむ林には既に50人以上が集まっていた。林を縫う木道のうち、巣まで約25メートルと最も近い場所の手すりには「撮影禁止」の札。しかし約40人が三脚を立て、アカショウビンが羽ばたくたびに、シャッターの連続音が響いた。
 県内で絶滅の危険が増大しているとされるアカショウビンは、独特の体色からファンあこがれの野鳥だ。生息地の情報は口コミやインターネット上で簡単に入手できるという。埼玉県川越市の男性(70)は「体が鮮やかな赤できれい。見られる場所も少ない」と撮影に来た。
 北信森林管理署によると、この林では2007年にも営巣しかけたが、途中で姿を消した。08年はカメラの放列にさらされながらも繁殖に成功。今年は雄が5月下旬、雌が7月に入って飛来し、今は産卵前の大事な時期という。
 飛来とともに訪れる人が増え、6月下旬の週末は100人近くがカメラを構えたという。同森林管理署は「あまり人が集まると、つがいが警戒して巣を放棄してしまうかもしれない」と懸念するが、撮影を禁じることはできない。「禁止」の札は苦肉の策だ。
 「アカショウビンにとって大切な時期です。分かりますよね」。12日朝、林を訪れた森林管理署職員は、札がある木道に三脚を立てた人たちに、巣から約40メートル離れた場所から撮るよう呼び掛けて歩いた。多くは応じたが、中には「25メートルと40メートルで何が違うんだ」と言う人も。
 横浜市の男性(65)は「希少な鳥を守りたいという思いは分かる」としつつ、「せっかく遠くから来るので、良い写真を-とつい夢中になってしまう」。日本野鳥の会長野支部長の小柳守男さん(71)=上田市=は「注意を喚起しても強制力があるわけではなく、ファンの良識に任せるしかない部分もある」と話している。◆


皆さん、どのように思われますか?
こんな光景は野鳥観察していればよく見かけることがあると思います。

鳥見始めて未だ日も浅いですが、常識、モラル上問題ではないかと見聞きしたことをいくつか思い出しました。
①撮りやすいように、枝被れ、葉っぱ被れのないように被写体近くの枝や木を倒したり、切ったりする。
②断りもなくカメラを構えている人の前に出てきて撮る、そのために既に構えているこちらは、そのひとの頭しか見えない。
③歩道を一方的に遮断して撮影場所を確保する。
④既に張ってあるロープを乗り越えて柵内に入って撮る。
⑤営巣場所を探して孵ったヒナを持って帰る。
 ・オルルリを飼いたいといって町の鳥屋に行くと、近いうちに入るとのことで行ってみると8000円で買えたらしい。このオオルリは恐らく営巣場所を探して孵っているヒナを持って帰ってくる輩がいるらしい。
 ・ある大きな森林公園内のアオゲラの営巣場所で雛が孵ったのを確認し、翌日にその公園管理員が行くと何とその樹が切り倒されてしまっていた。

「自然環境の中にいる、ありのままの野鳥を観察する」というスタンスで常識ある、モラルのあるマナーで“撮らせていただく”という気持ちで、あらためてバードウオッチングをしていこうと思っております。
要は「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の気持ちで、いつもこれで良いのか考えながら撮ってみようと。

この北信地方で6/1に撮ったアカショウビン、この時も柵内に入って撮っていた輩もいたが。
c0213607_18523958.jpg
c0213607_18524759.jpg


# by ai_and_ai | 2010-08-06 18:52 | Comments(0)
2010年 08月 03日

昨年は・・・

夕方から翌日の早朝にかけて、山のサンちゃんの巣立ちになってしまって、さらに巣立ち後の雛の様子も誰も見れてなさそうだった。森の奥の方に連れて行ってしまったのか。
そういうわけで、今年のサンコウチョウの巣立ちの様子が撮れなかったので、昨年のを取り上げた。

巣から3羽の雛が今にも飛び出しそうな。
こんな大きな雛3羽がよくもこんな小さな営巣に入っていたね。
c0213607_1134545.jpg
c0213607_11342460.jpg


巣立つ瞬間
c0213607_1135426.jpg


巣立ち後の雛が枝止まりで♀親からの給餌の様子
c0213607_11353232.jpg
c0213607_11354478.jpg


# by ai_and_ai | 2010-08-03 18:27 | Comments(0)
2010年 07月 31日

遅かった・・・

28日には3羽が首を出している絵があった。それに給餌は♀だけしか行っていなかったとかで、この調子では巣立ちは日曜日か月曜日くらいかなっと思っていた。しかし、30日の様子では営巣の上で羽ばたいてたっという情報をもらい、急遽、例の山のサンコウチョウの巣立ちを見に久しぶりの鳥友と昼頃に行った。
しかし、前日の30日金曜日の夕方から翌日31日の土曜日の早朝にかけて3羽とも全て巣立ってしまったらしい。山に入る入口のところで、営巣場所をみて降りてきたバーダーに出会い、様子を聞くと、そんなことであった。
せっかく来たのだからっとポイントまで行ったが、巣がぶら下がっており、やはり、もぬけの殻であった。周囲は最初は鳴き声も無く静かなものだった。しかし、そのうち、例のホイッホイッホイッ・・・の声が聞こえてきて、探すと遠くて、暗いが、巣の近くに♂を見つけた。巣立ちしたばかりで雛は給餌が必要なので親と一緒に行動してるはずではないかと。
給餌は♀が一生懸命にやっていたので、おそらくは雛は♀親と行動してるのではないかと♀を探した。山の上の方を探していたら、地鳴き風のジッ・・・ジッ・・・ジッ・・・の声が聞こえ、♀が枝渡りしてるのが見えた。
しかし、連れているであろう雛3羽は見つけられなかった。おそらくこの♂、♀が生みの親と思われるが。
最初に見た♂はやはり頭部の冠部分が羽が無いようだった。

最初に巣近くで鳴いていた♂
頭部は今まで見てきた♂のよう。頭部の冠部分が毛がなく、むしり取られている感じ。尾っぽの飾り羽も以前に較べて短くなっていた。同種との争い、バトルでこうなったのかどうか。
この♂、よくここまで頑張ってきた。森の奥の方でゆっくり養生し、また来年ここに元気な様子を見せてくれ!!!
c0213607_12484594.jpg


巣から少し離れた所で見つけた♀
この♀もこんな時期まで頑張って無事に雛を巣立ちさせ、ご苦労さんでした。ゆっくり休んでチョー。
c0213607_12474898.jpg


雛が近くに居ると思うだが、見つけられない。

# by ai_and_ai | 2010-07-31 22:23 | Comments(0)
2010年 07月 29日

サンコウチョウの雛が孵る・・・

サンコウチョウの雛がそろそろ孵ってる頃ではないかと、26日に山に行った。事前に調査してきてくれた鳥友の話では24日には雛が孵っているのが見れたという。
ポイントに着くと3~4人のバーダーが既に撮っておられた。よく見ると3羽が孵っているようすが見れた。
♂、♀交互に給餌していた。この♂は頭のてっぺんの冠部分が毛が無くて、河童みたいな頭のようになっていた。考えられる理由は①他の♂とのケンカ、争ったため②ヒヨドリとの争いのため③こんな遅い時期にまで営巣活動をしてきたため・・・と思うが実際は分かりません。この日の鳥見で、隣にいたバーダーの話では去年もこんな時期の♂は冠部分の毛が無かったらしい、この時は3回目の営巣だったという。雛が孵ったというこの営巣状況も何回か放棄した上での今回の営巣かどうかは分からないが、この場所のすぐ近くの巣を放棄したという話も聞いていると、③のような気もするが。
いづれにしてもこの♂のサンコウチョウは何かしら、変な感じがする。

(1)♂がやってくる。
c0213607_19221589.jpg

雛が3羽居るのが分かります。
c0213607_19231675.jpg

餌を銜えて巣に戻ってきた所、大きな口を開けて餌の催促をしている。
c0213607_19241085.jpg

給餌している。
c0213607_19245287.jpg


(2)♀がやってきた。雛が大きな口を開けてるが、♀の方を向いていないのは近くに♂がいるからと思われる。
c0213607_19254110.jpg

給餌してる。
c0213607_19262268.jpg


(3)♂は給餌後、少し離れた木立の枝にじっと止まっていた。この♂の飾り尾っぽは比較的長いように見えた。
c0213607_19315185.jpg


この雛の巣立ちは、月末か月初めくらいか、それとももっと早いか?いづれにしても、こんな遅い時期になってしまったので外敵にやられずに、元気に巣立って欲しいものだが。

# by ai_and_ai | 2010-07-29 19:37 | Comments(0)
2010年 07月 28日

サンコウチョウの抱卵中・・・

7/10にサンコウチョウの抱卵中を確認できた。
抱卵開始から2~3日経ったころと思われる。30分か1時間単位で♂、♀が入れ替わりで交替で抱卵していた。この調子で行けば21日から23日頃に雛が誕生かしら?っと思っておりました。
目のコバルトブルーのアイリングの幅は♂の方が♀に比べ太いですね。

(1)♂が来てから抱卵。
c0213607_17454150.jpg

抱卵に入っても・・・ホイッホイッホイッっと鳴いていた。
c0213607_1746097.jpg
c0213607_17461666.jpg


(2)♀が交替でやってきた。
c0213607_16493088.jpg

c0213607_17464368.jpg

抱卵中も♀は特に周囲を観察し、キョロキョロっと顔をあちこち向けて危なくないかっと見回しているように見えた。近く蜂みたいなものが飛んできたときには、巣からのり出して蹴散らかしていた。
c0213607_17472716.jpg

c0213607_17474726.jpg

巣からのり出して監視していた。
c0213607_1748567.jpg


# by ai_and_ai | 2010-07-28 17:37 | Comments(0)