一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 28日

今年も来てくれたアオバズク・・・

毎年、時期を同じくして地元の神社にやってきたアオバズク・・・

昨年は5月24日撮影だったので、そろそろではないかと25日に覗いてみた。

おっ・・・ちゃんと座ってるではないかと。

来たばかりでじっとしてるだけで何らパッとしないショットではあるが。



地元のアオバズク(5月25日撮影)
顔を見ると何だか昨年来てくれたお父さんとは違うような感じがする。
昨年はほっそりしてて、鼻筋まわりが白かったが今年のはややふっくらして白くない。
昨年とは違う個体なんでしょうか???
どういう連れ合いで同じところにやってくるのかはわかりませんね・・・
昨年は7月中旬の巣立ち雛は見れなかったが今年は是非とも披露してもらいたいものです。

c0213607_22190443.jpg


c0213607_22190772.jpg


c0213607_22191202.jpg

c0213607_22191832.jpg


イソヒヨドリ
このアオバズク周辺でイソヒヨドリが頻繁に見られた。
♂も♀も仲良く採餌してるようなのでこの近くで営巣し、子育て中のよう。

c0213607_22192324.jpg


c0213607_22192910.jpg



# by ai_and_ai | 2017-05-28 22:22
2017年 05月 26日

深山はいろいろ・・・

アカショウビンを求めてまた深山に詣でてみたものの声はすれど姿は見れず。
姿を見てる方はおられるのでチャンスはあるはず、あとは鳥運があるかどうか・・・
赤いのはダメなものの、青いのは見れました。
よく鳴いていたオオルリ、営巣作りを始めてた?サンコウチョウにクロツグミまで。



オオルリ(5月23日撮影)
新緑を背景の青い鳥、オオルリはよく映えます。
こっちを向いて欲しかったが・・・

c0213607_17490342.jpg


c0213607_17485361.jpg


c0213607_17485940.jpg


クロツグミ
オオルリを狙っていたときに枝に飛んできたのはクロツグミ♀のようだった。
ピントがイマイチ・・・

c0213607_17490867.jpg


サンコウチョウ
山に登ってた時に目の前に現れたサンチャン、相手もびっくりしたよう・・・
目の前でバッタリ出会ってしまったので相手も尾羽丸めてブランコ状態?

c0213607_17501588.jpg


ピントがバッチリなら良かったのですが・・・

c0213607_17502086.jpg


間に細い枝があってなかなかピントが合わなかった。
シャッターチャンスを逃してしまった。

c0213607_17501130.jpg

営巣作り?真っ最中のサンコウチョウに出会う。
営巣の縁をクモの糸?みたいなので貼り付けてるようだった。
営巣までの距離が遠くて見え難かった。
♀がよく来たが♂も来ることがあったが・・・
c0213607_17513358.jpg


c0213607_17513690.jpg


c0213607_17514189.jpg


c0213607_17540912.jpg


c0213607_17541467.jpg


c0213607_17541865.jpg





# by ai_and_ai | 2017-05-26 18:04
2017年 05月 24日

フクロウの森に行ってきました・・・

倉敷に家族で行ってきました。
江戸時代に幕府直轄地「天領」として、大原美術館の大原家を初めとする倉敷商人の活躍で発展してきた町。
今も昔の町家さながらの佇まいをみせている倉敷美観地区を訪ねてみた。
「天領」といえば昨年行った大分県の日田市もこのような町並みだったのを思い出した。
駅前のこの地区一帯は白壁土蔵や軒を連ねる格子窓の町家など大変綺麗に整備されていた。
この地区内に「倉敷フクロウの森」があったので覗いてみた。

「フクロウの森」ってそういえば全国にいくつかあるんですね。



カメラを持参してなかったのでとりあえずスマホで撮ってみたので画質はイマイチ・・・
世界のフクロウ(5月22日撮影)
喫茶店でフクロウに触れ合えるって言うのを聞いてましたが行ってませんでした。
今回はいい機会だと思っていろんなフクロウ見たさに入ってみました。
TVなどで大柄のカラフトフクロウなんか見たことはあるのですが実物は初めて。
14種類のフクロウが居てました

①カラフトフクロウ
触れ合えるっていうので手の甲で背中を撫でてみた。
大きな体でがっちりしてると思いましたが骨格はとても小さいよう。
北極圏の厳しい寒さに耐えられるように厚い羽衣でふっくらして大きく見えるんですね。
体重はとても軽いらしい。

c0213607_10135536.jpg

c0213607_10135917.jpg

②アフリカオオコノハズク
海外では”白顔フクロウ”と呼ばれてるとか。

c0213607_10152929.jpg

c0213607_10153402.jpg


③アフリカワシミミズク

c0213607_10173336.jpg


④アメリカワシミミズク

c0213607_10181822.jpg


⑤シベリアワシミミズク

c0213607_10185646.jpg


⑥ベンガルワシミミズク

c0213607_10194464.jpg


⑦スンダオオコノハズク

c0213607_10205438.jpg


⑧ニシアメリカオオコノハズク

c0213607_10212698.jpg


⑨チャコモリフクロウ

c0213607_10221186.jpg

⑩メガネフクロウ
南アメリカからメキシコ南部までの中央アメリカに生息。
まるでメガネをかけてるように見えることから命名された大型のフクロウ。

c0213607_10224616.jpg

⑪モリフクロウ

c0213607_10282426.jpg

⑫メンフクロウ
これもよくTVで見られますね。

c0213607_10290563.jpg

c0213607_10291101.jpg

⑬ニュージーランドアオバズク
これは体長30cmをやや超えるくらい。
日本に渡って来るアオバズクは体長30cm未満なのでやや大きいということになる。
日本でもうすぐ神社なので見られるようで楽しみですね。

c0213607_10391926.jpg


⑭シロフクロウ

c0213607_10315852.jpg



# by ai_and_ai | 2017-05-24 12:32
2017年 05月 19日

今季の深山のサンチャンは・・・

アカショウビンやサンコウチョウのメッカ?のこの深山は今季は不発続き・・・

今季二度目の訪問ですがホイッ・・・ホイッ・・・の声は殆ど聞こえてきません。

聞くところによると早朝の早い時間帯では下の方でよく囀ってるとか、姿は見えない。

8時を過ぎると殆ど声がなく、シーンと静かな深山の佇まいに・・・

そんな中、目の前に来てくれたサンチャンですが、どういうわけか写りはイマイチだった。

何だか今季はここは少ないような気がするが・・・


サンコウチョウ(5月19日撮影)
近くに♀も見れたのでペアーが出来てるように思うのですが
この後、営巣して繁殖してほしいものですがどうなるんでしょうか・・・

鳴いてくれませんので急に目の前に来てびっくりしました。
余りに近かったので尾羽が入りません。
新緑の中でのサンコウチョウもいいものです。

c0213607_20522318.jpg


c0213607_20522883.jpg


c0213607_20523201.jpg


このときは向こうの方の枝先に止ってくれました。

c0213607_20523691.jpg


c0213607_20524147.jpg





# by ai_and_ai | 2017-05-19 20:55
2017年 05月 16日

MFでオオルリに出会う・・・

マイフイールドにもキビタキやオオルリも見られるようになって来ました。
しかし、キビタキはいつものポイントで待つもチラ見だけであまり出てきてくれない。
オオルリはというと奥の方でいい声であちらこちらで囀ってました。


オオルリ(5月14日撮影)
囀りを聞いてると3~4羽のオオルリが居てるようだった。
♂だけかと思ってたら何と♀も観察することが出来た。
この調子では小さな川も近くにあるのでこの地で営巣してもらいたいものだ。

c0213607_20005787.jpg


c0213607_20010107.jpg


c0213607_20010678.jpg


c0213607_20010937.jpg


c0213607_20011339.jpg


c0213607_20011746.jpg


このポイントで♀を見かけるのは初めてです。

c0213607_20015127.jpg


c0213607_20015433.jpg

顔に枝が被ってしまった・・・

c0213607_20004866.jpg


c0213607_20015834.jpg



# by ai_and_ai | 2017-05-16 20:05