一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アトリ ( 17 ) タグの人気記事


2017年 11月 05日

やっとミヤマホオジロに出会う・・・

今日こそはミヤマホオジロを探そうといつもより早めに到着した。

誰も居ないと安心なのか、目の前から数羽が飛び上がったのが見えた。

またアオジかと思っていたら何とミヤマホオジロ♂、♀だった。

このところMF詣でしてるのですがなかなか出会えていませんでした。

未だ来てないのかと気にはなっていたが4~5日前から来てたよう・・・




ミヤマホオジロ(11月5日撮影)
久しぶりのミヤマンです。落ち着いてくれば充分に撮影させてくれるでしょう。
いいショットにはならなかったが初見なので止むを得ませんね。
これからの出会いが楽しみです。

c0213607_23083576.jpg

c0213607_23084523.jpg

c0213607_23085152.jpg

c0213607_23085618.jpg

c0213607_23090185.jpg


アオジ
アオジがよく出てきてくれます。

c0213607_23090588.jpg
c0213607_23091009.jpg


アトリ
アトリも数羽が飛び立ちました。

c0213607_23091483.jpg



by ai_and_ai | 2017-11-05 23:12 | Comments(2)
2017年 10月 29日

北摂の山間にアトリがやって来た・・・

北摂の山間にムギマキを求めて探鳥したが未だやって来てる様子は無かった。

カラスザンショウの実はやや赤くなってはいるが熟れてるようには見えなかった。

もうしばらくして黒っぽく熟れてくるようになれば出会えるようになるのかも・・・

そんなわけでこの日は水場をウロウロと徘徊したが上の方は何ら静かな感じ・・・

下の水場で待ってるとアトリの群れが慎重な雰囲気で松の木から降りてくれた。



アトリ(10月27日撮影)
群れてきてもなかなか下の水場には降りてくれません。
松の木に隠れて様子を伺ってることが多かった。ちょっと動いても飛んでしまう。

若い?♂と♀が水飲み場でバトルのような・・・

c0213607_17584240.jpg


c0213607_18001897.jpg


c0213607_18004285.jpg


c0213607_18004679.jpg


c0213607_18005007.jpg


c0213607_18005482.jpg

ゴロゴロっと?水を飲んでるような・・・

c0213607_18005724.jpg

上の水場はかろうじてヤマガラがちょこっと出てきてくれましたが緑を背景に期待の野鳥が
来てくれたら申し分なかったんですが・・・

c0213607_18010280.jpg



by ai_and_ai | 2017-10-29 18:05 | Comments(0)
2017年 03月 21日

山の水場にいろいろと・・・

山間の渓流沿いではカワガラスが例年のように巣立ちを迎えたようです。

例年といっても今季はどうも1週間ほど巣立ちが早かったようだという声が。

そんな様子を眺めながらこちらはカケスが水場に来るという北摂の軽井沢?へ転進した。

到着すると”カケス、ちょっと前に来てたのに・・・”っていういつものセリフ・・・

2回目の登場を待つことにしたが3時間後らしく、それまで幕間つなぎにいろんな野鳥が

ひっきりなしにこの目の前の水場にきては水浴びやら水飲みに来て楽しませてくれました。

肝心のカケス、3時間前に何処からともなくすっと億のほうの木々に現れた。

ちょっと気づくのが遅かったので全身が見えず、枝からちょこっと見えただけ。

本来はそこからすっと水場に降りてくれるようなんですがこの時は飛んでいってしまった。




水場の野鳥の水鏡いろいろ(3月20日撮影)
ヒガラにアトリ、マヒワ、エナガなどが入れ替わり立ち代りにやって来た。

c0213607_16523964.jpg


c0213607_16524639.jpg


c0213607_16524857.jpg


c0213607_16525266.jpg


c0213607_16525577.jpg


c0213607_16525921.jpg

ヤマガラ、ピンボケになってしまったがゴジュウカラみたいな格好なんで
慌ててシャッター押しましたが・・・

c0213607_16530248.jpg

これが本命のカケスだったんですが気づいたときにはこんな木の後ろで・・・
そのまま一目散に飛んで逃げてしまったような、あ~あ~・・・

c0213607_16530927.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-21 17:25 | Comments(0)
2016年 12月 07日

久しぶり、アトリに出会う・・・

この時期になるとあの赤い実を啄みに来るウソの到来が気になります。

一昨年は12月25日に出会いがありましたが見られるとなれば中旬頃?

未だ早いかなって思ってたが行ってみると気配がありません・・・

やはりウソの到来は未だ早かったようで、アトリが迎えてくれた。



アトリ(12月7日撮影)
ウソがこの赤い実を啄みに今季、来てくれるんでしょうか?
来週辺りに期待したいものです。
気配はなかったものの5~6羽のアトリが来て赤い実を啄んでた。

c0213607_19200938.jpg


c0213607_19202106.jpg


c0213607_19202618.jpg


c0213607_19203093.jpg


c0213607_19203481.jpg


c0213607_19203907.jpg


c0213607_19210365.jpg


c0213607_19210840.jpg


c0213607_19211333.jpg


赤い実を一杯啄んだ後、ぐっと羽伸ばしをしてくれた。

c0213607_19211816.jpg


c0213607_19213952.jpg

奥のほうでツグミも何やら実を啄みに来てた。
c0213607_19214749.jpg


エナガの群れも・・・

c0213607_19214371.jpg





by ai_and_ai | 2016-12-07 19:25 | Comments(0)
2015年 10月 20日

本命に出会えず・・・

北摂の山にもムギマキが来てるっていうことで出かけてみた。
しかし好物?のカラスザンショウの実がまだ熟してないのが原因なのかは分からないが、ムギマキの本格的な到来は未だのようだった。
聞くところによると食べ頃なのかどうかを見極めに偵察に?このカラスザンショウの木には来てるとか。
腰をすえてじっくりと撮らせてもらうというわけにはいかないようだ。
そんなわけでやむなく?水場で待つことにした。


ツーショット(10月20日撮影)
実が熟すまでには今しばらくの時間が必要に思えた。
例の水場でも本命に出会えるかもしれない期待感を持って待機することにした。
相変わらずこの水場はいろんなのが来て楽しませてくれる。

アトリとサメビタキ

c0213607_19532458.jpg

アトリとキビタキ♀
c0213607_19532467.jpg

アトリとヤマガラ
c0213607_19532403.jpg
キビタキ♀同志

c0213607_19532423.jpg

キビタキ
♀ばかりが目立ちますがこの時は結構♂が来てくれました。

c0213607_19541433.jpg


c0213607_19541466.jpg


c0213607_19541471.jpg
サメビタキ
サメビタキも良く見られます。

c0213607_19575084.jpg


c0213607_19575021.jpg

アトリ
頻繁にこの水場に来てくれた。

c0213607_19582334.jpg


by ai_and_ai | 2015-10-20 20:02 | Comments(0)
2014年 12月 23日

ウソのはずがあっ鳥に!・・・

日本では「一年中で最も昼が短く夜が長い日」のことを冬至と呼び今年は昨日でした。

しかし、天文学的には日本では、日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり、

日の入りが最も早い日は冬至の半月も前頃になるとか。

これから日の入りが遅くなると思ってましたが既に半月も前から遅くなってたんですね。


赤い実を啄ばみに来るウソが見れそうだっていうので行ってみた。

着くのが遅かったのか???ウソは来なかった・・・

ウソを見に行ったんですがアトリに化けて?しまいました。

この一帯に赤い実の木が何本かあって、これを食べにいろんな野鳥がやって来てるよう。

ツグミの群れが結構多い、アトリにシロハラ、メジロが啄ばみに。


アトリ
何個も赤い実を啄ばんでは口一杯にしていた。
ある程度満腹?するといつのまにか居なくなってしまう。
その内何処からともなくひょこっと群れて出てきたりしていた。

c0213607_16595971.jpg

c0213607_17005220.jpg
c0213607_17005243.jpg
c0213607_17011493.jpg
c0213607_17011403.jpg
c0213607_17011434.jpg
ツグミ
ツグミが群れて実を一杯つけた、この大きな木にやってきた。
c0213607_17020869.jpg
c0213607_17020849.jpg
c0213607_17020842.jpg
シロハラ
赤い実や黒い実を啄ばんで・・・
c0213607_17024979.jpg
c0213607_17024941.jpg
c0213607_17024919.jpg




by ai_and_ai | 2014-12-23 17:05 | Comments(0)
2014年 10月 31日

秋のヘグラ島への遠征(4)・・・

ヨーロッパビンズイとアトリ。

この春のヘグラ遠征で帰りがけに出会ったヨーロッパビンズイ・・・?

このみちの専門家がヨーロッパビンズイと言われてましたがどうしても分かりませんでした。

その後、野鳥に詳しい方から”やはりそうでした”と連絡いただきましたが。

ビンズイって××タヒバリやらあってその同定が難しいです。

今回でもその難しいヨーロッパビンズイに出会えました。

来られていた方からは”ヨーロッパビンズイです”って・・・

ヨーロッパビンズイ
ビンズイの同定は私にとっては大変厄介です。
いわゆるビンズイとの相違は分かるのですが××タヒバリとの区別が今ひとつ。
撮るとなるとこれは大変フレンドリーで、いろんなポーズをしてくれました。
海岸のゴロタ石で夕陽を浴びて・・・

c0213607_08283844.jpg
c0213607_08283883.jpg
c0213607_08283857.jpg
c0213607_08292567.jpg
c0213607_08292689.jpg
c0213607_08292664.jpg
c0213607_08295115.jpg
c0213607_08295172.jpg
c0213607_08295183.jpg


アトリ
水場には頻繁にアトリが集団で降りてきては水浴びをしてました。

c0213607_08312845.jpg







by ai_and_ai | 2014-10-31 08:34 | ヘグラ島遠征 | Comments(0)
2014年 10月 27日

秋のヘグラ島への遠征・・・

24日から26日まで秋のヘグラ島遠征に行ってきました。

秋にヘグラ島には行ったことがなかったので大変興味もありました。

シーズンの5月には珍しいのやら、多種多様な多くの野鳥に出会えますが・・・

10月の秋には立ち寄る野鳥は少なく、どちらかと言うと珍鳥期待が多いとか。

こちらとしては特に珍鳥を追いかけるわけではないですが、この時期は初めてなので・・・

この三日間、快晴に恵まれ、日中は暑いくらい。

流石に出会える野鳥の種類は少ない中、ミヤマホオジロ、カシラダカは行く先々で出会えた。

そんな中で初見のベニヒワ、ハシブトアカゲラに加えて

帰りの直前には何と本命のヤマヒバリまで出会うことが出来た。

さらにはオオマシコまで出会うことが出来たのにはラッキーでした。

同行の鳥友の鳥運にも恵まれ楽しい遠征でした。

珍しいのやら普通種やらいろいろとありますがとりあえずは真っ赤なオオマシコからの投稿を・・・


物凄いアトリの群れ
深夜に出発し朝の6時半頃の輪島手前でアトリの群れに遭遇した。
外気温5℃の中で、朝日を受けて一斉に田んぼから飛び立つアトリ数百羽?が・・・
車から降りてとりあえず何とか撮りましたが。

c0213607_22455857.jpg


画像をクリックするとやや大きく見れます。

c0213607_22455867.jpg


見事なアトリの群れ・・・

c0213607_23134524.jpg
c0213607_22455848.jpg



オオマシコ
関西方面では冬にやってきて出会えるチャンスもありますが・・・
この時期に真っ赤な♂成鳥に出会えるなんてびっくりしました。
この1羽しか見られないらしく、雑木林と船溜まりとの間を行き来して・・・
真っ赤、綺麗なオオマシコでした。

雑木林の中で
前に枝があってしゃがみ込んで手持ちで下から撮りました。
ブレブレでしたが・・・

c0213607_22541307.jpg
もう少し良いのを撮ろうとしましたらこの岸壁のほうまで飛んでいった。

その岸壁の係留場所で・・・

c0213607_22541339.jpg
c0213607_22541355.jpg

c0213607_22544670.jpg


係留場所近くの草の種子を啄ばんでるようでした・・・

c0213607_22544645.jpg
c0213607_22553686.jpg
c0213607_22553797.jpg


背景の青いのは海です。

c0213607_22544643.jpg





by ai_and_ai | 2014-10-27 23:02 | ヘグラ島遠征 | Comments(0)
2012年 10月 26日

冬鳥アトリも・・・

マイフイールドにムギマキがやって来てから一週間以上にはなる。
今日は1時間以上待っても出てきません。
ようやく出てきてくれましたがチョコットだけ。
旅鳥なのでそろそろ終盤か?
このポイントはその状況を見ただけでMFを探鳥した。
シメ、イカルにアトリを見た。
他ではカシラダカも見れたらしいとかでここにもそろそろ見られるか。

〇アトリ
いつもは群れで居るはずだが見れたのは1羽だけがチョコンと枝止まりで佇んでんいた。
取り残されたのかどうかは分からないがこれからどのように群れに合流するのかな?
どうも♀の幼鳥か?
c0213607_2273894.jpg
c0213607_2274571.jpg
c0213607_22752100.jpg
c0213607_2275871.jpg
c0213607_228583.jpg
c0213607_2281155.jpg

枝止まりから下草の方に降りていって、何やら口に入れようとしていた。
c0213607_2281927.jpg


〇マヒワ
先般に北摂山の探鳥時にマヒワに出会えたMFにもマヒワがやって来てくれた。
c0213607_22131725.jpg


by ai_and_ai | 2012-10-26 22:13 | Comments(0)
2011年 12月 19日

やっとツグミが・・・

アオゲラ期待したがやはりダメみたい。このところ定時に出てたが何処を徘徊してるのかここには来てないよう。気まぐれなのか、又の出を期待しよう。やっとツグミに出逢えた。またツグミっかっというほど昨年は見れていたが、今季は出が遅いのか少ないのか、これからなのか分からないがやっと見れました。アトリはここにはまだまだ居ついてるよう。

〇ツグミ
・・・シベリア東部からカムチャツカ半島にかけて繁殖し、冬季は日本、中国南部に渡って過ごす。日本には冬鳥として渡来する。・・・ということ。遠いところからはるばる渡って来たんですね。
c0213607_19213174.jpg
c0213607_19214073.jpg
c0213607_19214856.jpg


〇アトリ
まだアトリが群れてました。一斉に地面に降りて採餌してました。これで10羽以上居ます。
c0213607_19215843.jpg


by ai_and_ai | 2011-12-19 19:19 | Comments(0)