一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マミジロ ( 10 ) タグの人気記事


2015年 10月 13日

五郎丸ポーズで登場・・・水場に集まる野鳥たち(その3)・・・

ようやくマミジロに出会うことができた。
あの例の赤い実を啄みに枝被れがらみにマミジロ♂らしいのを見たんですが何しろ鮮明でなく絵にならなかった。
ひょっとしてこの水場でも待ってたら出会えるかもって・・・
そんな時、静かにすっと水場に飛んできて、それもいきなりラグビーのあの五郎丸ポーズで。


マミジロ♀(10月12日撮影)
この2~3日前からの出没らしいですがマミジロ♂は現れてません。
クロツグミもそうなんですが両者とも♂は用心深いのか、なかなか出てきてくれません。

いきなりの登場で慌ててましたのでイマイチのショットになってしまいました。

c0213607_11002760.jpg


c0213607_11002853.jpg


c0213607_11002866.jpg


c0213607_11002865.jpg

その他いろいろと・・・

エゾビタキとキビタキ♀
c0213607_11025616.jpg

エゾビタキがペリットを・・・
c0213607_11025668.jpg

オオルリ若とキビタキ♀
c0213607_11025610.jpg


c0213607_11025612.jpg

ムシクイもやって来ました
c0213607_11030033.jpg








by ai_and_ai | 2015-10-13 06:29
2014年 10月 15日

近畿の”奥庭”に(5)・・・

先日の近畿の”奥庭”シリーズの最終投稿です。
このときは昼からになって俄然、頻繁に水場に入れ替わりたちかわりに
順番を待ってるかのようにやってきてくれた。
サメビタキ同士だったりキビタキ同士だったり
キビタキとサメビタキの混浴、マミジロ♂、♀の混浴だったりが見られた。

この日のマミジロの豪快な水浴び模様



サメビタキ3羽

c0213607_21362865.jpg

キビタキ♀同士

c0213607_21373096.jpg

キビタキ♂同士

c0213607_21380565.jpg

キビタキ♀とサメビタキ

c0213607_21385372.jpg

キビタキ♂とサメビタキ2羽
c0213607_21395737.jpg

マミジロ♂、♀の混浴

c0213607_21405559.jpg











by ai_and_ai | 2014-10-15 22:07
2014年 10月 10日

近畿の”奥庭”にマミジロほかいろいろと・・・

富士山中腹にある、いわゆる”奥庭”にくる野鳥たちを以前見に行った。
ほんの目の前にある水場にひっきりなしにやって来ては水浴びを・・・
そんな光景を髣髴とさせてくれる水場が近畿にもあったんですね。
この方面に超詳しい鳥友に案内していただきました。
北摂の山の水場も結構いろんな野鳥が来てくれるんですがここは少し違うような・・・
午前中は少しは来てくれたんですがその後は全く気配もなく時間だけが過ぎていく。
もうダメかなあって思っていたら午後後半になってから今までの気配がウソみたいに
いろんな野鳥がひっきりなしにやって来た。
マミジロ♂、♀にオオルリ若、♀、キビタキ♂、♀、サメビタキに
アオゲラ、アトリも来てたらしいが見れず仕舞い。
綺麗なキビタキにも出会えました・・・
ついこの間まで頻繁に来ていたというソウシチョウには全く出会いがなかった。
今回は一杯シャッターを押し、撮らせていただいたのでたのですが、
整理が大変です。
とりあえずはマミジロの様子からアップします。
順次ほかの野鳥を投稿していきます。

マミジロ
山道を登ってポイントに着いて早々にマミジロの出迎えを受けた。
池の対岸近くにひょいっと下りてきたのが見えた。
おっマミジロ♂ではないか・・・
見てると水際に来てゆっくりと水を飲んだ。
池も波立ってなかったのでいい具合に水鏡で綺麗に写してくれました。



成鳥はほぼ全身が黒色であるがこれは翼にやや褐色気味があるものの
成鳥一歩手前のように思われるが・・・
c0213607_12402765.jpg
水鏡で綺麗に写してます。
c0213607_12402790.jpg
c0213607_12404731.jpg
c0213607_12404747.jpg

近畿屈指の”奥庭”といわれるポイントではマミジロ♂、♀が来てくれ
ほんの目の前で水浴びを疲労してくれたのにはビックリしました。
マミジロの水浴び・・・


c0213607_12421441.jpg
c0213607_12421427.jpg
水場に入って尾羽も拡げてゆったりと・・・
c0213607_12430271.jpg
c0213607_12430279.jpg
メスとのツーショットも・・・
c0213607_12432436.jpg
メスもやって来た
c0213607_12443564.jpg
c0213607_12443522.jpg



by ai_and_ai | 2014-10-10 17:45
2014年 09月 03日

マミジロ♂も姿を見せて・・・

先月末には今季初見のマミジロ♀に出会えましたが・・・
今回は何とかあの群青色の?マミジロ♂との出会いを期待して出かけました。
前回と同様に♀は何回かでてきてくれた後にその近くに何と♂も居てました。
葉被れで見難いところですが隙間を探して見えるところに・・・
長い間、そこでじっとしてます。
成鳥ではないようでどうも成鳥手前の若様?か

マミジロ♂
鮮やかな群青色の♂を期待したのですが若様のよう・・・
♀のほうは成鳥も若嬢さんも出てきてくれましたが成鳥♂は今後に期待・・・

c0213607_19204181.jpg
c0213607_19204104.jpg
c0213607_19204194.jpg
c0213607_19204169.jpg
c0213607_19204110.jpg
c0213607_19204152.jpg


よく見ると赤い実もあるようですね。
下から見てると青っぽい実ばかりでしたが陽のあたる上のほうは赤いのもあるよう。
c0213607_19204122.jpg









by ai_and_ai | 2014-09-03 19:29
2014年 08月 30日

今季初見のマミジロに・・・

北摂の山にも今季初見のマミジロに出会うことが出来ました・・・
例年?この山間の樹林帯の木々の赤い実を求めて
オオルリやクロツグミにマミジロなどがやって来ます。
見たところ実はまだ赤くないようですが・・・
上のほうのよく陽のあたるところで赤い実もあるのでしょうか?
葉っぱの隙間から見るとクロツグミが赤い実を啄ばんでるのが見えました。
クロツグミ狙いだったのですが運よくマミジロにも出会えました。
とりあえずはマミジロを・・・

今季初見のマミジロ♀
山地のうす暗い林などで見られる。
ツガイで生活し、暗い林床を跳ね歩きながら採餌したりして活動し、
明るい場所に出ることは稀のよう。
林床でミミズや昆虫類の幼虫などを採餌するが
秋の渡りの時期には木の実も食べるとか。

明るい、抜けたところの枝にさっと飛んできたのが見えた。
アオゲラの声が聞こえてたので恐らくはアオゲラだろうと
いいところに止まってくれたって撮ったら何とマミジロ・・・
それからは何回か顔を見せてくれた。

c0213607_20195721.jpg
c0213607_20211962.jpg
c0213607_20211905.jpg
c0213607_20223144.jpg

これは今年生まれの幼鳥のよう・・・
c0213607_21470676.jpg
c0213607_21470777.jpg

c0213607_21472319.jpg


木々の実は未だこんなに青いんですが・・・

c0213607_21472337.jpg




by ai_and_ai | 2014-08-30 21:56
2012年 09月 29日

何とか全体が・・・

何とか姿を見せてくれました。マミジロ♀。
この前は見れるには見れたがクマノミズキに隠れて採餌中で、顔を少し見せてくれただけでした。
ふと、見ると開けたところの同じ枝にに2羽のミミジロ♀が見えた!
慌ててカメラを向けてると直ぐに1羽が飛んで、残りの1羽が未だ佇んでくれてました。
撮る間、キョロキョロッと周りを見回してました。

〇マミジロ♀
腹回りのウロコ模様も綺麗なマミジロ♀。
前日にマミジロの♂が撮れたっと鳥友から連絡をもらっていたので期待していたが♂には出会えなかった。

c0213607_13164359.jpg
c0213607_13164932.jpg
c0213607_13165422.jpg


by ai_and_ai | 2012-09-29 13:17
2012年 09月 26日

やっとこさ・・・見れるマミジロを・・・

あんなに暑かったのに朝晩はすっかり涼しくなってきました。
クマノミズキにはオオルリ成鳥、メスにオオルリ若のほかマミチャジナイに、ここでは珍しいマミジロも出てくる。

この前は枝被れで顔がもう一つ見れなかったマミジロ♀であったが、何とか見れるところまで出てきてくれた。
マミチャジナイはよく出てくるがマミジロはいいところには中々出てきてくれませんね。
マミジロのほうが用心深く、慎重なのかもしれません。

山の谷間の傾斜地でから頭上の天辺の方を見上げながらの鳥見なので首が痛い。
身体を伸ばそうと近くにあった、丈夫そうに見えた枯れ枝に摑まってたら、折れてシコタマ腰を打ってしまった。気をつけよう。

「観察難易度」でいえば、マミジロが「3」、マミチャジナイが「4」ということらしい。
しかし、マミジロのほうが難易度が高く、逆のように思いますがどうでしょうか?

〇マミジロ♀
分布・・・中国北東部からサハリンにかけて繁殖し、冬季は中国南部、東南アジアに渡って過ごす。日本では夏鳥として本州中部以北に渡来する。

やっと見れそうなマミジロが撮れた。
天辺のクマノミズキの実を啄ばみにやって来てるようですが、中々全身を見せようとしません。
何とか出てきたシーンをつかまえる事が出来た。
しかし、マミジロの♂が見れません。何処にいるんだろう?
c0213607_21411587.jpg
c0213607_21412162.jpg

クマノミズキの実を啄ばみましたね。
c0213607_21412693.jpg


〇マミチャジナイ♂
分布・・・中国東北部、シベリ、カムチャツカ半島にかけて繁殖する。冬季は中国南部、東南アジアに渡って過ごす。日本には旅鳥として春秋の渡りの時期にやってくる。特に秋に多い。

生い茂った葉っぱの隙間から何回か見れた。
c0213607_2213526.jpg
c0213607_2214256.jpg
c0213607_2215014.jpg
c0213607_2215730.jpg

真下からは腹しか見れませんね。
c0213607_10212214.jpg


by ai_and_ai | 2012-09-26 22:05
2012年 09月 22日

北摂の山で・・・

秋の渡り、旅鳥が賑やかになってきました。

北摂の山でも野鳥の好きな実をたわわにつけてくる木々が増えてきたよう。

アカメガワシの実が終わるとこれからクマノミズキ、カラスザンショウへと移っていく。

野鳥もよく知ったもので、これらの実を追いかけて移動していくように思います。

今はクマノミズキの実を求めて移動してると思われる群れに遭遇した。
しかし、未だ実は青いのが多いように思うのですが、やや陽の当たるポイントの熟しかかったやや黒っぽいところから食べにやってきてる。

そんな中で、オオルリ成鳥、メスに若オオルリ、キビタキ♀、コサメビタキ、エゾビタキにここでは珍しいマミジロに出会った。

〇マミジロ
ゴチャゴチャしたところで何やら少し大きめのが動いていたので、もしやクロツグミかっと思ってとにかく撮った。
やはりクロツグミ♀か撮れてよかった、まだここには居てくれてたんだっと思っていたがPCに取り込んでよく見てみるとどうも違うような?これはマミジロではないかっと?

遠いし、手前に細い枝があってピントがなかなか合わないし、とりあえず撮ってみた。
今度はいいところに出てきてよね!

c0213607_215759.jpg


〇オオルリ成鳥
ここは入り組んだ林の中なので野鳥を見つけても枝被り、葉っぱ被りでなかなかピントが合わず、撮りにくかった。
c0213607_2203444.jpg
c0213607_2203956.jpg


〇若オオルリ
c0213607_2221343.jpg
c0213607_2221955.jpg


〇オオルリ♀
久しぶりのメスに出会った。
c0213607_2212967.jpg
c0213607_22138100.jpg
c0213607_221444.jpg


〇キビタキ♀
ここではどういうわけかメスばかりで♂には出会えなかった。
しかし、このメス、愛想がよくすぐ近くまで来てサービスしてくれた。
c0213607_225248.jpg

クマノミズキの実を食べた後にその種だけをペリットとして吐き出そうとしてるんでしょうか?
c0213607_2253120.jpg
c0213607_2253646.jpg
c0213607_2254144.jpg
c0213607_2254730.jpg


by ai_and_ai | 2012-09-22 22:19
2012年 04月 29日

初見のマミジロを・・・

渡りの途中で休憩がてら?立ち寄るお城にはいろんな野鳥がやってくる。昨日はコマドリ、マミジロにコルリまでもが同じブッシュの中に入っていたという。それにノゴマまでもが見られたという。そんなわけで翌日の今日もって期待を持って出かけたが、なんのその!着いたらそんな気配は全くなかった。「・・・昨日来たら良かったのに・・・」なんて言われてしまう。どういうわけかお城では出が良かった翌日は概して出が良くないらしい。朝の早い時間帯はコマドリ、マミジロにコルリもいたが飛んでいってしまって今は居ないとのこと。そんな中で樹林帯をウロウロしてるとマミジロの囀りが聞こえてきた。探し出すと、木々の天辺のところにマミジロが!しかし、こちらには葉っぱが多くて何処に居るのか全く分からない。そのうち何とか居るところが分かったが抜けて見えるところがなく、かろうじて姿が分かる感じ。撮るには撮ったが証拠写真程度。少し経つとあちらこちらへと飛び交ってしまうのでその都度、探さないと。しかし、木々の葉っぱが密集してる中で黒っぽい姿を見つけるのは至難の業です。出会った鳥見さんたちに感謝です。しかし、何とかマミジロ♂の精悍な顔立ちが見れたが。
今日はこの公園の中でバーベキューがあちらこちら、鐘や太鼓の演奏があり、人出も多く野鳥観察にはふさわしくないような状況だった。そんな中、コマドリ、コルリも遅まきながら出てきてくれたのが幸い。
とりあえずマミジロを。

〇マミジロ♂
全長22cm、ツグミより少し小さい。ほぼ全身が黒色で目の上の太い白い眉斑が特徴。下尾筒には白い羽縁があり、嘴は黒く、足は肉色。「キョロン キュィィ」っと鳴くらしいが、
【マミジロの声】
ICレコーダーでの録音ではなく、動画にてご勘弁を。動画は無視して音声だけ聞いてください。
この樹林帯の横がグランドで、少年たちの元気のいい声が途中に聞こえ、聞き苦しいですが、「キュィィ」っというよりも「ヒュイイッ」っというように聞こえましたが、どうなんでしょうか?

聞こえましたでしょうか???

真っ黒というよりは何か模様らしきのが見えます。マミジロの色合いが出てるように思いますが。
c0213607_9261581.jpg
c0213607_926245.jpg

後姿ですが、太い白い眉斑が後ろまで迫って見えます。
c0213607_9271045.jpg

c0213607_9272734.jpg


あとは木々の高いところを飛び交っていたのでいいショットにはならなかった。しかし、何とかマミジロのそれらしき姿だけは見えました。
c0213607_9285657.jpg
c0213607_929427.jpg
c0213607_9291445.jpg
c0213607_9292222.jpg

やや真正面顔です。
c0213607_9293086.jpg


by ai_and_ai | 2012-04-29 21:31
2010年 10月 03日

初めてのマミジロ・・・

昨日の続き・・・
オオルリ成鳥♂を今秋やっと撮れた日は、他にコサメビタキ、エゾビタキ、キビタキ♂に加え、初めてのマミジロ若♂を見ることが出来た。
(画像はクリックすると大きく見れます)

①初めて撮れたマミジロ♂若
ポイントに着いた時には時既に遅くメーンイベントは終わっていたよう。しかし又顔を出すというので待っていたがなかなか見れない。そのうち生い茂った樹木の上のほうに居るのが分かり、何とか隙間から撮ったのがこれです。
何やら樹木の果実を啄ばんでいるようでした。
c0213607_19173445.jpg

その後、下に降りて樹木の根元の所を何やらチラチラ動くので双眼鏡で見るとマミジロだった。これもわずかな隙間から何とか数枚撮ることができた。
c0213607_19203136.jpg
c0213607_19204241.jpg

マミニロ♀若も居たらしいが見ることが出来なかった。

②キビタキ
配水池でマミチャジナイを待ってる途中で出てきてくれたキビタキ。樹木の遠い間からかすかに見えていたのを撮ったのでいいショットではないが。
c0213607_19235962.jpg

このキビタキ♂は黄色部分が未だ薄いような感じ。
c0213607_19241321.jpg


③エゾビタキ
よく見かけたエゾビタキ。今秋は各所で撮ってはいるがこの日は細い枝どまりのを撮った。
c0213607_19283876.jpg

何やら銜えてきました。
c0213607_192853100.jpg

大きな口を開けて吼えてます。
c0213607_19295114.jpg


④コサメビタキ
いつみても可愛らしい表情の、夕陽を浴びたコサメちゃん。
c0213607_19322870.jpg


by ai_and_ai | 2010-10-03 19:32