「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ムギマキ ( 46 ) タグの人気記事


2016年 10月 29日

ムギマキ若や♀などを・・・

ムギマキ♂成鳥がよく出てきてくれた時のムギマキ若や♀などのアップを・・・

とにかくこの日はムギマキ祭り?だった。

時々オオルリ若♂やお母さんもこのゴシュユの実を啄みに来てた。



ムギマキ若、♀(10月19日撮影)

c0213607_18591332.jpg


c0213607_18591920.jpg


c0213607_18592496.jpg


c0213607_18593184.jpg


c0213607_18593660.jpg


c0213607_18594134.jpg


c0213607_19000812.jpg


2羽が同じところに飛んで来たので驚いて・・・

c0213607_19001516.jpg


ぐーんと首を伸ばして実を啄む・・・

c0213607_19002029.jpg


生い茂ったゴシュユの木の中でノゴマ♂が佇んでいるのが見えた。

c0213607_19002558.jpg


オオルリの若♂とお母さんもやって来た。

c0213607_19003125.jpg

c0213607_19003684.jpg



by ai_and_ai | 2016-10-29 19:05
2016年 10月 27日

ムギマキの動きのあるものを・・・

ムギマキ♂成鳥や若♂、♀などが入れ替わり立ち代りに飛んでくる。

そんな中で止り物でなく、動きのあるものを・・・

何回かチャンスはあったんですが、なかなか良いのが撮れてなかったのが残念。


ムギマキ飛翔模様(10月24日撮影)

c0213607_23030039.jpg


c0213607_23031113.jpg


c0213607_23031903.jpg


c0213607_23032378.jpg


c0213607_23033174.jpg


c0213607_23030563.jpg


c0213607_23033652.jpg


c0213607_23034266.jpg



by ai_and_ai | 2016-10-27 23:07
2016年 10月 26日

絶好調のムギマキ♂成鳥、大フイーバーだった・・・

以前にホオノキの赤い実を啄みに来るアオゲラ狙いで訪れた折についでに立ち寄った

ポイントにはムギマキの♀に出会ったことがあった。

その後はムギマキとの出会いは余り芳しくはなかったがつい最近になって

どういうわけかここ3~4日前頃から俄然むぎまきの出が良くなってきたよう・・・

そんなわけで出かけてみたがムギマキ♂成鳥が引っ切り無しに出てきてくれた。

この日はムギマキ人気で100人以上のバーダーで賑わった。

とりあえずは止り物からのアップ・・・

(画像をクリックするとやや大きく見れます)
ムギマキ♂成鳥(10月24日撮影)
この日はゴシュユの熟れた黒っぽい実を啄みにムギマキ♂成鳥や若に♀、オオルリ、
それに何とノゴマ♂まで出てきた。
一羽が飛んでくるとそれっとばかりに次から次へとムギマキがやってくる。
どれを撮ろうかと迷うくらいに嬉しい悲鳴を上げるほどだった。
ムギマキ♂成鳥がこんなに頻繁に見られるなんて、滅多にないように思った。
おまけに♂成鳥が同時に2羽も出てくるなんて、こんなこともあるんですね!!!
しかし、腕が良くないのか、何かしらイマイチパットしない写りばかりになってしまったが。

c0213607_23114801.jpg

c0213607_23115348.jpg

c0213607_23121013.jpg

c0213607_23122558.jpg

c0213607_23123859.jpg


この成鳥♂の右頬に小さな黄色い斑が見えます。

c0213607_23124396.jpg

c0213607_23124961.jpg

c0213607_23125429.jpg

c0213607_23134890.jpg

c0213607_23135385.jpg

生い茂ったゴシュユの木の中で寛いで・・・

c0213607_23135988.jpg

c0213607_23140430.jpg

c0213607_23141129.jpg

c0213607_23141810.jpg

c0213607_23150813.jpg

c0213607_23151495.jpg


ムギマキ♂成鳥2羽が居てますが並んだシーンがあったんですが
残念ながらシャッタチャンスを逃してしまった・・・
一羽が左のところに隠れて採餌中

c0213607_23152036.jpg




by ai_and_ai | 2016-10-26 23:21
2016年 10月 16日

待望のムギマキ♂成鳥だったが・・・

現地に到着すると既に多くのバーダーが構えておられた。

朝早くからムギマキ♂成鳥が出て来てるらしいとか・・・

適当な位置にスタンバイし以降は何回か♂成鳥が出てきてくれた。

しかし、この環境は陽の当たるところと陰になってるところを飛び回ってるので

真っ黒になったりで露出がママならない。

カラスザンショウの木々や葉っぱに阻まれて全身が見えにくい などで

ピントあわせがうまくいかずピンボケ続出など、撮影はイマイチになってしまった。

何とか見れそうなのをアップ。


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
ムギマキ(10月16日撮影)
ムギマキ♂成鳥は昨日の午後から見られる様になったとか。
今日二日目も同じところにいてるのか心配だったが居てくれたので良かった。
今度はもう少し条件の良いところで出会いたいものだ・・・

c0213607_21392692.jpg


c0213607_21393239.jpg


c0213607_21393789.jpg


c0213607_21400156.jpg


c0213607_21400534.jpg


c0213607_21401076.jpg


c0213607_21410117.jpg


c0213607_21410585.jpg


c0213607_21411132.jpg


c0213607_21411630.jpg

別のポイントで一回だけのお出ましとなった若ムギマキ・・・
c0213607_21412144.jpg


c0213607_21412734.jpg


c0213607_21422267.jpg




by ai_and_ai | 2016-10-16 21:46
2016年 10月 14日

ムギマキがやって来た・・・

例年通り?今季もムギマキがやってきたようです。

カラスザンショウではないですがよく似た?熟した黒っぽい実をつけた木にやって来た。

ここにはキビタキ♀にメジロばかりがやって来てたがその合間にムギマキが登場してくれた。

ここ2~3日前?から来てるらしいととは聞いてはいたがやはりそうだったんですね。

未だ初物のようでやって来たのは数が少ないように思いますが・・・

これから本格的になってくるのではないかと期待はしております。

やはり♂成鳥の黒いムギマキを狙いたいものです。


ムギマキ(10月14日撮影)
赤い実ばかりですがその中に熟れた黒っぽい実をつけてます。
その実を食べにメジロ初め野鳥が啄みに来ます。
このムギマキ、来たばかりかかなり用心深いよう・・・
葉っぱの中に隠れてチョコットだけ姿を出すだけ。
うまくすれば天辺に姿を出すときもあるのでそこがシャッターチャンス・・・
♂成鳥の黒いムギマキといきたいところですが、メスのようだった。

c0213607_20172354.jpg


c0213607_20172932.jpg


c0213607_20173399.jpg


c0213607_20173762.jpg


c0213607_20174108.jpg


c0213607_20174647.jpg


c0213607_20181016.jpg


これはなかなかピントが合わなかった・・・

c0213607_20181577.jpg


c0213607_20182048.jpg



by ai_and_ai | 2016-10-14 20:20
2015年 11月 03日

うまくいきません・・・

今季はムギマキ詣でをしてましたがなかなか♂成鳥には出会えませんでした。
前日には20羽以上のムギマキが乱舞?との情報を頂いていたのでこの日は早朝から
出かけたんです。
前日の続きで早朝からの乱舞を期待してましたがそんなに甘くは無かった。
いつものようにポツポツっとムギマキ若が来てくれただけ・・・
乱舞状態は一過性みたいだったようで、通り過ぎてしまったのか・・・
今季のムギマキとの出会いはイマイチになってしまいました。

ムギマキ(10月29日撮影)
今季はムギマキ♂成鳥には出会えそうにありません。

c0213607_15173108.jpg


c0213607_15173182.jpg


c0213607_15173111.jpg


c0213607_15173269.jpg


c0213607_15175107.jpg


c0213607_15175152.jpg


c0213607_15175179.jpg


キビタキ♂とのツーショット
c0213607_15175235.jpg



by ai_and_ai | 2015-11-03 17:19
2015年 10月 29日

今が旬のムギマキですが・・・

カラスザンショウの木はここには多くあります。
例年一級ポイントと言われるポイントで待つのですが、今季はムギマキとの出会いはなかなか良いチャンスには巡り合えません。
キビタキ♀は大分少なくなってきたようなので、カラスザンショウのところにやって来てはムギマキの確立は高いようです。
そうは言っても来ればキビタキ♀みたいにはムギマキはじっとしてくれません。
来てもさっと移動してしまい、動きが早い・・・

ムギマキ(10月27日撮影)
なかなか♂成鳥の黒いのに出会えません。
出会うのは若♂が多いように思います。
細い枝がいっぱい、葉っぱなどでなかなかピントが合いません。

c0213607_18325943.jpg


c0213607_18325934.jpg


c0213607_18325952.jpg


c0213607_18330021.jpg


c0213607_18330007.jpg


c0213607_18330069.jpg


c0213607_18330022.jpg


by ai_and_ai | 2015-10-29 18:36
2015年 10月 23日

なかなかいいショットになりません・・・

2回目のムギマキ詣ででしたがなかなかうまくいきません。
キビタキ♀の猛攻?にあってカラスザンショウになかなか寄ってきてくれないよう・・・
来てもさっと離れてしまってじっとしてくれないし、見えても離れたところ・・・


ムギマキ(10月22日撮影)
カラスザンショウを眺めていても目に付くのはキビタキ♀ばっかり、あっ!またキビ♀かっと思って油断してるとそれがムギマキだったりでで、大変疲れますね。
来ても動きが早かったのでイマイチのショットになったりで消化不良・・・

c0213607_09351234.jpg


c0213607_09351202.jpg


c0213607_09351247.jpg


c0213607_09351235.jpg


c0213607_09351963.jpg


c0213607_09351956.jpg


by ai_and_ai | 2015-10-23 06:36
2015年 10月 19日

あちらこちらでムギマキが・・・

ムギマキの季節がやって来ました。
あちらこちらでムギマキ到来の話が聞こえてきております。
そんなわけで出来ればムギマキ♂成鳥に出会えればよいかなって出かけました。
しかし、そんなうまい話はありません。
待てど暮らせどムギマキは姿を見せてくれません、来るのはキビタキ♀ばかり・・・
来てもよさそうなんですがどうもこの大量発生?のキビタキ♀が原因か???
これが飛び交ってるのでムギマキが近寄って来ないのかもしれない。


ムギマキ(10月18日撮影)
キビタキ♀の勢いを避けて、何とか顔を見せてくれたムギマキ♂若?ですが背景が明るすぎたり、細い枝や葉っぱ被れなどなどで撮影はイマイチとなってしまった。
飛来してきばかりのようですのでこれからはしばらく楽しめることでしょう・・・
食べ頃に?実ったカラスザンショウの実を啄みにメジロ、キビタキ♂、♀にオオルリ若♂やムギマキがやって来ます。
この時期、カラスザンショウにムギマキですね。

c0213607_08544720.jpg


c0213607_08544716.jpg


c0213607_08544786.jpg


c0213607_08544758.jpg




c0213607_08550698.jpg


c0213607_08550606.jpg


c0213607_08550637.jpg


c0213607_08550653.jpg



by ai_and_ai | 2015-10-19 06:45
2014年 11月 05日

再度のムギマキ狙いではあったが・・・

ロシアや中国北東部などで繁殖を終え、東南アジアで越冬すると言われるムギマキ・・・

例年、10月中旬頃から11月初旬にかけての秋の旅の途中に

関西ではこの通称「ムギマキ山」にやってくる。

野鳥にとっては昆虫の少なくなった実りの秋、

野鳥の好きな赤色のカラスザンショウの木の実に人気が集まる。

今回はカラスザンショウの木の実ではないが

イチイという木の実にやって来てたムギマキを見に行った。

これもカラスザンショウによく似た赤い実をつけていて、

退屈しない程度に実を啄ばみに来てくれました。

残念ながらあの真っ黒な様相の♂成鳥には出会えず仕舞いだった。

前日は真っ黒で下面が鮮やかな橙色をしたのがよく来てたというのに・・・

たっぷり栄養をつけて南のほうへ帰っていくんでしょう。

大きくなって?又来年も渡ってきてほしいものです。

ムギマキ
今季は通称「ムギマキ山」でたっぷりとムギマキとの出会いを楽しませてくれました。
あの真っ黒な、橙色の下面の成鳥♂のムギマキを再度見たくて、
今度は目線で見れそうと言うポイントに出かけてみた。
日中は暑いくらいであったが日が傾いてくると寒い。
遅くまで頑張ってみたが♂成鳥には出会えなかった・・・
若♂から下面の黄色の薄い♀らしいのやら数羽が居た。

c0213607_20070507.jpg
c0213607_20070504.jpg
c0213607_20070551.jpg
c0213607_20070568.jpg
c0213607_20091771.jpg
c0213607_20091708.jpg
c0213607_20091789.jpg
c0213607_20091796.jpg
c0213607_20095314.jpg
c0213607_20095401.jpg
c0213607_20095403.jpg
c0213607_20103452.jpg
c0213607_20103595.jpg
c0213607_20103540.jpg
c0213607_20110106.jpg
c0213607_20110150.jpg
c0213607_20110166.jpg
c0213607_20110102.jpg




by ai_and_ai | 2014-11-05 20:13