タグ:カワガラス ( 9 ) タグの人気記事


2017年 04月 18日

未だルリビタキ♂が・・・

北摂の山間のオオルリやキビタキ撮影の合間に姿を見せてくれたルリビタキ♂。

夏鳥のオオルリが渡ってきたというのに未だ冬鳥のルリビタキが居てるんですね・・・

4月下旬まで居てることもあるから珍しくはないんですがびっくりします。

北の方へ繁殖のために無事に帰ってくれることを祈りたいものです。

帰りがけに渓谷で見かけた、今年生まれのカワガラスの幼鳥を・・・


ルリビタキ♂(4月13日撮影)

c0213607_23160457.jpg


c0213607_23160804.jpg


c0213607_23161263.jpg
c0213607_23160093.jpg


カワガラス
すっかり大きくなったカワガラス幼鳥

c0213607_23171309.jpg



c0213607_23172681.jpg


川筋でマッタリと羽繕いしてました。

c0213607_23171877.jpg



c0213607_23172178.jpg



by ai_and_ai | 2017-04-18 23:18
2012年 06月 09日

初春の頃のを・・・

4月はじめの頃の、北摂の山の渓谷で巣立ちをしたばかりのカワガラス。例年この渓谷で何組かが上流やら下流で営巣して雛を孵し子育てします。この時期はオオルリやコマドリも渡ってくる時期なのでカワガラスよりそちらの方に人気があります。そんなわけで投稿漏れていたので遅ればせながら撮っていた、巣立ち後の幼鳥をアップします。

〇カワガラス
渓谷を登ったり降りたりしながらカワガラスを探すのですが全体的に褐色系でじっとしてると保護色となってるので探しにくい。水の上をすれすれに飛んでいくので探す目安になります。
撮った数枚を貼り付けます。幼鳥といっても見る間に?大きくなって親よりも大きいように見えたりします。
河原で親が子に餌やりする光景は今回は撮れなかったのが残念。

c0213607_16442191.jpg
c0213607_16442912.jpg
c0213607_16443624.jpg
c0213607_1644436.jpg
c0213607_16445483.jpg


昨年の餌やりの所です。親の姿を見ると口を大きく開けて餌を待ちます。
c0213607_16522290.jpg
c0213607_16522966.jpg


by ai_and_ai | 2012-06-09 16:53
2012年 04月 02日

ようやく春めいてきました・・・

4月に入り桜の開花もあり、ようやく春めいてきました。南の方では例年より2週間も早く夏鳥のオオルリ♂成鳥が渡ってきたという。北摂の山もひょっとしてっと思い、行ってみたがこちらの方は未だのよう。しかし、もうすぐオオルリの到着で賑うことになるでしょう。そんなわけで渡ってくるオオルリは見れなかったが、川ではカワガラスがあっちこっちと行ったり来たりで、盛んに餌を捕っては営巣のほうに運んでいるようだった。例年ならこの時期はカワガラスの雛が巣立ちして親から給餌をうける場面が見られるのですが、遅れてるようですね。

〇カワガラス
川の浅いところは歩いて採餌し、深い所は潜って採餌する。全身が黒褐色で足は銀灰色。虹彩は赤色ですが、全体が黒っぽいのでなかなかうまく撮れません。
c0213607_19451241.jpg
c0213607_19452175.jpg

ヤゴをはじめとした水生昆虫の幼虫を探して捕まえてるよう。
c0213607_19452788.jpg

口一杯に頬張ってます。
c0213607_19462130.jpg

営巣近くまでやってきました。辺りを用心深くうかがってる。
c0213607_19462841.jpg

c0213607_2032618.jpg

餌をこの水路の中にある営巣に運んだ後で入り口に出てきたところ。
c0213607_2034011.jpg


by ai_and_ai | 2012-04-02 20:11
2011年 04月 11日

MFから渓谷へ・・・

昼をはさんで前半にマイフイールドのアカゲラの様子を見に行った。いつものようにアカゲラが元気よくあちらこちらと飛んでくれてたのが見えた。ここで久しぶりの鳥友に出会い、アカゲラを見た後に北摂渓谷のカワガラスを見に行こうということになった。道路沿いにカメラマンが多くいると聞いていたが何と2人しか居なかった。皆さん、昨日までに撮った後のようでゆっくり見ることができた。しかし、巣立ちしてから大分経過しているためか雛は随分大きくなってるような気がした。一応、親から子への餌渡しの様子を見ることができた。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①アカゲラ♂
今日はアカゲラの♂しか見れなかった。頭上の黒い部分の後ろのあたりに赤い斑点が見られるので、いつもの♂のアカゲラと同じ個体だと思われる。
c0213607_18221496.jpg
c0213607_18222851.jpg
c0213607_18223914.jpg
c0213607_18225190.jpg
c0213607_1823359.jpg
c0213607_18231431.jpg


②カワガラス
相変わらず大きな口をあけて親からの給餌を受けていた。
c0213607_18271483.jpg
c0213607_18272628.jpg


by ai_and_ai | 2011-04-11 18:31
2011年 01月 25日

アカウソなど・・・

昨日のハギマシコを見たついでにウソを撮ることができた。よく見ると4蚊等5羽くらいが高い木々の上で餌の実を啄ばんでいた。ウソといっても所謂アカウソもウソに混じっていた。
帰りがけに川沿いで久しぶりのカワガラスが飛び回っていた。おまけにいつもよく見かけるコゲラだが、このコゲラ、よく見ると後頭部の左右に赤い羽が見える。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①ウソ
腹部のところが赤っぽいアカウソ♂がいた。
c0213607_20495436.jpg

普通の通常のウソ♂
c0213607_2050483.jpg
c0213607_20501778.jpg
c0213607_2050257.jpg

アカウソとウソとの取り合わせ
c0213607_20503374.jpg

アカウソの♂、♀の組み合わせ
c0213607_20504356.jpg


②カワガラス
c0213607_20544816.jpg


③コゲラ
図鑑によると「コゲラは雌雄ほぼ同色で、♂は後頭部の左右に赤い羽が数枚あるが、普通は見えないことが多い。」と記述されている。
いつものコゲラかっと思ってみていたが、よく見ると何やら赤っぽいのが見える。これはコゲラの♂ではないかっと。
c0213607_2056846.jpg


by ai_and_ai | 2011-01-25 20:56
2010年 10月 19日

秋のカワガラス・・・

春の巣立ち後のカワガラスを見て撮ったことはありますが、秋にはどんな様子を見せてくれるのか。
10月初め、川沿いを探鳥していたら浅い川の中を一生懸命に顔を沈めて川底の餌を探して捕食していたカワガラスを見つけた。いつもは見つけても川をすれすれになって、さっと飛び去ってしまうのでじっくりとは撮らせてくれない。この時は長い間、顔を沈めていたようで、撮るのには幸いだが、色が色だけに画像にはどうかなっと。

・カワガラス
c0213607_013667.jpg
c0213607_014717.jpg

何回も顔を沈めては餌を探していた。
c0213607_015728.jpg
c0213607_02778.jpg


by ai_and_ai | 2010-10-19 23:53
2010年 04月 06日

営巣つくりが盛ん・・・

今日は天気がよく、22度。
橋の袂近辺と川沿いでの営巣つくりが盛んであった。エナガ、ヤマガラ、シジュウカラが盛んに営巣つくりの材料を銜えてる様子に出くわした。春爛漫になり野鳥たちも一生懸命だ。
4月3日(土)に今までで最も早く飛来してきたらしいオオルリを今日は高い木のてっぺんに見つけたが、何しろ遠いがとにかく今期初認で、囀りが聞こえたのと姿を確認できたのが良かった。
そろそろ旅たちではないかと思われるルリビタキが未だ元気で居た。
帰りがけに川沿いでまたまたカワガラスの親子を見た。
何回見てもすがすがしいね。

営巣つくりが盛んなヤマガラ、エナガ、シジュウカラ。
c0213607_172835.jpg
c0213607_1721955.jpg
c0213607_1722720.jpg


上の林の所ではめずらしくトラツグミが。
c0213607_17115673.jpg


未だ元気で居たルリビタキ
c0213607_17215418.jpg
c0213607_1722650.jpg


高い木のてっぺんで囀っていたオオルリ。

c0213607_17192346.jpg


帰りがけの川沿いで再度、カワガラスの親子。
c0213607_17142054.jpg


きれいなキセキレイも。
c0213607_17145380.jpg


by ai_and_ai | 2010-04-06 17:15
2010年 04月 03日

再度、子育てを・・・

天気がよく、前日に「雛が巣立ちしたよ」っと聞いたので再度、カワガラスの子育て様子を見に行った。」探したがなかなか見つからず、ようやく一緒に居る所を見つかった。
この日は巣立ちした雛に頻繁に餌を捕ってきては口移しで与えていた。時折親が居なくなるが、未だ営巣に雛が居るのかそちらの方にも餌を運んでいるようだ。そのため、親は両方を見なければならず大変忙しい。子育てしない最近の風潮の中で野鳥たちは人間と違ってなんと律儀なことか、感心させられる。
帰りがけにセンターによると未だルリビタキ♂が顔を出してくれた。

親と違い未だ見映えがする幼鳥
c0213607_1715423.jpg
c0213607_17155790.jpg


餌をもらうのにハバタキする幼鳥
c0213607_17173345.jpg
c0213607_17174685.jpg
c0213607_17175993.jpg
c0213607_17181353.jpg


出てきてくれたルリビタキ
c0213607_17184648.jpg


by ai_and_ai | 2010-04-03 17:19
2010年 03月 31日

子育て・・・

カワガラス、代わり映えしない色合いをしている鳥ですが雛が孵って今は親と共にしている様子がみられるとのことで出かけた。やっと出てきて、そこに居るよっと言われても川石と同化していて最初は何処に居るのか分かりにくかった。
慌てて撮ったが何と広角のまま。これ1回っきりでその後一向に出てこなかった。再度挑戦したいが。
雛は初見です。親と比べグレーの斑点模様があって親よりは見映えがする感じ。

そうこうしているうちに、今度は営巣に居る雛に親が♂、♀ともひっきりなしに餌を捕ってきて与えている、っと聞いてそっちに行った。
見ていると口一杯に餌を頬張って営巣に運んでいた。営巣に来ると甲高い声が聞こえてくるが恐らく餌をもらえる雛が鳴いているのだろう。はっきりと聞こえるが急流沿いのところなのでなかなか巣の中が見えない。
営巣に近づくがすぐに巣に入らないのは、そろそろ雛の巣立ちを促しているのだろうか。
しかし、このポイントは暗くてSSがなかなか上がらないので撮ったのが殆どブレブレなのが残念。、
ここ数日のうちに巣立ちして親からしばらく口移しに餌をもらう様子が見らるのかもしれない。

手持ちの野鳥図鑑から
「繁殖期以外は1羽で、一定の場所を移動しながら潜水して採食し、生活している。繁殖は早く、まだ雪がある2月頃から始まり、巣は滝の裏側などにつくる。よく翼を半開きにして尾羽をパッパッと開く」

巣立ちして親と共にしている様子
c0213607_15572625.jpg

口一杯に餌を頬張って営巣に運んでいる親
c0213607_15585467.jpg


by ai_and_ai | 2010-03-31 18:40