一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ウソ ( 38 ) タグの人気記事


2011年 02月 22日

ようやく赤い子が・・・

今日は天気が良く、おまけに風もなく、むしろ暑いくらいでした。昨日とうって変わって鳥の出も比較的良くなった。といってもひと頃に較べると数は少なくなってるような気がしますね。そんな中で出だし早々から何かしら高い木の上を見ると新芽を啄ばんでる。最初はベニマシコかもっと思っていたがよく見るとウソではないか。久しぶりの登場!!!しかし撮るにはいい条件ではなかった。空抜け、枝被りでいい色合いが出そうにもなかったが。
松の上の方を見てるとヒガラが慌しくちょこまかと動きが早い。、ベニマシコはいつも出るポイントには見れなかった。しかし、いつものポイントとは違うが、何気なくブッシュのあたりをふと見ていたら何かしら赤っぽいのが見えた。赤い綺麗なベニマシコ。豆粒ほどで遠いがとりあえず撮った。そのうち飛んで、高い木の枝に止まった。

①ベニマシコ♂
このところ見れなかったベニマシコ♂。顔を出してくれた。綺麗な赤い子でした。
c0213607_2222258.jpg

最初に遠くに見えた時はこんな様子だった。ブッシュの中に赤いのが見えた。
c0213607_22221116.jpg
c0213607_22222176.jpg
c0213607_22222967.jpg


②ウソ
久しぶりのウソ。
c0213607_22252080.jpg
c0213607_22252816.jpg

”かくれんぼ”するみたいに木の向こう側から身体をひねって顔だけをちょこんと出してくれました。
c0213607_22253655.jpg
c0213607_22254448.jpg
c0213607_22255145.jpg


③ヒガラ
松葉の中から顔を出し、早い動きをしていた。
c0213607_22265884.jpg


by ai_and_ai | 2011-02-22 22:34
2011年 02月 13日

今日はもうひとつ・・・

今日は入ってすぐに久しぶりにウソに出会え、幸先が良いかなっと思っていたが、ベニマシコは出が悪く、出てきてもピントを合わせるまもなくすぐに潜られてしまう、ミヤマホオジロ♂、♀も見れたが咄嗟に逃げられてしまうような感じだった。ベニマシコは数ショットしか撮れなかった。そんな中でルリビタキは相変わらずサービスがよかった。禁断の林でケッ・・・ケッ・・・のアカゲラらしい声が聞こえてきたが枝被りバリバリのところでは見つけられなかったのが残念。

①ウソ
入ってすぐに出会えたが枝被れの、空抜け。よく見ると口に何か挟んでますね。何の新芽かわかりませんがやはり啄ばんでるよう。どこも抜けた所がなく、そのうちに飛んで行ってしまった。
c0213607_17252496.jpg
c0213607_17253553.jpg
c0213607_17254294.jpg


②ベニマシコ
今日のベニマシコはなかなか手強かった。出てきても撮らせてくれなかった。
c0213607_17274734.jpg
c0213607_17275649.jpg


③ルリビタキ
c0213607_17281693.jpg
c0213607_17282484.jpg
c0213607_17283488.jpg


④マヒワ
c0213607_17285645.jpg


by ai_and_ai | 2011-02-13 18:35
2011年 02月 08日

久しぶりにソウシチョウを・・・

出掛けはいつも寒い、オマケに北風が強かったが森の中を登ったり降りたりしてると暖まってくる。ウオーキングといっても結構いい運動になる。そんな中で今日はどういうわけかベニマシコはどこも出が悪くめずらしく見れなかった。天気も良くなってきたし、晴れてもきたのに出てこなかったね。奥の森は相変わらずルリビタキ♂、♀が出迎えてくれていた。ここからの途中の、自ら切り開いたブッシュのささやかな広場を覗いた帰りがけの石垣のところで目の前を見るとソウシチョウが餌を探しているのに出会った。いつもはブッシュの中を忙しなくちょこちょこと動き回っていて表には出てきてくれない鳥だが、こんな陽のあたる所でお目にかかるとは。
帰りがけの坂道で目の前をルリビタキ♀が見送ってくれたが、これがまた何とドンドンこちらに近づいてくる。まいった、まいった。出口の所の、以前ウソが桜の新芽を啄ばんでいたところを何気なく見ると、4羽のウソが居た。オスを探したがどういうわけか♂は見えなかったのが残念。

①ソウシチョウ
嘴は赤いようなので、成鳥と思われる。
c0213607_19223268.jpg

c0213607_19221442.jpg
c0213607_19222472.jpg

c0213607_19224154.jpg


②ルリビタキ
ここのルリビタキ♂は綺麗。
c0213607_1924431.jpg
c0213607_19241493.jpg


③ウソ
同じ桜の木の新芽を啄ばんでいたが、空抜け、枝被りなので撮りにくかった。
c0213607_19254018.jpg
c0213607_19254855.jpg


by ai_and_ai | 2011-02-08 19:30
2011年 02月 01日

ウソのフイーバー・・・

今週は寒さが一段落しそうで、今日も天気が良く鳥見には好都合だった。相変わらずベニマシコは中に潜ってしまっていて表には顔を見せてくれませんね。前半はカシラダカに少しだけ顔を見せたベニマシコ、アオジ、ルリビタキ、後半はウソのフイーバーで♂1羽に♀3羽が存分にサービスしてくれたが何しろ殆ど頭上なので首が痛い。おまけに枝被れバリバリでいいのが撮れません。そんな中でひょいっと被れ無しの所に出てきたシーンもあったのが良かった。

(画像をクリックすると大きく見れます)
○ウソ
よく見ると♂1羽が♀3羽を従えてコバノミツバツツジの冬芽などの木の実を食べていた。殆ど食べっぱなしでよくもこんなに食べるものだなっと思いました。1時間近く4羽があちらこちら飛び回りながら食べていた。
終盤は桜の木にやって来て新芽を啄ばんでいたよう。これからは桜の木の新芽が美味しそうなのかも。
喉(のど)のところが赤というかピンク色になってますね。背中の羽は薄い青色と濃紺色との取り合わせが何とも鮮やかで綺麗ですね。
c0213607_21534652.jpg
c0213607_21535566.jpg
c0213607_21542366.jpg

これは♀です。
c0213607_21543268.jpg

c0213607_21544094.jpg

こんな枯れたようなものを啄ばんでいたようですが、中に実が入ってるのでしょうか?
バリバリっと口に入れてますね。
c0213607_21554110.jpg

頸をいっぱいに伸ばして実を啄ばんでいた。
c0213607_21555065.jpg
c0213607_21582863.jpg

桜の木のところで新芽を啄ばんでいた。
c0213607_2211494.jpg
c0213607_2212365.jpg
c0213607_2213224.jpg


by ai_and_ai | 2011-02-01 22:02
2011年 01月 27日

綺麗なルリビタキが・・・

今日はベニマシコは臆病でブッシュに入ったままで顔を見せてくれませんでしたね。代わりにルリビタキ♂が気持ちよくポーズをとってサービスしてくれました。
帰りがけにウソを見たが♂はさっと飛び移ってしまって撮れなかった。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①ルリビタキ
ルリビタキ♂が珍しく出てきて気持ちの良いサービスをしてくれた。
c0213607_22392288.jpg
c0213607_22393539.jpg

何やら上から覗き込んでますね。
c0213607_22394438.jpg
c0213607_22395315.jpg
c0213607_2240334.jpg

奥の方では♀が餌の実をホバリングしながら啄ばんでいた。
c0213607_2240149.jpg
c0213607_22402392.jpg


②ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ♀がカシラダカに混じって飛んでいた。♀はよく見かけますが、♂は最近は見られませんね。
c0213607_2249277.jpg


③ウソ
♂と♀がツガイで居たようですが、♂には逃げられてしまった。しかし、♀の方は被りもなく撮れたのが良かった。
c0213607_22563623.jpg
c0213607_22564510.jpg


by ai_and_ai | 2011-01-27 22:58
2011年 01月 25日

アカウソなど・・・

昨日のハギマシコを見たついでにウソを撮ることができた。よく見ると4蚊等5羽くらいが高い木々の上で餌の実を啄ばんでいた。ウソといっても所謂アカウソもウソに混じっていた。
帰りがけに川沿いで久しぶりのカワガラスが飛び回っていた。おまけにいつもよく見かけるコゲラだが、このコゲラ、よく見ると後頭部の左右に赤い羽が見える。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①ウソ
腹部のところが赤っぽいアカウソ♂がいた。
c0213607_20495436.jpg

普通の通常のウソ♂
c0213607_2050483.jpg
c0213607_20501778.jpg
c0213607_2050257.jpg

アカウソとウソとの取り合わせ
c0213607_20503374.jpg

アカウソの♂、♀の組み合わせ
c0213607_20504356.jpg


②カワガラス
c0213607_20544816.jpg


③コゲラ
図鑑によると「コゲラは雌雄ほぼ同色で、♂は後頭部の左右に赤い羽が数枚あるが、普通は見えないことが多い。」と記述されている。
いつものコゲラかっと思ってみていたが、よく見ると何やら赤っぽいのが見える。これはコゲラの♂ではないかっと。
c0213607_2056846.jpg


by ai_and_ai | 2011-01-25 20:56
2011年 01月 05日

ウソがMFに・・・ほんと???

今日は近くのところ、2ケ所を回った。最初は全く気配なかった。1~2週間後に再度行ってみよう。帰りに近くのお寺に寄って、“家内安全・健康祈願”などのお参りしていつものMF(マイフイールド)を覗いてみた。
ここも鳥の出も無く、気配は無かったが3人グループのバードウオッチャーに聞くと奥の方でアオゲラを見たっという。奥の方は他の人からもアオゲラを見たっという話は聞いてるがこちらは奥の方では見れてない。そのつもりで行ってみたがダメだった。ここはいつものカシラダカに加え、今日は珍しくカケスをここで見たが綺麗には撮れなかったのが残念。それにミヤマホオジロ♀の枝止まりもあったがピントが合わず撮れなかった。
今日は坊主やなっと思って帰る途中、出口近くで「フイフイ・・・フイフイ・・・」の声が聞こえた。灰色っぽくって最初は一瞬何の鳥かは分からなかったが何とウソ♀ではないかっと。お寺に寄ってお参りしたのが早速にご利益があったのかもしれない。
この日の、この時間帯で、この場所で、まさにこれこそ一期一会の出会いですね。
そのうちによく見てみると赤いのも居る。ウソ♂。全部で3羽が居たよう。飛び移ってはいたが手持ちではあったが何とか撮った。ウソはあちらこちらで出てるっと言う話があるがこのMFにやっと来てくれた。1日で抜けてしまわないで、しばらくは居ついて欲しいものだが、どうだろうか。

(画像をクリックすると大きく見れます)
○ウソ
12月中旬にもウソを見に行ったが、このMFで今期見れるとは思っておりませんでした。一昨年はこのMFにもやって来てたとは思うんですが、いきなり目の前に現われたもので、バッグの中にしまいこんでいたカメラは慌てて取り出し 撮りだした。枝被りを避けて撮ろうとしたりするが、相手も飄々と飛びまくっておりました。
手持ちで何とか撮り捲ったが、後でみるともうひとつピン甘だったのが悔やまれる。それにISOもAUTOのままだったので当然、3200。
・まず始めに♀が出てきてた。
c0213607_20315849.jpg
c0213607_2032103.jpg


・そのうちに♂が出てきた。♂1羽、♀2羽の全体で3羽が出てきてたよう。
c0213607_20333894.jpg
c0213607_20334916.jpg
c0213607_2034153.jpg
c0213607_20343187.jpg

見返りウソになりました。
c0213607_20344021.jpg


by ai_and_ai | 2011-01-05 20:37
2010年 12月 16日

ウソが見れた・・・ホント・・・

先日のオオマシコを撮りに行ったときにはウソの声は聞こえたものの、見れなかった。今日はウソが見れそうとのことでやや遠方ではあるが、乗り継いで行ってみた。今期最も寒い日和で、曇天で撮影には芳しくはなかったが、とにかく一度は見てみたい思いでしたが、何とか所期の目的は果たせた。綺麗な色が出る、晴れた日の頃には再度挑戦していい写真を撮りたいものである。
我がマイフイールドには2年ほど前に、未だ鳥見写真をしていなかった頃にはこのウソが木の天辺に多く来てたように思うが、今期は高い山から平地に降りてきてくれるのだろうか?
着いて、探鳥始めるが、カメラマンが居ると思ったが何故か、今日は居ません。カメラマンが集まってればそっと仲間に入れてもらうが、今日はそんなわけで一人で探さないと。ずっと歩いてると「フィー、フィー」っという独特の、口笛を鳴らしたような声が聞こえてきた。見ると目の前の枯れ枝の天辺に一羽居た。ウソの♀ではないか。そのうちに数羽が♂、♀連れ立ってアキニレの木に集まってきた。しばらく居ては居なくなるが、20分も待たずに又やってくるっといた按配で楽しませてくれた。しかし、天辺にいるのと枝被ればかりでなかなか抜けた所では撮らせてくれなかった。
もうしばらくすると徐々に平地に降りてくるのではないかと思うがどうだろうか?

(画像をクリックすると大きく見れます)
○ウソ
図鑑等では「全長15~16cm、体重21~34g。体はスズメよりやや大きく、頭の上と尾、翼の大部分は黒色、背中は灰青色。くちばしは太く短く黒い。雄の頬、喉は淡桃色をしているが、雌にはこの淡桃色の部分はない。
留鳥又は冬鳥として九州以北に渡来し、中部地方以北で繁殖している。」となってる。囀声は「フィー、フィー」と口笛のような澄んだ声で、単調な節を交え、雄だけでなく雌も囀る。
囀ってる様子はユーチューブで見れます。
下記アドレスをコピーしてネットのアドレス欄に貼り付けた後、ENTER押下してくさい。
http://www.youtube.com/watch?v=cz5uUz4pUOI

①ウソ♂
つぶらな瞳に黒いベレー帽、ピンク胸の色合いのきれいな鳥。
胸いっぱいにピンク色合いをしたアカウソが居るそうですが、どんなものか見たいものです。
c0213607_23184186.jpg
c0213607_2319632.jpg

c0213607_23191530.jpg

真正面の姿を見せてくれた。
c0213607_23192458.jpg

今まさに食するところ。
c0213607_23193440.jpg
c0213607_2319445.jpg


②ウソ♀
c0213607_23293487.jpg
c0213607_23294424.jpg


③十月桜(冬に「季節はずれに桜が咲いてる」)
散策していたら十月桜が咲いていた。
・開花時期は、10/20頃~翌1/10頃。
(二度咲き→ 3/20頃~ 4/10頃)。
・花弁は八重で、白、または、うすピンク色。
・全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き、残りの3分の2は春に咲く。2回楽しめる。
c0213607_23333434.jpg


④ニホンカモシカ
動物園?にニホンカモシカが居た。
c0213607_23342098.jpg


by ai_and_ai | 2010-12-16 23:38