一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハジロカイツブリ ( 4 ) タグの人気記事


2017年 03月 19日

夏羽のハジロカイツブリに出会う・・・

ハジロカイツブリの夏羽って頭部の羽飾りが見事にゴールドなんで一度は見てみたいと・・・

浜に行けばもう見られるのではないかと出かけてみた。

いつもの浜に行くとあんなに居てた水鳥が見えるのは数羽だけではないか・・・

愛想の良かったウミアイサなんて全く見られません、旅立ってしまったの???

肝心のハジロカイツブリなんて何処にも見当たりません。

そのうち徐々に目が慣れてきて遠くの方に何とかハジロが見えたではないか・・・



夏羽のハジロカイツブリ(3月17日撮影)
双眼鏡で遠くのハジロカイツブリを見てると頭部のゴールドらしきのが見えます。
何とか近くでと思うのですがこの日は近づいてくれません。
それでも金色?の羽飾りらしきのが見れただけでも良かったが・・・

このつぶらな小さい赤い目が特徴・・・

c0213607_22370389.jpg


c0213607_22370886.jpg


c0213607_22371191.jpg


c0213607_22371506.jpg


c0213607_22371958.jpg


c0213607_22372314.jpg


c0213607_22375112.jpg


c0213607_22375591.jpg


c0213607_22375676.jpg


c0213607_22380033.jpg


中山観音の梅林(3月18日撮影)
この日は清荒神から奥の院経由で中山観音までハイキング
もう満開でした。

c0213607_22380599.jpg


c0213607_22381252.jpg



by ai_and_ai | 2017-03-19 22:45 | Comments(0)
2016年 11月 24日

ミサゴ撮りの幕間つなぎに・・・

1年ぶりのミサゴ撮影の幕間つなぎに出てきてくれたカイツブリ。

よく見かけるカンムリカイツブリに加えてハジロカイツブリも河口に来てくれた。

頭にボサボサの冠羽があるのがウミアイサにも是非とも出会いたいのですが

まずはこのハジロカイツブリが河口で出会えただけでもヨシとしよう。



ハジロカイツブリ(11月22日撮影)
ハジロカイツブリは目の赤いのが特徴ですね。
何度も潜ってくれるんですがエサは捕まえてるんでしょうか???

c0213607_22240783.jpg


c0213607_22240265.jpg


c0213607_22235484.jpg


カンムリカイツブリ
出会いの多いカイツブリです。

c0213607_22241946.jpg



c0213607_22245395.jpg


潜って出てきたところはセットが乱れてます。

c0213607_22245819.jpg





by ai_and_ai | 2016-11-24 22:27 | Comments(0)
2016年 01月 30日

ハジロカイツブリも可愛い・・・

ウミアイサ撮影の合間によく群れて出てきてくれたハジロカイツブリ。
いつも群れで行動してるよう・・・
撮ろうとするとすぐに潜ってしまう。


ハジロカイツブリ(1月28日撮影)
何回も潜ってるようですが獲物をゲットしたかどうか???
ゲットしたところを狙うのですがうまくいきませんね。

c0213607_19162026.jpg



潜り込もうとしてます。

c0213607_19162503.jpg


c0213607_19162937.jpg


c0213607_19163345.jpg



この時は7羽群れて・・・

c0213607_19163644.jpg


c0213607_19164323.jpg



ウミアイサ♀とツーショット・・・

c0213607_19170736.jpg




by ai_and_ai | 2016-01-30 19:19 | Comments(0)
2014年 11月 16日

初見のミミカイツブリに出会う・・・

水鳥は積極的には探鳥していないんですがミミカイツブリっていうのが来てるらしい。

面白い命名なんで、どんな鳥か興味もあって行ってみました。

プチ遠征?で、連れ立って行きましたが何とデッカイ湖でした。

着いて探鳥するも広くて大きすぎて何処にいてるのか分かりません。

9:30頃には近くに来てたらしいとのこと、着いたのは10:30頃でしたのでダメ。

何とか見れるのは殆どがカンムリカイツブリでハジロカイツブリも混じってます。

見れるといってもずっと遠くで殆ど豆粒くらいで話になりません。

双眼鏡で確認してもカンムリは分かりますが、ハジロかミミかの識別は無理・・・無理・・・

このハジロカイツブリとミミカイツブリって大変よく似てます。

撮って確認しても殆どがハジロです、この大きな湖に居てるのはたったの1羽だけだとか・・・

探鳥してても見つからず、朝から居てたバーダーは徐々にどこかに移動していって静かになった。

時間だけが過ぎていく・・・諦めムードに・・・

他のバーダーと小生の二人だけになっていた昼過ぎにポコっと近くに白っぽいのが浮き上がった。

あっ!あそこや!ミミカイツブリではないかっと!

こんなときに限って同行の鳥友二人は居てません・・・

一人はトイレに、他は遠くに駐車した車を移動しにいっていた。

その後は何とか間に合ってよかった。


ミミカイツブリ
分布・・・北欧から中央アジア、アラスカからカナダで繁殖し、温帯の海の沿岸域へ移る。
      日本では冬鳥で、各地の沿岸域、特に日本海側に渡来するようですが、
ハジロカイツブリより数は少なく稀のよう。
冬羽は喉から腹にかけて白く、他が黒い。夏羽では頭部と背中が黒、首が褐色、腹が白となり、後頭部に帯状の金色の飾り羽があらわれる。
ミミカイツブリっていう命名、面白い名前ですね。
この飾り羽が長い耳のように見えることからこの名がつけられたとか。
ハジロカイツブリとよく似ているが、嘴が真っ直ぐで、

冬羽では、頭部の黒と白の境がはっきり
しているのがミミカイツブリ。

何とか出会いはありましたが如何せん、遠くて綺麗に撮れません。
こちらの機材と腕ではどうになりませんが出会えただけでもヨシとしよう。

c0213607_11434677.jpg
c0213607_11434789.jpg
c0213607_11434701.jpg
c0213607_11443886.jpg
c0213607_11443878.jpg
正面から・・・
c0213607_11443856.jpg
c0213607_11450850.jpg
c0213607_11450829.jpg
うしろ姿を・・・
c0213607_11450817.jpg
c0213607_11454530.jpg
羽繕い中・・・
c0213607_11454500.jpg
c0213607_11454589.jpg

c0213607_11461756.jpg
水に潜りこむ・・・
c0213607_11461748.jpg


ハジロカイツブリ
ミミカイツブリと大変よく似てます。

c0213607_11480727.jpg
c0213607_11480787.jpg
ただのカイツブリ・・・
c0213607_11480703.jpg

カンムリカイツブリ
よく見えたのはカンムリカイツブリでした。

c0213607_11492652.jpg


別のポイントでは仲の良さそうな二羽が・・・

c0213607_11492627.jpg





by ai_and_ai | 2014-11-16 12:09 | Comments(0)