一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:シメ ( 13 ) タグの人気記事


2015年 11月 23日

何とかルリビタキに出会えた・・・

今日は午後から雨模様との予報だったので午前中のマイフイールド。
とにかく出かけてみないと野鳥鳥見の出会いはありません。
そんなわけで今日は休みにしようと思ってましたが出かけて良かったですね!
ルリビタキに何とか出会えないかと思ってましたが今日は偶然にもチャンスがありました。
綺麗な青色のルリビタキ♂との出会いを期待していたのですが若でした。
帰りがけに高い木の上のほうを数羽が木の実を啄んでました。
シメの群れだった。


ルリビタキ(11月23日撮影)
綺麗な♂成鳥との出会いは今後に期待しましょう。
この個体は若♂だと思うのですがどうでしょうか???
①脇腹のオレンジが濃い
②尾の青みが濃い
③翼上面や眼の後ろなどに薄い青みが出てる っという特徴が若♂らしいので
ひょっとして若♂かもしれません・・・

わき腹の黄色がやや濃いように思うが・・・
c0213607_17475103.jpg


c0213607_17475166.jpg


c0213607_17475146.jpg

シメ(11月23日撮影)
久しぶりのシメだった。
ヒヨドリかっと余り気にしてなかったんですがよく見ると何とシメが数羽採餌中。

c0213607_17502120.jpg
c0213607_17502108.jpg


c0213607_17502156.jpg


c0213607_17502137.jpg

殆どが♂でしたが下のショットでは左上のが♀のよう・・・

c0213607_17510104.jpg

何やら羽繕い中で片足上げてカイカイしてた。
c0213607_17510167.jpg




by ai_and_ai | 2015-11-23 17:54
2013年 01月 24日

シメが仲良く・・・

マイフイールドから歩いて数分のところにレンジャクがっとの話があったので以前、行った事もあるあるところなので覗いてみた。
行ってみたら何の気配もなし!仕方なく以前トラツグミをみたところをウロウロと見ていたらシメが地面に降りて採餌してた。
ツグミも居た。ツーショットで撮れたらいいなあって思って待った。
遠いところに居たシメが何とツグミのところに擦り寄って?きた。

シメ
ここは住宅地に近いところにある公園ですが大変静かなところなので野鳥もゆっくりと休むことが出来るのでしょうか。

シメがツグミのところに寄ってきましたがツグミは何ら気にかけてない感じです。
c0213607_21455485.jpg
c0213607_2146165.jpg

傾斜地のところをあちらこちらと採餌してます。
そう言えばシメっていつも顔を傾げてるよう。
c0213607_2146948.jpg
c0213607_21461578.jpg
c0213607_21462458.jpg
c0213607_21463076.jpg
c0213607_21463552.jpg
c0213607_21464173.jpg


by ai_and_ai | 2013-01-24 21:51
2012年 12月 23日

シメも地べたに・・・

小雨混じりもあったが晴れてきた。
短時間ではあったが青い鳥のルリビタキが目の前に止まったり、いつものミヤマホオジロが群れで。
そんな中でシメが地べたに降りて採餌をするのに遭遇した。
ルリビタキ、ミヤマホオジロは次回で今回はシメです。

〇シメ
夏羽のシメの嘴は鉛色で冬羽のは肉色というかピンクっぽいのが特徴。
目の前の枝に止まって、採餌後の口を枝につけて佇んでいた。
c0213607_18115383.jpg

嘴はピンク色です。
c0213607_1812040.jpg
c0213607_1812728.jpg


地べたに降りて枯葉をひっくり返して何やら採餌していた。
c0213607_18121489.jpg
c0213607_18122028.jpg
c0213607_18122590.jpg
c0213607_18123353.jpg
c0213607_18123820.jpg
c0213607_18124383.jpg


シメは冬鳥なので見れるのはいつもピンク色の嘴のシメです。夏羽のシメは見れません。
これは今年の5月にヘグラ島で見かけた夏羽のシメ、やはり嘴は鉛色をしてます。
冬羽よりもより精悍のように見えますが。
c0213607_18215923.jpg


by ai_and_ai | 2012-12-23 18:18
2012年 11月 21日

出は良かったようだが・・・

相変わらずMFではいろんなところでミヤマホオジロが顔を見せてくれます。
地べたに枝止まり、穂止まりなどなど。
歩いてるとシュル・シュル・・っと飛び出してはブッシュに逃げ込んでたシロハラ。
ようやく枝止まりで、遠くではあるが見れるようになって来た。

ウソ、ベニマシコが見れるようになってきたがイツでもっとはいかないですね。
しかしここではいろんなところで見れるようで、一箇所には留まってないような。
ほんの2時間くらいしか鳥見できなくて、昼からはいい鳥見ができたのかも???


〇シロハラ
ようやく姿を捕らえることが出来た。
いつもツンっとしてますね。
c0213607_20441610.jpg
c0213607_20442281.jpg

何の実かは分からないが熟した黒っぽい実を啄ばみました。
c0213607_20442966.jpg
c0213607_20443544.jpg


〇シメ
この高い天辺がお気に入りのようでここのところよく止まってるそうで。
c0213607_20463447.jpg
c0213607_20463950.jpg


〇エナガ
群れでほんの近くまで来てくれました。
c0213607_20471837.jpg


〇ミヤマホオジロ
地べたで採餌してるミヤマホオジロはなかなか良い所に出てきてくれません。
これはうまく枝止まりだったが遠くて枝被れ。
しかし、探鳥していて向こうの方に枝止まりのに出会うとおっと感動しますね。
もっとジットしていてねって。
c0213607_20503782.jpg


by ai_and_ai | 2012-11-21 20:51
2012年 11月 15日

雨が振ったり止んだり・・・

晴れ間が出たと思ったら急に雨が降ってきたりで落ち着かない天気。
それを反映してか鳥の出は余りよくなかった。
そんな中でもミヤマホオジロだけは晴れ間とともに飛んでくれた。
こんもりした大きなムクノキにはシメが2羽、果実を啄ばみにやって来た。
このシメ、なかなか用心深い。

〇シメ
このムクノキで見るシメは2回目であるが、枝被りながらようやく姿が見れた。
c0213607_2343054.jpg
c0213607_2343851.jpg

c0213607_235649.jpg
c0213607_2351265.jpg


〇ミヤマホオジロ
このところよく見かけます。
c0213607_2355195.jpg
c0213607_2355743.jpg
c0213607_236376.jpg


by ai_and_ai | 2012-11-15 23:06
2012年 11月 02日

カシラダカにキクちゃんも・・・

11月の声とともに冬鳥の定番のミヤマホオジロとカシラダカが見れた。
地べたに3羽が盛んに下草の穂?を啄ばんでいたがよく見るとミヤマホオジロ♂ガ見えた。
その横に2羽が・・・最初はミヤマホオジロの雌かなって思っていたらカシラダカのよう。
同時に冬鳥の定番のミヤマとカシラが見れた。
アオジとともにこれからも数を増やしてこのMFにもやって来てくれることでしょう。

同じポイントではジョウビタキの♂2羽が仲良く並んでくれた。

クロツグミのポイントではマミチャジナイからシロハラ、シメがやってきてた。
帰りがけに寄ったアカゲラのニセアカシア樹林帯ではエナガの群れがあった。
それを見ててやや小さいのが見えたので撮ったら何とこんなところにキクイタダキが!

〇カシラダカ
ミヤマホオジロの♂ばかりに注視してしまってカシラダカはあまり撮れてなかった。
今度は背景の良いところを狙おう。
c0213607_1892485.jpg

ミヤマホオジロと2羽のカシラダカが仲良く。
c0213607_1810068.jpg


〇ジョウビタキ♂
2羽が居るとテリトリー争いでよく喧嘩をしてるようですがこの時はどういうわけか仲良く並んでくれましたね。
c0213607_183515.jpg


〇シメ
なかなか用心深く撮りにくい。
c0213607_1812106.jpg


〇キクイタダキ
大体は松やスギの木などで採餌してるが、こんな枯れニセアカシア樹林のところにも出てくるんですね。小さな昆虫やクモ類などがあるんでしょうか?
エナガの群れもあったので同じように採餌中だったんでしょうね。
一応撮ったが最初はキビタキ♀っと思ってじっくり見てなかったがよく見るとキクイタダキやって!
慌てて撮ったところを確認するともうそこには居てませんでした。残念!
直ぐ前のところで撮ったままの露出に設定したままだったので露出オーバーだったのが残念。
最も小さい野鳥なのに無茶苦茶遠かった。ピントが甘い・・・
c0213607_1827218.jpg
c0213607_18272732.jpg


by ai_and_ai | 2012-11-02 18:27
2012年 10月 20日

MFはいま・・・

アカゲラのマイフイールドとしてではなく、そのほかの冬鳥は来てないかと探鳥。
ここにもようやく冬鳥が今季はやってきてくれてるよう。
シメ、アトリ、ジョウビタキが見られた。

このところクロツグミが見られるっていうことですがここでは見つけられない。
とりあえずは昨シーズンは見られなかったシメが見れたのでこれを貼り付けます。

〇シメ
見れたがゴチャゴチャした水溜りのところに飲みに来てたところ。
今度はスッキリしたところで顔を見せてほしいものだが。

c0213607_19144229.jpg
c0213607_19144851.jpg
c0213607_1914566.jpg

何羽かが来てました。これは2羽居ますね。
c0213607_1915158.jpg


by ai_and_ai | 2012-10-20 19:15
2012年 05月 22日

いろいろと(5)・・・第11弾・・・

舳倉島で出会ったその他の野鳥たちです。こちらで見られるものが多いですが、コムクドリの群れ、コサメビタキ、サメビタキ?、ビンズイ、オオルリ、センダイムシクイ、シメ、アマサギ、マミチャジナイ、アオジ、オジロビタキ、それに鳥友が帰る寸前に撮ったベニヒワ・・・。

〇コムクドリ
これは初めてです。面白い、ひょうきんな顔で綺麗な色合いをしてますね。海岸辺りで群れて休んでました。
c0213607_19465570.jpg

c0213607_19475210.jpg
c0213607_1948091.jpg


〇サメビタキ
エゾビタキかサメビタキか分からないが、嘴がやや短いように思える、下尾筒に灰褐色の軸班がある、ただ大雨覆先端の色合いなどを考えると同定にやや自信がないが、どうもサメビタキ?ではないかと思いますが???
c0213607_19502331.jpg


〇シメ
嘴の色が鉛色のようなので♂の夏羽と思われる。昨シーズンは全く見られなかったシメだが、こんなところで夏羽のシメが見られたとは。
c0213607_1953525.jpg


〇センダイムシクイ
ここではよく見かけましたね。
c0213607_19541298.jpg


〇アトリ
水場では数羽のアトリがやって来て水浴びをしてました。
c0213607_195502.jpg


〇アマサギ
海岸を歩いてるとアマサギが寛いでいた。
c0213607_19554124.jpg


〇マミチャジナイ
これもちょくちょくと出会いがありました。
c0213607_19562724.jpg


〇ビンズイ
撮ってるときは、ひょっとしてヨーロッパビンズイ?ではないかと思っていたがどうもよく見かけるビンズイのようでした。
c0213607_19574595.jpg


〇オオルリ
海岸や開けたところでオオルリが見られた。すぐ目の前の目線で撮れます。
綺麗な成鳥♂
c0213607_19592066.jpg

これは海岸で見かけた若いオオルリ。
c0213607_200294.jpg


〇ベニヒワ
宿の前の水場辺りでノジコを撮り終えて帰り仕度のためにすぐ近くの宿に引き返したら、その間に一緒に居た鳥友が残っていて、紛れ込んできたベニヒワを見つけ、うまく撮られた。これは鳥友から掲載許可を得て借用させていただきました。ベニマシコ?かなって思いましたが。
c0213607_20125253.jpg


by ai_and_ai | 2012-05-22 20:15 | ヘグラ島遠征
2011年 04月 19日

雨模様なので・・・

昼から雨模様なので午前中に少しだけマイフイールドへ出かけた。アカゲラは先週14日(木)の夕方に見てから以降は見れませんね。4月中旬くらいまで居てくれてたので、ひょっとして営巣してくれるかなっと淡~い期待もしていましたが、やはり何処か高い山のほうに渡っていってしまったのだろうか?
このMFも夏鳥がやってくるのはもう少し先になるのだろう。そんなわけで今日のMFを回ってみたが夏鳥第一陣のセンダイムシクイが見れた。

①センダイムシクイ
こういう時期になるとやってくるんですね。
林の中を「チヨチヨビー」っと鳴き声はすれども、姿がなかなか見えない。見つけても、動きがすばやくて、すぐにどこかへ行ってしまうのでじっくりと撮らせてくれませんね。愛くるしくて可愛いですね。
頭央線らしきのが見えてます。
c0213607_1983057.jpg
c0213607_1984264.jpg


②シメ
帰りがけの脇の木立の中でシメを見つけたのですが、木立の中に入ってしまった。
c0213607_19124353.jpg


by ai_and_ai | 2011-04-19 19:12
2010年 11月 11日

自宅近くで・・・

MFに行ったが、風も無く穏やかな天気のも拘わらず、ベニマシコには会えなかった。今日はさくら林のポイントも今ひとつ。いつもはすぐにヤブのなかに逃げ込んでしまっていてなかなか撮れなかったシロハラが高い木の上の方にいるのが見えた。
帰りがけの自宅近くの木立の中を覗くと、マミチャジナイが未だ居た。イカルも。さらに今日はシメも一緒に果実をに啄ばんでいた。

(画像をクリックすると大きく見れます)
①マミチャジナイ
丁度、果実を口に銜えたところでした。
この実は熟してますね。よく見るとまだまだ青い、熟してないような実が沢山あります。マミチャジナイの動きをよく見てると、ホバリングしながら熟した実を探して選んで取ってますね。
まだまだ果実がありそうですが、いつまで居るんだろうか???
c0213607_1829936.jpg

食べ終わってほっと一休み?
c0213607_18351967.jpg


②シメ
今期初のシメが自宅からこんなに近いところに居た。すごい形相で何かを頬張っている。果実?
シメもマミチャジナイも、どうもこの枝が気に入ってるみたい。こちらとしては抜けた所で撮りやすいが。
c0213607_1830265.jpg


③イカル
c0213607_18311729.jpg


④アオジ
定番のアオジもあちらこちらでよく見かけるようになった。
c0213607_1832396.jpg

真正面からもいいですね。
c0213607_18321129.jpg


⑤シロハラ
臆病に見えるシロハラ。ようやく撮れた。
c0213607_18333142.jpg


by ai_and_ai | 2010-11-11 18:38