「ほっ」と。キャンペーン

タグ:オオアカゲラ ( 10 ) タグの人気記事


2016年 04月 04日

繁殖中のオオアカゲラに出会う・・・

深い山に入るとこの時期はオオアカゲラやアオゲラ類の繁殖行動に出会う。

お父さんもお母さんも一生懸命に子育て中のよう・・・

頻繁に餌を運んでくるが親は大変な作業なんですね!


オオアカゲラ(3月31日撮影)
子孫繁栄のために親は餌を捕まえてきては育雛中。
殆どが枯れ木の中に居るテッポウムシの幼虫?だったよう・・・
これからもっと大きく育ってくると運んでくる餌も変わってくるんでしょうね。
無事に巣立ってくれることを願いたい。

c0213607_17563253.jpg

c0213607_17563609.jpg

c0213607_17564067.jpg

c0213607_17564370.jpg

c0213607_17564710.jpg


細い枝やコブシの花が多くて、撮影できるスペースがなく被ってしまう。

c0213607_17565051.jpg



by ai_and_ai | 2016-04-04 17:59
2014年 12月 12日

北の山へプチ遠征その2

北の山へのプチ遠征のその2です。

ここへ来るとすぐにオオアカゲラに出会えていたのですが今回は全くダメ・・・

大分経ってからようやくカラ類の声が聞こえ、少ないながらも飛んでるのが見えた。

ヤマガラ、メジロにヒガラ、カシラダカやカケス、コガラ、コゲラ、シジュウカラなど・・・

そんな中で松林の向こうのほうにやや大きいのが止まったのが見えた、おっ!オオアカゲラでは???

木々の間から撮ろうとするがすぐに見えなくなってしまった。

鳥友の情報で、しばらくして抜けた、高い枯れ枝の上のほうに登っていくのが見えた。

露出もままならず、飛ばれる前にと慌てて撮っていたが設定がうまくいってなく今ひとつ。

しかし、オオアカゲラに出会えてほっとしました。やはり居てたんですね。

今回の鳥見遠征は期待に反して数少ない探鳥となった。

来春に期待しよう!!!


オオアカゲラ
枯れ枝から飛んだ先を追ってみたが松林の中なので枝被れで撮り難い。

c0213607_21262561.jpg
c0213607_21262590.jpg
c0213607_21262599.jpg

最初見られた枯れ枝を天辺まで登っていく

c0213607_21274751.jpg
c0213607_21274763.jpg
c0213607_21274716.jpg
c0213607_21274701.jpg






by ai_and_ai | 2014-12-12 21:29
2014年 12月 11日

北の山へプチ遠征その1

昨日は鳥友と連れ立って北の山へプチ遠征となった。

遠くの山々はうっすらと白い雪景色だった。

寒いと思ってカイロまで用意していたが日中はポカポカの陽気となった。

広い山一帯で鳥見人は私たちだけの全くの貸切状態・・・

着いて早々のオオアカゲラ、アカゲラにアオゲラのご挨拶を期待したが何と全く音沙汰なし。

これでは今日は坊主か???っと頭を駆け巡った・・・

ここでは環境が変わっていたので対岸方面で探鳥となった・・・

鳥友の連絡があり、キバシリが出た・・・って・・・

鳥友は既に撮り終えていたらしく余裕綽々・・・こちらは慌てて急な登り坂を登っていった。

運よくキバシリがこちらのほうに飛んできて枯れ枝に止まったのが目に入った。

以後はこの辺りを探鳥することとし、オオアカゲラ、コガラやヒガラなどに出会った。

とりあえずはキバシリとコガラ。


キバシリ
何回かここに来てますがキバシリには今まで出会いがなかった。
今回、何とか出会いがあったがあっという間に終わってしまった・・・
スルスルっと枯れ枝を登っていってさっと飛んでしまった。動きが早い・・・
登っている間に撮影しようとするが手前にゴチャゴチャした細い枝が一杯で
とてもシャッターを押せないまま天辺近くに来てしまった。
やっと撮らせてくれましたが3枚だけ、それもピン甘い、トホホ・・・
初見初撮りでしたが見れただけでもヨシとしよう。
再度のチャンスを期待したが午後になっても何ら気配がなかった。

c0213607_18365484.jpg
後姿になってしまった、トホホ・・・

c0213607_18365414.jpg



コガラ
キバシリ待ちの間に出てきてくれたコガラ。
もう少し背景が良ければよかったんですが、逆光気味のところばかりだった・・・
北摂の山にも以前は来てくれたんですが今季はどうなんでしょうか?

c0213607_18373749.jpg


c0213607_18373706.jpg

c0213607_18373793.jpg

c0213607_18375749.jpg

c0213607_18375772.jpg

弾丸ライナーで飛んで行った

c0213607_18375844.jpg



by ai_and_ai | 2014-12-11 18:47
2014年 05月 03日

久しぶりのオオアカゲラを・・・

オオアカゲラの巣立ちを見に行こうと予定していたがどうも巣立ち間近かの雛の様子が変だって言う。
親が餌を銜えて来てもそのまま飛び出してくるとか、巣立ちを促してる風でもないとかで様子を見ようということで行くのを止めた。
代わりにというわけではないが何とか見れそうなところへプチ遠征してきた。
オオアカゲラ、アカゲラにアオゲラのゲラ類が相当見られるかもって期待していたがオオアカゲラのみになってしまった。ほかにはキビタキ、オオルリ、コガラ。残念ながらキバシリには今回も出会えず仕舞い・・・
オオルリはオス、メスとも一瞬見れたがピントが合わずに撮れなかった。
キビタキの採餌模様が綺麗に撮れたの収穫だった。
この様子は次回に、とりあえずはオオアカゲラを・・・

オオアカゲラ
アオゲラの甲高いドラミングが2回ほど近くで聞くもののその姿は見えません。終日楽しませてくれたのはオオアカゲラだった。
如何せん、見れたのは全てメスだけ。
今の時期は新緑が生い茂って姿を確認しても葉被れが多くて撮るには大変でしたが・・・
c0213607_12285841.jpg


c0213607_12295659.jpg


これは何の仕草なんでしょうか???いきなりこのような態勢をして何やら構えてるような格好をしました・・・
c0213607_12301479.jpg


枯れた高い木で嘴で表皮を剥いで中の虫でも採餌してるよう・・・
c0213607_12303497.jpg


c0213607_12312922.jpg


オオアカゲラのいろんな様子です。
c0213607_12315166.jpg


c0213607_12321062.jpg


c0213607_12322182.jpg


c0213607_1232337.jpg


c0213607_12324343.jpg


c0213607_12325658.jpg


c0213607_1233712.jpg


c0213607_12331799.jpg


c0213607_12333181.jpg


c0213607_12341511.jpg


c0213607_12342875.jpg


ゆったりと羽繕いをしてました。
c0213607_12405941.jpg


c0213607_12411261.jpg


by ai_and_ai | 2014-05-03 12:51
2013年 11月 29日

何とかオオアカゲラに出会えました・・・

イスカ待ちの間に近アオゲラ、アカゲラにオオアカゲラ、キバシリとの出会いを期待してくをあちらこちら散策した。
最初はいきなり枯れかかった木のところにオオアカゲラにアオゲラの2羽が目に入ったが直ぐにオオアカゲラが飛んで行ってしまい、ゴチャゴチャしたところではあったがアオゲラを見ることが出来た。その後もオオアカゲラらしきのを見かけるも動きが早くて飛んでしまう。
そんな中で帰りがけの森の中の探鳥で鳥友が声を頼りにオオアカゲラを見つけてくれたがポイントに着くと飛ばれてしまっていた。
飛んだ先が朝方に見かけた枯れかかった木の方向だったので行ってみるとコンコンと突っついていたのが見えた。
細い枝被れではあったが何とかここでのオオアカゲラを撮ることが出来た。

(画像をクリックして表示された画像の右下の+マークをクリックするとやや大きく見れます)
オオアカゲラ
3羽が居てたらしいが子供つれのフアミリーであったのか・・・
採餌もとめて森の中を飛び回ってるらしくので、飛んで行っても待ってるとタイミングがあえば見れるかも・・・
いづれにしても鳥見は出会いですね。

久しぶりのオオアカゲラに出会うことが出来ました。
c0213607_22235746.jpg
c0213607_222478.jpg
c0213607_22241456.jpg
c0213607_22242039.jpg

裏に回られましたが待ってると顔を見せてくれましたが・・・
c0213607_22242767.jpg
c0213607_22243498.jpg
c0213607_2224418.jpg
c0213607_22244621.jpg


by ai_and_ai | 2013-11-29 22:26
2012年 07月 27日

赤色系のコノハズクを・・・

今週初めのアカショウビンの巣立ちを見に?行った時にコノハズクの巣立ち雛に出会えたが、その時の赤色系♂のコノハズクの様子。この時も見えにくいところには居たがポイントを替えて何とか見通しの良いところを見つけた。

〇赤色系のコノハズク♂
近くの枝に止まっていた巣立ち雛の様子を高い木の上の方から心配そうに見ていた?ように見えたが。

c0213607_22542523.jpg

c0213607_2254185.jpg

c0213607_22543797.jpg

c0213607_22543185.jpg


〇オオアカゲラ
アカショウビンの巣立ちを待ってる時に後ろの方で激しくドラミングをしてるのが聞こえた。葉隠れでよく見えなかったがオオアカゲラだった。この周りにはよくアオゲラ、アカゲラ、オオアカゲラが時折見られるよう。
c0213607_22574685.jpg
c0213607_22575277.jpg


◎アカショウビンの巣立ちは結局4羽で、24日~25日にかけて巣立ったらしい。あんなにフイーバーしていた八東の森もこれでようやく静かになるでしょう。こちらは1日違いで巣立ちに出会うことができなかったのが残念だったが、来年もまた、アカショウビンの勇姿を見せてもらいたいものです。

by ai_and_ai | 2012-07-27 23:07 | コノハズク
2012年 04月 28日

自然界は厳しいですね・・・

自然界は厳しいですね。漏れ知った情報では、この前のオオアカゲラ、25日にやっと♀雛1羽が巣立ったあとで営巣の中に居た、いまにも巣立つという雛2羽?がヘビにやられてしまったとか!3月20日過ぎから一ヶ月以上に渡って♂、♀が一生懸命に餌を運んで行っては給餌していてやっと親と変らないくらいに大きくなってきた雛が一瞬にしてヘビにやられてしまうなんて。

4月25日(水)産経新聞にこんな記事がありました。
・・・新潟県の佐渡で放鳥されているトキのヒナが3羽誕生した。おめでたいことだが未だ油断できない。カラスやヘビ、猛禽類などに襲われる恐れがあるからだ。・・・環境省では天敵を追い払うなどの策はとらないという。36年ぶりの自然界での孵化だけに人間が保護すべきだとの意見もある。しかし、トキが自らの守りを身につけていけなければ、とても厳しい自然界では生きていけない、というのも事実だろう。固唾をのんで親と子の成長を守るしかない。・・・

このオオカアカゲラの場合もヘビにやられるシーンを見ていた方もおられたらしいが、こんな場合はどうすべきだろうか?オオルリなんかもよくヘビにやられるらしいが、見ていた方がヘビを追っ払って助けたというのも聞いたりするが自然界の中なのだから自然界にまかせるしかないんだろうか?難しいですね。
このオオアカゲラの様子は2回見に行きました。親が一生懸命に営巣の雛に餌を運んでいた様子を見ていたので何とも言いようがありません。そんなわけでオオアカゲラの雛を育てていた健気な様子をもう一度。

〇オオアカゲラ
これは母親が雛に与える餌を捕りに餌場に行って、危険を冒してまで地面に降りて餌を確保してるシーンに出会いました。
c0213607_22324749.jpg
c0213607_22325984.jpg
c0213607_2233565.jpg

這いつくばって餌を探してるように見えましたが。
c0213607_22331060.jpg

次の餌場に飛び立っていきました。
c0213607_22331665.jpg

営巣近くの母親の飛翔。
c0213607_22353063.jpg
c0213607_22353650.jpg
c0213607_22354170.jpg


by ai_and_ai | 2012-04-28 22:37
2012年 04月 18日

リベンジのオオアカゲラだったが・・・

今月の初めに出かけてから2度目のオオアカゲラを。この前は吹雪の中のオオアカゲラだったので次に行くときは快晴の時に行っていいショットを撮りたいって思って連れ立って行った。しかし、何のその・・・腕が悪くて、どういうわけか前回のよりかはいいのが撮れてなかったよう。絞り優先、シャッター速度優先などいろいろとモードを変えたりして撮ってみたが、満足の行くものではなかった。飛び物を中心に今日は撮ろうとしたがつくづく難しいです。
ひょっとして巣立ちにでも立ち会えるかもって行ってみたがまだまだのようだった。

(画像をクリックすると大きく見れます)
〇オオアカゲラ
盛んに餌を運んでいる様子から、そろそろ雛が顔を出してくれるのではないかと思って連れ立って出かけてみたが未だのようで、もう少し日時がかかるかも。
c0213607_10451249.jpg

c0213607_20301649.jpg

アオゲラ、アカゲラなどと同じこのようなキツツキ類は両足と尾羽で身体をしっかり支えて
居るのが分かります。
c0213607_20302338.jpg

様子から見てピタッと幹に張り付いてますね。
c0213607_20302938.jpg


出だしのツーショットを狙ったが、これ一回きりだった。殆どが単独行動で餌運びをしていた。
c0213607_043576.jpg

c0213607_20342095.jpg
c0213607_20342616.jpg
c0213607_20343224.jpg
c0213607_20343852.jpg
c0213607_20344934.jpg
c0213607_20345671.jpg

帰ってきた♂が餌を銜えて、まさに幹に止まろうとしてるところ。羽をうまく使ってブレーキを一瞬かけてるように見えますが。
c0213607_20183427.jpg


by ai_and_ai | 2012-04-18 20:41
2012年 04月 06日

吹雪模様の中のオオアカゲラだった・・・

天気予報では全く晴れ模様だったので標高900m近い山へプチ遠征してみたが、何と山は途中から雪、吹雪へと急変し、早めに撤収せざるを得なかった。オオアカゲラのツガイの様子が見たくて出かけた。今は山桜の木にすっかり営巣を完成させて、その中で孵った雛に、♂、♀のツガイが交互に幼虫?らしき餌を運んできては与えているようだった。15分、30分、遅いときには1時間間隔で不定期ではあったが頻繁に親が運んできてた。この日は何しろ曇り空、雪が降ってきて、吹雪になり、また曇りになったりするなど、めまぐるしく山の天気は気まぐれだったので、まったく満足なものが撮れなかった。

〇オオアカゲラ
毎年のようにこの山桜一帯ではオオアカゲラにアオゲラが営巣をして子孫を残してきてるよう。この自然の営みをマナーよろしく静かに見届けてるようだった。

♂がやって来た。何やら口には幼虫?らしき餌が。
c0213607_17364836.jpg

白いスポットがありますが吹雪いてます。別の角度から。
c0213607_754243.jpg

♀がやってきました。♂と♀が交互にやってきます。
c0213607_7553110.jpg


ツガイのツーショットですが、ブレてて貼り付けられるような代物ではないですが、曇天、雪模様などの条件でこちらの機材と腕ではこんなものです。自然の営みの一端を。
♂の飛翔模様。
c0213607_7563632.jpg

♀の飛翔模様。
c0213607_8263979.jpg



♀は遠くに飛んでいって地面に降りて枯葉をめくっては一生懸命に、幼虫?らしき餌を探しているようだった。遠くからしばらくじっと見ていたが、何と涙ぐましい努力をして餌を掘り起こしているように見えたが。こんなことをして営巣の雛に餌を運んでいたんですね。
オオアカゲラなどキツツキ類が地面に降り立ったのを見たのは初めて。幹に摑まって虫を捕るよりも今の時期は地面に降りて虫などの餌を探す方が良いんでしょうか?彼らにとっては地面に降りて下を向いて探してる様子は大変危険なのでしょうが、危険を冒してまでも餌の確保なんでしょうね。
c0213607_7573055.jpg

地面に降りて土を掘り起こしては虫を探してるようでした。その仕草は丁度ドラミングの時のように盛んに頭を振って地面に突っ込んでいた。時々休んで頭上に危険がないか上の方を見ている様子のように見えましたが。
c0213607_7573859.jpg

今、これから嘴を地面に突っ込もうとして構えてる様子。
c0213607_7575257.jpg


by ai_and_ai | 2012-04-06 23:56
2010年 07月 22日

初撮りだが・・・

全く暑いね。
今日はプチ遠征で連れ立って初めての山へ行った。さすがに山の中、ブナの原生林に覆われた森の中では日傘になって風がそよぐと涼しく感じる。
お目当ての鳥を狙っていたが、今日はどういうことか、山の中は全く野鳥の気配はなかった。今日は丸坊主?やなっと。
途中からやや諦め模様になってきた。いつでもポジティブ思考でいかないとっと思うが、さすがに鳴き声も全く聞こえない、こんな気配では”もう帰ろう”という気になってくる。
そんななかで、午前中と午後には狙っていたポイントの周りの樹林の中を、アカゲラらしき飛翔を見られたが撮れるはずもなかった。
15時30頃まで全く丸坊主で、何も撮れていない。こんな遠くまで来て何にもないのかと。
じっと耐えている中で、仲間が目の前でなにやら動くのを捉えていて、撮影モードに入っていた。こちらは、ポイントを離れて樹林内を見回していたため、撮るのが少し遅れてしまい、それも慌てて撮ったため露出も無茶苦茶で、ブレブレな、証拠写真程度のものしか撮れなかったのが残念。
ビューアーでよく見ると・・・オオアカゲラ・・・だった。もう少し綺麗に撮りたかったが。
オオアカゲラは戸隠では撮れなかった。初めての撮影でした。
これを最後に、何とか丸坊主を逃れて帰路につくことが出来た。

初見のオオアカゲラ。明るすぎた露出、ちょこまかと幹の周りを上のほうに向かって、グルグルとすばやく動き回る。
アカゲラと違って、オオアカゲラは背中の模様に逆八の字の白い模様がないこと、腹がピンクっぽい色をしてる。
c0213607_16584469.jpg

c0213607_1705541.jpg

c0213607_1735811.jpg

c0213607_1743290.jpg


by ai_and_ai | 2010-07-22 23:13