一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 30日

我がMFにも・・・

MFに行った。教祖奥ではいつものルリビタキ♀が迎えてくれた。このルリビは教祖のところで冬を過ごすのだろうか?
しばらくすると、なにやら来たので見るとミヤマくん。それも♂でなく♀がきた。黄色っぽさが淡くて、喉の下が♂は黒いが♀はやや褐色。
今日は森林整備中の奥へ始めて入っみた。人の気配も無く雑木林でまだまだ歩きにくいが、この場所は鳥見の場所にはもってこいではないか。何かしら飛んだので撮ると何とベニマシコではないか・・・
♂、♀が数羽は居たであろうか。しかし、このベニマシコは強敵。なかなかいいショットを撮らせてくれない。じっとしないで動きが早い早い。来たばかりなので慣れていないからだろうか?これから居ついてくれると慣れてくるとは思うが、どうだろう。
このベニマシコ♂は箕面と較べて、どちらかと言うと胸の色は赤っぽい、というよりピンクっぽい感じがする。

いつものルリビタキ♀が迎えてくれた。
鼻のところに傷があるように見えるが、大丈夫だろうか?
c0213607_14166100.jpg

ミヤマホオジロ♀も来てくれた。
c0213607_14163691.jpg


このフイールドに初めてお目見えしたベニマシコ、これからかな。
セイタカアワダチソウの上で食事中。
c0213607_14173740.jpg
c0213607_14175042.jpg
c0213607_14175864.jpg
c0213607_1418535.jpg
c0213607_14181243.jpg
c0213607_14182084.jpg
c0213607_14182741.jpg


いつもチョコチョコと草むらかブッシュな中にすぐ隠れてしまうアオジだが、いいところに止まったので撮った
c0213607_14241830.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-30 14:24


<< 年末の鳥見・・・      ベニマシコが・・・ >>