一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 05日

赤・黄・青の信号色が見れたというが・・・

桜の開花とともに赤のコマドリが30分ほど前にそこの苔むした大きな石のところに居たよ、黄のキビタキがそこのところで頭上で2羽がもみあっていた、青のオオルりをみ見たっていう話、声が聞かれた。話ばっかりにしても桜が一気に開花してきてようやく夏鳥が到来なのか!そうであれば例年よりかは10日ほど早いようなのだが、どうなのだろうか?
こちらはそれらを期待して山に入ったのだがいずれも見れなかった。しかし、ここのところ1週間くらい前から居座っていたらしいマミチャジナイがサービスしてくれたのが幸いだった。

(画像をクリックすると大きく見れます)
〇マミチャジナイ♂
マミチャジナイって面白い名前ですね。以前に違った意味のことを記載してましたので訂正します。
「マミ」は(眉)のこと、「チャ」は(茶色)、「ジナイ」は(ツグミの意味)のこと、すなわち眉のある茶色のツグミということらしい。
川べりに降りてきてはツグミ系のシロハラと同じように枯葉をひっくり返しては虫を採食していた。どういうわけかこの川べりのポイントが気に入ったらしく、こちらが行くまで居てくれて幸いでした。元々臆病で、人目のつく所にはあまり出てこないマミチャジナイが間近で見れて大変ラッキーでした。


c0213607_1991470.jpg

上の方が気になってるよう。
c0213607_1992690.jpg

c0213607_1993213.jpg
c0213607_199376.jpg
c0213607_1994212.jpg

正面顔です。
c0213607_1994910.jpg
c0213607_1910126.jpg

ゴチャゴチャした、枯葉が一杯のところに降りてきた。
c0213607_1910711.jpg
c0213607_19101248.jpg


by ai_and_ai | 2012-04-05 19:11


<< 吹雪模様の中のオオアカゲラだっ...      何処に行ってもウグイスの声が・・・ >>