一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:チフチャフ ( 3 ) タグの人気記事


2015年 01月 03日

珍しいチフチャフが近場に・・・

昨年末に近くの河川敷に珍しいチフチャフが来てると・・・

このチフチャフって2012年5月にヘグラ島に遠征したときに偶然にも出会うことができした。

シマノジコを撮ろうと待ってるときに傍の花畑に採餌で動きまわっていたのでとりあえず撮ってみた。

ウグイス?、ムシクイ?みたい見えてたので積極的には撮ってはいなかったように思います。

しかし、後で調べるとどうもチフチャフというウグイス科に属する、珍しい野鳥だということが分かった。

そのチフチャフがどういうわけか都会のこんな河川敷にやって来てるなんて!

昨年からの異常寒波のせいなのか?風にのって迷って?ここに落ち着いたんでしょうか???


チフチャフ

夏季にヨーロッパ、中央アジア、ロシアで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸やインド北部へ南下し越冬する。
日本には来るルートにはなってないんですが、毎年?日本の何処かで迷ってきては
2~3ヶ月ほど越冬してるという観察記録があるとか。
年明けても見られたようなので無事に年を越したそう・・・このまましばらくはここに居つくのでは・・・
とにかく、足が黒くて、細いのが大きな特徴・・・

c0213607_16143405.jpg
c0213607_16143492.jpg
c0213607_16143474.jpg
c0213607_16143475.jpg
c0213607_16152035.jpg
c0213607_16152091.jpg
c0213607_16152028.jpg
c0213607_16152046.jpg
c0213607_16154517.jpg
c0213607_16154543.jpg
c0213607_16154504.jpg
この時期にして珍しく?はよく囀ってました
c0213607_16161802.jpg
c0213607_16161874.jpg
木々の新芽でしょうか?よく啄ばんでました。
c0213607_16161818.jpg
これは2012年5月のヘグラ遠征のときに出会ったチフチャフ
羽の色合いがやや褐色系で。
c0213607_16163885.jpg



by ai_and_ai | 2015-01-03 16:25 | Comments(0)
2012年 05月 27日

初見の野鳥・・・

中旬に遠征した舳倉島では多くの初見の野鳥に出会うことが出来た。中でも本命のシマノジコの撮影途中で全く運良く目の前の花畑に採餌に出現してくれたチフチャフ。
17日に投稿をしてますがネットで調べたりしてるとチフチャフチャフとさえずる所から命名されているといい、本亜種はチュピチビ、ピッチャピッチョとも聞こえるらしい。
英名はChiffchaff。

目の前のチフチャフは休息がてら立ち寄ったと思われるこの舳倉島では栄養補給のために一生懸命に採餌していて、囀りは無く、聞こえなかったように思う。どんな風に「・・・チフチャフチャフ・・・」と囀るのか聞きたくてネットサーフインしてみると下記のページが見つかったので紹介します。
再生して一度聞いてみてください。確かにチフチャフ・・・と。

下記のアドレスをコピーしてアドレスバーに貼り付けてENTER押下で表示して再生してくだされば囀りが明瞭に聞こえてきます。

http://sounds.bl.uk/Environment/British-wildlife-recordings/022M-W1CDR0001406-0500V0

c0213607_20571364.jpg
c0213607_20571865.jpg
c0213607_20572348.jpg


by ai_and_ai | 2012-05-27 20:57 | Comments(0)
2012年 05月 17日

珍しいのを・・・第6弾・・・

ネットのオンライン野鳥図鑑を見てるとそれぞれの野鳥に「野鳥観察難易度」レベルが付与されてますね。「誰が」「どういう基準で」決めたのか判らないですが、要するにホテルや高級レストランの星印みたいなものなんでしょうか?鳥見するときの一つの目安になるかもしれません。最高レベルが10らしい。こうなると滅多に見られないとか、運がよくなければ難しいと言う事になるかも。
このチフチャフ、「野鳥観察難易度」レベルが「8」になってます。滅多に見られないというところなんでしょうか。 

〇チフチャフ(観察難易度:8)
夏季にヨーロッパ、中央アジア、ロシアで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、西アジア、インド北部へ南下し越冬する。
日本では、2011年3月に与那国島で観察記録があるほか、本土でも偶に見られることもあるとか。

全長12cm。体形は丸みを帯びる。頭部から腰にかけてオリーブ色味のある灰褐色。眉斑は汚白色で明瞭で過眼線は黒味がかった灰褐色。喉から下面は汚白色。翼は短く初列風切の突出は短い。その為に全体のスタイルは尾が長く見える。足と嘴は黒い。嘴は細く尖っている。
鳴き声 チフチャフチャフとさえずる所から命名されているとか。

シマノジコを撮ろうと待ってるときに傍の花畑にチョコチョコと採餌で動きまわっていたのでとりあえず撮ってみた。ウグイス?、ムシクイ?みたい見えてたので積極的には撮ってはいなかったように思います。しかし、後で調べるとどうもチフチャフというウグイス科に属する、珍しい野鳥だそう。舳倉島ではとにかく見たものは「何でもとりあえず撮っておく」ということが鉄則だそう。それによく調べもしないですぐに消去しないこと。撮ってるときはウグイスと思ってました。ウグイスやムシクイは殆どが足の色が肌色や橙褐色系が多いようですがこのチフチャフの足は細くて、黒いんです。嘴も黒いのが特徴。

c0213607_1961754.jpg
c0213607_1962474.jpg
c0213607_1963311.jpg
c0213607_196402.jpg
c0213607_19646100.jpg
c0213607_1965162.jpg


by ai_and_ai | 2012-05-17 19:09 | ヘグラ島遠征 | Comments(0)