一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ソウシチョウ ( 11 ) タグの人気記事


2017年 05月 14日

ちょっとの出会いだった・・・

雨上がり後の翌日は林道に入ると暗いし、モヤってしまっていた。

取り敢えずは川筋を探鳥することとし、杉林を見ていたら何やら飛んでた。

撮ろうと思うがまたひょいと次の枝へと飛んでいく。

枝に止ったようなので戻って見てみたらおっ・・・サンコウチョウ・・・

今季はここで営巣してほしいと思うのですが未だ落ち着いていないよう。

ホイッ・・・ホイッ・・・ホイッ・・・っとまったく囀ってくれなかったので

まさかサンコウチョウとは思ってもみなかった。

まだ到着したばかりなのか?これからが楽しみではあるが・・・



サンコウチョウ(5月14日撮影)
この林道沿いでの初サンコウチョウだった。
川筋にはオオルリ♂、♀も見られたようなので営巣して無事に繁殖してほしいものです。
暗い杉林の中だったので画像はイマイチとなってしまった。
このサンコウチョウ♂、尾羽は短いようですね。

c0213607_16564572.jpg


c0213607_16565012.jpg


c0213607_16565431.jpg


c0213607_16565868.jpg


林道沿いでは盛んにソウシチョウが群れて囀っていた。

c0213607_16570296.jpg


c0213607_16570673.jpg


c0213607_16573958.jpg


c0213607_16572576.jpg



by ai_and_ai | 2017-05-14 17:00
2017年 03月 31日

山間のクロジなど・・・

山間の渓流沿いのミソッチをこれまで3回、探鳥するが今季は未だ出会えてません。

今回も場所を変えての探鳥となったが待てど暮らせどミソッチは振り向いてくれなかった。

そんなミソッチ探鳥の幕間つなぎに出会いのあったクロジとソウシチョウ。


クロジ(3月28日撮影)
ここのところ、クロジの♂、♀が見られてたそうですがこのときは♂のみ。

c0213607_19381493.jpg


c0213607_19382023.jpg


c0213607_19382574.jpg


c0213607_19382950.jpg


ソウシチョウ
クロジの近くではソウシチョウの群れがよく見られた。
あまりに近すぎてうまく撮れません。

c0213607_19393666.jpg


c0213607_19392047.jpg


c0213607_19392474.jpg


c0213607_19393016.jpg


エナガ

c0213607_19383892.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-31 19:41
2017年 02月 15日

MFにいろいろと・・・

先日の雪が降った翌日にMFに出かけるもそれほど雪模様ではなかった。
ルリビタキ♂を探すもこのMFで今季はなかなか出会いがありません。
出会えるのはルリビタキのメスタイプばかり、3~4羽位は居てるんでしょうか。



ルリビタキ(2月12日撮影)
一周してると愛想よくこのルリビタキ♀タイプによく出会います。
フレンドリーに目の前までやって来てくれます。

c0213607_22011974.jpg


c0213607_22012427.jpg


c0213607_22012900.jpg


c0213607_22013402.jpg


c0213607_22014499.jpg


ジョウビタキ♂

c0213607_22022543.jpg


c0213607_22023110.jpg

c0213607_22024234.jpg


ソウシチョウ
ルリビタキを撮影してると木の陰からひょこっとソウシチョウが
姿を見せてくれましたが群れてはなかった。

c0213607_22024711.jpg


この日は北摂の山は雪景色だった。

c0213607_22035478.jpg



by ai_and_ai | 2017-02-15 22:08
2016年 12月 10日

ソウシチョウがいっぱい・・・

MFでベニマシコになかなか出会いがなかった。

そんな時に鳥友から武田尾で綺麗なベニマシコに出会ったよって聞いた。

初見を期待して朝から出かけてみたがどうしたものか何の気配もなかった。

来られてたバーダーもこの時期なのか、皆さん、ベニマシコ期待で来られてる。

朝から頑張ってはみたが残念ながら収穫はなかった。

奥の旅館近くにもポイントがあるものの今の時期、河川工事真っ只中で進入禁止・・・


ソウシチョウ(12月9日撮影)
ベニマシコのポイントに行く途中の橋を渡って歩いてた時に何やら地面に降りてきた。
1羽、2羽とまた続けて数羽が次から次に降りてきた。
何かと目を凝らして見るとソウシチョウの群れだった。
道端に落ちていた実を拾いに降りてきてたみたいだった。
取り敢えずは幸先がいいなっと思っていたがその後は全くダメだった。
時期を改めてまたリベンジするとしよう・・・

c0213607_16393946.jpg


c0213607_16394456.jpg

何だか顔をつき合わせてゴソゴソと相談してるみたい・・・
c0213607_16394908.jpg


c0213607_16395384.jpg


c0213607_16395782.jpg


c0213607_16400118.jpg



by ai_and_ai | 2016-12-10 16:41
2016年 10月 08日

イヌザンショウにやって来たのは・・・

忘れていたわけではありませんが冬鳥到来を前にして

ようやくマイフイールドに出かけどんな状況になってるのか見に行ってきました。

「森から公園」にいつの日か変遷してしまうようなことになるようですが、

今のところ未だ森らしい様相を呈しているので暫くはこのままにして欲しいものです。

今後はクマノミズキからカラスザンショウの実を啄みに野鳥が見られるのではと思います。

例年通りにムギマキを期待してるのですが今季はどうなるんでしょうか?

カラスザンショウは実が多く付いてますが未だ青いようなのでこの先、

気温が下がってきて実が熟してくれば野鳥到来の頃だと思うのですが・・・


ソウシチョウ(10月7日撮影)
イヌザンショウにはキビタキ♀数羽が何回となく実を啄みに来てた。
昨年はキビタキ♂も見られたんですが、どうでしょうか?
近くの生い茂った笹藪で賑やかなソウシチョウのピーチクパーチクの囀りが聞こえてた。
そのうちすっとこのイヌザンショウの木の方に顔を見せ、見る間に群れでやってきた。

c0213607_14013178.jpg


c0213607_14013571.jpg


c0213607_14013833.jpg


c0213607_14014226.jpg


c0213607_14015073.jpg


c0213607_14015920.jpg


c0213607_14020300.jpg


c0213607_14020738.jpg

c0213607_14023707.jpg

イヌザンショウの熟れた黒っぽい実が気になって
背伸びしても届かないよう・・・
c0213607_14024692.jpg


仕方なく少し飛び上がって

c0213607_14025573.jpg


何とかゲット出来たようだった。

c0213607_14025919.jpg


キビタキ♀
前半はこのキビタキ♀ばかりで色つきが来ないかなって
思ってたら笹薮から次から次と群れてやって来た・・・

c0213607_15114890.jpg


これは少し離れたところのイヌザンショウの木
小さい木でしたが実は食べ頃のようだった。
雰囲気が良かったので遠くからパチリと・・・
ここにムギマキが来てくれると嬉しいのですが。
こんなところに来ないって・・・いや、以前は来てたんですが
カラスザンショウの木も切られてしまってすっかり環境が変わってしまいました。

c0213607_15115518.jpg



by ai_and_ai | 2016-10-08 15:20
2016年 05月 04日

姿が見えたソウシチョウ

山に入るとそこかしこで綺麗な囀り、ソウシチョウです。

しかし、なかなか姿が見えません、奥のほうで囀ってるだけ・・・

ソウシチョウはいつもこんな状態で手強いですね。

諦めて別のところを散策してると枝止まりに居た。


ソウシチョウ(5月2日撮影)
外の道を小さな川沿いに下っていくと枝止まりのソウシチョウが見えた。
いつも群れて囀ってるんですがこのときは一羽だけが口を開けたままで
ちょこまかと左右に動き回っていた。
暑かったので口を開けたままだったのか???
いづれにしても全身を見せてくれたのは良かった。

c0213607_23423642.jpg


c0213607_23424041.jpg


c0213607_23425349.jpg


c0213607_23425777.jpg


c0213607_23430161.jpg


c0213607_23430828.jpg


c0213607_23424496.jpg



by ai_and_ai | 2016-05-04 23:44
2015年 09月 14日

アカメガシワにもやって来た・・・

北摂の山に久しぶりに登ってみた。
何時だったか、一昨年か?このポイントのクマノミズキが熟した、食べ頃にはマミジロ、マミチャジナイにオオルリ成鳥、若様やキビタキなどが観察できて存分に楽しませてくれた。
しかし、今季はというと行ってみたら、このクマノミズキ、どういうわけか余り咲き誇らず、実が余りツイテマセン・・・
そんなわけで例年と比しここは野鳥の気配がいまひとつ・・・オオルリ若も居そうだが・・・
今日はこれより下ったところにアカメガシワの実が熟したポイントで探鳥した。
熟した黒い実を食べにオオルリ若やコサメビタキ、キビタキ、エゾビタキなどがやって来るのを待った。

コサメビタキ
こんなところにアカメガシワがあったんですね。
塾した黒い実は美味しいんでしょうか???啄ばみに飛んできます。

c0213607_23381163.jpg

c0213607_23381175.jpg

c0213607_23381190.jpg


キビタキ♂
クマノミズキのポイントで出会ったキビタキ♂。

c0213607_23372159.jpg


ソウシチョウ
本命の山に行く前に立ち寄った山では綺麗な声で盛んに囀ってました。
撮影するとなるとこれがなかなか手強いです、ちょこまかと素早く動きまわります。

c0213607_23362839.jpg

c0213607_23362964.jpg

c0213607_23362976.jpg

c0213607_23362961.jpg


c0213607_23372154.jpg

c0213607_23372140.jpg



by ai_and_ai | 2015-09-14 23:40
2013年 09月 02日

プチ遠征その4・・・コガラ、アカゲラなどを

ゴジュウカラを見てるとその中にヒガラを多く見かけました。
よく見るとヒガラに混じってコガラが・・・
これも動きが早いやら、葉っぱ、枝被れなどで中々撮れません。
そんな中、やっと2~3枚シャッターを押すことが出来ました。
もっとみ出会いがあると思っていたのですがチャンスがなかったですね。

あの木の下のほうにアカゲラが・・・っと鳥友が。しかし、たくさんある木の何処なのかモタモタしながら探した。
やっと居てるところが分かったときにはもう上のほうに登っていて枝かぶれ、葉っぱ被れ・・・
見えるところに出てきたところを何とか撮れたがもう一つ。

目の前の木々の間で綺麗な声が・・・っと見てたら何とソウシチョウが・・・
久しぶりに見たソウシチョウでした。

コガラ
これも久しぶりに見ましたがチョットだけ。もう少しいろんな表情を見たかったが全く消化不良になってしまった・・・
c0213607_18352957.jpg
c0213607_18353531.jpg


ソウシチョウ
いつ見てもカラフルで綺麗。何かを捕食しました。
c0213607_18371260.jpg
c0213607_18372049.jpg

河原に下りた。
c0213607_18372923.jpg
c0213607_18373813.jpg
c0213607_18374547.jpg
c0213607_18375155.jpg
c0213607_18375746.jpg


アカゲラ
この時期に見れるのはやはり高い山ですね。冬になってまた我がMF(マイフイールド)に来てほしいものです。
もっと綺麗に撮りたかったが遠くて暗かった・・・
c0213607_18412697.jpg
c0213607_18413295.jpg
c0213607_18413835.jpg
c0213607_1841449.jpg


by ai_and_ai | 2013-09-02 18:41
2011年 02月 08日

久しぶりにソウシチョウを・・・

出掛けはいつも寒い、オマケに北風が強かったが森の中を登ったり降りたりしてると暖まってくる。ウオーキングといっても結構いい運動になる。そんな中で今日はどういうわけかベニマシコはどこも出が悪くめずらしく見れなかった。天気も良くなってきたし、晴れてもきたのに出てこなかったね。奥の森は相変わらずルリビタキ♂、♀が出迎えてくれていた。ここからの途中の、自ら切り開いたブッシュのささやかな広場を覗いた帰りがけの石垣のところで目の前を見るとソウシチョウが餌を探しているのに出会った。いつもはブッシュの中を忙しなくちょこちょこと動き回っていて表には出てきてくれない鳥だが、こんな陽のあたる所でお目にかかるとは。
帰りがけの坂道で目の前をルリビタキ♀が見送ってくれたが、これがまた何とドンドンこちらに近づいてくる。まいった、まいった。出口の所の、以前ウソが桜の新芽を啄ばんでいたところを何気なく見ると、4羽のウソが居た。オスを探したがどういうわけか♂は見えなかったのが残念。

①ソウシチョウ
嘴は赤いようなので、成鳥と思われる。
c0213607_19223268.jpg

c0213607_19221442.jpg
c0213607_19222472.jpg

c0213607_19224154.jpg


②ルリビタキ
ここのルリビタキ♂は綺麗。
c0213607_1924431.jpg
c0213607_19241493.jpg


③ウソ
同じ桜の木の新芽を啄ばんでいたが、空抜け、枝被りなので撮りにくかった。
c0213607_19254018.jpg
c0213607_19254855.jpg


by ai_and_ai | 2011-02-08 19:30
2011年 01月 10日

やっとソウシチョウが・・・

今日は昼から予定があったので、昼の時間帯の1時間30分ほどの鳥見となった。北風強く、晴れたり曇ったりでそれに雪が舞う、忙しい天気だった。寒くて風が強いためかどうか分からないが鳥の出は芳しくなかった。時間が余り無かったのでとりあえずさっと回ったが定番のカシラダカ、アオジ、カワラヒワ、シロハラ、シジュウカラだった。昨日もそうであったがソウシチョウの声が今日もあちらこちらで聞こえてた。しかし、なかなか姿は見えず、いつも薮に隠れてて出てこないが、帰りがけに偶然に出てきて姿をチラッと見せてくれたのはラッキーでした。

○ソウシチョウ
全長14cm。背面の羽毛は暗緑色。眉斑から頬は薄い黄色、咽頭部の羽毛は黄色で胸部は濃いオレンジ色、翼に黄色と濃い赤の斑紋がある。
「幼鳥の嘴は黒いが、成長に伴い赤くなる。」ということなので、これは嘴の色が黒と赤が混じってるので成鳥途上の若なのか???
いつも薮に隠れていて、枝被りばかりですが、今日は全身は見せてくれなかったが、このくらい出て来てくれれば良しとしよう。
c0213607_19354119.jpg

鳴いてました。ソウシチョウの美しさ、鳴き声にはうっとりでした。
c0213607_19361664.jpg
c0213607_19362582.jpg

少しだけ横を向いてくれ、、「翼に黄色と濃い赤の斑紋」の特徴をチラッと見せてくれた。
c0213607_19363557.jpg


by ai_and_ai | 2011-01-10 19:40